KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 風景
  • 福州
  • 村民
  • 街並み
  • 生活
  • 子ども
  • 観光客
  • 養殖

「周寧県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
54
( 1 54 件を表示)
  • 1
54
( 1 54 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県
    2018年08月04日
    農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県

    4日、観光客に「農業観光」事業に関する意見を求める蘇家山村の党支部書記、蘇文達さん(右端)。中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800369

  •  農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県
    2018年08月04日
    農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県

    4日、福建省周寧県七歩鎮の蘇家山村に位置する「農業観光」の一体型施設、蘇家山レジャー農業基地を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700138

  •  農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県
    2018年08月04日
    農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県

    4日、福建省周寧県七歩鎮の蘇家山村に位置する「農業観光」の一体型施設、蘇家山レジャー農業基地。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700210

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2019年06月16日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    浦源村の鄭氏霊廟で武芸を観光客に披露する護魚武術の継承者。(2019年6月16日撮影)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803273

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、絵の上の余分な茶殻をはじく龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402641

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、福建省福州市に残る歴史的街並み「朱紫坊」でお茶の絵を体験する観光客。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402532

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、下絵にのりを塗る龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402688

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、観光客にお茶の絵の描き方を指導する龔富英さん(左から2人目)。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402666

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、観光客にお茶の絵の描き方を指導する龔富英さん(右)。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402709

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、のりを塗った下絵に粉茶をかける龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402706

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、茶殻や茶葉、粉茶を用いて描いたお茶の絵を紹介する龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402710

  •  廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    2019年08月31日
    廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    8月31日、福建省福州市に残る歴史的街並み「朱紫坊」で観光客にお茶の絵の描き方を指導する龔富英さん(左)。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402659

  •  「新華社」廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省
    03:12.40
    2019年09月04日
    「新華社」廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省

    1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(記者/林善伝)<映像内容>粉茶、茶殻、茶葉を材料とした絵画の制作、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402723

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年04月17日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    浦源村の夜景。(4月17日、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803275

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年04月17日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    浦源村鯉魚渓公園を散策する人々。(4月17日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803278

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月03日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    3日、浦源村鯉魚渓公園のハス田。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803339

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月03日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    3日、浦源村鯉魚渓公園のハス田。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803363

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月03日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    3日、鯉魚渓でコイに餌をやる子ども。中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803319

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月03日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    3日、鯉魚渓に架かる伝統的な屋根付き橋。中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803344

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月03日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    3日、鯉魚渓を泳ぐコイの群れ。中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803351

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月03日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    3日、「鯉魚渓」を散策する人々。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803360

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月04日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    4日、魚祭を披露する浦源村の村民。魚祭は死んだコイを埋葬する儀式で、同村に古くから伝わる風俗習慣。中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803338

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月04日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    4日、魚祭を披露する浦源村の村民。魚祭は死んだコイを埋葬する儀式で、同村に古くから伝わる風俗習慣。中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803272

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月04日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    4日、魚祭を披露する浦源村の村民。魚祭は死んだコイを埋葬する儀式で、同村に古くから伝わる風俗習慣。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803352

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月04日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    4日、魚祭を披露する浦源村の村民。魚祭は死んだコイを埋葬する儀式で、同村に古くから伝わる風俗習慣。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803291

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月04日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    4日、浦源村の鄭氏霊廟の傍らを電動スクーターで通り過ぎる村民。鄭氏霊廟は宋代に建設された宗族祠堂建築物の一つ。中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803299

  •  800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村
    2020年07月04日
    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村

    4日、魚祭を披露する浦源村の村民。魚祭は死んだコイを埋葬する儀式で、同村に古くから伝わる風俗習慣。中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803341

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    夕映えに染まる陳峭村。(8月2日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    夕映えに染まる陳峭村の古民家と聚賢閣展望台。(8月2日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の断崖絶壁にある桟道を清掃する村民。(8月2日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    早朝の陳峭村とその周辺の風景。(8月2日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103065

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    朝の光を浴びながら、陳峭村の聚賢閣展望台付近を散策する観光客。(8月2日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村にある古い廊橋(伝統建築の屋根付き橋)「楼下橋」。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村のきらめく夜景。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の遊歩道を歩く観光客。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の酒蔵(さかぐら)を見学する観光客。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103058

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    早朝の陳峭村とその周辺の風景。(8月3日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村を彩る朝焼けの風景。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村のきらめく夜景。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103038

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    山肌を縫うように走る観光道路。(8月3日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103093

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の断崖絶壁にある桟道を歩く観光客。(8月4日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103103

