KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 建設
  • 職員
  • 作業員
  • 電力供給
  • 設置
  • 開始
  • 実施
  • 中央企業

「国家電網」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,348
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,348
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市
    2011年09月30日
    村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    ケーブルで山の上に運ばれる電柱。(2011年9月撮影、資料写真)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社配信)=配信日:2011(平成23)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042208159

  •  Workers lay power lines underground in Beijing
    2014年06月15日
    Workers lay power lines underground in Beijing

    April 11, 2009, BEIJING, CHINA: Chinese workers lay huge power lines underground for the State Grid in downtown Beijing April 11, 2009. In recent years, new threats to national energy security have emerged in the form of the increased world competition for energy resources due to the increased pace of industrialization in countries such as India and China. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509658

  •  Workers lay power lines underground in Beijing
    2014年06月15日
    Workers lay power lines underground in Beijing

    April 11, 2009, BEIJING, CHINA: Chinese workers lay huge power lines underground for the State Grid in downtown Beijing April 11, 2009. In recent years, new threats to national energy security have emerged in the form of the increased world competition for energy resources due to the increased pace of industrialization in countries such as India and China. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509559

  •  Workers lay power lines underground in Beijing
    2014年06月15日
    Workers lay power lines underground in Beijing

    April 11, 2009, BEIJING, CHINA: Chinese workers lay huge power lines underground for the State Grid in downtown Beijing April 11, 2009. In recent years, new threats to national energy security have emerged in the form of the increased world competition for energy resources due to the increased pace of industrialization in countries such as India and China. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509540

  •  Workers lay power lines underground in Beijing
    2014年06月15日
    Workers lay power lines underground in Beijing

    April 11, 2009, BEIJING, CHINA: Chinese workers lay huge power lines underground for the State Grid in downtown Beijing April 11, 2009. In recent years, new threats to national energy security have emerged in the form of the increased world competition for energy resources due to the increased pace of industrialization in countries such as India and China. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509429

  •  Workers lay power lines underground in Beijing
    2014年06月15日
    Workers lay power lines underground in Beijing

    April 11, 2009, BEIJING, CHINA: Chinese workers lay huge power lines underground for the State Grid in downtown Beijing April 11, 2009. In recent years, new threats to national energy security have emerged in the form of the increased world competition for energy resources due to the increased pace of industrialization in countries such as India and China. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509343

  •  Workers lay power lines underground in Beijing
    2014年06月15日
    Workers lay power lines underground in Beijing

    April 11, 2009, BEIJING, CHINA: Chinese workers lay huge power lines underground for the State Grid in downtown Beijing April 11, 2009. In recent years, new threats to national energy security have emerged in the form of the increased world competition for energy resources due to the increased pace of industrialization in countries such as India and China. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509493

  •  Workers lay power lines underground in Beijing
    2014年06月15日
    Workers lay power lines underground in Beijing

    April 11, 2009, BEIJING, CHINA: Chinese workers lay huge power lines underground for the State Grid in downtown Beijing April 11, 2009. In recent years, new threats to national energy security have emerged in the form of the increased world competition for energy resources due to the increased pace of industrialization in countries such as India and China. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509660

  •  「雲の上」をゆく電力救援隊
    2018年02月06日
    「雲の上」をゆく電力救援隊

    作業員が6日、緊急修理作業を行っている。凍結の影響で、中国江西省豊城市秀市鎮にある500キロボルトの送電線が1月28日に損傷した。春節(中国の旧正月)前に送電線を復旧させるため、国家電網江西省電力有限公司は救援隊を組織し、1月29日から緊急修理作業を実施している。この作業は2月9日に完了する見通しだという。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901102

  •  「雲の上」をゆく電力救援隊
    2018年02月06日
    「雲の上」をゆく電力救援隊

    作業員が6日、緊急修理作業を行っている。凍結の影響で、中国江西省豊城市秀市鎮にある500キロボルトの送電線が1月28日に損傷した。春節(中国の旧正月)前に送電線を復旧させるため、国家電網江西省電力有限公司は救援隊を組織し、1月29日から緊急修理作業を実施している。この作業は2月9日に完了する見通しだという。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901104

  •  「雲の上」をゆく電力救援隊
    2018年02月06日
    「雲の上」をゆく電力救援隊

    作業員が6日、緊急修理作業を行っている。凍結の影響で、中国江西省豊城市秀市鎮にある500キロボルトの送電線が1月28日に損傷した。春節(中国の旧正月)前に送電線を復旧させるため、国家電網江西省電力有限公司は救援隊を組織し、1月29日から緊急修理作業を実施している。この作業は2月9日に完了する見通しだという。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901105

  •  800人余りの専門家がスマートグリッドの革新と発展を議論成都市
    2018年05月22日
    800人余りの専門家がスマートグリッドの革新と発展を議論成都市

    22日、成都市で開催された「2019年アジア・スマートグリッド・イノベーション国際会議」の開会式で発言するIEEEのSaifurRahman議長。米電気電子技術者協会(IEEE)電力・エネルギー協会(Power&EnergySociety、PES)が主催し、電子科技大学と国家電網四川省電力公司が実施する「2019年アジア・スマートグリッド・イノベーション国際会議」が22日、中国四川省成都市で開幕した。中国やドイツ、米国、デンマークなど30カ国・地域から電力やエネルギー分野の著名専門家や学者800人余りが参加し、「スマートグリッドは未来をつなぐ」をテーマに学術交流を行い、成果を共有した。(成都=新華社配信/電子科技大学提供)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:電子科技大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402969

  •  800人余りの専門家がスマートグリッドの革新と発展を議論成都市
    2018年05月22日
    800人余りの専門家がスマートグリッドの革新と発展を議論成都市

    22日、成都市で開催された「2019年アジア・スマートグリッド・イノベーション国際会議」の開会式で発言する中国科学院アカデミー会員の程時傑(てい・じけつ)氏。米電気電子技術者協会(IEEE)電力・エネルギー協会(Power&EnergySociety、PES)が主催し、電子科技大学と国家電網四川省電力公司が実施する「2019年アジア・スマートグリッド・イノベーション国際会議」が22日、中国四川省成都市で開幕した。中国やドイツ、米国、デンマークなど30カ国・地域から電力やエネルギー分野の著名専門家や学者800人余りが参加し、「スマートグリッドは未来をつなぐ」をテーマに学術交流を行い、成果を共有した。(成都=新華社配信/電子科技大学提供)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:電子科技大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403034

  •  800人余りの専門家がスマートグリッドの革新と発展を議論成都市
    2018年05月22日
    800人余りの専門家がスマートグリッドの革新と発展を議論成都市

