KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • しゅう
  • 成功
  • 故郷
  • 生活
  • アナウンサー
  • クラスメート
  • トレーニング
  • プロ

「周文」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
53
( 1 53 件を表示)
  • 1
53
( 1 53 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Anaximander (610- 546 BC).

    Anaximander (610- 546 BC). Pre-Socratic Greek philosopher who lived in Miletus. He belonged to the Milesian school and learned the teachings of his master Thales. Anaximandder with a sundial. Roman mosaic. 3rd century. Landesmuseum. Trier. Germany.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020070107599

  • 1998年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    昼休みを利用して河北化工学校(現在の河北化工医薬職業技術学院)を訪れ、千人近い学生に乗車券を届ける石家荘駅の職員。(1998年1月7日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるのかもしれない。(北京=新華社記者/周文広)=1998(平成10)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518349

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月21日
    ブッシュ夫妻ら 米大統領が中国大使館弔問

    20日、ワシントンの中国大使館に弔問に訪れたブッシュ大統領夫妻(左)と周文重・駐米大使夫妻(ロイター=共同)

    商品コード: 2008052100003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月19日
    記者会見する周文重氏 米中は共通利益拡大を

    19日、北京で記者会見する中国の周文重・前駐米大使(共同)

    商品コード: 2011071900353

  • 2018年01月25日
    ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会、4月開催へ

    25日、記者会見に臨む同フォーラムの周文重事務局長。ボアオ・アジアフォーラム事務局は25日、北京で記者会見を開催し、2018年年次総会の準備状況について紹介し、また記者の質問に答えた。ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会は4月8日から11日まで中国海南省ボアオ(博鰲)で開催される。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022101217

  • 2018年01月25日
    ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会、4月開催へ

    ボアオ・アジアフォーラム事務局は25日、北京で記者会見を開催し、2018年年次総会の準備状況について紹介し、また記者の質問に答えた。ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会は4月8日から11日まで中国海南省ボアオ(博鰲)で開催される。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022101225

  • 2018年04月08日
    【ボアオ・アジアフォーラム】2018年年次総会記者会見並びに基調報告発表会が開催

    8日、会見会場で発言するボアオ・アジアフォーラムの周文重事務局長(中)。ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会は8日、中国海南省の博鰲(ボアオ)で記者会見および基調報告発表会を開催した。(ボアオ=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901296

  • 2018年04月08日
    【ボアオ・アジアフォーラム】2018年年次総会記者会見並びに基調報告発表会が開催

    8日、会見会場で発言するボアオ・アジアフォーラムの周文重事務局長(中)。ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会は8日、中国海南省の博鰲(ボアオ)で記者会見および基調報告発表会を開催した。(ボアオ=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901286

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、「妻と二人で3ムー(0・2ヘクタール)ほどの天麻(オニノヤガラ)を植え、1年の収入が10万元になった」と支援について語る寧強県燕子砭鎮東麗村の村民、周文生さん(右)。震災後、周さん夫妻は山の上の小さな土レンガ小屋から山の下の新居に引っ越し、居住環境は飛躍的に向上した。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701067

  • 00:47.27
    2018年09月24日
    「新華社」世界最高齢のジャイアントパンダ「新星」、中秋節を祝う

    中国の伝統行事「中秋節」を迎え、重慶動物園のパンダ飼育員は、現在世界で最高齢のジャイアントパンダ「新星」(シンシン)のために月餅ケーキを用意し、この行事を祝った。「新星」は日本と縁が深い。彼女は東京上野動物園のオスのジャイアントパンダ「比力」(ビーリー)の祖母で、去年6月に上野動物園で生まれたメスのジャイアントパンダ「香香」(シャンシャン)の曾祖母でもある。重慶動物園の職員が24日午前に「新星」のパンダ舎外にある庭園に飾り提灯を吊るすと、辺り一帯はお祭りムードに包まれまれた。「新星」は木製の台に上ると、飼育員と地元市民が手作りした月餅ケーキを味わい始めた。ケーキの上には新鮮なタケノコのほか、大好物のリンゴやキュウリ、ドラゴンフルーツも載っていた。メスのジャイアントパンダ「新星」は1982年に中国四川省宝興県で生まれた。現在満36歳で、世界で生きているジャイアントパンダの中では最年長だ。(記者/周文沖)<映像内容>世界最高齢のジャイアントパンダ「新星」、撮影日:2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825569

