KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 令和
  • 篆書体
  • 文字
  • 貴族
  • がん
  • げん
  • じゅん
  • 夫妻
  • 書家

「咸陽城」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
47
( 1 47 件を表示)
  • 1
47
( 1 47 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年12月14日
    秦・漢代の咸陽城に造られた「官道」を発見陝西省西咸新区

    西咸新区秦漢新城の道路遺構の考古学発掘現場。(2016年12月14日撮影)中国陝西省の西安市と咸陽市にまたがる西咸(せいかん)新区の秦漢新城窯店鎮の鄧家村南部でこのほど、幅50メートルを超える南北方向の道路遺構が見つかった。その規模から秦・漢代に官道として造られた大通りだと考えられ、秦の都の咸陽城における道路網の構成解明に新たな証拠となるとみられる。(西安=新華社配信)=2016(平成28)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000790

  • 2017年11月26日
    秦咸陽城遺跡で出土した青銅器、「蜀守・斯離」が製造責任者と判明

    戦国後期の秦の貴族の墓。今回発掘された2基のうち大きい方の墓。(2017年11月26日撮影)中国陝西省考古研究院は5日、秦咸陽(かんよう)城遺跡で出土した青銅器について、考古学者が研究と検証を重ねた結果、「蜀守・斯離」の監督下で製造されたものであることが分かったと発表した。(西安=新華社配信)=2017(平成29)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104756

  • 2017年11月29日
    秦咸陽城遺跡で出土した青銅器、「蜀守・斯離」が製造責任者と判明

    戦国後期の秦の貴族の墓。今回発掘された2基のうち小さい方の墓。(2017年11月29日撮影)中国陝西省考古研究院は5日、秦咸陽(かんよう)城遺跡で出土した青銅器について、考古学者が研究と検証を重ねた結果、「蜀守・斯離」の監督下で製造されたものであることが分かったと発表した。(西安=新華社配信)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104738

  • 2018年01月27日
    秦咸陽城遺跡で出土した青銅器、「蜀守・斯離」が製造責任者と判明

    秦咸陽(かんよう)城遺跡の発掘調査で出土した「玉具剣」。(2018年1月27日撮影)中国陝西省考古研究院は5日、秦咸陽(かんよう)城遺跡で出土した青銅器について、考古学者が研究と検証を重ねた結果、「蜀守・斯離」の監督下で製造されたものであることが分かったと発表した。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104724

  • 2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701107

  • 2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。(新華社記者/李一博)=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701101

  • 2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701134

  • 2018年03月16日
    秦咸陽城遺跡で戦国時代末期の卜甲が出土

    16日、西咸新区空港新城岩村の秦人墓葬で発掘された卜甲。中国陝西省考古研究院は、西咸新区空港新城岩村で発見された秦人墓葬群の発掘結果を公表した。同墓葬群は秦咸陽城遺跡の庶民墓区域に位置し、戦国時代(紀元前453~221年)末期から秦(紀元前221~206年)の年代に集中している。墓葬群は庶民の墓と思われ規模は小さいものの、戦国後期としては珍しい卜甲が出土した。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200865

  • 2018年03月16日
    秦咸陽城遺跡で戦国時代末期の卜甲が出土

    16日、西咸新区空港新城岩村の秦人墓葬で発掘された卜甲を見せる、陝西省考古研究院の張楊力錚・助理研究員。中国陝西省考古研究院は、西咸新区空港新城岩村で発見された秦人墓葬群の発掘結果を公表した。同墓葬群は秦咸陽城遺跡の庶民墓区域に位置し、戦国時代(紀元前453~221年)末期から秦(紀元前221~206年)の年代に集中している。墓葬群は庶民の墓と思われ規模は小さいものの、戦国後期としては珍しい卜甲が出土した。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200922

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月07日
    秦咸陽城遺跡、国の保管施設「府庫」の発掘終わる

    秦咸陽城府庫建築遺跡で見つかった建築材料廃棄坑。(2018年10月7日に撮影)中国陝西省考古研究院はこのほど、秦咸陽(かんよう)城遺跡で見つかった府庫(ふこ、文書や財物、兵器の保管施設)の発掘調査が無事終了したと発表した。建造物構造や建築過程、付帯施設等を含む比較的整った情報が得られた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700455

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月02日
    秦咸陽城遺跡、国の保管施設「府庫」の発掘終わる

    秦咸陽城府庫建築遺跡で見つかった排水管。(2018年11月2日撮影)中国陝西省考古研究院はこのほど、秦咸陽(かんよう)城遺跡で見つかった府庫(ふこ、文書や財物、兵器の保管施設)の発掘調査が無事終了したと発表した。建造物構造や建築過程、付帯施設等を含む比較的整った情報が得られた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700440