    22日、成都市で開催された「2019年アジア・スマートグリッド・イノベーション国際会議」の開会式。米電気電子技術者協会(IEEE)電力・エネルギー協会(Power&EnergySociety、PES)が主催し、電子科技大学と国家電網四川省電力公司が実施する「2019年アジア・スマートグリッド・イノベーション国際会議」が22日、中国四川省成都市で開幕した。中国やドイツ、米国、デンマークなど30カ国・地域から電力やエネルギー分野の著名専門家や学者800人余りが参加し、「スマートグリッドは未来をつなぐ」をテーマに学術交流を行い、成果を共有した。(成都=新華社配信/電子科技大学提供)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:電子科技大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403019

  •  排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市
    2018年07月30日
    排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市

    7月30日、杭州市公共交通集団有限公司電車分公司の拱康路メンテナンス・ステーションで充電中の電気バス。中国浙江省の杭州市公共交通集団は2008年から、都市の省エネ・排出削減やエコ外出を実現するため、新エネルギーやクリーン・エネルギー車両の導入を拡大し、ハイブリッドバス、液化天然ガス(LNG)バス、電気バス(EVバス)を主とする多元化クリーン動力車両を幅広く使用してきた。現在、走行中に排ガスを放出せず、「ゼロ排出、ゼロ汚染」を実現させた電気バスはすでに同市の美しい景色となっている。2014年以来、電気バスを投入した路線は100を上回り、現在では2274台が運行され、12のメンテナンス・ステーションや停留所に1835の充電設備が設置されている。国家電網浙江省電力公司杭州供電公司の推計によると、現在同市では1日当たりの電気バス充電量が約20万キロワット時に達しているという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200359

  •  排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市
    2018年07月30日
    排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市

    7月30日、杭州市西湖の北側に面した北山街を走る電気バス。中国浙江省の杭州市公共交通集団は2008年から、都市の省エネ・排出削減やエコ外出を実現するため、新エネルギーやクリーン・エネルギー車両の導入を拡大し、ハイブリッドバス、液化天然ガス(LNG)バス、電気バス(EVバス)を主とする多元化クリーン動力車両を幅広く使用してきた。現在、走行中に排ガスを放出せず、「ゼロ排出、ゼロ汚染」を実現させた電気バスはすでに同市の美しい景色となっている。2014年以来、電気バスを投入した路線は100を上回り、現在では2274台が運行され、12のメンテナンス・ステーションや停留所に1835の充電設備が設置されている。国家電網浙江省電力公司杭州供電公司の推計によると、現在同市では1日当たりの電気バス充電量が約20万キロワット時に達しているという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200373

  •  排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市
    2018年07月30日
    排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市

    7月30日、杭州市西湖景勝区内にある、白堤、蘇堤と合わせて「西湖三堤」とされる楊公堤を走る電気バス。(小型無人機から)中国浙江省の杭州市公共交通集団は2008年から、都市の省エネ・排出削減やエコ外出を実現するため、新エネルギーやクリーン・エネルギー車両の導入を拡大し、ハイブリッドバス、液化天然ガス(LNG)バス、電気バス(EVバス)を主とする多元化クリーン動力車両を幅広く使用してきた。現在、走行中に排ガスを放出せず、「ゼロ排出、ゼロ汚染」を実現させた電気バスはすでに同市の美しい景色となっている。2014年以来、電気バスを投入した路線は100を上回り、現在では2274台が運行され、12のメンテナンス・ステーションや停留所に1835の充電設備が設置されている。国家電網浙江省電力公司杭州供電公司の推計によると、現在同市では1日当たりの電気バス充電量が約20万キロワット時に達しているという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200363

  •  排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市
    2018年07月30日
    排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市

    7月30日、杭州市西湖景勝区を走る電気バス。中国浙江省の杭州市公共交通集団は2008年から、都市の省エネ・排出削減やエコ外出を実現するため、新エネルギーやクリーン・エネルギー車両の導入を拡大し、ハイブリッドバス、液化天然ガス(LNG)バス、電気バス(EVバス)を主とする多元化クリーン動力車両を幅広く使用してきた。現在、走行中に排ガスを放出せず、「ゼロ排出、ゼロ汚染」を実現させた電気バスはすでに同市の美しい景色となっている。2014年以来、電気バスを投入した路線は100を上回り、現在では2274台が運行され、12のメンテナンス・ステーションや停留所に1835の充電設備が設置されている。国家電網浙江省電力公司杭州供電公司の推計によると、現在同市では1日当たりの電気バス充電量が約20万キロワット時に達しているという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200384

  •  排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市
    2018年07月30日
    排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市

    7月30日、杭州市公共交通集団有限公司電車分公司の拱康路メンテナンス・ステーションで、電気バスの充電状況を確認する作業員(左)。中国浙江省の杭州市公共交通集団は2008年から、都市の省エネ・排出削減やエコ外出を実現するため、新エネルギーやクリーン・エネルギー車両の導入を拡大し、ハイブリッドバス、液化天然ガス(LNG)バス、電気バス(EVバス)を主とする多元化クリーン動力車両を幅広く使用してきた。現在、走行中に排ガスを放出せず、「ゼロ排出、ゼロ汚染」を実現させた電気バスはすでに同市の美しい景色となっている。2014年以来、電気バスを投入した路線は100を上回り、現在では2274台が運行され、12のメンテナンス・ステーションや停留所に1835の充電設備が設置されている。国家電網浙江省電力公司杭州供電公司の推計によると、現在同市では1日当たりの電気バス充電量が約20万キロワット時に達しているという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200377

  •  排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市
    2018年07月30日
    排出ゼロ実現2千台の電気バス運行浙江省杭州市

    7月30日、杭州市公共交通集団有限公司電車分公司の拱康路メンテナンス・ステーションで、車両を点検する電気バスの運転手。中国浙江省の杭州市公共交通集団は2008年から、都市の省エネ・排出削減やエコ外出を実現するために新エネルギーやクリーン・エネルギー車両の導入を拡大し、ハイブリッドバス、液化天然ガス(LNG)バス、電気バス(EVバス)を主とする多元化クリーン動力車両を幅広く使用してきた。現在、走行中に排ガスを放出せず、「ゼロ排出、ゼロ汚染」を実現させた電気バスはすでに同市の美しい景色となっている。2014年以来、電気バスを投入した路線は100を上回り、現在では2274台が運行され、12のメンテナンス・ステーションや停留所に1835の充電設備が設置されている。国家電網浙江省電力公司杭州供電公司の推計によると、現在同市では1日当たりの電気バス充電量が約20万キロワット時に達しているという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200393

