KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 研究
  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 記載
  • 説明文
  • 眺望
  • 場所
  • 小川一真

「和船」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
281
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
281
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • -
    和船

    紀ノ川河口に位置する和歌山市は、中世では紀伊湊と呼ばれたように、海路と河川交通の中継地であった。中州の鼠島付近と思われる場所に、多くの和船が繋留されている。対岸に見えるのが和泉山脈で、右の小山の上に見える建物は和歌山城であろう。=撮影年月日不明、和歌山、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐71‐0]

    商品コード: 2017081400642

  • -
    和船

    キーワード:和船、ジャンク船=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040601015

  • -
    和船

    和船=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号110‐49‐0]

    商品コード: 2017081502196

  • -
    和船

    大和型の500石以上の大型荷船である。船型から見て後期北前船と思われる。北前船は江戸時代から明治中期にかけて北海道貿易に活躍した廻船のことである。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐27‐0]

    商品コード: 2017080200959

  • -
    和船

    和船=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐77‐0]

    商品コード: 2017080903172

  • -
    和船

    和船=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐74‐0]

    商品コード: 2017080903289

  • -
    和船

    四角の帆一枚で走る和船。これは主として関西以西で使われたいさば船とおもわれる。運搬用に使用された。わりに大きな船。撮影場所は不明。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号43‐2‐0]

    商品コード: 2017080902753

  • -
    和船

    キーワード:乗り物、和船=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018041300807

  • -
    和船

    キーワード:和船=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018041300799

  • -
    和船

    港に停泊している5艘の和船であるが、皆同型のようである。整理番号6-27「和船(1)」は帆を上げているが、同じ型である。これらの船は江戸中期から明治半ばまで活躍した北前船である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐21‐0]

    商品コード: 2017080901994

  • -
    和船

    和船=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐49‐0]

    商品コード: 2017081400794

  • -
    和船

    台紙にGroup of Japanese Junk and boat in the Canalとある。向こう岸にもやっている和船はかなり大型である。ここは運河というより入江みたいなところであろう。人々の生活のにおいがする。=1864年、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐11‐0]

    商品コード: 2017080902021

  • -
    和船

    和船=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐45‐0]

    商品コード: 2017081501514

  • -
    和船

    和船=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号126‐33‐0]

    商品コード: 2017081401744

  • -
    和船

    キーワード:和船=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040601014

  • -
    長崎・和船

    キーワード:停泊、和船=明治初期、長崎、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018011900955

  • 2018年04月03日
    姫路城の桜と和船

    キーワード:サクラ、屋外、花、快晴、観光、建物、国指定特別史跡、国宝、自然、重要文化財、春、城、植物、新緑、世界遺産、青空、朝、天守閣、内堀、日本、姫路城、風景、無人、遊覧船、和船、日本百名城、テーマメイン写真、姫路城和船=2018(平成30)年4月3日、兵庫県姫路市、クレジット:Tak/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010408104

  • 2018年04月03日
    姫路城の桜と和船

    キーワード:サクラ、屋外、花、快晴、建物、国指定特別史跡、国宝、自然、重要文化財、春、城、植物、新緑、神々しい、世界遺産、青空、朝、天守閣、内堀、日本、姫路城、風景、無人、雄大、和船、日本百名城、テーマメイン写真、姫路城和船=2018(平成30)年4月3日、兵庫県姫路市、クレジット:Tak/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010408085

  • 2018年04月03日
    姫路城の桜と和船

    キーワード:サクラ、屋外、花、快晴、建物、国指定特別史跡、国宝、自然、重要文化財、春、城、植物、新緑、神々しい、世界遺産、青空、朝、天守閣、内堀、日本、姫路城、風景、無人、雄大、和船、日本百名城、テーマメイン写真、姫路城和船=2018(平成30)年4月3日、兵庫県姫路市、クレジット:Tak/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010408123

