KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 湿地公園
  • 国家湿地
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 中国雲南省
  • 新疆ウイグル自治区
  • プジャヘイ
  • 公園管理
  • 華海国家
  • 雲南省保山市

「国家湿地公園」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
515
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
515
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (3)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (1)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (5)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (4)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (7)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (2)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (8)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=配信日:2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (3)国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来 雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/毛三)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)第2回粤港澳3地域バードウォッチング大会が閉幕広東省広州市

    19日、バードウォッチング大会の様子。中国広東省広州市の海珠国家湿地公園で第2回「粤港澳(広東・香港・マカオ)3地域バードウォッチング大会」が20日、閉幕した。開催期間中、深圳、仏山、珠海、茂名など3地域の市から47チーム200人以上が参加した。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園の空を舞うナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/楊磊)=配信日:2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    第2回粤港澳3地域バードウォッチング大会が閉幕広東省広州市

    19日、バードウォッチング大会の様子。中国広東省広州市の海珠国家湿地公園で第2回「粤港澳(広東・香港・マカオ)3地域バードウォッチング大会」が20日、閉幕した。開催期間中、深圳、仏山、珠海、茂名など3地域の市から47チーム200人以上が参加した。(広州=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    松雅湖に冬の渡り鳥湖南省長沙市

    2日、湖南松雅湖国家湿地公園の湖面で羽ばたく渡り鳥。中国湖南省長沙市長沙県の湖南松雅湖国家湿地公園にこのところ、渡り鳥が越冬のため飛来している。大まかな統計によると、同公園で今年観測された冬の渡り鳥は約80種類に上る。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    松雅湖に冬の渡り鳥湖南省長沙市

    2日、湖南松雅湖国家湿地公園の湖面を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省長沙市長沙県の湖南松雅湖国家湿地公園にこのところ、渡り鳥が越冬のため飛来している。大まかな統計によると、同公園で今年観測された冬の渡り鳥は約80種類に上る。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    松雅湖に冬の渡り鳥湖南省長沙市

    2日、湖南松雅湖国家湿地公園の湖面で羽を広げる渡り鳥。中国湖南省長沙市長沙県の湖南松雅湖国家湿地公園にこのところ、渡り鳥が越冬のため飛来している。大まかな統計によると、同公園で今年観測された冬の渡り鳥は約80種類に上る。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    松雅湖に冬の渡り鳥湖南省長沙市

    2日、湖南松雅湖国家湿地公園の湖で羽を休める渡り鳥。中国湖南省長沙市長沙県の湖南松雅湖国家湿地公園にこのところ、渡り鳥が越冬のため飛来している。大まかな統計によると、同公園で今年観測された冬の渡り鳥は約80種類に上る。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    松雅湖に冬の渡り鳥湖南省長沙市

    2日、湖南松雅湖国家湿地公園の湖で羽を休める渡り鳥。中国湖南省長沙市長沙県の湖南松雅湖国家湿地公園にこのところ、渡り鳥が越冬のため飛来している。大まかな統計によると、同公園で今年観測された冬の渡り鳥は約80種類に上る。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    松雅湖に冬の渡り鳥湖南省長沙市

    2日、湖南松雅湖国家湿地公園の湖で羽を休める渡り鳥。中国湖南省長沙市長沙県の湖南松雅湖国家湿地公園にこのところ、渡り鳥が越冬のため飛来している。大まかな統計によると、同公園で今年観測された冬の渡り鳥は約80種類に上る。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    松雅湖に冬の渡り鳥湖南省長沙市

    2日、湖南松雅湖国家湿地公園の湖で餌を探す渡り鳥。中国湖南省長沙市長沙県の湖南松雅湖国家湿地公園にこのところ、渡り鳥が越冬のため飛来している。大まかな統計によると、同公園で今年観測された冬の渡り鳥は約80種類に上る。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.08
    2020年11月26日
    「新華社」巣湖湿地にコウノトリの群れが飛来安徽省

    中国安徽省の巣湖半島国家湿地公園では26日、100羽ほどのコウノトリの群れが飛来し、羽を休めたり、餌を探したりする姿が見られた。ここ数年、巣湖沿岸の湿地の生態環境が日増しに改善されるにつれて、同地で越冬する渡り鳥も増え続けている。(記者/戴威)<映像内容>巣湖湿地に飛来したコウノトリの群れの様子、撮影日:2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    水を抜いた養魚池でにぎやかな魚取り浙江省杭州市

    21日、西渓湿地の養魚池で取った魚を手にした観光客。中国浙江省杭州市の西渓国家湿地公園で21日、「乾塘節」が開催された。漁師らが養魚池の水を抜き、防水つなぎを着た観光客が池に入り、魚取りを体験した。同湿地の一帯では古くから、冬を迎える頃に養魚池の水をくみ上げて泥をかき出す習慣がある。当日は魚やドジョウを捕まえるにぎやかな光景が広がる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    水を抜いた養魚池でにぎやかな魚取り浙江省杭州市