  •  河北省張家口市再生可能エネルギーの設備容量が1200万KW超に
    2018年08月01日
    河北省張家口市再生可能エネルギーの設備容量が1200万KW超に

    1日、河北省張家口市張北県にある国家風力・太陽光発電備蓄輸送のモデルプロジェクトが実施されている太陽光発電所。(小型無人機から)中国河北省張家口市は近年、クリーンエネルギーの開発推進を加速し、風力発電、太陽光発電、集光型太陽熱発電(CSP)、バイオマス発電といったプロジェクトの構築を秩序立って進めている。国家電網冀北電力有限公司張家口供電公司の紹介によると、同市の再生可能エネルギーによる設備容量は1203万KW、系統連系形太陽光の設備容量は1098.2万KWに達した。また、再生可能エネルギーの設備容量は全体の71%を占めた。(張家口=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300381

  •  河北省張家口市再生可能エネルギーの設備容量が1200万KW超に
    2018年08月01日
    河北省張家口市再生可能エネルギーの設備容量が1200万KW超に

    1日、河北省張家口市張北県にある国家風力・太陽光発電備蓄輸送のモデルプロジェクトが実施されている太陽光発電所。(小型無人機から)中国河北省張家口市は近年、クリーンエネルギーの開発推進を加速し、風力発電、太陽光発電、集光型太陽熱発電(CSP)、バイオマス発電といったプロジェクトの構築を秩序立って進めている。国家電網冀北電力有限公司張家口供電公司の紹介によると、同市の再生可能エネルギーによる設備容量は1203万KW、系統連系形太陽光の設備容量は1098.2万KWに達した。また、再生可能エネルギーの設備容量は全体の71%を占めた。(張家口=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300416

  •  陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる
    2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000617

  •  陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる
    2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000608

  •  陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる
    2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000625

  •  河北省北部、太陽光発電が全発電能力の16%超える
    2018年08月11日
    河北省北部、太陽光発電が全発電能力の16%超える

    11日、河北省唐山市玉田県の石嶺口太陽光発電所でグリッド接続ラインを巡回検査する国家電網玉田県供電公司の作業員。(小型無人機から)中国の送電大手、国家電網の冀北公司はこのほど、張家口や承徳、秦皇島、唐山など河北省北部の各市で、6月末時点の太陽光発電によるグリッド接続容量が468・9万キロワットに達し、地域全発電能力の16・9%を占めたことを明らかにした。(唐山=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301800

  •  河北省北部、太陽光発電が全発電能力の16%超える
    2018年08月11日
    河北省北部、太陽光発電が全発電能力の16%超える

    11日、河北省唐山市玉田県の石嶺口太陽光発電所。(小型無人機から)中国の送電大手、国家電網の冀北公司はこのほど、張家口や承徳、秦皇島、唐山など河北省北部の各市で、6月末時点の太陽光発電によるグリッド接続容量が468・9万キロワットに達し、地域全発電能力の16・9%を占めたことを明らかにした。(唐山=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301760

  •  重慶市、連日の猛暑で電力負荷が過去最高を記録
    2018年09月04日
    重慶市、連日の猛暑で電力負荷が過去最高を記録

    4日、国家電網重慶市電力公司の制御室で、重慶市電力網の稼働状況を示す大型モニターの前で働く従業員。重慶市気象台は4日、同市の大部分の地区で最高気温が37度以上に達するとし、8度目の高温オレンジ警報を発表した。猛暑が続く中、エアコンの使用量が急増し、電力負荷が急速に増している。中国国家電網重慶市電力公司が発表した情報によると、重慶市の電力網の調整負荷は初めて2000万キロワットの大台を突破して2048万キロワットに達し、今年4度目の過去最高記録更新となった。(重慶=新華社記者/劉潺)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090614906

  •  重慶市、連日の猛暑で電力負荷が過去最高を記録
    2018年09月04日
    重慶市、連日の猛暑で電力負荷が過去最高を記録

    4日、重慶市栄昌区の電力網作業場所で、照りつける太陽の下で忙しく働く国家電網重慶永川供電公司配電活線作業チームの2人の技術作業員。重慶市気象台は4日、同市の大部分の地区で最高気温が37度以上に達するとし、8度目の高温オレンジ警報を発表した。猛暑が続く中、エアコンの使用量が急増し、電力負荷が急速に増している。中国国家電網重慶市電力公司が発表した情報によると、重慶市の電力網の調整負荷は初めて2000万キロワットの大台を突破して2048万キロワットに達し、今年4度目の過去最高記録更新となった。(重慶=新華社記者/劉潺)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090615052

  •  中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設
    2018年09月07日
    中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設

    8月7日、ブラジル南東部のミナスジェライス州アルコス市付近に位置する、ブラジルベロモンテ特別高圧送電プロジェクト二期第9セクション作業場の作業員。ベロモンテ水力発電所はブラジル第2位の水力発電所で、二期プロジェクトは中国国家電網公司が海外で初めて、単独で投資、建設、運営を行った特別高圧直流送電プロジェクトであり、「特別高圧+クリーンエネルギー」のラテンアメリカにおけるモデルプロジェクトでもある。プロジェクトはブラジル北部のパラー州を北端に、南に向かって5つの州を通過しながら、最終的にはリオデジャネイロ州に達し、全長2518キロメートルとなる。(リオデジャネイロ=新華社記者/李明)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021300

  •  中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設
    2018年09月07日
    中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設

    8月7日、ブラジル南東部のミナスジェライス州アルコス市付近に位置する、ブラジルベロモンテ特別高圧送電プロジェクト二期第9セクションの施工現場で、ブラジル側の作業員を指導する中国側の現場施工管理責任者、劉年(りゅう・ねん)氏(左)。ベロモンテ水力発電所はブラジル第2位の水力発電所で、二期プロジェクトは中国国家電網公司が海外で初めて、単独で投資、建設、運営を行った特別高圧直流送電プロジェクトであり、「特別高圧+クリーンエネルギー」のラテンアメリカにおけるモデルプロジェクトでもある。プロジェクトはブラジル北部のパラー州を北端に、南に向かって5つの州を通過しながら、最終的にはリオデジャネイロ州に達し、全長2518キロメートルとなる。(リオデジャネイロ=新華社記者/李明)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021302

  •  中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設
    2018年09月07日
    中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設

