KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 赤穂義士祭
  • 大石内蔵助
  • 赤穂浪士
  • 吉良上野介
  • 昭和
  • 泉岳寺
  • 両国
  • 外国人
  • 拍手
  • フランス

「四十七士」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  道路上でやめたいもの
    1953年04月29日
    道路上でやめたいもの

    昭和天皇の誕生日。岡山市と市連合婦人会は運動会を開き、2000人の会員が楽しんだ。買い物競争、スプーンレースなどの競技に続き、最高に盛り上がったのが「学区対抗仮装行列」。きらびやかな花嫁姿で風刺した「結婚簡素化」、〝パーマネントの四十七士〞、弱そうな力士など、趣向をこらしたパレードが続いた。ちなみに「路上でやめたいもの」は、子供の遊びと立ち小便でした。=1953(昭和28)年4月29日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062700323

  • スケッチ15180 赤穂義士祭
    1953年12月14日
    スケッチ15180 赤穂義士祭

    赤穂義士祭で 四十七士の墓前に花をささげる人たち=1953(昭和28)年12月14日、東京都港区高輪の泉岳寺

    商品コード: 2017050800721

  • スケッチ24768−12 泉岳寺で義士祭
    1964年12月14日
    スケッチ24768−12 泉岳寺で義士祭

    泉岳寺で義士祭が開かれ、四十七士の墓に線香をあげる参拝者=1964(昭和39)年12月14日、東京都港区高輪

    商品コード: 2017120700472

  • スケッチ24866−14 泉岳寺で義士祭
    1965年12月14日
    スケッチ24866−14 泉岳寺で義士祭

    義士祭が開かれ、四十七士の墓に線香をあげる参詣者たち=1965(昭和40)年12月14日、東京都港区の泉岳寺

    商品コード: 2017120700502

  •  外国人が四十七士に
    1970年11月14日
    外国人が四十七士に

    女子高生が扮した大石内蔵助を先頭に街を行進する外国人の四十七士=1970(昭和45)年11月14日、東京・新橋

    商品コード: 2011011700332

  • 善人図と佐藤久七さん 大野九郎兵衛は立派な義士
    1976年12月13日
    善人図と佐藤久七さん 大野九郎兵衛は立派な義士

    「十六人善人図」と新説をとなえる佐藤久七さん。14日は赤穂浪士が吉良上野介を討った日。四十七士は“義士”とされているが、赤穂藩城代次席家老大野九郎兵衛らは“悪玉”に。佐藤家に伝わる「善人図」は、九郎兵衛らが武士道を貫いた「立派な義士」だった-とする(関連:51年内地 8817)

    商品コード: 2014031900330

  •  勇壮な吉良太鼓も初参加
    1978年12月14日
    勇壮な吉良太鼓も初参加

    四十七士に負けるな−吉良公ゆかりの江戸屋敷跡で“吉良太鼓”を打ち鳴らし上野介の霊を慰める愛知県吉良町の人たち.赤穂義士討ち入りから276年目の14日、各地で義士にちなんだ行事が行われた=1978(昭和53)年12月14日、東京・両国の松坂町公園

    商品コード: 2015100500115

  •  売上税反対で気勢
    1987年03月26日
    売上税反対で気勢

    赤穂浪士四十七士の衣装を着け、売上税反対を訴えて気勢を上げる中小企業連絡会の人たち=1987(昭和62)年3月26日、東京・日比谷公園

    商品コード: 2022042110074

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月26日
    特別地方消費税撤廃訴え おかみ四十七士が国会デモ

    赤穂浪士の討ち入りになぞらえた衣装を着て、特別地方消費税撤廃を訴える旅館のおかみさんたち=26日午後、都内のホテル(カラーネガ)

    商品コード: 1996032600078

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月26日
    特別地方消費税撤廃訴え おかみ四十七士が国会デモ

    赤穂浪士の討ち入りになぞらえた衣装を着て、特別地方消費税撤廃を訴える旅館のおかみさんたち=26日午後、都内のホテル(カラーネガ)

    商品コード: 1996032600116

  • 墓前法要する僧りょら 大阪の菩提寺で義士祭
    2001年12月14日
    墓前法要する僧りょら 大阪の菩提寺で義士祭

    四十七士の遺髪やつめなどを納めた墓の前で法要する僧りょら=14日午前、大阪市天王寺区の吉祥寺

    商品コード: 2001121400042

  • 勝ちどき上げる子供義士 大阪の菩提寺で義士祭
    2001年12月14日
    勝ちどき上げる子供義士 大阪の菩提寺で義士祭

    四十七士の討ち入り衣装を身に着け、勝ちどきを上げる子供義士=14日午後、大阪市天王寺区の吉祥寺

    商品コード: 2001121400048

  • 赤穂市の義士祭 「四十七士」しのび行列
    2003年12月14日
    赤穂市の義士祭 「四十七士」しのび行列

    義士装束に身を包み赤穂城跡を出発する市民=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2003121400024

