KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • せき
  • 記者
  • ドローン
  • 上海市
  • 出資
  • 完了
  • 左側
  • 施工
  • 蘇州

「囲い堰」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」VR考古体験館で「江口沈銀遺跡」発掘現場をリアルに体験
    01:40.54
    2018年10月19日
    「新華社」VR考古体験館で「江口沈銀遺跡」発掘現場をリアルに体験

    明代末期の古戦場跡「江口沈銀(しんぎん)遺跡」の3Dによる臨場体験、烏東德(うとうとく)ダム発掘現場からの中継、三星堆(さんせいたい)遺跡の青銅神樹(同遺跡の二号祭祀坑から出土した青銅製の扶桑樹)伝説について紹介した映像番組の英語版の正式リリース…17日に全面リニューアルオープンした中国四川省文物考古研究院VR(バーチャルリアリティー)考古体験館は、これらを通して来場者を本物の考古学の現場へと「いざなう」。来場者は同館の3Dインタラクティブ体験センターに足を踏み入れると、滔々たる岷江(みんこう)の流れ、巨大な発掘用囲い堰(かこいぜき)、壮大なかつての河床(かしょう、河川の底にあたる部分)、河床の窪みに散在する金の封冊(ほうさく、王侯に封じる旨を記した詔書)や銀錠(ぎんじょう、中国でかつて用いられた秤量貨幣の形態を取る銀貨)などの文化財が、まるで自分のそばにあり、手で触れられるような感覚を体験できる。また、烏東德ダム区考古プロジェクト総合管理システムを通じて、同区の発掘状況や文化財出土状況を手動操作でリアルタイムに確認することが可能だ。今回は映像番組「江口沈銀ドキュメンタリー」「発掘トレーニングキャンプ」「神樹の伝説」の英語版も加わったことで、海外からの来館者のニーズにも応えられるようになったという。(記者/童芳、薛晨)<映像内容>中国四川省文物考古研究院VR考古体験館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102214489

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:27.39
    2019年04月05日
    「新華社」2千年の歴史持つ古代の「放水節」を再現四川省都江堰市

    中国四川省成都市都江堰(とこうえん)市にある2千年以上の歴史を持つ水利施設、都江堰で5日、「放水節」が開催された。この施設が2018年に世界かんがい施設遺産リストに登録されてから、今回が初めての放水となる。同施設は年に一度の放水節によって、成都平原の洪水調節や灌漑の役割を千年以上にわたって見事に果たし続けてきた。都江堰の放水節の起こりは、古代中国で毎年行われていた都江堰水利施設の定期保全修理に遡る。毎年冬の渇水期になると、都江堰の分水堤防では河川をせき止める際、竹かごや「榪槎」(テトラポッド状の木枠)、ござ、丸石、黄泥(黄色い粘土質の土)などにより臨時の囲い堰を築く独特の「榪槎せき止め法」が用いられていた。外江を補修する際は内江への水の流れをせき止め、内江を補修する際は外江への流れをせき止めていた。每年「清明節」(先祖を祭る中国の伝統的な祭日)が来ると、内江灌漑区では春の灌漑が必要になるため、用水路で荘厳かつ盛大な儀式が行われ、河をせき止めていた「榪槎」を外し、用水路に放水した。この儀式は「開水」と呼ばれ、放水節の名もここからきたと言われている。(記者/李力可)<映像内容>中国・都江堰の「放水節」、河川をせき止める木枠を外す様子、撮影日:2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040900652

  •  400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県
    2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706975

  •  400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県
    2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706963

  •  400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県
    2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707020

  •  400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県
    2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706971

  •  400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県
    2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706983

  •  (11)漢江で建設進むカスケード式水力発電所陝西省旬陽県
    2021年01月15日
    (11)漢江で建設進むカスケード式水力発電所陝西省旬陽県

    7日、旬陽水力発電所第二期工事の囲い堰建設プロジェクト。中国陝西省安康市旬陽(しゅんよう)県にある旬陽水力発電所は、漢江上流の主流域に計画された5カ所目のカスケード式水力発電所となっている。プロジェクト総投資額は40億7900万元(1元=約16円)、総発電設備容量32万キロワットで、2018年4月に着工した。竣工は2022年6月を予定しており、全面稼働後は年間8億4千万ワット時のクリーン電力の供給が可能となる。(安康=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504506

