KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 高速鉄道
  • 動力分散
  • 運行開始
  • 大阪メトロ
  • 河井英明
  • 吉村洋文
  • 大阪市長
  • 開業ロゴ
  • 新型車両
  • チケット購入

「営業運行」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
118
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
118
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月21日
    (1)新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    20日、新型「復興号」動車組の車内で乗務員と記念撮影する乗客。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/曹爍)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    20日、新型「復興号」動車組の車内。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/邢星)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    18日、広西チワン族自治区内で無乗客試運転を行う新型「復興号」動車組。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/伍光欽)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    20日、広西チワン族自治区南寧東駅で出発を待つ新型「復興号」動車組。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/邢星)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (6)新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    18日、広西チワン族自治区内で無乗客試運転を行う新型「復興号」動車組。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/伍光欽)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    20日、新型「復興号」動車組の車内。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/邢星)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    20日、広西チワン族自治区南寧東駅で出発を待つ新型「復興号」動車組。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/邢星)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    新型車両「復興号」、広西チワン族自治区で運行開始

    20日、広西チワン族自治区南寧東駅で出発を待つ新型「復興号」動車組。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D3609が20日、中国広西チワン族自治区南寧東駅を出発し広州へ向かった。「CR300AF型復興号」が正式に同自治区で営業運行に投入されたことになる。(南寧=新華社配信/邢星)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、まもなく発車する高速鉄道列車D2809の傍らに立つ駅員。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、貴陽北駅を発車する高速鉄道列車D2809。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、乗客を迎える高速鉄道列車D2809の乗務員。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、駅のプラットホームで高速鉄道列車D2809を待つ乗客。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、高速鉄道列車D2809の車内の様子。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、高速鉄道列車D2809を運転する運転士。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、乗客を迎える高速鉄道列車D2809の乗務員。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、貴陽北駅を発車する高速鉄道列車D2809。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (1)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、成都市の成都東駅から重慶市の沙坪壩駅へ向かう高速列車「復興号」G8607便。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (2)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、成都市の成都東駅から重慶市の沙坪壩駅へ向かう高速列車「復興号」G8607便に乗車する前に、プラットフォームで記念撮影をする乗客。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (12)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅で、成都市の成都東駅へ向かう高速列車「復興号」G8608便を背景に自撮りする乗客。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (3)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、成都市の成都東駅から重慶市の沙坪壩駅へ向かう高速列車「復興号」G8607便。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (10)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅で、成都市の成都東駅に向けて間もなく出発する高速列車「復興号」の前を通り過ぎる鉄道職員。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (7)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅で、成都市の成都東駅へ向かう高速列車「復興号」G8608便に乗車する乗客。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (13)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅で、成都市の成都東駅へ向かう高速列車「復興号」G8608便に乗車する前に乗車券と「復興号」の模型を見せる乗客。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (8)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、成都市の成都東駅から重慶市の沙坪壩駅へ向かう高速列車「復興号」G8607便の車両内部の様子。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (4)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅を出発する高速列車「復興号」G8607便。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (5)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅で、成都市の成都東駅へ向かう高速列車「復興号」G8608便に乗車する乗客。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (11)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅に停車中の高速列車「復興号」G8608便の車内。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (9)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、成都市の成都東駅に停車中の高速列車「復興号」G8607便車内の乗客。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (6)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅に停車中の成都東駅行き高速列車「復興号」G8608便で乗客を待つ乗務員。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され、営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/葉帥)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/韋盛)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋でコンクリートを打設する作業員。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/葉帥)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/陳磊)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    京瀋高速鉄道、全ての箱桁架設が完了