  • 02:01.94
    2019年01月13日
    「新華社」重慶市に世界最大のバイオリン博物館オープン

    世界最大の面積を誇るバイオリンの博物館が13日、中国重慶市栄昌区の万霊鎮でオープンした。同博物館は、建物面積が8千平方メートル余りで、バイオリンの歴史歩道、バイオリン展示区、音楽ホール、体験コーナーなどのエリアを設け、世界各国の歴史あるバイオリンや部品500点余りを展示している。展示品にはアマティ、ストラディバリウス、ガルネリ、シュタイナーなど世界の代表的バイオリン製作家による貴重なバイオリンが含まれ、極めて高い文化的収蔵価値を誇る。同博物館は栄昌区の重点企業誘致プロジェクトで、重慶市の重点文化プロジェクトでもある。区は博物館を前面に押し出し、国内外の権威あるバイオリン演奏コンテストや文化観光交流イベントを誘致して、現地の文化観光をより含みのあるものにしたいと考えている。(記者/周文沖)<映像内容>バイオリンの博物館の様子、撮影日:2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722545

  • 2019年01月22日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:2003年1月20日、広東省広州市内の黄沙大道にある倉庫に臨時に設けられた切符売り場で切符を買う乗客。(広州=新華社記者/周文傑)下:2019年1月22日、内モンゴル自治区のフフホト駅で、運行情報を知るために乗車券に印刷された2次元バーコードをスマートロボットにかざす乗客。(フフホト=新華社記者/彭源)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412015

  • 01:46.02
    2019年03月05日
    「新華社」早咲きの桜が開花重慶に春の気配

    背後に山が迫り「山城」とも呼ばれる中国南西部の都市、重慶市は3月に入ると、春の気配が濃くなり、咲き乱れる花々を見ようと多くの市民や観光客が訪れる。桜の名所として知られる同市の南山植物園では、早咲きの桜が例年より早く咲き始めた。園内では現在、春花展を開催しており、チューリップやツバキ、桜の花が美しさを競っている。同植物園は1960年代から大規模な桜の植樹を開始し、今では80品種以上の桜約1万株が植わっている。早咲きのツバキカンザクラ(ハツビジン)、ケイオウザクラ、リュウキュウカンヒザクラ、ヤエカンヒザクラなどは日本から持ち込まれたものだ。同植物園では3月初旬から中旬にかけて、ソメイヨシノやエドヒガンなどの品種も続々と開花する見込み。早咲きの桜が終わった後、4月5日の清明節前後には、サトザクラが見ごろを迎える。(記者/周文沖)<映像内容>中国・南山植物園の桜など花見客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502618

  • 2019年05月16日
    障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    南京市鼓楼区の特殊教育学校で行われた社会実践活動で、子どもと一緒にゲームをする周文晴さん(中央)。(2019年5月16日撮影)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051911957

  • 2019年08月07日
    香港各界人士、「暴力と混乱から抜け出さなければならない」と呼びかけ

    7日、取材を受ける香港の嶺南大学中国経済研究部の周文港(しゅう・ぶんこう)副総監。中国国務院香港マカオ事務弁公室と中央人民政府駐香港特別行政区連絡弁公室(中連弁)は7日、広東省深圳市で香港情勢に関する座談会を開いた。出席した香港各界の人々は取材に対し、座談会では両機関の責任者が当面の香港情勢を安定させるための中央政府の重要精神を通達し、その精神の実行について希望を表明したと説明。また香港各界が団結して香港を守り、混乱を安定に向かわせるための方向性を指し示し、各界の自信を深めたと述べ、香港社会が手を携えて力を結集し、大きな声を上げ、一刻も早く香港を暴力と混乱から抜け出させなければならないとの見方を示した。(深圳=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406938

