KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 中心
  • 技術
  • 発掘調査
  • 紅山文化
  • 遼寧省
  • デザイン
  • パラリンピック
  • メダル

「含山県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年10月16日
    北緯30度の神秘的な玉器の古い国安徽省凌家灘遺跡

    10月16日、凌家灘墳墓祭祀区の様子。(小型無人機から)北緯30度線、神秘的で魅力的なエジプトのピラミッド、バビロンの「空中庭園」、マヤ文明の遺跡、中国の三星堆遺跡、バミューダトライアングル、チョモランマが同緯度線上にある。中国安徽省馬鞍山市含山県の凌家灘(りょうかたん)遺跡も同緯度線付近に位置する。同地で30年以上前に発見された約5800~5300年前の神秘的な玉器の国は、世界の注目を集め、人々に驚きを与えてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209881

  • 2018年10月17日
    北緯30度の神秘的な玉器の古い国安徽省凌家灘遺跡

    10月17日、玉竜を元に設計された含山県博物館の外壁。北緯30度線、神秘的で魅力的なエジプトのピラミッド、バビロンの「空中庭園」、マヤ文明の遺跡、中国の三星堆遺跡、バミューダトライアングル、チョモランマが同緯度線上にある。中国安徽省馬鞍山市含山県の凌家灘(りょうかたん)遺跡も同緯度線付近に位置する。同地で30年以上前に発見された約5800~5300年前の神秘的な玉器の国は、世界の注目を集め、人々に驚きを与えてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209886

  • 2019年04月22日
    商合杭鉄道の裕渓河特大橋、接合に成功安徽省馬鞍山市

    22日、接合された商合杭鉄道の裕渓河特大橋。(小型無人機から)中国河南省商丘市と安徽省合肥市、浙江省杭州市を結ぶ商合杭鉄道の裕渓河特大橋(安徽省馬鞍山市含山県)が22日午前、接合に成功し、2020年の同鉄道の全線開通実現に向け大きく前進した。華東地区の2本目の高速旅客輸送路線で、中国の縦横各8本からなる高速鉄道網計画「八縦八横」と、北京と香港を結ぶ高速鉄道の重要な構成要素である商合杭鉄道は、開通すると河南、安徽、浙江3省の交通網の「シームレスな接続」を実現し、長江デルタ都市間鉄道網とも相互接続され、中部・東部の経済連携を強める重要な役割を果たすことが期待されている。(蕪湖=新華社記者/劉軍喜)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401132

  • 2019年04月22日
    商合杭鉄道の裕渓河特大橋、接合に成功安徽省馬鞍山市

    22日、接合された商合杭鉄道の裕渓河特大橋。中国河南省商丘市と安徽省合肥市、浙江省杭州市を結ぶ商合杭鉄道の裕渓河特大橋(安徽省馬鞍山市含山県)が22日午前、接合に成功し、2020年の同鉄道の全線開通実現に向け大きく前進した。華東地区の2本目の高速旅客輸送路線で、中国の縦横各8本からなる高速鉄道網計画「八縦八横」と、北京と香港を結ぶ高速鉄道の重要な構成要素である商合杭鉄道は、開通すると河南、安徽、浙江3省の交通網の「シームレスな接続」を実現し、長江デルタ都市間鉄道網とも相互接続され、中部・東部の経済連携を強める重要な役割を果たすことが期待されている。(蕪湖=新華社記者/劉軍喜)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401124

  • 2019年04月22日
    商合杭鉄道の裕渓河特大橋、接合に成功安徽省馬鞍山市

    22日、接合された商合杭鉄道の裕渓河特大橋。(小型無人機から)中国河南省商丘市と安徽省合肥市、浙江省杭州市を結ぶ商合杭鉄道の裕渓河特大橋(安徽省馬鞍山市含山県)が22日午前、接合に成功し、2020年の同鉄道の全線開通実現に向け大きく前進した。華東地区の2本目の高速旅客輸送路線で、中国の縦横各8本からなる高速鉄道網計画「八縦八横」と、北京と香港を結ぶ高速鉄道の重要な構成要素である商合杭鉄道は、開通すると河南、安徽、浙江3省の交通網の「シームレスな接続」を実現し、長江デルタ都市間鉄道網とも相互接続され、中部・東部の経済連携を強める重要な役割を果たすことが期待されている。(蕪湖=新華社記者/劉軍喜)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401129