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月29日
    秦咸陽城遺跡、国の保管施設「府庫」の発掘終わる

    秦咸陽城府庫建築遺跡から出土した「博望」と刻まれた銅の装飾品。(2018年11月29日撮影)中国陝西省考古研究院はこのほど、秦咸陽(かんよう)城遺跡で見つかった府庫(ふこ、文書や財物、兵器の保管施設)の発掘調査が無事終了したと発表した。建造物構造や建築過程、付帯施設等を含む比較的整った情報が得られた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700505

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月10日
    秦咸陽城遺跡、国の保管施設「府庫」の発掘終わる

    秦咸陽城府庫建築遺跡の3次元モデル正射投影画像。(2018年12月10日撮影)中国陝西省考古研究院はこのほど、秦咸陽(かんよう)城遺跡で見つかった府庫(ふこ、文書や財物、兵器の保管施設)の発掘調査が無事終了したと発表した。建造物構造や建築過程、付帯施設等を含む比較的整った情報が得られた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700510

  • 2019年03月16日
    秦咸陽城遺跡で出土した青銅器、「蜀守・斯離」が製造責任者と判明

    秦咸陽(かんよう)城遺跡の発掘調査で出土した青銅器に刻まれた銘文「十九年蜀守斯離造工師某臣求乗工耐」。(2019年3月16日撮影)中国陝西省考古研究院は5日、秦咸陽(かんよう)城遺跡で出土した青銅器について、考古学者が研究と検証を重ねた結果、「蜀守・斯離」の監督下で製造されたものであることが分かったと発表した。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104767

  • 2019年06月15日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    石製よろい工房遺構の発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社配信)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900543

  • 2019年06月18日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    石製よろい工房遺構の発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社配信)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900549

  • 2019年09月05日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    遺構から出土した銅製や鉄製の工具や材料。(資料写真)中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社配信)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900575

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片を手にする考古スタッフ。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900545

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900563

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900555

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、石製よろい工房遺構の発掘現場。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900546

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、石製よろい工房遺構の発掘現場。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900573

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した遺物を並べる考古スタッフ。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900586

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900561

  • 2020年01月20日
    秦・漢代の咸陽城に造られた「官道」を発見陝西省西咸新区

    西咸新区秦漢新城の道路遺構から見つかったわだち。(資料写真)中国陝西省の西安市と咸陽市にまたがる西咸(せいかん)新区の秦漢新城窯店鎮の鄧家村南部でこのほど、幅50メートルを超える南北方向の道路遺構が見つかった。その規模から秦・漢代に官道として造られた大通りだと考えられ、秦の都の咸陽城における道路網の構成解明に新たな証拠となるとみられる。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000784

  • 2020年01月20日
    秦・漢代の咸陽城に造られた「官道」を発見陝西省西咸新区

    西咸新区秦漢新城の道路遺構で見つかった土器に刻まれた銘文「咸原少池」。(資料写真)中国陝西省の西安市と咸陽市にまたがる西咸(せいかん)新区の秦漢新城窯店鎮の鄧家村南部でこのほど、幅50メートルを超える南北方向の道路遺構が見つかった。その規模から秦・漢代に官道として造られた大通りだと考えられ、秦の都の咸陽城における道路網の構成解明に新たな証拠となるとみられる。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000912

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓の墓室。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602631

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602753

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602710

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した元大謙の墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602691

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602645

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓内にある棺床。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602719

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶駱駝俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602689

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶猪俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602696

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶馬俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602580

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602734

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602708

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602653

  • 2020年10月21日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶磁器。(10月21日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602614

  • 2020年10月24日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(10月24日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602704

  • 2020年10月24日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(10月24日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602607

  • 00:40.40
    2020年11月13日
    「新華社」顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、中国国内で唯一、科学的な発掘調査で見つかった顔真卿の初期の筆跡となる。考古チームは今年6月から、秦漢新城龔東(きょうとう)村にある漢~唐代の墓の発掘調査を実施。隋唐時代の墓が多数出土し、元氏一族の墓3基と墓誌4点を確認した。顔真卿の筆による墓誌は、上の蓋石と下の誌石がいずれも51・4センチ四方で、花や草、四神の線刻で縁取られた蓋石の上面には篆書体(てんしょたい)16文字が、誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれていた。西安碑林博物館の陳根遠(ちん・こんえん)研究員は、今回見つかった羅婉順の墓誌は顔真卿が38歳の時に書いたもので、初期の書道作品の特徴である繊細で優雅な筆致が現れていると述べた。(記者/梁愛平、楊一苗)<映像内容>秦漢新城の調査、顔真卿の筆による墓誌、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111600266

