KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 位置
  • 協同組合
  • 収入
  • 合作社
  • 土地
  • 役割
  • 村民
  • 条件
  • 活用

「営山県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年10月01日
    CHINA-NATIONAL DAY-RURAL VITALIZATION (CN)

    (211001) -- FUYANG, Oct. 1, 2021 (Xinhua) -- Villagers transfer flowers into a dryer machine at a workshop in Yingshan County of Fuyang, east China‘s Anhui Province, Oct. 1, 2021. (Xinhua/Huang Bohan)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100408623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月03日
    (4)荒れた土地が美しい茶畑に四川省営山県

    営山県明徳郷石獅村の合作社で、茶葉を干す村民。(4月21日、小型無人機から撮影)辺ぴな山間地帯に位置する中国四川省南充市営山県明徳郷は数年前まで、自然条件が悪く、農業インフラも整っていなかったため、農村労働力が大量に流出し、多くの土地が荒れ果てていた。明徳郷はここ数年、帰郷農民工(出稼ぎ農民労働者)の役割を活用し、合作社(協同組合)を設立して村民を先導し荒れ地を開拓、茶樹を植えてきた。これにより、産業の発展と村民の収入増が促され、荒れ地が美しい茶畑に変わった。(南充=新華社配信/李向雨)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050303947

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月03日
    (2)荒れた土地が美しい茶畑に四川省営山県

    営山県明徳郷石獅村の合作社で、茶葉を干す村民。(4月21日撮影)辺ぴな山間地帯に位置する中国四川省南充市営山県明徳郷は数年前まで、自然条件が悪く、農業インフラも整っていなかったため、農村労働力が大量に流出し、多くの土地が荒れ果てていた。明徳郷はここ数年、帰郷農民工(出稼ぎ農民労働者)の役割を活用し、合作社(協同組合)を設立して村民を先導し荒れ地を開拓、茶樹を植えてきた。これにより、産業の発展と村民の収入増が促され、荒れ地が美しい茶畑に変わった。(南充=新華社配信/李向雨)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050303949

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月03日
    (3)荒れた土地が美しい茶畑に四川省営山県

    営山県明徳郷石獅村の合作社で、茶葉を干す村民。(4月21日、小型無人機から撮影)辺ぴな山間地帯に位置する中国四川省南充市営山県明徳郷は数年前まで、自然条件が悪く、農業インフラも整っていなかったため、農村労働力が大量に流出し、多くの土地が荒れ果てていた。明徳郷はここ数年、帰郷農民工(出稼ぎ農民労働者)の役割を活用し、合作社(協同組合)を設立して村民を先導し荒れ地を開拓、茶樹を植えてきた。これにより、産業の発展と村民の収入増が促され、荒れ地が美しい茶畑に変わった。(南充=新華社配信/李向雨)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050303948

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月03日
    (1)荒れた土地が美しい茶畑に四川省営山県

    営山県明徳郷石獅村茶園で、摘んだばかりの茶葉を干すため合作社に向かう村民。(4月21日、小型無人機から撮影)辺ぴな山間地帯に位置する中国四川省南充市営山県明徳郷は数年前まで、自然条件が悪く、農業インフラも整っていなかったため、農村労働力が大量に流出し、多くの土地が荒れ果てていた。明徳郷はここ数年、帰郷農民工(出稼ぎ農民労働者)の役割を活用し、合作社(協同組合)を設立して村民を先導し荒れ地を開拓、茶樹を植えてきた。これにより、産業の発展と村民の収入増が促され、荒れ地が美しい茶畑に変わった。(南充=新華社配信/李向雨)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050303972

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月03日
    (6)荒れた土地が美しい茶畑に四川省営山県

    営山県明徳郷石獅村茶園で、茶葉を摘む村民。(4月21日撮影)辺ぴな山間地帯に位置する中国四川省南充市営山県明徳郷は数年前まで、自然条件が悪く、農業インフラも整っていなかったため、農村労働力が大量に流出し、多くの土地が荒れ果てていた。明徳郷はここ数年、帰郷農民工(出稼ぎ農民労働者)の役割を活用し、合作社(協同組合)を設立して村民を先導し荒れ地を開拓、茶樹を植えてきた。これにより、産業の発展と村民の収入増が促され、荒れ地が美しい茶畑に変わった。(南充=新華社配信/李向雨)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050303950

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月03日
    (5)荒れた土地が美しい茶畑に四川省営山県

    営山県明徳郷石獅村で、茶畑に姿を変えた昔の荒れ地。(4月21日、小型無人機から撮影)辺ぴな山間地帯に位置する中国四川省南充市営山県明徳郷は数年前まで、自然条件が悪く、農業インフラも整っていなかったため、農村労働力が大量に流出し、多くの土地が荒れ果てていた。明徳郷はここ数年、帰郷農民工(出稼ぎ農民労働者)の役割を活用し、合作社(協同組合)を設立して村民を先導し荒れ地を開拓、茶樹を植えてきた。これにより、産業の発展と村民の収入増が促され、荒れ地が美しい茶畑に変わった。(南充=新華社配信/李向雨)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050303959

  • 1