KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • ふえん
  • れんが
  • ウスリー川
  • ハルビン
  • 人々
  • 人口
  • 令和
  • 住居
  • 住環境
  • 兼業

「四排村」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (6)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (6)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    19日、ジャムス市郊区敖其鎮のホーチョ村に立ち並ぶ民宿。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005875

  •  (3)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (3)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    19日、黒竜江省ジャムス市郊区敖其鎮のホーチョ村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005878

  •  (9)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (9)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    23日、黒竜江省双鴨山市饒河県四排ホーチョ族郷の四排村にある農業用ハウスで、黒キクラゲを摘む畢偉君(ひつ・いくん)さん。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005884

  •  (2)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (2)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    23日、黒竜江省双鴨山市饒河県の四排ホーチョ族郷四排村にあるホーチョ風情園。(小型無人機から)中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005868

  •  (11)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (11)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    18日、同江市八岔ホーチョ族郷八岔村にある海珠手工芸品農民専業合作社(協同組合)で、魚皮工芸品の制作技法を教えるの王海珠(おう・かいじゅ)さん(右)。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005914

  •  (13)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (13)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    18日、同江市の八岔ホーチョ族郷中心校で、ホーチョ族の伝統的なスポーツ「魚王角力」を披露する子どもたち。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005917

  •  (5)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (5)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    17日、同江市街津口ホーチョ族郷の漁業村で、禁漁期間中に岸辺につながれた漁船の手入れをする何淑艶(か・しゅくえん)さん。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005880

  •  (4)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (4)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    18日、同江市八岔ホーチョ族郷八岔村が資金を集めて建造した遊覧船「莫日根号」で作業する船員。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005874

  •  (7)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (7)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    17日、同江市街津口ホーチョ族郷にある住宅の外壁に描かれた、ホーチョ族の伝統文化を伝える絵。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005877

  •  (1)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (1)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    24日、黒竜江省撫遠市の烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005881

  •  (12)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (12)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    17日、同江市街津口ホーチョ族郷漁業村で、ホーチョ族の伝統的な民具を作る無形文化遺産継承者の孫玉林(そん・ぎょくりん)さん。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005910

  •  (8)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (8)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    18日、同江市八岔ホーチョ族郷八岔村で、トラクターを運転して除草剤を散布する村民の賈海峰(か・かいほう)さん。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005859

  •  (10)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省
    2021年06月30日
    (10)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    24日、撫遠市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村のホーチョ民宿展示館で、村民に民俗舞踊を教える尚美含(しょう・びがん)さん(左から2人目)。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005882

  • 1