  • 昭和29年秋・登場/新庁舎、テレビ… 沸き返る 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相
    2007年06月18日
    昭和29年秋・登場/新庁舎、テレビ… 沸き返る 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    祝賀/宇都宮市庁舎の落成と市町村合併の祝賀祭は6日間にわたって行われ仮装した四十七士も登場した[下野新聞掲載日:1954(昭和29)年11月/2007(平成19)年6月18日]=1954(昭和29)年11月、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905168

  • 練り歩く市民ら 市民ら四十七士演じ行列
    2009年12月14日
    練り歩く市民ら 市民ら四十七士演じ行列

    四十七士の討ち入り装束で練り歩く赤穂市民ら=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2009121400312

  • 練り歩く赤穂市民ら 兵庫・赤穂で義子祭
    2009年12月14日
    練り歩く赤穂市民ら 兵庫・赤穂で義子祭

    四十七士の討ち入り装束で練り歩く赤穂市民ら=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2009121400390

  • 練り歩く「赤穂義士」 「四十七士」がパレード
    2010年12月14日
    練り歩く「赤穂義士」 「四十七士」がパレード

    討ち入り装束を着て練り歩く赤穂義士祭=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2010121400236

  • 練り歩く「赤穂義士」 「四十七士」がパレード
    2010年12月14日
    練り歩く「赤穂義士」 「四十七士」がパレード

    討ち入り装束を着て練り歩く赤穂義士祭=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2010121400262

  • 義士堂を次の目玉に 新発田の安兵衛アピール
    2012年06月28日
    義士堂を次の目玉に 新発田の安兵衛アピール

    義士堂で赤穂浪士四十七士の木像などを眺める武庸会の嶋谷次郎八会長(左)と、長徳寺の関根正隆副住職=新潟県新発田市

    商品コード: 2012062800323

  • 練り歩く赤穂義士 「四十七士」練り歩く
    2012年12月14日
    練り歩く赤穂義士 「四十七士」練り歩く

    赤穂義士祭で義士に扮して練り歩く市民ら=14日、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2012121400368

  •  内蔵助役に松平健さん 赤穂義士行列、堂々と
    02:12.29
    2014年12月14日
    内蔵助役に松平健さん 赤穂義士行列、堂々と

    赤穂浪士47人が吉良上野介邸に討ち入った日に当たる14日、兵庫県赤穂市で義士祭が開かれ、俳優の松平健さん(61)が大石内蔵助役として参加した。<映像内容>大石内蔵助役として義士祭に参加する松平健さんの様子、撮影日:2014(平成26)年12月14日、撮影場所:兵庫県赤穂市

    商品コード: 2019030801157

  • 赤穂市の赤穂義士祭 四十七士勇壮に練り歩く
    2015年12月14日
    赤穂市の赤穂義士祭 四十七士勇壮に練り歩く

    赤穂義士祭で、討ち入り装束を身にまとった市民らと練り歩く西郷輝彦さん(中央)=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2015121400381

  • 赤穂義士祭の西郷輝彦さん 四十七士勇壮に練り歩く
    2015年12月14日
    赤穂義士祭の西郷輝彦さん 四十七士勇壮に練り歩く

    赤穂義士祭で大石内蔵助に扮した西郷輝彦さん=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2015121400382

  • 赤穂義士祭 討ち入りの四十七士に拍手
    2016年12月14日
    赤穂義士祭 討ち入りの四十七士に拍手

    赤穂義士祭で練り歩く、大石内蔵助役の中村梅雀さん(中央)=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2016121400665

  • 開かれた義士祭 梅雀さんら練り歩く
    2017年12月14日
    開かれた義士祭 梅雀さんら練り歩く

    兵庫県赤穂市で開かれた四十七士の行列が練り歩く恒例の義士祭。左は大石内蔵助役の俳優中村梅雀さん=14日午後

    商品コード: 2017121400549

  •  内蔵助役の高橋さんらに拍手 兵庫・赤穂で義士祭
    02:13.26
    2018年12月14日
    内蔵助役の高橋さんらに拍手 兵庫・赤穂で義士祭