  • 02:50.02
    2019年08月23日
    「新華社」世界最年長のパンダ、37歳の誕生日を迎える重慶市

    世界最年長のジャイアントパンダ「新星(シンシン)」が23日、37歳の誕生日を迎えた。人間の年齢で100歳以上に相当する。「新星」が暮らす中国の重慶動物園では同日、バースデーパーティーが開かれた。目下、「新星」の体調は良好だという。(記者/周文沖)<映像内容>世界最年長のパンダの誕生日をお祝いする様子、撮影日:2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603693

  • 2020年01月31日
    清肺排毒湯が新型コロナの感染予防・治療の重要手段に

    重慶市内の隔離用ホテルで無料提供された「清肺排毒湯」を飲む子ども。(1月31日撮影)中国の北京中医薬大学で副校長を務める王偉(おう・い)教授は17日、国務院合同予防抑制メカニズムが開いた記者会見で、各種の臨床観察や基礎研究の結果が示すように、中医薬の「清肺排毒湯」が新型コロナウイルスによる肺炎の軽症、中等症、重症患者に幅広く適用でき、速効性、有効性、安全性という特徴を備えているため、新型肺炎の予防・治療の重要な手段になっていると表明した。(重慶=新華社記者/周文沖)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042004007

  • 2020年01月31日
    清肺排毒湯が新型コロナの感染予防・治療の重要手段に

    重慶市内の隔離用ホテルで無料提供された「清肺排毒湯」。(1月31日撮影)中国の北京中医薬大学で副校長を務める王偉(おう・い)教授は17日、国務院合同予防抑制メカニズムが開いた記者会見で、各種の臨床観察や基礎研究の結果が示すように、中医薬の「清肺排毒湯」が新型コロナウイルスによる肺炎の軽症、中等症、重症患者に幅広く適用でき、速効性、有効性、安全性という特徴を備えているため、新型肺炎の予防・治療の重要な手段になっていると表明した。(重慶=新華社記者/周文沖)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003998

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産百メートル絵巻」の一部、西安秦始皇帝陵と兵馬俑坑を紹介する周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503690

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、女性の従業員に紙織画の織り方を教える周文虎さん(左端)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503730

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、女性の従業員に紙織画の織り方を教える周文虎さん(中央)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503323

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産百メートル絵巻」の一部、西安秦始皇帝陵と兵馬俑坑。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503427

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、永春紙織画の作品。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503571

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、紙織画作品の絵画部分を描く周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503647

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、永春紙織画の作品「高山流水」を見せる周文虎さん(左から2人目)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503692

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、永春紙織画の作品「松鶴延年」を見せる周文虎さん(中央)。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503696

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、永春紙織画の制作に取り組む周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503552

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、織り機に張られた料紙の縦糸をチェックする周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503592

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産の百メートル絵巻」を紹介する周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503662

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、永春紙織画の作品「山高水長」。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503718

  • 01:14.40
    2021年01月01日
    「新華社」無形文化遺産の石材彫刻産業発展を推進福建省恵安県

    中国の国家級無形文化遺産に指定された福建省泉州市恵安県の石彫(石材彫刻)は1600年以上の歴史を持つ。同県はここ数年、石彫産業の伝統的な工芸技法を守るとともに技術革新による産業の発展を推し進め、世界的に有名な石彫や石材の生産拠点となっている。同県石彫石材業界の監事長を務める周文尭(しゅう・ぶんぎょう)氏によると、石彫石材業は同県の特色ある産業になっており、現在、業界全体で約700社の企業があり、従業員数は10万人近く、売上高は200億元(1元=約16円)余りに上るという。恵安の石彫製品は日本、韓国、東南アジア、中東、欧米など100以上の国・地域で販売されている。(記者/陳旺) =配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010108364