    26日、京瀋高速鉄道北京温楡河特大橋の最後の箱桁架設現場。中国の北京市と遼寧省瀋陽市を結ぶ京瀋高速鉄道の北京温楡河特大橋で26日、最後の箱桁架設が完了した。このプロジェクトは京瀋旅客専用線京冀公司が建設を管理し、中交第三航務工程局が施工を担当している。同特大橋の箱桁架設が完了したことで、同高速鉄道の未開通区間の箱桁架設任務は全て完了し、予定通りの開通と営業運行開始に向けて確かな基盤が築かれた。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    京瀋高速鉄道、全ての箱桁架設が完了

    26日、京瀋高速鉄道北京温楡河特大橋の最後の箱桁架設現場。中国の北京市と遼寧省瀋陽市を結ぶ京瀋高速鉄道の北京温楡河特大橋で26日、最後の箱桁架設が完了した。このプロジェクトは京瀋旅客専用線京冀公司が建設を管理し、中交第三航務工程局が施工を担当している。同特大橋の箱桁架設が完了したことで、同高速鉄道の未開通区間の箱桁架設任務は全て完了し、予定通りの開通と営業運行開始に向けて確かな基盤が築かれた。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    京瀋高速鉄道、全ての箱桁架設が完了

    26日、京瀋高速鉄道北京温楡河特大橋で最後の箱桁を架設する作業員。中国の北京市と遼寧省瀋陽市を結ぶ京瀋高速鉄道の北京温楡河特大橋で26日、最後の箱桁架設が完了した。このプロジェクトは京瀋旅客専用線京冀公司が建設を管理し、中交第三航務工程局が施工を担当している。同特大橋の箱桁架設が完了したことで、同高速鉄道の未開通区間の箱桁架設任務は全て完了し、予定通りの開通と営業運行開始に向けて確かな基盤が築かれた。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    京瀋高速鉄道、全ての箱桁架設が完了

    26日、京瀋高速鉄道北京温楡河特大橋で最後の箱桁を架設する作業員。中国の北京市と遼寧省瀋陽市を結ぶ京瀋高速鉄道の北京温楡河特大橋で26日、最後の箱桁架設が完了した。このプロジェクトは京瀋旅客専用線京冀公司が建設を管理し、中交第三航務工程局が施工を担当している。同特大橋の箱桁架設が完了したことで、同高速鉄道の未開通区間の箱桁架設任務は全て完了し、予定通りの開通と営業運行開始に向けて確かな基盤が築かれた。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    京瀋高速鉄道、全ての箱桁架設が完了

    26日、京瀋高速鉄道北京温楡河特大橋の最後の箱桁架設現場。中国の北京市と遼寧省瀋陽市を結ぶ京瀋高速鉄道の北京温楡河特大橋で26日、最後の箱桁架設が完了した。このプロジェクトは京瀋旅客専用線京冀公司が建設を管理し、中交第三航務工程局が施工を担当している。同特大橋の箱桁架設が完了したことで、同高速鉄道の未開通区間の箱桁架設任務は全て完了し、予定通りの開通と営業運行開始に向けて確かな基盤が築かれた。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    福平鉄道、全国高速鉄道網に接続福建省

    26日、福平鉄道福州南駅で分岐器敷設作業を行う作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の福州南駅で26日、5時間近くに及んだ分岐器敷設の最終工事が完了し、同鉄道の全線が全国高速鉄道網に接続した。同鉄道は京福高速鉄道(北京‐福州)の延長区間で、全長約88キロ、今年末までに開通・営業運行の条件を整える計画になっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月20日
    牡佳高速鉄道、全線でレール敷設段階に入る黒竜江省

    20日、牡佳高速鉄道のジャムス市樺南県の工事現場で、レール敷設工事を行う作業員。(小型無人機から)中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、牡佳(黒竜江省牡丹江市‐ジャムス市)高速鉄道のジャムス市樺南県の工事現場で20日、レール敷設工事が開始されたことに伴い、同高速鉄道が全線でレール敷設段階に入ったことを明らかにした。2022年に開通し営業運行が始まる見通し。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.00
    2020年07月20日
    「新華社」牡佳高速鉄道、全線でレール敷設段階に入る黒竜江省