    「忠臣蔵」の芝居で知られる吉良上野介邸討ち入りの日に当たる14日、兵庫県赤穂市の赤穂城跡付近で恒例の「赤穂義士祭」が開かれた。大石内蔵助役を務めた俳優の高橋英樹さんらが討ち入り装束に身を包み四十七士が行進すると、沿道の観客が拍手や声援を送った。<映像内容>高橋さんの囲み取材、高橋さんが陣太鼓を打ち鳴らし歩く姿、四十七士行進風景、撮影日:2018(平成30)年12月14日、撮影場所:兵庫県赤穂市

    商品コード: 2018121714199

  • 赤穂義士祭の高橋英樹さん 四十七士行列、堂々と
    2019年12月14日
    赤穂義士祭の高橋英樹さん 四十七士行列、堂々と

    「赤穂義士祭」で大石内蔵助役を務める高橋英樹さん=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2019121400415

  • 練り歩く高校生 高校生四十七士が練り歩く
    2021年12月14日
    練り歩く高校生 高校生四十七士が練り歩く

    赤穂浪士が藩主浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)の敵討ちとして、吉良上野介(きら・こうずけのすけ)邸に討ち入った日に当たる14日、兵庫県赤穂市で「赤穂義士祭」が開かれた。新型コロナウイルス感染症予防のため規模が縮小され、黒い羽織に刀を差した討ち入り装束に身を包んだ地元の高校生が、四十七士に扮(ふん)して市内約200㍍を勇壮に練り歩いた。沿道から盛んに拍手が送られ、最後は全員で「エイエイオー」と勝ちどきを上げた。大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)役を務めた亀井翼さん(18)は「緊張したけれど、友達と一生に一度の思い出をつくることができてうれしかった」と笑顔で話した。

    商品コード: 2021121408161

  • 赤穂市内を練り歩く高校生 高校生四十七士が練り歩く
    2021年12月14日
    赤穂市内を練り歩く高校生 高校生四十七士が練り歩く

    赤穂浪士が藩主浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)の敵討ちとして、吉良上野介(きら・こうずけのすけ)邸に討ち入った日に当たる14日、兵庫県赤穂市で「赤穂義士祭」が開かれた。新型コロナウイルス感染症予防のため規模が縮小され、黒い羽織に刀を差した討ち入り装束に身を包んだ地元の高校生が、四十七士に扮(ふん)して市内約200㍍を勇壮に練り歩いた。沿道から盛んに拍手が送られ、最後は全員で「エイエイオー」と勝ちどきを上げた。大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)役を務めた亀井翼さん(18)は「緊張したけれど、友達と一生に一度の思い出をつくることができてうれしかった」と笑顔で話した。

    商品コード: 2021121408170

  • 勝ちどき上げる高校生 高校生四十七士が練り歩く
    2021年12月14日
    勝ちどき上げる高校生 高校生四十七士が練り歩く

    赤穂浪士が藩主浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)の敵討ちとして、吉良上野介(きら・こうずけのすけ)邸に討ち入った日に当たる14日、兵庫県赤穂市で「赤穂義士祭」が開かれた。新型コロナウイルス感染症予防のため規模が縮小され、黒い羽織に刀を差した討ち入り装束に身を包んだ地元の高校生が、四十七士に扮(ふん)して市内約200㍍を勇壮に練り歩いた。沿道から盛んに拍手が送られ、最後は全員で「エイエイオー」と勝ちどきを上げた。大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)役を務めた亀井翼さん(18)は「緊張したけれど、友達と一生に一度の思い出をつくることができてうれしかった」と笑顔で話した。

    商品コード: 2021121408174

  • 大石役の中村雅俊さんら 四十七士行列、3年ぶりに
    2022年12月14日
    大石役の中村雅俊さんら 四十七士行列、3年ぶりに

    「赤穂義士祭」で、四十七士に扮した市民らと練り歩く大石内蔵助役の俳優中村雅俊さん(左)=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2022121405667

  • 練り歩く中村雅俊さんら 四十七士行列、3年ぶりに
    2022年12月14日
    練り歩く中村雅俊さんら 四十七士行列、3年ぶりに

    「赤穂義士祭」で、四十七士に扮した市民らと練り歩く大石内蔵助役の俳優中村雅俊さん(中央)=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2022121405675

  • 勝ちどき上げる中村さんら 四十七士行列、3年ぶりに
    2022年12月14日
    勝ちどき上げる中村さんら 四十七士行列、3年ぶりに

    「赤穂義士祭」のパレードを終え、勝ちどきを上げる大石内蔵助役の俳優中村雅俊さん(中央)=14日午後、兵庫県赤穂市

    商品コード: 2022121405695

  •  (2)東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加
    2022年12月16日
    (2)東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加