  •  (6)漢江で建設進むカスケード式水力発電所陝西省旬陽県
    2021年01月15日
    (6)漢江で建設進むカスケード式水力発電所陝西省旬陽県

    7日、旬陽水力発電所第二期工事の囲い堰建設プロジェクトで、現場の斜面を下る作業員。中国陝西省安康市旬陽(しゅんよう)県にある旬陽水力発電所は、漢江上流の主流域に計画された5カ所目のカスケード式水力発電所となっている。プロジェクト総投資額は40億7900万元(1元=約16円)、総発電設備容量32万キロワットで、2018年4月に着工した。竣工は2022年6月を予定しており、全面稼働後は年間8億4千万ワット時のクリーン電力の供給が可能となる。(安康=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504501

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.03
    2022年11月19日
    「新華社」水中から引き上げた文化財に見る明末の歴史絵巻四川省眉山市

    中国の四川省文物考古研究院は16日、彭山江口明末戦場遺跡の発掘調査で重要な成果を得たと発表した。川底に沈んだ1万点以上の文化財が「再び日の目を見た」が、中には明代の藩王の世子(世継ぎ)が持つ金印や、明末期の農民反乱軍の首領、張献忠(ちょう・けんちゅう)の政権に税として納められた大量の銀など、重要な歴史情報を含む貴重な文化財が数多く含まれ、明末の社会と歴史の様相をありありと描き出している。同遺跡は、元々は彭山江口沈銀遺跡と呼ばれており、同省眉山市彭山区江口鎮の岷江河道に位置し、成都市から約50キロ離れた場所にある。張献忠が1646年、岷江を南下した際に、彭山で明朝の将軍、楊展(よう・てん)の待ち伏せに遭い、敗れて船が沈んだとされており、金銀財宝を山積みした船千隻以上が川底に残るという伝説がある。2017年以降、四川省文物考古研究院は、川の水面に囲い堰(かこいぜき)を設置する方法で発掘調査を実施し、合計数万点を超える文化財を引き上げた。「江口沈銀」遺跡の発掘は、メディアや世間の大きな注目を集め、同年の中国十大考古新発見の一つにも選ばれた。同研究院現場発掘チームのリーダーを務める劉志岩(りゅう・しがん)氏によると、今回、岷江の航電プロジェクトと河川堤防再建プロジェクトに合わせて実施された緊急発掘調査で、新たな収穫が得られた。中でも、水中から引き上げた「栄世子宝」の金印は、明代の栄王世子が所有していた物であり、明代冊封制度の重要な物証となる。「永昌督理之印」の銀印は、李自成(り・じせい)が張献忠の軍隊に授けたものと推測され、明末清初の政治的、歴史的構造を研究する上で貴重な資料と言える。「欽賜崇徳書院」の鎏金(りゅうきん、金メッキ)銅印は、明朝皇室の書院のもので、明代の文化・教育研究にとって非常に重要な意味を持つ。水中からの引き上げられた張献忠政権の税銀600錠近くは、当時の社会の経済状況を反映している。矢じりや火縄銃、鉛弾など、大量に発見された明代の武器は「江口の戦い」の激しさを物語っている。皇室御物の金銀財宝、高官や身分の高い人々の衣装・道具類のほか、明末の農民反乱政権の税銀、当時民間で流行した装身具、さらには江口の戦いで両軍が用いた武器なども見つかっており、明末の政治、経済、文化、教育、軍事などあらゆる面が網羅されている。上記文化財以外にも、江口沈銀遺跡からは、柳葉形剣や戈(か =配信日: 2022(令和4)...

    商品コード: 2022111908700

  •  (7)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (7)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808111

  •  (1)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (1)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、建設が進む平望大橋左側主橋脚の囲い堰。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808112

  •  (8)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (8)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808107

  •  (4)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (4)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808109

  •  (9)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (9)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808113

  •  (5)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (5)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808115

  •  (10)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (10)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808106

  •  (6)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (6)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808105

  •  (3)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (3)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808110

  •  (2)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む
    2024年06月08日
    (2)長湖申航路の江蘇省東部区間で整備工事進む

    4日、長湖申航路(江蘇省区間)整備事業東部区間プロジェクトの建設現場。(ドローンから)中国の浙江省湖州市、江蘇省呉江市、上海市を経て黄浦江に至る長湖申航路の江蘇省区間で現在、整備事業東部区間プロジェクトの工事が順調に進んでいる。建設中の平望大橋では左側主橋脚囲い堰(せき)底部の封止作業が半分以上完了した。施工は蘇州市とインフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十局集団が共同出資した中鉄建城建交通発展が請け負っている。プロジェクトは長江デルタの高規格航路ネットワーク構築や地域総合交通輸送体系の充実などを進める上で大きな意義を持つ。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2024(令和6)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060808108

  • 1