KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 平成
  • 人々
  • 天山山脈
  • 密度
  • 展開
  • 平均年齢
  • 拡大
  • 気候変動
  • 水源

「含水率」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月18日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    18日、新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県の積雪調査区域で、異なる種類の雪の結晶体を選り分ける科学研究スタッフ。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/白佳麗)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月18日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    18日、新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県で、雪の特徴分析器を使ってデータを収集する科学研究チームの隊員。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月18日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    18日、新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県カシャジャル鎮サルウズク村の積雪調査区域で積雪の特徴データを観測、収集する隊員たち。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112916

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月18日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    18日、新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県の積雪調査区域。(小型無人機から)中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113168

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月18日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    18日、新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県カシャジャル鎮サルウズク村の積雪調査区域でデータを収集する科学研究チームの隊員、楊涛(よう・とう)さん。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112912

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月18日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    18日、新疆ウイグル自治区トックズタラ県の積雪調査区域で、データ観測収集ポイントに向かう科学研究スタッフ。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/白佳麗)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112970

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月18日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    18日、新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県の積雪調査区域でデータを収集する科学研究チームの隊員。(小型無人機から)中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月19日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    19日、新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県の積雪調査区域で、熱赤外線サーモグラフィーカメラを使ってデータを収集する科学研究チームの隊員、楊涛(よう・とう)さん。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/白佳麗)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月20日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    20日、新疆ウイグル自治区和静県の積雪調査区域でデータ収集作業をする科学研究チーム。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113167

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月20日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    20日、新疆ウイグル自治区和静県の積雪調査区域で、雪の斜面を登る科学研究チームの隊員。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112872

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月20日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    20日、新疆ウイグル自治区和静県の積雪調査区域で、斜面を登りデータ収集ポイントに向かう科学研究チームの隊員、郝建盛(かく・けんせい、左)さん、魏雯瑜(ぎ・ぶんゆ、中)さん、楊涛(よう・とう)さん。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112867

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月20日
    厳寒の中で積雪調査新疆天山地域

    20日、新疆ウイグル自治区和静県の積雪調査区域で、積雪断面を整える科学研究チームの隊員、郝建盛(かく・けんせい)さん。中国科学院新疆生態・地理研究所の科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区の天山(てんざん)地域で、積雪の特徴調査を展開した。この科学研究チームは、平均年齢30歳未満の隊員9人からなり、厳寒の中、数千キロに及ぶ野外地表観測を行い、天山の積雪の深さや密度、含水率、温度などのデータを収集した。積雪は天山地域の河川の主要な水源の一つで、同地域の積雪の特徴を理解することで、新疆の水資源調査や気候変動、防災・減災に役立つという。科学研究チームは今後、積雪研究を中央アジア諸国まで拡大し、天山山脈全体の積雪状況を理解し、天山周辺地域の人々を長期にわたって悩ませている雪崩や融雪洪水などの災害の早期警戒に役立てたいとしている。(キュネス=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113165

  • 2019年04月24日
    共同技研化学の液晶ポリマーフィルム

    第5世代通信(5G)機器向けに需要が急増しそうなのが液晶ポリマー(LCP)フィルム。低ノイズ・低消費電力、超微細化などの特徴でフレキシブルプリント配線板(FPC)用基材に有望視されている。中小企業ながら、その量産に乗り出すのが共同技研化学(埼玉県所沢市)。回路パターンとなる銅箔(はく)との強固な密着性も競合品にはない武器の一つだ。「自分が社長でなかったら、とっくに撤退していた。昨年前半にはそろそろやめようかと思っていた」。浜野社長がこう漏らすように、LCPは長らく冬の時代を送っていた。電子機器のFPC素材はポリイミドが席巻。「我々もLCPで追いかけたが、信頼性とコストパフォーマンスで完敗した」(浜野社長)ためだ。それが昨年の夏頃に一変する。より高い特性が求められる5Gでは、含水率の高いポリイミドは誘電損失が高く、ノイズの原因となってしまう。「極端な話、ノイズによってイエスの信号がノーに聞こえてしまう。軍需産業では死活問題だ」(同)。そうしたこともあり、海外企業を中心に共同技研へLCPの問い合わせが殺到し始める。同社の強みはそれだけではない。製造方法が独特なのだ。LCPフィルムは横方向への力に弱く、裂けやすい。それが回路の断線につながる。同社では前駆体からフィルムに加工するため、横方向にも強く、断線の心配がない。さらに、LCPフィルムと銅箔の接合も特殊な熱処理により、分子レベルで結びつくことで、ほぼ剥離しない密着性を実現。それがノイズをさらに抑制する上、銅箔の厚さを5マイクロメートルまで薄くでき、回路パターンの超微細化も可能になる。=2019(平成31)年4月24日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080903381

  • 2019年11月05日
    貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省

    5日、甘粛省慶陽市の北石窟寺267号窟で、岩石の含水率を測定し、その結果を記録する敦煌研究院北石窟寺文物保護研究所の職員。甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104277

  • 2019年11月05日
    貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省

    5日、甘粛省慶陽市の北石窟寺267号窟で、岩石の含水率を測定する敦煌研究院北石窟寺文物保護研究所の職員。甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104378

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の含水率を測定する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306069

  • 2021年07月21日
    (6)中国、早生ジャポニカ米の新種育成に成功新米が3カ月早く

    19日、「中科発早粳1号」の含水率を確認するスタッフ。中国江西省上高県で19日、早生ジャポニカ米の新種が収量調査に合格した。中国の早生ジャポニカ米の二期作は大きく進展し、南方地域で7月下旬に収穫できるようになった。今後は今より3カ月早く新米を食べられるようになるという。収量調査が実施されたのは、中国科学院遺伝・発育生物学研究所が選抜育種した「中科発早粳1号」で、調査の結果、機械植えは1ムー(約667平方メートル)当たり613・73キロ、投げ植えは530・31キロだった。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202763

  • 1