KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 行動嗜癖
  • ゲーム
  • パソコン
  • 人々
  • 令和
  • 場所
  • 携帯電話
  • 日常生活
  • 治療
  • 無視

「嗜癖」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年05月21日
    依存症患者専門の病棟を開設北京市

    北京回竜観病院の「行動嗜癖」病棟の応接室。(5月21日撮影)現代社会において、携帯電話、パソコンなどの電子機器は人々の日常生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、電子機器が生活を便利にする一方で、無視できない問題ももたらしている。「スマホ依存症」が日増しに増え、心身の健康が著しく損なわれている。これに対し、中国北京市の中心部から北に約15キロメートルの場所にある、主に精神疾患を治療する北京回竜観(かいりゅうかん)病院が「行動嗜癖」専用病棟を開設し、大勢のゲームやインターネット依存症患者の治療を行っている。(北京=新華社配信/北京回竜観病院提供)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:北京回竜観病院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500993

  • 2019年05月21日
    依存症患者専門の病棟を開設北京市

    21日、北京回竜観病院の「行動嗜癖」患者の病室。(5月21日撮影)現代社会において、携帯電話、パソコンなどの電子機器は人々の日常生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、電子機器が生活を便利にする一方で、無視できない問題ももたらしている。「スマホ依存症」が日増しに増え、心身の健康が著しく損なわれている。これに対し、中国北京市の中心部から北に約15キロメートルの場所にある、主に精神疾患を治療する北京回竜観(かいりゅうかん)病院が「行動嗜癖」専用病棟を開設し、大勢のゲームやインターネット依存症患者の治療を行っている。(北京=新華社配信/北京回竜観病院提供)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:北京回竜観病院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500995

  • 2019年08月21日
    依存症患者専門の病棟を開設北京市

    21日、北京回竜観病院が「行動嗜癖」患者に用意した自転車やフラフープなどの運動器具。現代社会において、携帯電話、パソコンなどの電子機器は人々の日常生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、電子機器が生活を便利にする一方で、無視できない問題ももたらしている。「スマホ依存症」が日増しに増え、心身の健康が著しく損なわれている。これに対し、中国北京市の中心部から北に約15キロメートルの場所にある、主に精神疾患を治療する北京回竜観(かいりゅうかん)病院が「行動嗜癖」専用病棟を開設し、大勢のゲームやインターネット依存症患者の治療を行っている。(北京=新華社記者/馬岩)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901973

  • 2019年08月21日
    依存症患者専門の病棟を開設北京市

    21日、北京回竜観病院が「行動嗜癖」患者に用意したセルフカラオケ。現代社会において、携帯電話、パソコンなどの電子機器は人々の日常生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、電子機器が生活を便利にする一方で、無視できない問題ももたらしている。「スマホ依存症」が日増しに増え、心身の健康が著しく損なわれている。これに対し、中国北京市の中心部から北に約15キロメートルの場所にある、主に精神疾患を治療する北京回竜観(かいりゅうかん)病院が「行動嗜癖」専用病棟を開設し、大勢のゲームやインターネット依存症患者の治療を行っている。(北京=新華社記者/馬岩)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901971

  • 2019年08月21日
    依存症患者専門の病棟を開設北京市

    21日、患者の心理カウンセリングに使用する箱庭療法の道具。現代社会において、携帯電話、パソコンなどの電子機器は人々の日常生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、電子機器が生活を便利にする一方で、無視できない問題ももたらしている。「スマホ依存症」が日増しに増え、心身の健康が著しく損なわれている。これに対し、中国北京市の中心部から北に約15キロメートルの場所にある、主に精神疾患を治療する北京回竜観(かいりゅうかん)病院が「行動嗜癖」専用病棟を開設し、大勢のゲームやインターネット依存症患者の治療を行っている。(北京=新華社記者/馬岩)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901950

  • 2019年08月21日
    依存症患者専門の病棟を開設北京市

    21日、北京回竜観病院が「行動嗜癖」患者に用意したビリヤード台。現代社会において、携帯電話、パソコンなどの電子機器は人々の日常生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、電子機器が生活を便利にする一方で、無視できない問題ももたらしている。「スマホ依存症」が日増しに増え、心身の健康が著しく損なわれている。これに対し、中国北京市の中心部から北に約15キロメートルの場所にある、主に精神疾患を治療する北京回竜観(かいりゅうかん)病院が「行動嗜癖」専用病棟を開設し、大勢のゲームやインターネット依存症患者の治療を行っている。(北京=新華社記者/馬岩)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901942

  • 2019年08月21日
    依存症患者専門の病棟を開設北京市

    21日、患者の心理カウンセリングに使用する箱庭療法の道具。現代社会において、携帯電話、パソコンなどの電子機器は人々の日常生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、電子機器が生活を便利にする一方で、無視できない問題ももたらしている。「スマホ依存症」が日増しに増え、心身の健康が著しく損なわれている。これに対し、中国北京市の中心部から北に約15キロメートルの場所にある、主に精神疾患を治療する北京回竜観(かいりゅうかん)病院が「行動嗜癖」専用病棟を開設し、大勢のゲームやインターネット依存症患者の治療を行っている。(北京=新華社記者/馬岩)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901957

  • 1