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.52
    2020年08月15日
    「新華社」世界ジオパークの村、貧困脱却を実現福建省

    中国福建省寧徳市周寧県礼門郷陳峭(ちんしょう)村は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定されたエリアに位置し、美しい日の出や雲海、星空を見ることができる。村内には切り立った岩や洞窟、渓谷が点在し、真夏の平均気温が24度であることから、気候が近い雲南省の景勝地になぞらえ「福建東部のシーサンパンナ」と称される。同村は山が険しく、交通の便も悪いため、村民が出稼ぎ労働者となって離村し、空洞化が進んでいたが、村外で事業に成功した村民らが2010年に同郷会を創設し、資金を募って観光開発企業「陳峭旅遊開発」を設立、故郷の町づくりに着手し始めた。今のところ、荒れていた村落が国家3A級観光地へと姿を変えた。19年9月には観光発展を契機として同県が投資、建設した観光道路は同村に通じるようになり、沿線の複数の村落も活気づいた。陳峭村が19年に受け入れた観光客は延べ10万人を超え、村民の1人当たりの年収も1万4800元(1元=約15円)に達した。貧困世帯として登録されていた12世帯も17年末に全て貧困脱却を実現した。(記者/郭圻、陳旺)<映像内容>福建省の世界ジオパークの村の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081901866

  •  「新華社」田んぼアートで描く村の風景福建省周寧県
    00:59.80
    2021年08月24日
    「新華社」田んぼアートで描く村の風景福建省周寧県

    中国福建省寧徳市周寧県の後洋村ではこのところ、見事な田んぼアートが多くの観光客を引き付けている。福建省農業科学院農業経済・科技信息研究所のチームが手掛けた作品は、70ムー(約4・7ヘクタール)の田んぼに茶山や杉林、家屋など地元の風景を盛り込んでおり、空から見下ろすと、のどかな農村が新たな顔を見せる。(記者/郭圻) =配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506325

  •  (4)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (4)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の地下施設で点検する保守作業員。中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013666

  •  (5)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (5)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の地下施設。(小型無人機から)中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013667

  •  (7)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (7)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の稼動式。(小型無人機から)中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013676

  •  (3)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (3)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の下部貯水池にある高さ108メートルの重力式コンクリートダム。(小型無人機から)中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013668

  •  (6)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (6)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の地下施設にある中央制御室でモニターを見る従業員。中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013675

  •  (1)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (1)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の地下施設。(小型無人機から)中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013645

  •  (9)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (9)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の下部貯水池にある高さ108メートルの重力式コンクリートダム。(小型無人機から)中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013671

  •  (2)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (2)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、空から見た福建周寧揚水発電所の上部貯水池(左)と下部貯水池(右)。(小型無人機から)中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013649

  •  (8)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    2022年08月30日
    (8)中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    28日、福建周寧揚水発電所の地下施設で点検する保守作業員。中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(寧徳=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013674

  •  「新華社」中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県
    00:35.72
    2022年08月30日
    「新華社」中国華電集団の揚水発電所が本格稼動福建省周寧県

    中国発電大手、中国華電集団の福建周寧揚水発電所の4号機が28日、営業運転を開始し、同社初の揚水発電所が本格稼働した。日間調整純揚水式の発電所で、総設備容量は120万キロワット、年間発電量は12億キロワット時に上る。(記者/姜克紅、郭圻) =配信日: 2022(令和4)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083013770

  •  How grassroots investigations help with rural revitalization in China‘s Zhouning
    03:14.24
    2023年12月04日
    How grassroots investigations help with rural revitalization in China‘s Zhouning

    STORY: How grassroots investigations help with rural revitalization in China‘s ZhouningSHOOTING TIME: Nov. 17, 2023DATELINE: Dec. 3, 2023LENGTH: 00:03:14LOCATION: NINGDE, ChinaCATEGORY: SOCIETYSHOTLIST:1. various of Zhouning County2. SOUNDBITE 1 (Chinese): XU GENGYUN, Deputy Director, Agriculture and Rural Affairs Bureau of Zhouning County3. various of Zhouning County4. SOUNDBITE 2 (Chinese): XU GENGYUN, Deputy Director, Agriculture and Rural Affairs Bureau of Zhouning County5. various of Zhouning County6. SOUNDBITE 3 (Chinese): XU GENGYUN, Deputy Director, Agriculture and Rural Affairs Bureau of Zhouning CountySTORYLINE:Surrounded by imposing mountains, Zhouning is the highest county in China‘s Fujian Province.It had long been one of the poorest counties in Fujian, and only emerged out of poverty in April 2020...= 配信日: 2023(令和5)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023120401712

  • 1