  • 2013年03月01日
    進水した和船 姫路城に観光和船

    姫路城の内堀で進水式が行われた和船=1日午後、兵庫県姫路市

    商品コード: 2013030100181

  • 1996年08月09日
    和船友の会設立1周年

    和船をこぐ「和船友の会」の人たち

    商品コード: 1996080900044

  • 2005年09月27日
    完成した「みさき」 東大の木造和船が完成

    完成した木造和船「みさき」をこぐ船大工の藤原一善さん=27日、神奈川県三浦市

    商品コード: 2005092700177

  • 2016年04月05日
    桜咲く姫路城と和船

    キーワード:1隻、サクラ、のどかな、屋外、午後、乗り物、咲く、春、城、人物、人間、世界遺産、石垣、日本、姫路城、風景、堀、歴史、和船、日本百名城、日本さくら名所100選、はりま、内濠めぐり、風景メイン写真=2016(平成28)年4月5日、兵庫県姫路市、クレジット:TAKEO AZUSAGAWA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005390

  • 2013年05月17日
    高松市長と寄贈された和船 高松城跡のお堀に和船

    贈呈式で和船「玉藻丸」を除幕する大西秀人高松市長(左)=17日午前、高松市

    商品コード: 2013051700083

  • 2019年05月01日
    記念撮影する参拝客 令和船出、期待と不安

    「令和元年五月一日戌の日」の看板前で記念撮影する参拝客=1日、東京都中央区の水天宮

    商品コード: 2019050100888

  • 2019年05月01日
    どら焼き配る西武の店員 令和船出、期待と不安

    「令和」の焼き印が入ったどら焼きを配布する西武池袋本店のスタッフ=1日、東京都豊島区

    商品コード: 2019050100890

  • 2016年04月05日
    桜咲く姫路城と和船

    キーワード:1隻、サクラ、のどかな、屋外、午後、乗り物、咲く、春、城、人物、人間、世界遺産、石垣、日本、姫路城、風景、堀、歴史、和船、日本百名城、日本さくら名所100選、はりま、内濠めぐり、風景メイン写真=2016(平成28)年4月5日、兵庫県姫路市、クレジット:TAKEO AZUSAGAWA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005411

  • 1994年09月07日
    和船模型と大西さん 和船模型引き取って

    引き取り手を探している和船模型「北前千石船」と和船保存会の大西由利恵さん=奈良県橿原市木原町

    商品コード: 1994090700003

  • 2013年05月17日
    寄贈された和船 高松城跡のお堀に和船

    高松市の公益財団法人が市に寄贈した和船「玉藻丸」=17日午前、高松市

    商品コード: 2013051700080

  • 2019年05月01日
    売り出される福袋 令和船出、期待と不安

    西武池袋本店の「令和初売り祭」で売り出された福袋=1日、東京都豊島区

    商品コード: 2019050100891

  • 2009年09月14日
    和船上の天皇、皇后ら 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    葉山御用邸前の海で、皇后さまや秋篠宮妃紀子さま、悠仁さまを乗せ、和船をこぐ天皇陛下=14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400064

  • 2009年09月14日
    和船をこぐ天皇陛下 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    葉山御用邸前の海で、皇后さまや秋篠宮妃紀子さま、悠仁さまを乗せ、和船をこぐ天皇陛下=14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400065

  • 2009年09月14日
    和船をこぐ天皇陛下 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    葉山御用邸前の海で、皇后さまや秋篠宮妃紀子さま、悠仁さまを乗せ、和船をこぐ天皇陛下=14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400160

  • 1994年10月01日
    ボートから抗議の市民団体 「平和船団」で抗議デモ

    原爆ドームを背にゴムボートの上から自衛隊のアジア大会参加に抗議する市民団体の人たち=1日午前11時40分、広島市・平和記念公園内の太田川

    商品コード: 1994100100034

  • 2005年09月03日
    完成間近の和船 海の観察、櫓こぎ和船で

    東京大の依頼で建造中の木造和船と船大工の藤原一善さん=東京都墨田区

    商品コード: 2005090300005

  • 2009年09月14日
    和船を降りる天皇ら 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    葉山御用邸前の海岸で、和船を降りる天皇、皇后両陛下と秋篠宮妃紀子さま、悠仁さま=14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400069

  • 2009年09月14日
    ジャケット姿の紀子さまら 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    和船に乗船するためライフジャケットを着けた秋篠宮妃紀子さまと悠仁さま=09年9月14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400175

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年03月17日
    城の内堀を巡る和船 姫路城、和船から楽しんで