  • 00:42.96
    2021年01月08日
    「新華社」重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(記者/周文衝) =配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010807161

  • 2021年05月11日
    (10)革命の聖地、西柏坡で中国の発展の道のりを振り返る河北省

    西柏坡にある中国共産党第7期中央委員会第2回全体会議の開催跡地で、入党宣誓式に参加する新党員。(2001年7月1日撮影)中国河北省石家荘市平山県の西柏坡(せいはくは)は、かつて中国全土を解放へと導いた最後の「農村の指揮所」が置かれていた場所として知られる。中国共産党創立100周年が近づく中、記者は西柏坡を訪れ、映像記録を通して過去と現在の様子を見比べ、新中国成立後、天地を覆すほどの変化を経験し、目覚ましい発展を遂げた新たな姿を探った。(石家荘=新華社記者/周文広)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051108283

  • 2021年05月11日
    (17)革命の聖地、西柏坡で中国の発展の道のりを振り返る河北省

    2001年7月1日、河北省平山県の西柏坡駅に停車する貨物列車。中国河北省石家荘市平山県の西柏坡(せいはくは)は、かつて中国全土を解放へと導いた最後の「農村の指揮所」が置かれていた場所として知られる。中国共産党創立100周年が近づく中、記者は西柏坡を訪れ、映像記録を通して過去と現在の様子を見比べ、新中国成立後、天地を覆すほどの変化を経験し、目覚ましい発展を遂げた新たな姿を探った。(石家荘=新華社記者/周文広)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051108314

  • 2021年05月12日
    障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、中国人民大学修士課程の入試課の担当者と携帯電話で話す周文晴さん。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051911959

  • 2021年05月18日
    (7)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、南京特殊教育師範学院の視覚障害者用図書室で、資料を調べる周文晴さん。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807838

  • 2021年05月18日
    (14)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、南京特殊教育師範学院の視覚障害者用図書室で、クラスメートから写真の説明を受ける周文晴さん(左)。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807879

  • 2021年05月18日
    (5)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    南京特殊教育師範学院の視覚障害者用図書室で、アナウンスの練習をする周文晴さん。(2019年5月17日撮影)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807875

  • 2021年05月18日
    (15)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    南京特殊教育師範学院で、中国人民大学修士課程の2次試験を受ける周文晴さん(右)。(4月3日撮影)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807831

  • 2021年05月18日
    (3)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    南京特殊教育師範学院の視覚障害者用図書室で勉強する周文晴さん。(2019年5月17日撮影)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807826

  • 2021年05月18日
    (1)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    南京特殊教育師範学院の視覚障害者用図書室で、視覚障害のあるクラスメートの普通話(標準中国語)の発音を直す周文晴さん(左)。(2019年5月17日撮影)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807851

  • 2021年05月18日
    (13)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、南京特殊教育師範学院の図書館の館内を歩く周文晴さん。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807840

  • 2021年05月18日
    (6)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    南京特殊教育師範学院で、専門課程の授業を受ける周文晴さん(右)。(2019年5月17日撮影)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807872

  • 2021年05月18日
    (8)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、南京特殊教育師範学院の視覚障害者用図書室で、資料を調べる周文晴さん。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807877

  • 2021年05月18日
    (12)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、南京特殊教育師範学院のキャンパスで、携帯電話で資料を調べ、論文の構想を練る周文晴さん。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807881

  • 2021年05月18日
    (11)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、南京特殊教育師範学院のキャンパスにたたずむ周文晴さん。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807940

  • 2021年05月18日
    (16)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    「2019年江蘇省大学生・年度人物」コンテストに出場する周文晴さん。(資料写真)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807968

  • 2021年05月18日
    (9)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    12日、南京特殊教育師範学院で、クラスメートの手を借りてキャンパスの小道を歩く周文晴さん(右)。中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807828