    21日、西渓湿地の養魚池で魚取りを体験し笑顔を見せる観光客。中国浙江省杭州市の西渓国家湿地公園で21日、「乾塘節」が開催された。漁師らが養魚池の水を抜き、防水つなぎを着た観光客が池に入り、魚取りを体験した。同湿地の一帯では古くから、冬を迎える頃に養魚池の水をくみ上げて泥をかき出す習慣がある。当日は魚やドジョウを捕まえるにぎやかな光景が広がる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    水を抜いた養魚池でにぎやかな魚取り浙江省杭州市

    21日、西渓湿地の養魚池で魚取りを体験する観光客。中国浙江省杭州市の西渓国家湿地公園で21日、「乾塘節」が開催された。漁師らが養魚池の水を抜き、防水つなぎを着た観光客が池に入り、魚取りを体験した。同湿地の一帯では古くから、冬を迎える頃に養魚池の水をくみ上げて泥をかき出す習慣がある。当日は魚やドジョウを捕まえるにぎやかな光景が広がる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    水を抜いた養魚池でにぎやかな魚取り浙江省杭州市

    21日、西渓湿地の養魚池で魚取りを体験する観光客。中国浙江省杭州市の西渓国家湿地公園で21日、「乾塘節」が開催された。漁師らが養魚池の水を抜き、防水つなぎを着た観光客が池に入り、魚取りを体験した。同湿地の一帯では古くから、冬を迎える頃に養魚池の水をくみ上げて泥をかき出す習慣がある。当日は魚やドジョウを捕まえるにぎやかな光景が広がる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    水を抜いた養魚池でにぎやかな魚取り浙江省杭州市

    21日、西渓湿地の養魚池で魚取りを体験する観光客。中国浙江省杭州市の西渓国家湿地公園で21日、「乾塘節」が開催された。漁師らが養魚池の水を抜き、防水つなぎを着た観光客が池に入り、魚取りを体験した。同湿地の一帯では古くから、冬を迎える頃に養魚池の水をくみ上げて泥をかき出す習慣がある。当日は魚やドジョウを捕まえるにぎやかな光景が広がる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と一緒に広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子ども。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、広州市の海珠湿地の水田で、刈り取った二束の晩稲(おくて)を担いであぜ道を歩く子ども。中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、稲田で子どもたちに晩稲(おくて)の刈り取りを指導する広州市海珠湿地自然教室の講師。中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、上空から見た閩江河口国家湿地公園。(小型無人機から)中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園で餌を探す鳥。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園で羽ばたくモズ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園で餌を探すモズ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園で羽を休めるクロツラヘラサギ(下)。世界的な絶滅危惧種で中国の国家2級保護動物に指定されている。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園で写生をする子どもたち。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園内の浅瀬で争うトビハゼ(左)とシオマネキ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園内で羽を休める鳥の群れ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園で羽繕いをするイソシギ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省

    8日、閩江河口国家湿地公園のハス池で餌を探すシラサギ。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.12
    2020年10月30日
    「新華社」広州市の「オアシス」でコスモスが満開広東省

    中国広東省広州市の「オアシス」と呼ばれる海珠国家湿地公園でこのほど、コスモスが満開となった。第1期プロジェクト1万6千平方メートルの敷地に、ピンクや白などかれんに咲き乱れ、人々の目を楽しませている。(記者/周穎)<映像内容>海珠国家湿地公園の満開のコスモスの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    広州市の「オアシス」でコスモスが満開広東省

    28日、広東省広州市の海珠国家湿地公園に広がるコスモス畑。中国広東省広州市の「オアシス」と呼ばれる海珠国家湿地公園でこのほど、コスモスが満開となった。第1期プロジェクト1万6千平方メートルの敷地に、ピンクや白などかれんに咲き乱れ、人々の目を楽しませている。(広州=新華社配信/謝恵強)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    広州市の「オアシス」でコスモスが満開広東省

    28日、広東省広州市の海珠国家湿地公園に広がるコスモス畑。中国広東省広州市の「オアシス」と呼ばれる海珠国家湿地公園でこのほど、コスモスが満開となった。第1期プロジェクト1万6千平方メートルの敷地に、ピンクや白などかれんに咲き乱れ、人々の目を楽しませている。(広州=新華社配信/謝恵強)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    広州市の「オアシス」でコスモスが満開広東省

    28日、広東省広州市の海珠国家湿地公園で満開となったコスモス。中国広東省広州市の「オアシス」と呼ばれる海珠国家湿地公園でこのほど、コスモスが満開となった。第1期プロジェクト1万6千平方メートルの敷地に、ピンクや白などかれんに咲き乱れ、人々の目を楽しませている。(広州=新華社配信/謝恵強)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    広州市の「オアシス」でコスモスが満開広東省