    8月7日、ブラジル南東部のミナスジェライス州アルコス市付近に位置する、ブラジルベロモンテ特別高圧送電プロジェクト二期第9セクションの現場で施工する作業員。ベロモンテ水力発電所はブラジル第2位の水力発電所で、二期プロジェクトは中国国家電網公司が海外で初めて、単独で投資、建設、運営を行った特別高圧直流送電プロジェクトであり、「特別高圧+クリーンエネルギー」のラテンアメリカにおけるモデルプロジェクトでもある。プロジェクトはブラジル北部のパラー州を北端に、南に向かって5つの州を通過しながら、最終的にはリオデジャネイロ州に達し、全長2518キロメートルとなる。(リオデジャネイロ=新華社記者/李明)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021306

  •  高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区
    2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、チベット自治区チュスム県で500キロボルト送電線を巡回監視する国網通航公司の巡視ヘリコプター。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111470

  •  高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区
    2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、飛行前の検査をする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111608

  •  高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区
    2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、巡視装置をテストする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111612

  •  高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区
    2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、飛行に先立ち確認と準備をする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111514

  •  太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省
    2018年10月12日
    太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省

    12日、空から見た青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県。(小型無人機から)中国国家電網有限公司が建設を援助した瑪多(ばた)4・4メガワット貧困支援村落連結太陽光発電所が正式に発電を開始した。同発電所の予想年間発電量は680万キロワット時で、収益は村全体と貧困世帯の収入増のために使われる。(ゴロク=新華社配信)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930156

  •  太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省
    2018年10月12日
    太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省

    12日、自宅でテレビを見る青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県瑪査理村の住民。中国国家電網有限公司が建設を援助した瑪多(ばた)4・4メガワット貧困支援村落連結太陽光発電所が正式に発電を開始した。同発電所の予想年間発電量は680万キロワット時で、収益は村全体と貧困世帯の収入増のために使われる。(ゴロク=新華社配信/張竜)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月13日
    北京の暖房「脱石炭」に日本の電力業界も賛同協力強化へ

    10月13日、国家電網北京市電力公司が建設したハイエンドスマート配電網総合可視化プラットフォームを調査研究する代表団。インダストリオール日本化学エネルギー労働組合協議会(インダストリオールJAF)議長、松浦昭彦氏を団長とする代表団一行は10月13日、北京市通州区を視察した。(北京=新華社記者/関桂峰)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123984

  •  舒印彪氏、中国人で初めて国際電気標準会議の議長に
    2018年10月26日
    舒印彪氏、中国人で初めて国際電気標準会議の議長に

    26日、韓国の釜山市で開かれた国際電気標準会議の第82回大会。中国国家電網によると、26日に韓国の釜山市で開かれた国際電気標準会議(IEC)第82回大会で、同社の舒印彪(じょ・いんひょう)董事長が議長に選ばれ、1906年の設立以来初めて中国人が最高責任者となった。(釜山=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925629

  •  舒印彪氏、中国人で初めて国際電気標準会議の議長に
    2018年10月26日
    舒印彪氏、中国人で初めて国際電気標準会議の議長に

    26日、韓国の釜山市で開かれた国際電気標準会議の第82回大会であいさつする中国国家電網の舒印彪(じょ・いんひょう)董事長。中国国家電網によると、26日に韓国の釜山市で開かれた国際電気標準会議(IEC)第82回大会で、同社の舒印彪(じょ・いんひょう)董事長が議長に選ばれ、1906年の設立以来初めて中国人が最高責任者となった。(釜山=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925667

  •  「新華社」重慶電力、三峡ダム地域の貧困脱却を後押し
    01:27.14
    2018年12月12日
    「新華社」重慶電力、三峡ダム地域の貧困脱却を後押し

    中国重慶市奉節(ほうせつ)県平安郷文昌(ぶんしょう)村では、屋外の気温が3度に下がったにもかかわらず、野菜栽培基地の温室の中には緑いっぱいの光景が広がっている。各野菜温室には配電ボックスが設置され、スプリンクラー、換気扇、遮光ネットなどの付属設備が電力によって自動制御され、四季を通して緻密な育苗を行うことが可能になっている。20種類余りの野菜が栽培されており、現地の貧困家庭約1400戸が貧困状態から抜け出すのを後押ししている。文昌村では、中国医薬に使われるノダケの栽培が、多くの農家の主要な収入源となっている。以前はノダケを乾燥させるのに石炭を使い、2トンのノダケを乾燥させるのに4日を必要としていたが、電力を使用する循環送風の制御システムに改造してからはわずか15時間で完了するようになり、付属設備の改良は作業効率を大いに高めた。国家電網重慶電力公司はすでに累計1億9100万元(1元=約16円)を投じ、管轄区域内にある17カ所の極度貧困郷(鎮)で送電網の改造と改良を行い、9カ所の国家指定貧困県で送電網の改造を行った。うち8つの区・県がすでに貧困状態から抜け出している。<映像内容>文昌村の農業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314281

  •  降雪時の電力供給を支える人々四川省
    2018年12月29日
    降雪時の電力供給を支える人々四川省

    12月29日、大雪による故障で電力が遮断された10キロボルト送電線(羅三線保坪支線)を見回り、障害物を取り除く国家電網洪雅県供電公司三宝供電所の職員。中国四川省各地で気温が大きく低下し、2018年12月28日から降雪が確認された。同省の送電網の電力負荷は12月29日11時23分時点で3700万6千キロワットに達し、史上最高を記録した。一部地域では電力供給に影響が出た。都市部と農村部の住民が普段通りに暖房を利用し、休日を過ごせるよう、国家電網四川省電力公司は様々な対策を講じて送電網の安全を確保した。(成都=新華社配信/王鴻飛)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400456

  •  降雪時の電力供給を支える人々四川省
    2018年12月29日
    降雪時の電力供給を支える人々四川省

    12月29日、吹き付ける風雪に耐えながら、110キロボルトの送電線(清安線)の特別パトロールを行い、赤外線による温度測定をする国家電網成都郫都(ひと)供電公司の職員。同公司は早朝から雪中特別パトロールを行った。中国四川省各地で気温が大きく低下し、2018年12月28日から降雪が確認された。同省の送電網の電力負荷は12月29日11時23分時点で3700万6千キロワットに達し、史上最高を記録した。一部地域では電力供給に影響が出た。都市部と農村部の住民が普段通りに暖房を利用し、休日を過ごせるよう、国家電網四川省電力公司は様々な対策を講じて送電網の安全を確保した。(成都=新華社配信/高毓)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400340