    国宝・姫路城(後方・修理中)の内堀を進む和船=兵庫県姫路市

    商品コード: 2012031700172

  • 2009年09月14日
    和船を降りる天皇陛下ら 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    葉山御用邸前の海岸で、和船を降りる天皇、皇后両陛下と秋篠宮妃紀子さま、悠仁さま=14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400068

  • 2009年09月14日
    陸揚げを手伝う両陛下 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    和船の陸揚げを手伝われる天皇、皇后両陛下=09年9月14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400176

  • 1996年12月07日
    半世紀ぶり和船の渡し復活

    かつて米俵を積んだり芸者さんを乗せるなど、にぎわった和船の渡しが七日、約半世紀ぶりに復活した。 東京都江東区の横十間川親水公園内の川で、元漁師ら三十五人が交代で船頭を務め、約百人が乗船に並んだ。 好天の中、昔の風情を楽しんだ近所の人たちは「いつもとは違った風景を楽しめました」と満足そう。 希望者はだれでも無料で乗船でき、毎週土曜日、来年の二月二十二日まで続けられる。

    商品コード: 1996120700062

  • 2016年03月17日
    ダグラス・ブルックスさん 和船技術、この手で伝える

    田んぼで広く使われていた木造船「田舟」を復元するダグラス・ブルックスさん=富山県氷見市

    商品コード: 2016031700010

  • 1975年06月30日
    老船大工のミニ和船沖縄へ

    沖縄国際海洋博に出品される「北前千石船」の模型と和船造りの船大工・野田房吉さん=1975(昭和50)年6月30日、奈良市

    商品コード: 2013011500329

  • 2009年09月14日
    和船こぐ天皇、皇后両陛下 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    葉山御用邸前の海で、和船をこぐ天皇、皇后両陛下=14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400136

  • 2009年09月14日
    和船こぐ天皇、皇后両陛下 天皇陛下、葉山で和船こぐ

    葉山御用邸前の海で、和船をこぐ天皇、皇后両陛下と秋篠宮妃紀子さま=09年9月14日午前、神奈川県葉山町(代表撮影)

    商品コード: 2009091400174

  • 1996年07月18日
    合いの子船 和船模型、展示しませんか

    野田房吉さんの遺作「合いの子船」=奈良県橿原市木原町の和船保存会(のだ・ふさきち)

    商品コード: 1996071800008

  • -
    沼津の弁財舟

    沼津の弁財舟=明治20年代、沼津、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号115‐7‐0]

    商品コード: 2017081502460

  • -
    川を行く小舟

    左右に生い茂った樹木のある小川を下る小舟。水の量は豊かである。二人の男がそれぞれ櫓と竿で舟を操っている。二人ともズボンをはき帽子をかぶっているので、明治中期以降の風景であろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐30‐0]

    商品コード: 2017080201593

  • -
    長崎稲佐海岸

    対岸には長崎の町並みが見える。民家を背景に3人の人物が座っている屋形船を写している。撮影者は内田九一。ベアトも1864年におなじアングルの写真を残している。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐25‐0]

    商品コード: 2017080902098

  • -
    下田港口

    英語で「石切場からの下田湾」と説明されている。下田港の入り口と思われる。海には中型の和船が帆をおろして島影に停泊している。下田港にはアメリカのペリーが上陸した。=撮影年月日不明、下田、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐36‐0]

    商品コード: 2017080201829

  • -
    港の風景

    多くの和船がつながれた波止場の風景であるが、煙突を持った蒸気船も見える。その蒸気船上では西洋人らしい人物が立ち働いている。横浜か神戸と思われるが、明治初期横浜の波止場と雰囲気が類似している。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐30‐0]

    商品コード: 2017080201478

  • -
    茂木海岸

    明治中期茂木本郷の若菜川河口の海岸。茂木は外国人の保養地として人気があったが、明治18(1885)年には旧県道が開通し、明治39(1906)年にはビーチホテルである茂木ホテルが開業し、観光客が多く訪れた。写真は鄙びた漁村の雰囲気を伝えている。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号73‐7‐0]