  • 2021年05月18日
    (2)障害に負けない、次々に夢をかなえる大学生江蘇省南京市

    南京特殊教育師範学院のピアノ室で、自身が作曲した「黙書」を演奏する周文晴さん。(2019年5月17日撮影)中国江蘇省南京市の南京特殊教育師範学院に通う視覚障害のある学生、周文晴(しゅう・ぶんせい)さんはこのほど、中国人民大学応用心理学専攻修士課程に合格した。1998年生まれの周さんは8歳の時に故郷を離れ、一人異郷の地で勉学に励む生活を始めた。2017年に同学院に入学し、応用心理学を専攻した。学業では、健常者のクラスメートに負けまいと努力し、驚異的な気力で大学英語6級考試(CET-6)に合格、国家奨学金の獲得に成功した。また、余暇を利用してプロのアナウンサーによるトレーニングにも挑戦。これまでに何度も自身の夢を実現させてきた。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051807847

  • 00:40.72
    2021年06月10日
    「新華社」シラサギ1万羽が舞う漢豊湖国家湿地公園重慶市

    中国重慶市開州区にある漢豊湖国家湿地公園ではこのところ、シラサギ1万羽以上が軽やかに舞う光景が広がっている。同公園ではここ数年、自然生態環境が絶えず改善され、巣作りのために飛来するシラサギの数も年々増加している。(記者/周文衝) =配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061014206

  • 01:03.55
    2021年06月26日
    「新華社」重慶動物園のパンダ「マンザイ」、双子を出産

    中国の重慶動物園は23日、ジャイアントパンダ「莽仔(マンザイ)」が10日未明に双子の赤ちゃんを出産し、いずれも雄だったと発表した。同動物園は中国ジャイアントパンダ保護研究センターの専門家の指導を受け、赤ちゃんパンダの人工飼育を実施。1頭が「マンザイ」と暮らし、もう1頭を保育器で育てる形を交互に行う。(記者/周文衝) =配信日: 2021(令和3)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062610364

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.75
    2021年09月02日
    「新華社」高さ2メートルの「巨大稲」の試験栽培に成功重慶市

    中国国家ハイブリッド稲工程技術研究センターの重慶サブセンターはこのほど、重慶市大足区拾万鎮長虹村で15ムー(1ヘクタール)の「巨大稲」の試験栽培に成功したと明らかにした。1ムー(約667平方メートル)当たり800キロ以上の収穫量を見込む。重慶サブセンターの陳楊朴(ちん・ようぼく)副主任は、巨大稲の高さは通常の稲の2倍で、中には2・2メートルを超えるものもあることから、水稲の「巨人」と呼ばれていると説明。この品種の試験栽培を同区で行うのは今年が初めてで、今のところ成功していると評価した。巨大稲は高く成長し、光合成の効率も高い。1本の穂に実るモミの数は約500粒に上る。また、病気に強く倒れにくいうえ、洪水や冠水に強く、アルカリ性の土壌にも適応性がある。稲株に十分な栄養を届けることができるため、水産物や哺乳類に涼をとる場所や休息の場も提供する。同センターは来年も巨大稲の栽培面積を拡大する予定で、巨大稲の水田を活用した魚の養殖試験事業を実施し、農家の増収につなげたいとしている。(記者/周文衝) =配信日: 2021(令和3)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090300473

  • 01:20.76
    2022年04月07日
    「新華社」金仏山自然保護区でフランソワルトンの赤ちゃん2匹を確認重慶市

    中国重慶市の金仏山国家級自然保護区でこのほど、フランソワルトンの赤ちゃん2匹が確認された。同保護区の個体群で自然繁殖による赤ちゃんの誕生を観察したのは2020年春以来となる。フランソワルトンは世界で最も絶滅の危機にひんしている霊長類の一種で、中国では主に広西チワン族自治区、貴州省、重慶市などに分布し、国家1級保護動物に指定されている。生態環境の回復が続く同保護区では、150匹を超えるフランソワルトンが暮らしている。自然繁殖の確認は生息数が増加していることを裏付けている。(記者/周文衝) =配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040711369

  • 1