    中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、牡佳(黒竜江省牡丹江市‐ジャムス市)高速鉄道のジャムス市樺南県の工事現場で20日、レール敷設工事が開始されたことに伴い、同高速鉄道が全線でレール敷設段階に入ったことを明らかにした。2022年に開通し営業運行が始まる見通し。同高速鉄道は全長370キロメートル余り、設計時速250キロで、鶏西市や七台河市などを経由する。開通後は哈佳(ハルビン市‐ジャムス市)旅客鉄道と共に同省東部の高速鉄道環状線を形成し、同省の経済発展に重要な意義を持つ。(記者/王君宝)<映像内容>牡佳高速鉄道の工事現場、撮影日:2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月20日
    牡佳高速鉄道、全線でレール敷設段階に入る黒竜江省

    20日、牡佳高速鉄道のジャムス市樺南県の工事現場で、レール敷設工事を行う作業員。(小型無人機から)中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、牡佳(黒竜江省牡丹江市‐ジャムス市)高速鉄道のジャムス市樺南県の工事現場で20日、レール敷設工事が開始されたことに伴い、同高速鉄道が全線でレール敷設段階に入ったことを明らかにした。2022年に開通し営業運行が始まる見通し。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    水島臨海鉄道の新デザインの車両

    水島臨海鉄道の新デザインの車両。倉敷市中心部と水島地区を結ぶ水島臨海鉄道(倉敷市水島東栄町)は、1970年4月の営業開始から50年を迎えたのを記念し、車両1両をリニューアルした。開業記念日の1日から営業運行している。ひまわりの図柄が描かれていた同鉄道のオリジナル車両「MRT303」号を再塗装。飛躍への情熱と安全への思いを込め、赤と青のツートンカラーに仕上げた。列車の先頭には50周年を記念したオリジナルデザインのヘッドマークを1年間限定で取り付けている。=2020(令和2)年4月1日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2019年06月07日
    京橋駅へ向かう車両 オレンジ電車がラストラン

    最後の営業運行で、JR京橋駅へ向かうオレンジ色の車両「201系」=7日午前

    撮影: 7日午前

  • 2019年06月07日
    到着したオレンジ電車 オレンジ電車がラストラン

    JR京橋駅に到着し、営業運行を終えたオレンジ色の車両「201系」=7日午前

    撮影: 7日午前

  • 2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン
  • 2019年06月07日
    営業運行を終えた車両 オレンジ電車がラストラン

    営業運行を終え、JR京橋駅を去るオレンジ色の車両「201系」=7日午前

    撮影: 7日午前

  • 2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン
  • 2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン
  • 2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン
  • 2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン
  • 2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン
  • 02:16.30
    2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン 大阪環状線の201系

    JR大阪環状線で、全体がオレンジ色の車両「201系」の最後の1編成が7日、営業運行を終えた。これで1961年の開業当初から市民に親しまれてきたオレンジ色の車両は全て姿を消し、全車両が、シルバーの車体の一部にオレンジ色を配色した新型の「323系」に置き換わる。〈映像内容〉JR京橋駅の環状線ホームに到着し営業運行を終えた201系車両、到着した電車から降り車両を撮影する乗客ら、運行を終え近隣の吹田総合車両所森ノ宮支所の「323系」の隣りに移動した201系車両、最終電車の運転手の囲み、撮影日:2019(令和元)年6月7日、撮影場所:大阪市 JR京橋駅