  • 00:50.88
    2020年12月02日
    「新華社」前漢墓地から咸陽の名称変遷を示す実物資料が出土陝西省

    中国陝西省の考古学者が前漢時代(紀元前206~8年)初期の大型墓地で発見した陶罐(とうかん、みずがめ)が、文献のみに記載されていた都市の改名の歴史を証明する物的証拠となった。陶罐は同省西咸新区秦漢新城高荘鎮大堡子村の西にある大堡子墓地で見つかった。陝西省考古研究院は今年5月以降、同墓地で墓103基と墓を囲む溝の跡10カ所余りを発掘。墓の多くは盗掘されていたが、土器、銅器、玉器、鉄器など300点(組)近くが出土した。今回注目された陶罐は、M51と名付けられた墓から出土。容器の肩の部分に「新亭」の2文字が刻まれていた。同研究院大堡子墓地プロジェクトの朱瑛培(しゅ・えいばい)執行チームリーダーによると、「新」の地の「亭市(町の市場)」を意味するという。同墓地周辺には、秦漢時代に咸陽(かんよう)、渭城(いじょう)、涇陽(けいよう)などの県が置かれていたことも文献と考古資料から分かっている。また「漢書・地理志」にある「渭城、故咸陽、高帝元年に名を新亭に更む。七年罷められ、長安に属す」の記載、「漢書・蕭何曹参伝」にある「(曹参は)東に咸陽を取り、名を更め新城と曰う」の記載は、咸陽城が漢初に短期間「新城」と改名されたことを示している。陶罐の発見は、文献の記載のみの歴史に新たな物証を添えたことになる。朱氏は、同墓地で出土した陶器と副葬品の銅銭などから大堡子墓地と漢代の新城県の内在的関係が証明できるとし、「新亭」は漢初に設置された新城県の亭市を指すはずだと指摘する。考古学資料に基づけば、前漢の陶文から「新亭」の文字が見つかったのは今回が初めてであり、漢初に新城県が設置されていたことを実証している。陶罐の発見は、大堡子墓地が秦王朝の都、咸陽の中心エリアから北東約8キロという特殊な地理的位置にあることから、秦漢の政権移行期における咸陽の位置づけの変化と都市変遷の重要な流れを埋める資料にもなるという。(記者/楊一苗、梁愛平)<映像内容>前漢墓地での考古学調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120303769

  • 2021年11月26日
    (3)戦国時代の珍しい金装飾品が出土陝西省咸陽市

    秦咸陽城遺跡の西で見つかった秦墓。(資料写真)中国陝西省の咸陽市文物考古研究所は、秦咸陽城遺跡の西にある塔児坡村で古墓6基を発見したと明らかにした。うち1基の秦墓で見つかった純金の装飾品は、草原の装飾様式と西アジアのビーズ溶接技術を持つ比較的珍しい器物だという。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112608597

  • 2021年11月26日
    (1)戦国時代の珍しい金装飾品が出土陝西省咸陽市

    出土した陶缶に刻印された「咸亭隠□竈器(□は解読不明)」の文字。(資料写真)中国陝西省の咸陽市文物考古研究所は、秦咸陽城遺跡の西にある塔児坡村で古墓6基を発見したと明らかにした。うち1基の秦墓で見つかった純金の装飾品は、草原の装飾様式と西アジアのビーズ溶接技術を持つ比較的珍しい器物だという。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112608579

  • 2021年11月26日
    (4)戦国時代の珍しい金装飾品が出土陝西省咸陽市

    秦墓から出土した縄索文と金ビーズ装飾が施された金の装飾品。(資料写真)中国陝西省の咸陽市文物考古研究所は、秦咸陽城遺跡の西にある塔児坡村で古墓6基を発見したと明らかにした。うち1基の秦墓で見つかった純金の装飾品は、草原の装飾様式と西アジアのビーズ溶接技術を持つ比較的珍しい器物だという。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112608618

  • 2021年11月26日
    (2)戦国時代の珍しい金装飾品が出土陝西省咸陽市

    秦墓の壁龕(壁龕)で見つかった土器。(資料写真)中国陝西省の咸陽市文物考古研究所は、秦咸陽城遺跡の西にある塔児坡村で古墓6基を発見したと明らかにした。うち1基の秦墓で見つかった純金の装飾品は、草原の装飾様式と西アジアのビーズ溶接技術を持つ比較的珍しい器物だという。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112608595

  • 1