  •  降雪時の電力供給を支える人々四川省
    2018年12月29日
    降雪時の電力供給を支える人々四川省

    12月29日、送電線を見回る国家電網洪雅県供電公司三宝供電所の職員。中国四川省各地で気温が大きく低下し、2018年12月28日から降雪が確認された。同省の送電網の電力負荷は12月29日11時23分時点で3700万6千キロワットに達し、史上最高を記録した。一部地域では電力供給に影響が出た。都市部と農村部の住民が普段通りに暖房を利用し、休日を過ごせるよう、国家電網四川省電力公司は様々な対策を講じて送電網の安全を確保した。(成都=新華社配信/王鴻飛)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400447

  •  降雪時の電力供給を支える人々四川省
    2018年12月29日
    降雪時の電力供給を支える人々四川省

    12月29日、大雪のため電力が遮断された10キロボルト送電線(北図線)の応急修理を行う国家電網甘孜(カンゼ)康定市供電公司の「聖潔尚巴」サービスチーム。中国四川省各地で気温が大きく低下し、2018年12月28日から降雪が確認された。同省の送電網の電力負荷は12月29日11時23分時点で3700万6千キロワットに達し、史上最高を記録した。一部地域では電力供給に影響が出た。都市部と農村部の住民が普段通りに暖房を利用し、休日を過ごせるよう、国家電網四川省電力公司は様々な対策を講じて送電網の安全を確保した。(成都=新華社配信/黄麗)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400427

  •  降雪時の電力供給を支える人々四川省
    2018年12月29日
    降雪時の電力供給を支える人々四川省

    12月29日、休日中に送電網が安全確実に運用されるよう、500キロボルト白泉ステーションの1次、2次設備に対し大雪後の特別パトロールを行う国家電網四川検修公司の維持管理担当者。中国四川省各地で気温が大きく低下し、2018年12月28日から降雪が確認された。同省の送電網の電力負荷は12月29日11時23分時点で3700万6千キロワットに達し、史上最高を記録した。一部地域では電力供給に影響が出た。都市部と農村部の住民が普段通りに暖房を利用し、休日を過ごせるよう、国家電網四川省電力公司は様々な対策を講じて送電網の安全を確保した。(成都=新華社配信/周学億)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400341

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.88
    2018年12月30日
    「新華社」「瑞雪は豊年の兆し皆で道路の安全確保」湖南省

    中国湖南省の西部から東部にかけての大半の地区では12月28日以来、大雪が降り、張家界や鳳凰古城などの景勝地には、雪景色を見ようと大勢の観光客が訪れている。同月30日、省都の長沙はすっかり雪化粧し、南方の都市が一味違った銀世界の様相を見せた。多くの市民が早くから外に出て珍しい雪景色を眺め、写真を撮っていた。また多くの清掃作業員たちも、朝早くから道路で除雪作業を始めていた。大雪は湖南省に美しい景色をもたらしたが、同時に交通や電力、民間航空にはかなりの影響を与えている。同月29日の昼11時、湖南省の電力需要が初めて3008万キロワットを突破、過去最高を更新した。電力供給を保障するため、国家電網湖南省電力公司は延べ2万人近くを投入して凍結状況の観測や巡回応急修理に当たるとともに、多くの主要電線路で交流・直流融氷を実施し、省全域の生産・生活に必要な電力を確保している。湖南高速公路公司は同月27日、凍結防止通行保障対策を始動させ、特に西部山岳地帯の高速道路については重点的に防護措置を講じている。融雪剤の散布や除氷車による除雪などの措置で基本的な通行を確保し、重点箇所の橋梁や道路区間は熱再生加熱機などの機械で除雪・除氷を行っている。高速道路交通警察は多くの料金所で交通管制を実施。長沙黄花国際空港には除氷車と除雪車11台が出動して連続的に作業を続け、旅行客の旅の安全を保障している。(記者/姚羽、范軍威)<映像内容>中国湖南省の降雪の様子、撮影日:2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020825164

  •  スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始
    2019年01月12日
    スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始

    12日、北京新空港の西側の110キロボルト(KV)変電所で、変電システムの設定値を巡回検査するハンガーレール式ロボット。GISスマート巡回検査ロボットやハンガーレール式ロボットによるスマート巡回検査システム、スマート警備など、多種多様な全日制のスマート予防制御巡回検査システムがこのほど、中国国家電網北京新空港の東と西の110キロボルト(KV)変電所で運用を開始した。これにより「巡回検査、警告、点検・修理、記録・保存」機能を備えた、高効率で全面的かつスマートな新しい運用・検査モデルが構築された。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200120

  •  スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始
    2019年01月12日
    スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始

    12日、北京新空港の敷地西側にある110キロボルト(KV)変電所で、変電設備を巡回検査するGISスマート巡回検査ロボット。GISスマート巡回検査ロボットやハンガーレール式ロボットによるスマート巡回検査システム、スマート警備など、多種多様な全日制のスマート予防制御巡回検査システムがこのほど、中国国家電網北京新空港の東と西の110キロボルト(KV)変電所で運用を開始した。これにより「巡回検査、警告、点検・修理、記録・保存」機能を備えた、高効率で全面的かつスマートな新しい運用・検査モデルが構築された。(北京=新華社配信/張元)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200085

  •  スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始
    2019年01月12日
    スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始

    12日、GISスマート巡回検査ロボットの設定値を調整する国家電網北京電力公司の技術員。GISスマート巡回検査ロボットやハンガーレール式ロボットによるスマート巡回検査システム、スマート警備など、多種多様な全日制のスマート予防制御巡回検査システムがこのほど、中国国家電網北京新空港の東と西の110キロボルト(KV)変電所で運用を開始した。これにより「巡回検査、警告、点検・修理、記録・保存」機能を備えた、高効率で全面的かつスマートな新しい運用・検査モデルが構築された。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200115

  •  スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始
    2019年01月12日
    スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始

    12日、北京新空港の西側の110キロボルト(KV)変電所で、変電設備を巡回検査するGISスマート巡回検査ロボット。GISスマート巡回検査ロボットやハンガーレール式ロボットによるスマート巡回検査システム、スマート警備など、多種多様な全日制のスマート予防制御巡回検査システムがこのほど、中国国家電網北京新空港の東と西の110キロボルト(KV)変電所で運用を開始した。これにより「巡回検査、警告、点検・修理、記録・保存」機能を備えた、高効率で全面的かつスマートな新しい運用・検査モデルが構築された。(北京=新華社配信/張元)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200132

  •  スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始
    2019年01月12日
    スマート巡回検査設備、北京新空港の変電所で運用開始