    撮影: 2019(令和元)年6月7日

  • 00:30.46
    2019年06月02日
    「新華社」成都中心部と空港を結ぶ軌道交通18号線、全線貫通

    中国四川省成都市で進められている軌道交通(地下鉄)18号線の掘削工事で2日、「全線貫通」が実現した。同線は設計時速140キロの軌道交通路線で、中国で現在建設されている中で最長の都市軌道交通路線でもある。同線は中心市街地と成都天府国際空港を結ぶ、同市の「東進」戦略に組み込まれる軌道交通の大動脈。同路線は成都南駅から、高新技術産業開発区、天府新区を経由し、竜泉山を抜けて成都天府国際空港に至る、市街地快速線と空港専用線が一体化した複合機能路線。同線は全長66·71キロで11駅が設置される。このプロジェクトは成都軌道交通集団と中国電力建設公司が共同で投資·建設を行うもので、中国国内で投資額最大の軌道交通官民連携(PPP)プロジェクトでもある。施工効率を高めるため、同線建設の最盛期には「巨大」シールドマシン18台の全線同時作業を行い、1カ月当たりの掘進距離は最大で452·5メートルを記録、シールドマシンによる掘進を800日続け「全線貫通」を実現した。同線が経由する竜泉山は国家森林公園で、プロジェクトでは汚水の三層式沈殿、固体廃棄物および汚染土壌の環境保護のための処理、粉塵オンライン監視·制御、スマート噴霧降塵など多くの手法を採用し、またピーク時には環境保護作業スタッフ150人余りを特別に投入することで、施工が周辺環境を損なうことがないよう確実に保証している。これまでの計画に基づき、同線は2020年に成都天府国際空港の開港と同時に営業運行を開始する予定。(記者/李倩薇)<映像内容>地下鉄の掘削工事の様子、撮影日:2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.53
    2018年12月12日
    「毎日新聞」自動運転バスの運行開始 前橋で全国初 群馬

    全国初となる自動運転バスの客を乗せた営業運行が14日、前橋市内で始まった。無人運転は法的に認められていないため、運転席に運転手が乗車し、扉の開閉などを担当する。来年3月末まで実証実験を続け、2020年の実用化を目指して技術向上を図る。12日に行われた試乗会の模様を動画で。撮影日:2018(平成30)年12月12日、撮影場所:群馬県前橋市、クレジット:毎日新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2018(平成30)年12月12日、群馬県前橋市

  • 2018年12月06日
    開通間近の杭黄鉄道で「復興号」の試運転始まる

    6日、杭州南駅に停車中の黄山北駅行き「復興号」。中国が開発した新世代の高速鉄道車両「復興号」2編成が6日、テスト段階にある浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄鉄道で試運転を開始、杭州南駅と黄山北駅間を繰り返し往復した。同鉄道は全長265キロで富春江、新安江、千島湖などの観光地を経由する。今月末に営業運行開始の予定になっている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月06日
    開通間近の杭黄鉄道で「復興号」の試運転始まる

    6日、試運転中の「復興号」で列車の安定性をテストする試乗スタッフ。中国が開発した新世代の高速鉄道車両「復興号」2編成が6日、テスト段階にある浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄鉄道で試運転を開始、杭州南駅と黄山北駅間を繰り返し往復した。同鉄道は全長265キロで富春江、新安江、千島湖などの観光地を経由する。今月末に営業運行開始の予定になっている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月06日
    開通間近の杭黄鉄道で「復興号」の試運転始まる

    6日、杭黄鉄道で「復興号」の試運転を行う運転士。中国が開発した新世代の高速鉄道車両「復興号」2編成が6日、テスト段階にある浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄鉄道で試運転を開始、杭州南駅と黄山北駅間を繰り返し往復した。同鉄道は全長265キロで富春江、新安江、千島湖などの観光地を経由する。今月末に営業運行開始の予定になっている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月06日
    開通間近の杭黄鉄道で「復興号」の試運転始まる

    6日、杭黄鉄道で試運転を行う「復興号」。(小型無人機から)中国が開発した新世代の高速鉄道車両「復興号」2編成が6日、テスト段階にある浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄鉄道で試運転を開始、杭州南駅と黄山北駅間を繰り返し往復した。同鉄道は全長265キロで富春江、新安江、千島湖などの観光地を経由する。今月末に営業運行開始の予定になっている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:12.79
    2018年11月05日
    「新華社」北京市海淀区に初のAI技術テーマパーク自動運転バスも走行