    28日、広東省広州市の海珠国家湿地公園で、かれんに揺れるコスモス。中国広東省広州市の「オアシス」と呼ばれる海珠国家湿地公園でこのほど、コスモスが満開となった。第1期プロジェクト1万6千平方メートルの敷地に、ピンクや白などかれんに咲き乱れ、人々の目を楽しませている。(広州=新華社配信/謝恵強)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    広州市の「オアシス」でコスモスが満開広東省

    28日、広東省広州市の海珠国家湿地公園で満開となったコスモス。中国広東省広州市の「オアシス」と呼ばれる海珠国家湿地公園でこのほど、コスモスが満開となった。第1期プロジェクト1万6千平方メートルの敷地に、ピンクや白などかれんに咲き乱れ、人々の目を楽しませている。(広州=新華社配信/謝恵強)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    広州市の「オアシス」でコスモスが満開広東省

    28日、広東省広州市の海珠国家湿地公園に広がるコスモス畑。中国広東省広州市の「オアシス」と呼ばれる海珠国家湿地公園でこのほど、コスモスが満開となった。第1期プロジェクト1万6千平方メートルの敷地に、ピンクや白などかれんに咲き乱れ、人々の目を楽しませている。(広州=新華社配信/謝恵強)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    田んぼの音楽会で海峡両岸の文化交流浙江省衢州市

    25日、音楽会開催地となった衢州水源保護地の烏渓江国家湿地公園。(小型無人機から)中国浙江省衢州(くしゅう)市衢江(くこう)区黄壇口郷の田んぼで25日、「里に帰ろう―音楽へのいざない」と題した音楽祭が開催され、台湾同胞と音楽愛好家が100人以上参加した。黄金色に染まった田んぼに設置された舞台から、ふるさとへの思いや帰郷をテーマとしたオリジナル曲「古稲郷」「風の頌」「春秋饗」「回来吧(帰ろうよ)」「繡花鞋」「月下酔」「新田園」の7曲が披露された。(衢州=新華社配信)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    10月24日、普者黒国家湿地公園から見た日の出。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    10月24日、普者黒国家湿地公園から見た日の出。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    10月23日、普者黒国家湿地公園の青丘の景色。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    10月23日、普者黒国家湿地公園の仙人洞村の一角。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.24
    2020年10月23日
    「新華社」生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(記者/丁磊、孫哲)<映像内容>マナス国家湿地公園の紅葉など風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    10月23日、普者黒国家湿地公園の夕暮れ時の景色。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    22日、普者黒国家湿地公園の仙人洞村の一角。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    22日、刺しゅうをする仙人洞村のイ族の女性。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    22日、普者黒国家湿地公園の仙人洞村の一角。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    晩秋の普者黒国家湿地公園雲南省丘北県

    10月22日、普者黒国家湿地公園の仙人洞村の一角。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、晩秋の美しい風景を一目見ようと、全国各地から大勢の観光客が訪れている。(昆明=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の湖で羽を休めるシラサギ。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区

    18日、新疆マナス国家湿地公園にある木の上で羽を休めるカワウの大群。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区

    18日、新疆マナス国家湿地公園で餌を探すシラサギ。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園で、美しい景色を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区

    18日、新疆マナス国家湿地公園の上空を飛ぶハイイロガン。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園に広がるアシ原。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の湖を泳ぐハイイロガン。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園で餌を探す渡り鳥の群れ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の湖を飛ぶ渡り鳥の群れ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の上空を飛ぶマガモ。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の湖を飛ぶウ(鵜)。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園で、木の枝で羽を休めるウ(鵜)の群れ。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の湖を泳ぐ渡り鳥の群れ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園で、木の枝で羽を休めるウ(鵜)の群れ。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区

    18日、新疆マナス国家湿地公園のアシ原。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区

    18日、空から見た新疆マナス国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園で、黄金色に染まったアシ原。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    18日、マナス国家湿地公園の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月18日
    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区

    18日、空から見た新疆マナス国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、上空から見た天津薊州州河国家湿地公園。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、天津薊州州河国家湿地公園で釣りをする地元住民。中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、上空から見た天津薊州州河国家湿地公園。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、上空から見た天津薊州州河国家湿地公園。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、上空から見た天津薊州州河国家湿地公園。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、天津薊州州河国家湿地公園の一角。中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、天津薊州州河国家湿地公園で羽を休める水鳥。中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    24日、天津薊州州河国家湿地公園を散策する地元住民。中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    天津市薊州区で大規模国家湿地公園2カ所の建設進む

    23日、天津下営環秀湖国家湿地公園の一角。中国天津市薊州(けいしゅう)区で現在、「天津薊州州河国家湿地公園」と「天津下営環秀湖国家湿地公園」の建設が急ピッチで進んでいる。完成は来年2月の予定。二つの公園の総面積は1240ヘクタール余りで、うち700ヘクタール近くを湿地が占める。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の水面を泳ぐオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園ではばたくオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を捕る水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6