    12日、北京新空港の西側の110キロボルト(KV)変電所で、変電設備を巡回検査するGISスマート巡回検査ロボット。GISスマート巡回検査ロボットやハンガーレール式ロボットによるスマート巡回検査システム、スマート警備など、多種多様な全日制のスマート予防制御巡回検査システムがこのほど、中国国家電網北京新空港の東と西の110キロボルト(KV)変電所で運用を開始した。これにより「巡回検査、警告、点検・修理、記録・保存」機能を備えた、高効率で全面的かつスマートな新しい運用・検査モデルが構築された。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200116

  •  障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市
    2019年01月16日
    障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市

    火炎放射器搭載ドローンを使って障害物除去の実演を行う操縦士。(1月16日撮影)中国重慶市の国家電網重慶永川供電公司でこのほど、3年以上の開発・テスト期間を経て、同市初となる障害物除去用の火炎放射器搭載小型無人機(ドローン)の運用が始まった。このマルチローター型ドローンは、燃料タンクやオイルポンプ、自動点火装置を含む火炎放射タスクモジュールを搭載しており、高所送電線の安全に影響を及ぼす飛来物が除去できる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500601

  •  障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市
    2019年01月16日
    障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市

    障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン。(1月16日撮影)中国重慶市の国家電網重慶永川供電公司でこのほど、3年以上の開発・テスト期間を経て、同市初となる障害物除去用の火炎放射器搭載小型無人機(ドローン)の運用が始まった。このマルチローター型ドローンは、燃料タンクやオイルポンプ、自動点火装置を含む火炎放射タスクモジュールを搭載しており、高所送電線の安全に影響を及ぼす飛来物が除去できる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500610

  •  障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市
    2019年01月16日
    障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市

    障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン。(1月16日撮影)中国重慶市の国家電網重慶永川供電公司でこのほど、3年以上の開発・テスト期間を経て、同市初となる障害物除去用の火炎放射器搭載小型無人機(ドローン)の運用が始まった。このマルチローター型ドローンは、燃料タンクやオイルポンプ、自動点火装置を含む火炎放射タスクモジュールを搭載しており、高所送電線の安全に影響を及ぼす飛来物が除去できる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500724

  •  障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市
    2019年01月16日
    障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市

    重慶市永川区小坎村で火炎放射器搭載ドローンを使って行われた高圧送電線上にある蜂の巣の除去作業。(1月16日撮影)中国重慶市の国家電網重慶永川供電公司でこのほど、3年以上の開発・テスト期間を経て、同市初となる障害物除去用の火炎放射器搭載小型無人機(ドローン)の運用が始まった。このマルチローター型ドローンは、燃料タンクやオイルポンプ、自動点火装置を含む火炎放射タスクモジュールを搭載しており、高所送電線の安全に影響を及ぼす飛来物が除去できる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500611

  •  「新華社」火炎放射器搭載ドローンで電線の安全を守る重慶市
    00:37.67
    2019年01月21日
    「新華社」火炎放射器搭載ドローンで電線の安全を守る重慶市

    中国重慶市の国家電網重慶永川供電公司では、小型無人機(ドローン)チームが障害物を除去するために火炎放射器搭載ドローンを使って、送電線の巡回検査を行っている。このドローンはホイールベースが約1メートルで、下部に火炎放射器を搭載。放射管は長さ約50センチ、直径約1センチで、2・5メートルの炎を噴射することができる。放射器下部のプラスチック容器にはガソリンが入っており、作業員はドローンを目標物と平行になる位置まで飛ばし、素早く炎を噴射させる。このドローンは送電を止めずに、高所の送電線に絡まったタコ糸やビニールテープ、スズメバチの巣などを除去することが可能。昨年1年間で、こうした潜在的な危険を50回以上取り除き、安全で安定した送電に貢献している。(記者/趙小帥、黄偉)<映像内容>火炎放射器搭載ドローン、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200441

  •  四川省51カ所目の500キロボルト変電所が稼働
    2019年01月24日
    四川省51カ所目の500キロボルト変電所が稼働

    500キロボルト松露変電所。(資料写真)24日午前6時2分、中国四川省涼山イ族自治州の500キロボルト松露変電所の1号主変圧器にスイッチが入った。これにより同省51カ所目の500キロボルト変電所が正式に竣工し、稼働した。500キロボルト松露変電所は、同自治州会東県小壩(しょうは)郷に位置し、敷地面積は90・8ムー(約6ヘクタール)で、2016年10月に着工した。(成都=新華社配信/国家電網四川電力提供)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:国家電網四川電力/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124271

  •  四川省51カ所目の500キロボルト変電所が稼働
    2019年01月24日
    四川省51カ所目の500キロボルト変電所が稼働

    設備を検査する技術スタッフ。(資料写真)24日午前6時2分、中国四川省涼山イ族自治州の500キロボルト松露変電所の1号主変圧器にスイッチが入った。これにより同省51カ所目の500キロボルト変電所が正式に竣工し、稼働した。500キロボルト松露変電所は、同自治州会東県小壩(しょうは)郷に位置し、敷地面積は90・8ムー(約6ヘクタール)で、2016年10月に着工した。(成都=新華社配信/国家電網四川電力提供)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:国家電網四川電力/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124267

  •  「新華社」【字幕あり】障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市
    00:50.96
    2019年01月25日
    「新華社」【字幕あり】障害物除去用の火炎放射器搭載ドローン、運用開始重慶市

    中国重慶市永川区小坎(しょうかん)村の上空にこのほど、空中を旋回しながら大きな炎を噴射する「黒色の物体」が飛来し、多くの村民が足を止め、その様子を見守った。これは国家電網重慶永川供電公司による小型無人機(ドローン)技術を使った、村の高圧送電線の障害物除去作業の一コマ。このドローンは地元の電力供給会社が3年以上の開発・テスト期間を経て完成した第3世代の障害物除去用火炎放射器搭載ドローンで、既に数多くの特許を申請している。ドローンは到達距離2メートルの炎を放射するだけでなく、監視カメラや赤外線センサー、送電線牽引装置、ゴンドラ式火炎放射器などを搭載しており、さまざまな送電線パトロール業務を行うことができる。何氏によると、高圧送電線にかかった障害物や飛来物の除去はこれまで、一部地域の送電を停止した状態で、レンタルのクレーン車を使用するか、人間が登って除去するしか方法がなく、時間がかかり作業も煩雑だった。だが今はドローンを使うことで、送電を停止せずにわずか数分で障害物が除去でき、安全性を保証しながら電力供給率を効果的に向上させている。ポリ袋や凧などの燃えやすい飛来物は、通常10秒ほどで除去でき、布や横断幕、木の枝などの障害物も30秒程度で除去できる。最も時間がかかるのは蜂の巣で、これには10分ほどかかる。安全性確保のためにドローンの燃料噴射方式と時間は厳格に標準化されている。同社のドローンチームは昨年のテスト期間中、さまざまな環境下での送電線障害物除去作業に50回以上成功している。(記者/劉恩黎、劉潺)<映像内容>火炎放射器搭載ドローン運用の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500882

