KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 全長
  • 収集
  • 四方
  • 場所
  • 宮殿
  • 平成
  • 役所
  • 打楽器
  • 歌曲
  • 発見

「咸陽宮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見
    2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。(新華社記者/李一博)=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701101

  •  陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見
    2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701134

  •  陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見
    2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701107

  • 1