    商品コード: 2017082400561

  • -
    雪景色の山谷堀

    山谷堀の最も下流に架かる今戸橋の上より上流を望んだ写真。明治中期までこの辺りは料亭があり芸者のいる花町だった。遊客を運ぶ猪牙舟(ちょきぶね)はこの山谷堀を通ったので、吉原通いを俗に山谷通いとも呼んだ。山谷堀には9つの橋が架かっていたが埋め立てで取り除かれた。跡地は山谷堀公園になっている。明治初年の内田九一撮影だが、これは後に彩色され販売された写真である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐34‐0]

    商品コード: 2017081002333

  • -
    松島

    写真中にINLAND SEAとある。整理番号11-43と同じ写真である。整理番号11-43を見よ。=撮影年月日不明、松島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐6‐0]

    商品コード: 2017080400454

  • 1904年12月31日
    四角網で漁をする男性

    このような漁法が松島湾であったことは民俗研究者にも知られていない極めて貴重な写真である。四角網の中には笹竹のような物が見られることから春先の白魚漁(しらうおりょう)と思われる。背後は、片帆のチャブネと呼ばれる船である。=1904(明治37)年、松島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐53‐0]

    商品コード: 2017081401647

  • -
    中禅寺湖の船着場

    中禅寺湖大尻橋近くの船着場である。整理番号46-164と同じ船着場である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐167‐0]

    商品コード: 2017080902967

  • -
    桂川

    険しい山並みが両岸からせまる間に、桂川の広い瀬がひろがる。中央に船が浮かんでおり、浅瀬に水遊びをする人影が見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐39‐0]

    商品コード: 2017080201289

  • -
    保津川の蓮華岩

    比較的ゆったりと流れる保津川。両岸は岩肌が露出している。特に手前から右手に続く岩の険しさが著しい。舟が右手に見える。船首に船頭が棹を操り、中央に座っていいる人がいる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐17‐0]

    商品コード: 2017080201819

  • -
    船頭

    湖か広い川で1人の男性が竿で舟を操っている。舟には桶が1つ積まれ、草のようなものが入っており、その上に笠が置かれている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐34‐0]

    商品コード: 2017080201781

  • -
    稲佐のイサバ船と弁財船

    長崎稲佐海岸にもやっている船。中央の船は比較的大型に見える。向かって左から二番目の船は中型で、大型船を含めて弁財船と呼ばれた。左の小船は近距離用として関西を中心に活躍したイサバ船であろう。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐36‐0]

    商品コード: 2017080201456

  • -
    富岡八幡宮の浦

    英語で「富岡」と記入されているが、これは、明治10年代中頃には旅館や政府高官の別荘地ともなった富岡の海岸である。早くから海水浴場として注目された。海岸で漁師と思われる褌姿の男性2人が、和船を海に出そうとしている。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号4‐23‐0]

    商品コード: 2017080200813

  • -
    向島八百松楼

    右手の八百松は広大な水戸徳川家下屋敷の御船蔵跡を改装して造られた。手前は源森川でおそらく枕橋上から撮っている。枕橋の袂には山之宿の渡し(枕橋の渡し)があり、対岸の浅草側と結んでいた。浅草寺の観音堂・五重塔・仁王門が見えている。五重塔の左には凌雲閣がぼんやり写っているので、凌雲閣竣工の明治23年(1890)年以降の写真である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐7‐0]

    商品コード: 2017080903005

  • -
    浅草山谷堀

    整理番号14-35と同じ写真。浅草・今戸から根岸に達していた運河。隅田川から猪牙船(一名山谷船)に乗って吉原に通う遊客が盛んに通過した。猪牙船には屋根がないとあるから、写真の船とは違う。左岸に軒を連ねているのは船宿か。昭和33年、吉原遊郭が廃されてからは、運河のほとんどが埋め立てられた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐26‐0]

    商品コード: 2017080200805

  • -
    琵琶湖の夕陽と帆舟

    琵琶湖に浮かぶ丸子船(まるこぶね)を撮影したもの。歌川広重の浮世絵にも代表される、近江八景の1つ、矢橋帰帆(やばせのきはん)の情景をイメージして撮影されたものと思われる。矢橋帰帆は、東海道の近道として大津-矢橋(草津市)間を運んでいた矢橋の渡しが、港に帰っていく様をとらえたもの。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐35‐0]

