KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 重要文化財
  • 宗教人物
  • 中国山西省
  • 中心市街地
  • 保護単位
  • 元代壁画
  • 壁画山西省
  • 山西省稷山県
  • 山西省運城市
  • 文物保護

「唐宋時代」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
76
( 1 76 件を表示)
  • 1
76
( 1 76 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月04日
    (1)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた摩利支天菩薩。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (9)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺の壁画。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (12)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた玉皇大帝。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (5)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺の外観。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (4)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた鬼子母神。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (11)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた十廻向(じゅうえこう)菩薩。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (6)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた古孝子順孫。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた清源妙道真君。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた十六高僧。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (8)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた四海竜王等。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (10)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺の境内。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (7)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺の倒座三大士(文殊、普賢、観世音菩薩)塑像。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、空から見た青竜寺の全景。(小型無人機から)中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、空から見た青竜寺の全景。(小型無人機から)中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県

    25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    年代幅は5千年、三星堆遺跡周辺で新たな遺跡を発見四川省

    聯合遺跡で見つかった唐・宋時代の墓葬。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は29日、同省広漢市にあり長江上流域文明の重要遺跡として有名な「三星堆(さんせいたい)遺跡」の周辺で、5千年の年代幅を持つ複合遺跡を発見したと発表した。遺跡は発見された村の名前を取って「聯合遺跡」と名付けられた。専門家は、同遺跡が三星堆古城遺跡の周辺にあった重要集落の一つであるとの見方を示し、今回の発見により三星堆周辺区域の研究の幕が開けたと語った。(広漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.30
    2020年05月28日
    「新華社」河南省の黄河河畔で大型古墓群見つかる出土品は2千点以上

    中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市湖浜区の黄河河畔で大型古墓群を発見したと明らかにした。各時代の墓葬600基余りを発掘し、遺物2千点余りが出土した。同研究所の鄭立超(てい・りつちょう)所長によると、古墓群は黄河南岸から500メートルの後川村にある。同地で2017年10月から始まったバラック地区の改造事業に合わせて実施した3度の探査発掘で3万7600平方メートルを調査。各時代の墓葬600基余りを発見した。時代は主に秦漢時代(紀元前3世紀~3世紀)、唐宋時代(7世紀~13世紀)、明清時代(14世紀~20世紀)に分かれており、中でも秦漢時代の墓が多く、300基近く見つかった。これまでに発掘を終えた墓葬602基からは、土器や銅器、鉄器、金銀器、玉器、磁器、石器、骨器・蚌器(大型の貝殻から作られた道具)などの器物2千点余りが出土した。首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼ「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」や玉の剣具、玉を象眼した銅製の帯鈎(たいこう)、銘文のある銅器など、独特な造型を持ち精巧に作られた器物も多く見つかった。いずれも高い歴史的、芸術的価値を持つ希少な副葬品だという。秦漢時代の墓葬から「陝亭」「陝市」と刻印された副葬品が見つかったほか、唐~元代の墓誌には陝州に関する直接的な記述があった。専門家は、墓が秩序正しく並び、同時代の墓葬ではエリアの重なりが見られないことや旧陝州城の近くにあることから、陝州城の人々が代々使用した集団墓地だった可能性を指摘。しかも計画に基づき整備されたものだとの見方を示した。専門家はまた、今回の大型古墓群の発見と発掘により、三門峡地区が政治的中心の移転に伴い次第に隆盛から衰退へ向かった過程が明らかになったと説明。中でも大量に見つかった秦墓と前漢墓は、同地区の墓葬の変化を知る上で貴重な資料になると述べた。(記者/楊金鑫、李麗静)<映像内容>河南省の黄河河畔大型古墓群を発見、発掘作業の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場で記念撮影する発掘隊の隊員。女性が多い。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場で測量する発掘隊の女性隊員。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘東北遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の入口。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある井戸「諸葛井」。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある石の彫刻。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある半月台。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある関張殿。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある南陽諸葛廬。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある古柏亭。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内の建物にある諸葛亮像。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内に建つ「三代遺才」石牌坊。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある山門。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の入口にある「漢昭烈皇帝三顧処」石牌坊(鳥居の形をした石の牌楼)。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にあるいおり、草廬(そうろ)。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある大殿の一角。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある建物の中に展示されたろう人形。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある寧遠楼。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省

    22日、南陽武侯祠の敷地内にある大殿。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月15日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の全景。(2019年11月15日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月05日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の傾斜した墓道を持つ墓で見つかった人骨。(2019年11月5日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月04日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった傾斜した墓道を持つ墓。(2019年11月4日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月03日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で出土した文字が書かれた漆の木器。(2019年11月3日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月31日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の傾斜した墓道を持つ墓から出土した単耳罐(たんじかん)。(2019年10月31日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月29日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で出土した人骨を鑑定する考古学チームのメンバー。(2019年10月29日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月27日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で発掘作業をする考古学チームのメンバー。(2019年10月27日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった竪穴偏室墓。(2019年10月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月14日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で発掘作業に当たる考古学チームのメンバー。(2019年10月14日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月11日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の竪穴偏室墓で見つかった人骨と副葬品。(2019年10月11日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月11日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地から出土した銅鏡。(2019年10月11日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月06日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった傾斜した墓道を持つ墓。(2019年10月6日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月05日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった傾斜した墓道を持つ墓の側室。(2019年10月5日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月01日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった土坑墓。(2019年10月1日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月25日
    成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省

    正府街遺跡で見つかった唐宋時代の大型建築遺構。(6月25日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 01:55.90
    2019年05月20日
    「新華社」四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏によると、発見された古い城壁は突き固めた土とれんがや石を積み上げた部分に分かれ、ゆるい弧を描いて東西方向に伸びており、西側の保存状態が比較的良いという。今回発見されたのは唐、明、清の3時代に築かれた城壁。最も古いものは唐末期に築かれ、残存部分の長さは170メートル、幅8・9メートルから12メートルだった。城壁の内側は突き固めた土でできており、外側はれんがが積み重ねられていた。残存部分の高さは約1・5メートルで、両側面はれんがでできているが、使われているれんがの規格は均一ではなく、漢・六朝時代の模様入りのれんがと唐代の無地のれんがが混在していた。外壁の片側の前にはれんがを綺麗に敷き詰めて造った幅約1メートルの犬走りがある。明時代の城壁は突き固めた土のみでできており、唐代の城壁の両側に重なるように築かれていた。清時代の城壁は唐・宋時代の城壁が崩れて積み重なったところを土台として築かれ、現在は北側の基礎部分だけが残る。建築方法は唐代の城壁と似ている。江氏は取材に対し、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。江氏は、同城壁は唐・宋時代の都市建設や社会経済状況などの研究に重要な価値を持つと語った。今回の発見はまた、考古学者が唐代の羅城の位置を特定する手がかりにもなるという。(記者/薛晨、童芳)<映像内容>発見された唐時代の城壁の様子、撮影日:2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1