  •  ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市
    2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を見回る国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701240

  •  ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市
    2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701238

  •  ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市
    2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701273

  •  ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市
    2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具を巡回点検中にひと休みする国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701231

  •  ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市
    2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701265

  •  中国企業、ラオス北部電力網の主要幹線建設完了
    2019年03月05日
    中国企業、ラオス北部電力網の主要幹線建設完了

    ファイサーイからトンプンにつながる115kVの電線路。(2019年3月5日撮影)中国国家電網傘下の平高集団はこのほど、建設を請け負ったラオス北部電力網の主要幹線の建設を完了し、ラオス側に引き渡したことを明らかにした。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923878

  •  新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市
    2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、データを記録する中国国家電網公司の作業スタッフ。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月03日
    清明節前後の山火事防止に当たる電力特別巡視隊四川省チベット族居住地域

    3日、電力網の安全・安定運転を確保するため、山奥の密林で特別巡視を行う国家電網四川電力送変電建設有限公司チベット族居住地域の運用・整備スタッフ。5日に迎えた清明節前後は空気が乾燥し、山火事が起きやすい。中国国家電網四川電力送変電建設有限公司は、電力設備保安作業に関する特別計画を立て、四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州のチベット族居住地域で100人余りを動員し、山火事防止特別活動を展開して、省内のチベット族居住地域での祝日期間の電力網の安全・安定運転を確保している。(成都=新華社配信/国家電網四川電力送変電建設有限公司提供)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:国家電網四川電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700350

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月03日
    清明節前後の山火事防止に当たる電力特別巡視隊四川省チベット族居住地域

    3日、農村で安全な電気使用や森林火災の防止について広報活動を行う国家電網四川電力送変電建設有限公司チベット族居住地域の運用・整備スタッフ。5日に迎えた清明節前後は空気が乾燥し、山火事が起きやすい。中国国家電網四川電力送変電建設有限公司は、電力設備保安作業に関する特別計画を立て、四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州のチベット族居住地域で100人余りを動員し、山火事防止特別活動を展開して、省内のチベット族居住地域での祝日期間の電力網の安全・安定運転を確保している。(成都=新華社配信/国家電網四川電力送変電建設有限公司提供)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:国家電網四川電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700351

  •  5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市
    2019年05月15日
    5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市

    15日、国家電網天津浜海公司の指令センターにリアルタイムで表示された高精細度映像。中国の国家電網天津浜海公司はこのほど、5G(第5世代移動通信システム)技術による陸空一体型の立体的な電力設備巡回点検を実施した。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002101

  •  5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市
    2019年05月15日
    5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市

    15日、送電線を点検する5G端末を搭載した小型無人機。中国の国家電網天津浜海公司はこのほど、5G(第5世代移動通信システム)技術による陸空一体型の立体的な電力設備巡回点検を実施した。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002063

  •  5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市
    2019年05月15日
    5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市

    15日、送電線を点検する5G端末を搭載した小型無人機。中国の国家電網天津浜海公司はこのほど、5G(第5世代移動通信システム)技術による陸空一体型の立体的な電力設備巡回点検を実施した。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002201

  •  「新華社」スマートロボットを使った絶縁コーティング作業重慶市永川区
    02:21.14
    2019年05月15日
    「新華社」スマートロボットを使った絶縁コーティング作業重慶市永川区

    中国重慶市永川区でこのほど、電気技師がスマートロボット操作によりダム上部にある導体がむき出しになった裸電線の絶縁コーティング作業を行なった。スマートコーティングロボットは約30分で長さ100メートルの作業が完了する。コーティングされた絶縁層は1時間程度で完全に固まり、見た目もよく、非常に優れた絶縁性や耐熱性、耐久性があり、性能などの面でも絶縁導線と変わらないという。国家電網重慶市電力公司は農村の電線網、特に養魚池の上を通る電線が絶縁層による保護がないといった電力使用上の安全性が不十分な部分に対し、複数のスマート化された機器を研究開発し、導入。電力導線の絶縁コーティング作業を大いに拡大し、電線の下での釣りなどの安全ではない行為に備え、住民が安全に電力を使用できるよう保障している。(記者/趙小帥、黄偉)<映像内容>スマートロボットによる裸電線の絶縁コーティング作業、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600497

  •  5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市
    2019年05月15日
    5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市

    15日、送電線を点検する5G端末を搭載した小型無人機。中国の国家電網天津浜海公司はこのほど、5G(第5世代移動通信システム)技術による陸空一体型の立体的な電力設備巡回点検を実施した。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002062

  •  5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市
    2019年05月15日
    5G技術で電力設備を陸空同時点検天津市

    15日、変電設備を点検するスマート巡回点検ロボット。中国の国家電網天津浜海公司はこのほど、5G(第5世代移動通信システム)技術による陸空一体型の立体的な電力設備巡回点検を実施した。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002192

  •  複合現実(MR)技術で電力設備パトロール天津市
    2019年05月21日
    複合現実(MR)技術で電力設備パトロール天津市

    21日、MRゴーグルを装着し、点検を行うスタッフ。中国天津市浜海新区吉林路の変電所内でこのほど、MR(複合現実)ゴーグルを利用した設備の保守点検が行われた。これは、国家電網天津浜海電力が電力分野でMR技術の応用に成功したことを示している。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700421

  •  進む電力IoT技術の応用、スマート街灯を実現天津市
    2019年05月22日
    進む電力IoT技術の応用、スマート街灯を実現天津市

    天津浜海新区に設置されたスマート街灯。(5月22日撮影)中国の電力配送企業、国家電網天津電力は近年、積極的に電力IoT(モノのインターネット)技術を応用し、天津市のスマートシティー建設と結び付け、スマート街灯感知共有プラットフォームの開発と試験的応用を展開している。都市スマート感知装置のアクセスにおいて現在直面している空間リソースの不足、電源供給の多元化、ネットワーク環境の複雑化という課題を解決するのが目的だ。(天津=新華社配信/国家電網天津電力提供)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:国家電網天津電力/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625550