    商品コード: 2017081400819

  • -
    松島

    日本三景の一、松島。湾内には波の浸食を受けた様々な形の島が浮かぶ。中景に、松を戴く大小二つの島が並んでおり、浸食された岩肌を見せている。その手前には帆を張った和船が一艘浮かび、水面に影を落としている。=撮影年月日不明、松島、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐48‐0]

    商品コード: 2017080400568

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    松島

    福浦島の前面にある九ノ島の先端部の砂浜から羅漢島(らかんじま)を撮影したものである。写真の羅漢島より現在の島は右側部分が崩落している。現在松島湾内は松食い虫の被害により松枯れが多いが、撮影当時の島々の松の繁茂さを感じることができる。=撮影年月日不明、松島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号86‐16‐0]

    商品コード: 2017081400738

  • -
    修学院御庭

    上の茶屋のある広い浴竜池に臨む千歳橋の鳳輦に象った屋形が右手に見える。千歳橋は、文政7年(1824)、所司代内藤紀伊守信敦が進献したものである。左手の方に欄干のついた土橋が見える。池に2艘の船が浮かんでおり、1艘には3人の人が乗っており、1艘には、船頭が棹を扱っている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐15‐0]

    商品コード: 2017080201673

  • -
    彦根玄宮園

    池をのぞんで左手に八景亭が見える。入母屋の屋根と白い障子がくっきり見える。その手前には、岸から橋がかかっている。池の上には和船が浮かび、船頭と客の2人が乗った船が浮かんでいる。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐20‐0]

    商品コード: 2017080201230

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸二荒山神社中宮祠を望む。湖畔には行者小屋が建ち並ぶ。明治35年の土石流で観音堂と鳥居左の行者小屋二つは流された。舟に3人の女と船頭が乗っている。整理番号11-20と同じ写真である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐31‐0]

    商品コード: 2017080902127

  • -
    湯ノ湖

    奥日光湯元温泉のある湯ノ湖。現在と異なり、湖畔は閑散としている。画面奥に金精山(こんせいざん)が見える。山腹の金精峠(こんせいとうげ)を越すと、その先は群馬県の沼田に通じている。湖上に大勢の人間を乗せた一艘の和船が浮かんでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐10‐0]

    商品コード: 2017081400915

  • -
    保津川下り

    川が曲がるところで、片側は砂礁、片側は険しい山がせまる。簡易の屋根を設けた船が下ってくる様子をやや下流の上方からとらえている。船首で船頭が棹を操っている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐10‐0]

    商品コード: 2017080200789

  • -
    保津川下り

    かなり川幅が広いところを、上流から何艘もの船が続いて下ってくるのを、やや下流からとらえている。左側の磧になっているところに、1艘のりあげている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐11‐0]

    商品コード: 2017080200722

  • 1904年12月31日
    日本橋川の運搬船

    日本橋の橋の上より、船荷で賑う日本橋川の西を望む。快晴ならばこの角度で富士山が望めた筈である。左岸は西河岸で、右奥に垣間見える橋は西橋である。水運から陸運に移行していく時代であるが、まだ運河が荷物の運送には欠かせなかった頃である。明治37年(1904)発行の『Japan』というブックケース入りステレオ写真。=1904(明治37)年、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐78‐0]

    商品コード: 2017081501516

  • -
    小島と帆掛け船

    ないだ水面に浮かんだ帆掛け船、船頭が櫓を操っている。船上の山高帽をかぶった男は釣をしているのであろうか。帆に隙間があるのは、風の強いとき風圧を和らげるためである。場所は松島と思われる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐31‐0]

    商品コード: 2017080201267

  • -
    稲佐のイサバ船と弁財船

    長崎稲佐海岸における大型、中型の弁財船とイサバ船。向かって右側の二隻は比較的大型で1000石級の上方型弁財船、中央一隻は中型で500石級の弁財船。左側一隻は小型で線型も異なり、近距離用として関西を中心に活躍したイサバ船であろう。=1877(明治10)年、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号21‐18‐0]

