KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 万里の長城
  • 景観
  • 記者
  • 風景
  • 位置
  • 空撮
  • ドローン
  • ざん
  • ほうとう

「固陽県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803634

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡の一部。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803648

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡の一部。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803558

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803561

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803419

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡の一部。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803410

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡の一部。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803538

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803690

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803656

  • 2019年11月13日
    固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区

    13日、内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡の一部。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803661

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201801

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    15日、内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201860

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦漢時代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201781

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    15日、内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201790

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201847

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201747

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201796

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:48.68
    2020年11月06日
    「新華社」内モンゴル自治区に残る秦代の万里の長城固陽秦長城遺跡

    中国内モンゴル自治区中部の陰山山地に、秦代の万里の長城「固陽秦長城遺跡」がある。固陽県とフフホト、バヤンノール、烏海各市にまたがり、全長400キロに及ぶ。現存する城壁の高さは、外壁が2・5~4メートル、内壁が1~1・7メートル。一部の城壁は既に倒壊している。約500メートルごとの高台にはのろし台が築かれている。万里の長城は1987年に世界文化遺産に登録された。固陽秦長城は1996年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。(記者/張晟)<映像内容>万里の長城「固陽秦長城遺跡」の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111002630

  • 00:08.08
    2020年12月31日
    「新華社」内モンゴル自治区の上空に「幻日」現る

    中国内モンゴル自治区包頭市固陽県で30日、太陽が三つあるように見える「幻日(げんじつ)」が観測された。(記者/賈立君) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107332

  • 2020年12月31日
    (2)内モンゴル自治区の上空に「幻日」現る

    30日早朝、内モンゴル自治区包頭市固陽県懐朔鎮朝力干村で観測された幻日。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県で30日、太陽が三つあるように見える「幻日(げんじつ)」が観測された。(フフホト=新華社配信/傅永新)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107336

  • 2020年12月31日
    (3)内モンゴル自治区の上空に「幻日」現る

    30日早朝、内モンゴル自治区包頭市固陽県懐朔鎮朝力干村で観測された幻日。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県で30日、太陽が三つあるように見える「幻日(げんじつ)」が観測された。(フフホト=新華社配信/傅永新)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107334

  • 2020年12月31日
    (1)内モンゴル自治区の上空に「幻日」現る

    30日早朝、内モンゴル自治区包頭市固陽県懐朔鎮朝力干村で観測された幻日。中国内モンゴル自治区包頭市固陽県で30日、太陽が三つあるように見える「幻日(げんじつ)」が観測された。(フフホト=新華社配信/傅永新)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107335

  • 01:00.68
    2021年08月15日
    「新華社」爽やかな緑広がる、夏の固陽秦長城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部にある固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面の上縁に位置し、県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。現存する城壁の高さは、外壁が2・5~4メートル、内壁が1~1・7メートル。同遺跡は1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(記者/張晟) =配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081505819

  • 2021年08月20日
    (3)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区包頭市固陽県に広がる菜の花畑。(7月24日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104423

  • 1