KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • テーマ
  • 予定
  • 人々
  • 住まい
  • 即位
  • 君主
  • 場所
  • 宿泊施設

「善堂」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1912年12月31日
    大倉集古館正門前より資善堂を望む

    キーワード:東京、虎ノ門、大倉集古館、資善堂=大正~昭和初期、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019040200532

  • 02:34.56
    2019年05月24日
    「新華社」海上シルクロードの遺珠福建省泉州市清浄寺

    中国福建省泉州市は、古代海上シルクロードの起点であり、世界各地の商人が住み着くのに伴ってイスラム教、キリスト教、ヒンズー教、マニ教などの宗教もここに定着し、同市はまさに「宗教博物館」になった。同市の塗門街に位置する清浄寺は、北宋(960~1127年)時代に創建された、中国に現存する最古のイスラム教建築物で、国務院から第1陣で全国重点文物保護単位に指定された、中国に現存する最古のアラビア建築様式のイスラム教寺院である。同寺院は、シリア・ダマスカスのウマイヤド・モスクを模して建築された。主なものとして正門、奉天壇、明善堂が残っている。正門には伝統的なイスラム教建築様式が見られ、そこにつながる大礼拝堂は奉天壇とも呼ばれ、花崗岩でできた四方の壁と上部の窓が残っているだけだが、入口上部の横木に彫られたアラビア文字の「コーラン」は希代の珍宝といえる。同寺院は今やイスラム世界でも希少な古寺の一つとなっており、中国とアラビア各国の人々との友好往来を示す歴史的物証となっている。また、同市の海外往来の重要な史跡であり、同市が「海のシルクロード」の重要な港として世界の多元的文化と交わり、文化が融合してきた証にもなっている。(記者/陳旺)<映像内容>中国に現存する最古のアラビア建築様式のイスラム教寺院、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402917

  • 2019年09月30日
    成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開

    9月30日に撮影した復元された重華宮崇敬殿の楽善堂。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403193

  • 2019年10月02日
    成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開

    2日、重華宮崇敬殿の楽善堂。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403174

  • 2019年10月30日
    乾隆帝ゆかりの文物が一堂に成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展

    10月30日、「重華宮を訪ねて」特別展に展示された曹文埴書「御製楽善堂記」。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が10月1日から11月30日まで、四川省成都市の成都博物館で開かれている。会場には清の乾隆帝(在位1735~1796年)ゆかりの貴重な文物が並ぶ。重華宮は乾隆帝が新婚生活を送った住まいで、1人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた場所でもある。乾隆帝が1735年に即位するとここは「潜邸」(即位前の住まい)となり、「重華宮」と名付けられた。乾隆帝をテーマとする展覧会はこれまで国内外で何度も開かれてきたが、皇子時代の生活を伝える展示は今回が初めて。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608426

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」の内部。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303249

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303304

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」のロビーでくつろぐ観光客。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303344

  • 1