    商品コード: 2017080201835

  • -
    向島八百松楼

    源森川が隅田川に流入する枕橋の上から写した八百松楼。水神の森にあった八百松の支店として、明治3年(1870)4月に開店。遊客は隅田川を行き交う船や対岸の浅草寺などを眺めながら、酒を酌み交わした。今で言うウオーターフロントのレストランとして人気があった。明治20年代。「目録番号2104と同じ写真」=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐14‐0]

    商品コード: 2017081501765

  • -
    海上の伝馬船

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。女神から見た稲佐山方面。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐54‐0]

    商品コード: 2017080902907

  • -
    沼津の弁財舟

    沼津の弁財舟=明治20年代 、沼津、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐75‐0]

    商品コード: 2017080903169

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    野毛山公園の茶店

    英語で「野毛の丘、横浜」と記入されている。野毛山は横浜商人の邸宅地である。関東大震災以降、この一帯は野毛山公園となる。桜が満開の野毛山公園で若い6人の女性が、番台の側で桜を楽しんでいる。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐45‐0]

    商品コード: 2017080200995

  • -
    横浜写真館の商標

    横浜写真社は下岡蓮杖の弟子、臼井秀三郎がウェルシュ(David Welsh)と組んで、明治17年(1884)、居留地16番に設立した会社。臼井が写真製作、ウェルシュが販売に当たったようである。下中央の船の帆には美術商ディーキン・ブラザースの名が記されている。両者は同じ敷地内に隣接していた。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:臼井秀三郎(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号65‐1‐0]

    商品コード: 2017082300993

  • -
    石山琵琶湖

    石山寺(いしやまでら)参道の旅館街。中央の突き出した山が石山寺にあたり、多くの参詣客がこの道を通った。この旅館街は、道の片側にしか建物がないことから、片原町と呼ばれていた。現在の京阪電鉄石山寺駅付近から南に向かって写されている。=撮影年月日不明、大津、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐19‐0]

    商品コード: 2017082400660

  • -
    隅田川の舟遊び

    桜をめでたり、墨堤の名所旧跡を見物したり、料亭で一杯やったりする隅田川の舟遊び。このように屋根に人が乗っていられるのは、両岸が土手で流れがおだやかだったからではないだろうか。コンクリートで土手が固められた現在は、波が吸収されないためか波高しである。とても悠長に屋根に座っていられないとだろう。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐15‐0]

    商品コード: 2017081400945

  • -
    横浜背後の運河と家並み

    ベアトによる1865年9月7日の書き込み。左手遠方には「岩亀楼内」の文字が読みとれる。横浜外国人居留地背後の太田屋新田沼地を埋め立てた太田町の裏町であろう。1866年の大火で消失、翌年遊郭は奥の吉田新田(新吉原仲之町)に移転する。=1866年、横浜、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐8‐0]

    商品コード: 2017080201527

  • -
    屋形舟

    整理番号12-28と同じ。川を航行する屋形船に多くの人が乗船している。船頭2人が櫓をこぎ、他の12人は客か。男女入り交じった客はそれぞれ思い思いの場所でポーズをとっているが、川遊びか渡し船の演出写真と思われる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐28‐0]

    商品コード: 2017080201615

  • -
    松島

    日本三景の一、松島。湾内には波の浸食を受けた様々な形の島が浮かぶ。写真では、和船が一艘帆を広げ、波静かな水面に影を映している。前景左手に松を戴く切り立った荒い岩肌が見え、中央から右端にかけての水面には小島が連なっている。=撮影年月日不明、松島、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号8‐31‐0]

    商品コード: 2017080201119

  • -
    横浜からの富士山

    英語で「富士、横浜」の記入されている。横浜の中村川越しに富士山を望んでいる。中村川には荷物運搬の和船が海に向かって下っている。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐1‐0]

    商品コード: 2017080201074

  • -
    屋形舟

    整理番号12-28と同じ。川を航行する屋形船に多くの人が乗船している。船頭2人が櫓をこぎ、他の12人は客か。男女入り交じった客はそれぞれ思い思いの場所でポーズをとっているが、川遊びか渡し船の演出写真と思われる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐18‐0]

    商品コード: 2017080201438

  • -
    江ノ島の渡し船

    撮影者未詳。‘FERRY BOAT AT ENOSHIMA'のタイトルがある。このタイトルから、本資料は片瀬と江ノ島を結ぶ渡し船の写真ととれるが、詳細は不明である。=撮影年月日不明、江ノ島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐163‐0]