  • 2019年04月22日
    商合杭鉄道の裕渓河特大橋、接合に成功安徽省馬鞍山市

    22日、接合された商合杭鉄道の裕渓河特大橋。中国河南省商丘市と安徽省合肥市、浙江省杭州市を結ぶ商合杭鉄道の裕渓河特大橋(安徽省馬鞍山市含山県)が22日午前、接合に成功し、2020年の同鉄道の全線開通実現に向け大きく前進した。華東地区の2本目の高速旅客輸送路線で、中国の縦横各8本からなる高速鉄道網計画「八縦八横」と、北京と香港を結ぶ高速鉄道の重要な構成要素である商合杭鉄道は、開通すると河南、安徽、浙江3省の交通網の「シームレスな接続」を実現し、長江デルタ都市間鉄道網とも相互接続され、中部・東部の経済連携を強める重要な役割を果たすことが期待されている。(蕪湖=新華社記者/劉軍喜)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401131

  • 01:24.58
    2020年06月19日
    「新華社」中国の先史三大玉文化、安徽省の凌家灘遺跡で新たな発掘調査

    中国安徽省馬鞍山市含山県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」でこのほど、新たな発掘調査が始まった。今回の発掘は、粘土を焼いて作った「紅焼土」が集中して堆積する遺跡の南端エリアで実施される。同遺跡は1985年に発見された。放射性炭素年代測定により約5800~5300年前の新石器時代後期の中心集落遺跡であることが判明している。長江中下流の淡水湖「巣湖(そうこ)」から長江に注ぐ河川流域でこれまで見つかった新石器時代の集落遺跡の中で、最大かつ保存状態の最も良い遺跡とされる。1987年の発掘開始以降、総発掘面積は4780平方メートルに達し、遺物2200点余りが出土した、うち玉器や石器などの貴重な文化財は1100点余りに上る。凌家灘文化は、遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚(りょうしょ)文化と共に中国先史時代の三大玉文化と呼ばれている。(記者/水金辰、劉美子)<映像内容>凌家灘遺跡の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508337

  • 01:13.88
    2020年06月25日
    「新華社」ヨモギを挿し「老虎鞋」を作る安徽省に伝わる端午節の風習

    中国安徽省南部、池州市青陽県に住む劉珍珠(りゅう・ちんしゅ)さんは伝統的な節句の端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を迎えるため、自宅前でヨモギを刈って門の両側に挿し、家族全員の健康と平安を祈った。一方、同省東部の馬鞍山市含山県では、民間手工芸作家の王之梅(おう・しばい)さんが社区(コミュニティー)の子どもたちに端午節の風習や虎の頭をかたどった布靴「老虎鞋」の由来について話し、手を取って制作技術を伝えた。王さんによると、「老虎鞋」作りは簡単そうに見えるが、10以上の大小さまざまな工程があり、完全手作りだと通常1日に2足しか作れないという。同県では毎年端午節になると、年長者が子どもに平安吉祥の意味合いのある「老虎鞋」を履かせ、健康と成長を祈願するという。(記者/曹力)<映像内容>ヨモギを飾る様子、布靴をつくる様子、撮影日:2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062806703

  • 01:09.95
    2020年06月28日
    「新華社」商丘から合肥、杭州を結ぶ高速鉄道、28日に全線開通

    河南省商丘市から安徽省合肥市を経由し浙江省杭州市に至る商合杭高速鉄道の合肥‐浙江省湖州区間が28日、開業した。同区間は湖州駅で江蘇省南京市と杭州市を結ぶ高速鉄道に接続。これにより、商合杭高速鉄道は全線開通した。同区間は合肥市肥東県を起点に、馬鞍山市含山県、蕪湖市、宣城市を経由して湖州市に至る。総延長は311キロで、設計時速は350キロ(うち蕪湖‐宣城間は250キロ)となっている。(記者/曹力、湯陽、張彩霞、楊静、魏一駿、李濤)<映像内容>商合杭高速鉄道の合肥‐浙江省湖州区間が開業、商丘駅の空撮、撮影日:2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002439