    中国北京市海淀(かいでん)区では、ネット検索最大手の百度(バイドゥ)が初めて一般向けに営業運行を行う自動運転バス「アポロン」が、海淀公園西門~児童遊園地区間の送迎を担っている。1キロ前後の区間を15~20分程度で往復する。北京市民張さんネットでこのAI公園のことを知り、孫を連れてスマートカーを見に来ました。この子の時代にはもう当たり前になっているのかも知れませんが、今のうちから見せておくことで少しでも知識を深めてくれればと思います。自動運転車は、公園が行う幾つかの人工知能(AI)応用の一つ。百度と海淀区が共同で建設したAIのテーマパークは今月に入り正式オープンした。「スマート歩道」「スマート音声あずまや」「未来空間」などの施設を配置し、市民にAIが生活にもたらす便利さを身近に体験してもらう。(記者/王君璐、謝昊)<映像内容>AI技術テーマパークの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月10日
    SL大樹の出発式典 SL大樹が運行1周年

    営業運行1周年を迎えたSL大樹=10日午前、栃木県日光市の東武鉄道鬼怒川温泉駅

    撮影: 10日午前、栃木県日光市の東武鉄道鬼怒川温泉駅

  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露されたロゴ 披露された開業ロゴ

    営業運行が始まった大阪メトロのロゴを披露する(左から)河井英明社長、吉村洋文大阪市長ら=1日午前、大阪市の御堂筋線梅田駅

  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    披露された開業ロゴ
  • 2018年04月01日
    新会社のロゴ 大阪メトロが始動

    大阪メトロの営業運行が始まり、御堂筋線梅田駅に表示されたロゴ=1日午前、大阪市

    撮影: 1日午前、大阪市

  • 2018年04月01日
    出発する始発電車 大阪メトロが始動

    大阪メトロの営業運行が始まり、新会社のロゴを付けて御堂筋線なかもず駅を出発する始発電車=1日早朝、堺市

    撮影: 1日早朝、堺市

  • 04:03.47
    2018年04月01日
    大阪メトロが始動 公営初の民営化 市営地下鉄に幕

    大阪市営地下鉄が1日未明に営業運行を終え、民営化して運営を引き継いだ大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)が1日早朝、始動した。御堂筋線なかもず駅(大阪府堺市北区)で開かれた出発式では、内山豊天王寺管区駅長の「出発進行」の号令とともに、新会社のロゴで飾られた電車を社員が拍手で見送った。公営地下鉄の民営化は全国で初めて。河井英明社長は出発式で「今日から大阪メトロとして新しくスタートする。安全、安心を優先し、社員が一丸となって取り組む」と抱負を述べた。市営バスも、同社の子会社「大阪シティバス」に事業が引き継がれた。民営化のPRのため、梅田駅(大阪市北区)ではロゴのモニュメントが披露された。<映像内容>なかもず駅に入構した大阪市営地下鉄御堂筋線の最終電車と鉄道ファンのインタビュー、なかもず駅で行われた大阪メトロ出発式、梅田駅で行われた大阪メトロロゴ披露式と構内の雑観など、撮影日:2018(平成30)年4月1日、撮影場所:御堂筋線なかもず駅、梅田駅

    撮影: 2018(平成30)年4月1日

  • 2018年03月25日
    アディスアベバ-ジブチ鉄道、貨客量が増加中

    25日、乗客の乗車券を確認するアディスアベバ―ジブチ鉄道の車掌。アディスアベバ―ジブチ鉄道は、中国企業が中国の基準と設備を全面的に使用して建設したアフリカ初の多国間電気鉄道。2018年1月1日に営業運行を開始し、エチオピアの首都アディスアベバとジブチの首都ジプチ市を結んでいる。3月中旬までに延べ約2万人の乗客と6千以上のコンテナを輸送しており、乗客や貨物の量はいずれも次第に増加している。(アディスアベバ=新華社記者/王守宝)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月25日
    アディスアベバ-ジブチ鉄道、貨客量が増加中