    商品コード: 2017081002508

  • -
    長崎稲佐海岸

    ベアトも1864年におなじアングルの写真を残している。民家を背景に三人の人物が見える屋形船を写したこの写真は、整理番号66-14と同一の写真であるが、当写真では左側が切れている。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐38‐0]

    商品コード: 2017080201491

  • -
    松島

    本コレクション中に同一写真があり、それには「View of Matsushima」とある。したがって本写真も松島風景と見て間違いない。舟は典型的な小型帆掛け舟であり、司馬江漢描く「品川富士遠望図」の舟とほぼ同一である。=撮影年月日不明、松島、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐43‐0]

    商品コード: 2017080201201

  • -
    中禅寺湖

    中禅寺湖畔大尻橋近くの船着場から中禅寺北岸大崎を見る。右側に男体山のスロープが写っている。整理番号46-167と同じ船着場である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐164‐0]

    商品コード: 2017080903028

  • -
    江戸川の桜

    小石川関口台あたりから飯田橋までの神田上水を江戸川と呼んだ(利根川の分流の江戸川ではない)。桜が植えられたのは明治17年(1884)といわれ、歴史は新しいが、明治後半には新小金井と呼ばれる桜の名所になった。船宿が十数戸あって船を貸した。船上からの花見は粋。明治30年(1897)頃の幻燈映画(マジック・ランタン・スライド)。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐35‐0]

    商品コード: 2017081501558

  • -
    安芸の宮島

    厳島(宮島)は周囲約30kmの島である。海浜の大部分は開発が行われず,自然海浜のまま残されており,国の特別名勝に指定されている。島の基盤岩は花崗岩で摂理も発達しており,海岸線の随所に波浪によって浸食された海食洞を見ることができる。=撮影年月日不明、宮島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐31‐0]

    商品コード: 2017081401484

  • -
    淡路島

    岩屋の江島。奇岩の下に腰を下ろした人影や、船を操る人物なども見える。=撮影年月日不明、淡路、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐31‐0]

    商品コード: 2017080201010

  • -
    保津川下り

    岩床が露頭している白いたきつ瀬を船が3艘下ってくるのを、やや下流からとらえている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐45‐0]

    商品コード: 2017080200929

  • -
    備後鞆津

    福山・鞆港の東側にある大可島を東浜から望む。大可島は南北朝期に南朝方の拠点として大可島城が築かれた。江戸時代には,円福寺や鞆港出入りする船舶を監視するための船番所が置かれた。写真では現在では干拓により消滅した各商家からの突出し突堤や階段を写されている。=撮影年月日不明、広島、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐2‐2]

    商品コード: 2017082400159

  • -
    中禅寺湖畔

    中禅寺湖畔二荒山神社鳥居附近の湖岸から大崎を見る。大崎の先端の岸辺は隠れて見えていない。湖岸に多くの和船がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐64‐0]

    商品コード: 2017080400600

  • -
    長崎稲佐海岸

    長崎、稲佐の舟遊びを撮影したもの。着色されている。目録番号1196、3238と同じく、内田九一により明治天皇の長崎行幸時(1872年)に撮影されたと推測される。=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐14‐0]

    商品コード: 2017082800560

  • -
    横浜運河沿いの鯉のぼり

    英語で「子供の祭り、横浜」と記されている。5月の節句の鯉のぼりの風景である。横浜写真のなかには類似の鯉のぼり風景がいくつか見られる。川に浮かぶ和船は構造が興味深い。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐23‐0]

    商品コード: 2017080201250

  • -
    隅田川の舟遊び

    大正14年(1925)東京朝日新聞社発行『アサヒグラフ臨時増刊写真百年祭記念号』に同じ写真が「内田九一氏と東京隅田川の舟遊」として載っている。説明に「明治七年頃の撮影で舟中欄干にもたるるは内田九一氏 平田健一氏所蔵」となっている。九一は洒落者だったので洋服姿で写った写真が多い。これは和服なので珍しい。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐20‐0]

    商品コード: 2017081401064

  • 1
  • 2
  • 3