    14日、泉岳寺に向けて街を練り歩く義士行列。右が魯蓬人さん。赤穂浪士が主君浅野内匠頭の仇討ちのために吉良上野介の屋敷に討ち入った日に当たる14日、東京都港区で財界二世学院主催の義士行列があり、今年は中国やフランスなどの外国人5人も参加した。行列で四十七士の横川勘平に扮した在日中国人の魯蓬人(ろ・ほうじん)さんは、討ち入りで上野介を討ち取ったとされる武林唯七(隆重)が中国人の子孫だったと知り驚いたと語った。唯七の祖父の渡辺士式(武林治庵)は本名を孟二寛といい、明から渡来して医学で浅野家に仕えた。魯さんは、忠義の士をしのぶ義士祭と中国文化には相通じる部分があるとも指摘。両国の文化が古くから密接に結びついていたことを強く感じたとし、中国や日本など東アジアの「東方文化」の神髄は今後も継承されるべきだと話した。(東京=新華社記者/馮武勇)= 配信日: 2022(令和4)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121607179

  •  (1)東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加
    2022年12月16日
    (1)東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加

    14日、泉岳寺に向けて街を練り歩く義士行列。赤穂浪士が主君浅野内匠頭の仇討ちのために吉良上野介の屋敷に討ち入った日に当たる14日、東京都港区で財界二世学院主催の義士行列があり、今年は中国やフランスなどの外国人5人も参加した。行列で四十七士の横川勘平に扮した在日中国人の魯蓬人(ろ・ほうじん)さんは、討ち入りで上野介を討ち取ったとされる武林唯七(隆重)が中国人の子孫だったと知り驚いたと語った。唯七の祖父の渡辺士式(武林治庵)は本名を孟二寛といい、明から渡来して医学で浅野家に仕えた。魯さんは、忠義の士をしのぶ義士祭と中国文化には相通じる部分があるとも指摘。両国の文化が古くから密接に結びついていたことを強く感じたとし、中国や日本など東アジアの「東方文化」の神髄は今後も継承されるべきだと話した。(東京=新華社記者/馮武勇)= 配信日: 2022(令和4)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121607187

  •  「新華社」東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加
    01:03.08
    2022年12月16日
    「新華社」東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加

    赤穂浪士が主君浅野内匠頭の仇討ちのために吉良上野介の屋敷に討ち入った日に当たる14日、東京都港区で財界二世学院主催の義士行列があり、今年は中国やフランスなどの外国人5人も参加した。行列で四十七士の横川勘平に扮した在日中国人の魯蓬人(ろ・ほうじん)さんは、討ち入りで上野介を討ち取ったとされる武林唯七(隆重)が中国人の子孫だったと知り驚いたと語った。唯七の祖父の渡辺士式(武林治庵)は本名を孟二寛といい、明から渡来して医学で浅野家に仕えた。魯さんは、忠義の士をしのぶ義士祭と中国文化には相通じる部分があるとも指摘。両国の文化が古くから密接に結びついていたことを強く感じたとし、中国や日本など東アジアの「東方文化」の神髄は今後も継承されるべきだと話した。中央区役所を出発した行列は、増上寺を経て目的地の泉岳寺に無事到着した。今年は新型コロナウイルス対策のため、浅野内匠頭や四十七士の眠る墓所には入らなかった。今回は義士行列を継続させるため、地元の高校生20人も初めて行列に参加した。泉岳寺に到着した行列は観光客に温かく迎えられ、行列参加者との記念撮影を楽しむ多くの人の姿が見られた。(姜鵬) =配信日: 2022(令和4)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121606792

  •  (6)東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加
    2022年12月16日
    (6)東京で赤穂討ち入りの義士行列中国人も参加

    14日、記念撮影する義士行列の参加者。赤穂浪士が主君浅野内匠頭の仇討ちのために吉良上野介の屋敷に討ち入った日に当たる14日、東京都港区で財界二世学院主催の義士行列があり、今年は中国やフランスなどの外国人5人も参加した。行列で四十七士の横川勘平に扮した在日中国人の魯蓬人(ろ・ほうじん)さんは、討ち入りで上野介を討ち取ったとされる武林唯七(隆重)が中国人の子孫だったと知り驚いたと語った。唯七の祖父の渡辺士式(武林治庵)は本名を孟二寛といい、明から渡来して医学で浅野家に仕えた。魯さんは、忠義の士をしのぶ義士祭と中国文化には相通じる部分があるとも指摘。両国の文化が古くから密接に結びついていたことを強く感じたとし、中国や日本など東アジアの「東方文化」の神髄は今後も継承されるべきだと話した。(東京=新華社記者/馮武勇)= 配信日: 2022(令和4)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121607186

  • 1