    25日、エチオピアの首都アディスアベバのレブ駅で乗客を案内する職員。アディスアベバ―ジブチ鉄道は、中国企業が中国の基準と設備を全面的に使用して建設したアフリカ初の多国間電気鉄道。2018年1月1日に営業運行を開始し、エチオピアの首都アディスアベバとジブチの首都ジプチ市を結んでいる。3月中旬までに延べ約2万人の乗客と6千以上のコンテナを輸送しており、乗客や貨物の量はいずれも次第に増加している。(アディスアベバ=新華社記者/王守宝)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月25日
    アディスアベバ-ジブチ鉄道、貨客量が増加中

    25日、エチオピアの首都アディスアベバのレブ駅で、列車に乗り込む乗客。アディスアベバ―ジブチ鉄道は、中国企業が中国の基準と設備を全面的に使用して建設したアフリカ初の多国間電気鉄道。2018年1月1日に営業運行を開始し、エチオピアの首都アディスアベバとジブチの首都ジプチ市を結んでいる。3月中旬までに延べ約2万人の乗客と6千以上のコンテナを輸送しており、乗客や貨物の量はいずれも次第に増加している。(アディスアベバ=新華社記者/王守宝)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月25日
    アディスアベバ-ジブチ鉄道、貨客量が増加中

    25日に撮影した、エチオピアの首都アディスアベバのレブ駅。アディスアベバ―ジブチ鉄道は、中国企業が中国の基準と設備を全面的に使用して建設したアフリカ初の多国間電気鉄道。2018年1月1日に営業運行を開始し、エチオピアの首都アディスアベバとジブチの首都ジプチ市を結んでいる。3月中旬までに延べ約2万人の乗客と6千以上のコンテナを輸送しており、乗客や貨物の量はいずれも次第に増加している。(アディスアベバ=新華社記者/王守宝)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月25日
    アディスアベバ-ジブチ鉄道、貨客量が増加中

    25日、車内で乗客の乗車券を確認するアディスアベバ―ジブチ鉄道の車掌。アディスアベバ―ジブチ鉄道は、中国企業が中国の基準と設備を全面的に使用して建設したアフリカ初の多国間電気鉄道。2018年1月1日に営業運行を開始し、エチオピアの首都アディスアベバとジブチの首都ジプチ市を結んでいる。3月中旬までに延べ約2万人の乗客と6千以上のコンテナを輸送しており、乗客や貨物の量はいずれも次第に増加している。(アディスアベバ=新華社記者/王守宝)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月25日
    アディスアベバ-ジブチ鉄道、貨客量が増加中

    25日、エチオピアの首都アディスアベバのレブ駅で、列車に乗り込む乗客。アディスアベバ―ジブチ鉄道は、中国企業が中国の基準と設備を全面的に使用して建設したアフリカ初の多国間電気鉄道。2018年1月1日に営業運行を開始し、エチオピアの首都アディスアベバとジブチの首都ジプチ市を結んでいる。3月中旬までに延べ約2万人の乗客と6千以上のコンテナを輸送しており、乗客や貨物の量はいずれも次第に増加している。(アディスアベバ=新華社記者/王守宝)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年11月04日
    東京五輪目標に営業運行

    徳島県、高知県、阿佐海岸鉄道「阿佐東線」

  • 2017年11月04日
    東京五輪目標に営業運行

    徳島県、高知県、阿佐海岸鉄道「阿佐東線」

  • 2017年11月04日
    東京五輪目標に営業運行

    徳島県、高知県、阿佐海岸鉄道「阿佐東線」

  • 2017年11月04日
    東京五輪目標に営業運行

    徳島県、高知県、阿佐海岸鉄道「阿佐東線」

  • 1
  • 2