  • 2020年06月30日
    商合杭高速鉄道開通、中国二大文明が「握手」

    安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の考古復元展示エリア。(資料写真)中国河南省商丘市から安徽省合肥市を経由し浙江省杭州市に至る、商合杭高速鉄道の合肥‐湖州区間が28日、運行を開始し、河南・安徽・浙江3省がシームレスにつながった。同区間は総延長約311キロ、中国東部の長江デルタ地域と中原(黄河の中下流域)の奥地とを結ぶ交通の大動脈が、また1つ開通した。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200611

  • 2020年06月30日
    商合杭高速鉄道開通、中国二大文明が「握手」

    安徽省馬鞍山市含山県の凌家灘(りょうかたん)で研究ツアーに参加する小学生の団体。(資料写真)中国河南省商丘市から安徽省合肥市を経由し浙江省杭州市に至る、商合杭高速鉄道の合肥‐湖州区間が28日、運行を開始し、河南・安徽・浙江3省がシームレスにつながった。同区間は総延長約311キロ、中国東部の長江デルタ地域と中原(黄河の中下流域)地域とを結ぶ交通の大動脈が、また一つ開通した。(合肥=新華社配信/張平霞)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200635

  • 2020年06月30日
    商合杭高速鉄道開通、中国二大文明が「握手」

    安徽省馬鞍山市含山県の凌家灘(りょうかたん)で研究ツアーに参加する大学生の団体。(資料写真)中国河南省商丘市から安徽省合肥市を経由し浙江省杭州市に至る、商合杭高速鉄道の合肥‐湖州区間が28日、運行を開始し、河南・安徽・浙江3省がシームレスにつながった。同区間は総延長約311キロ、中国東部の長江デルタ地域と中原(黄河の中下流域)地域とを結ぶ交通の大動脈が、また一つ開通した。(合肥=新華社配信/張平霞)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200525

  • 2020年06月30日
    商合杭高速鉄道開通、中国二大文明が「握手」

    安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘(りょうかたん)国家考古遺跡公園。(小型無人機から、資料写真)中国河南省商丘市から安徽省合肥市を経由し浙江省杭州市に至る、商合杭高速鉄道の合肥‐湖州区間が28日、運行を開始し、河南・安徽・浙江3省がシームレスにつながった。同区間は総延長約311キロ、中国東部の長江デルタ地域と中原(黄河の中下流域)の奥地とを結ぶ交通の大動脈が、また1つ開通した。(合肥=新華社配信/張長軍)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200559

  • 01:26.20
    2021年11月02日
    「新華社」北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(記者/周牧) =配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110204915

  • 2021年11月02日
    (5)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で発掘調査を行うスタッフ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205989

  • 2021年11月02日
    (12)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県の凌家灘文明探源館を見学する観光客。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205988

  • 2021年11月02日
    (11)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205954

  • 2021年11月02日
    (9)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域。同区域は現在も発掘作業が続いている。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205945

  • 2021年11月02日
    (7)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の墓葬祭祀区。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205957

  • 2021年11月02日
    (15)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月30日、合肥市の安徽博物院で凌家灘遺跡から出土した遺物を見学する市民。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205983

  • 2021年11月02日
    (3)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で発掘調査を行うスタッフ。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205985

  • 2021年11月02日
    (16)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月30日、合肥市の安徽博物院で展示されている凌家灘遺跡から出土した玉鷹。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205951

  • 2021年11月02日
    (13)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県の含山博物館で展示されている凌家灘遺跡から出土した玉竜。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205955

  • 2021年11月02日
    (14)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県の含山博物館で展示されている凌家灘遺跡から出土した玉環。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205980

  • 2021年11月02日
    (17)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月30日、合肥市の安徽博物院で凌家灘遺跡から出土したブタの形をした玉(石)を見学する市民。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205986

  • 2021年11月02日
    (8)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の墓葬祭祀区。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205992

  • 2021年11月02日
    (10)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域。同区域は現在も発掘作業が続いている。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205876

  • 2021年11月02日
    (1)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の墓葬祭祀区。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205935

  • 2021年11月02日
    (18)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルの裏面デザインの元となった凌家灘遺跡で1987年に出土した双連璧。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205921

  • 2021年11月02日
    (6)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205937

  • 2021年11月02日
    (2)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルの裏面と凌家灘遺跡から出土した双連璧を比較した写真。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205975

  • 1