  •  複合現実(MR)技術で電力設備パトロール天津市
    2019年05月22日
    複合現実(MR)技術で電力設備パトロール天津市

    22日、MRゴーグルを装着し、性能試験を行うスタッフ。中国天津市浜海新区吉林路の変電所内でこのほど、MR(複合現実)ゴーグルを利用した設備の保守点検が行われた。これは、国家電網天津浜海電力が電力分野でMR技術の応用に成功したことを示している。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700603

  •  進む電力IoT技術の応用、スマート街灯を実現天津市
    2019年05月28日
    進む電力IoT技術の応用、スマート街灯を実現天津市

    国家電網天津電力が天津浜海新区に設置したスマート街灯。(5月28日撮影)中国の電力配送企業、国家電網天津電力は近年、積極的に電力IoT(モノのインターネット)技術を応用し、天津市のスマートシティー建設と結び付け、スマート街灯感知共有プラットフォームの開発と試験的応用を展開している。都市スマート感知装置のアクセスにおいて現在直面している空間リソースの不足、電源供給の多元化、ネットワーク環境の複雑化という課題を解決するのが目的だ。(天津=新華社配信/国家電網天津電力提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:国家電網天津電力/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019062625602

  •  進む電力IoT技術の応用、スマート街灯を実現天津市
    2019年05月28日
    進む電力IoT技術の応用、スマート街灯を実現天津市

    スマート街灯の調整をする国家電網天津電力の作業員。(5月28日撮影)中国の電力配送企業、国家電網天津電力は近年、積極的に電力IoT(モノのインターネット)技術を応用し、天津市のスマートシティー建設と結び付け、スマート街灯感知共有プラットフォームの開発と試験的応用を展開している。都市スマート感知装置のアクセスにおいて現在直面している空間リソースの不足、電源供給の多元化、ネットワーク環境の複雑化という課題を解決するのが目的だ。(天津=新華社配信/国家電網天津電力提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:国家電網天津電力/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019062625859

  •  四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用
    2019年06月01日
    四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用

    海抜3300メートルに建つ送電鉄塔を丁寧に巡回点検するドローン。(2019年6月1日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市ではこのところ、複数の小型無人機(ドローン)が頻繁に昇降し、高原に建つ送電鉄塔の周囲を旋回しながら飛び回る姿をよく見かける。中国国有送電大手、国家電網傘下の四川電力送変電建設・瀘定(ろてい)支部で送電線の保守と点検を行う巡回検査班の江宗武(こう・そうぶ)班長は「高所用のドローンを使い始めてから、巡回検査の作業効率が大幅に向上した」と語った。チベット族が多く居住する高原地域は自然環境が厳しく、山や川を越えての過酷な巡回検査で巡回員が高山病にかかることも頻繁だった。同社ではこうした難題に対応するため、2015年から専門メーカーと提携し、巡回検査専用の高性能ドローンを開発した。高容量電池を内蔵することで4キロ離れた距離からでも検査が可能で、通電部分の超微細画像を30メートル先からでも撮影できる30倍光学ズームカメラも搭載している。(カンゼ=新華社配信/国家電網四川省電力送変電建設有限公司提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:国家電網四川省電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625769

  •  四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用
    2019年06月06日
    四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用

    祝日の電力需要に対応するために送電鉄塔の保守点検を行う巡回チーム。(2019年6月6日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市ではこのところ、複数の小型無人機(ドローン)が頻繁に昇降し、高原に建つ送電鉄塔の周囲を旋回しながら飛び回る姿をよく見かける。中国国有送電大手、国家電網傘下の四川電力送変電建設・瀘定(ろてい)支部で送電線の保守と点検を行う巡回検査班の江宗武(こう・そうぶ)班長は「高所用のドローンを使い始めてから、巡回検査の作業効率が大幅に向上した」と語った。チベット族が多く居住する高原地域は自然環境が厳しく、山や川を越えての過酷な巡回検査で巡回員が高山病にかかることも頻繁だった。同社ではこうした難題に対応するため、2015年から専門メーカーと提携し、巡回検査専用の高性能ドローンを開発した。高容量電池を内蔵することで4キロ離れた距離からでも検査が可能で、通電部分の超微細画像を30メートル先からでも撮影できる30倍光学ズームカメラも搭載している。(カンゼ=新華社配信/国家電網四川省電力送変電建設有限公司提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:国家電網四川省電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625565

  •  四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用
    2019年06月06日
    四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用

    海抜4千メートル地区で雷放電地点を調べるドローン。(2019年6月6日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市ではこのところ、複数の小型無人機(ドローン)が頻繁に昇降し、高原に建つ送電鉄塔の周囲を旋回しながら飛び回る姿をよく見かける。中国国有送電大手、国家電網傘下の四川電力送変電建設・瀘定(ろてい)支部で送電線の保守と点検を行う巡回検査班の江宗武(こう・そうぶ)班長は「高所用のドローンを使い始めてから、巡回検査の作業効率が大幅に向上した」と語った。チベット族が多く居住する高原地域は自然環境が厳しく、山や川を越えての過酷な巡回検査で巡回員が高山病にかかることも頻繁だった。同社ではこうした難題に対応するため、2015年から専門メーカーと提携し、巡回検査専用の高性能ドローンを開発した。高容量電池を内蔵することで4キロ離れた距離からでも検査が可能で、通電部分の超微細画像を30メートル先からでも撮影できる30倍光学ズームカメラも搭載している。(カンゼ=新華社配信/国家電網四川省電力送変電建設有限公司提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:国家電網四川省電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625604

  •  【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る
    2019年06月24日
    【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る

    左:1969年、貴州省貴陽市烏当区で電線の点検修理をする技術者。(資料写真)右:6月24日、天津市武清区王慶坨鎮で「夏の電力消費ピークに備えた特別巡回」要請に基づき、魯固、錫泰、廊河の3本の特別高圧送電線が並列した場所で小型無人機(ドローン)による巡回検査を行い、送電の安全を確保する国家電網天津検修公司特別高圧送電検査室ドローン巡回検査班の作業員、司浩宇(し・こうう)さん。(天津=新華社記者/李然)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元(1元=約15円)の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2019(令和元)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708620

  •  中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市
    2019年06月27日
    中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市

    電力無線プライベートネットワークを使い、配電自動化システムにアクセスする配電設備。リアルタイムでネットワーク状態を確認するオペレーター。(6月27日撮影)中国の国有送電会社、国家電網南京供電公司は9日、1・8GHzの電力無線プライベートネットワークの運営を正式に開始し、設置した累計460の基地局によって南京地区は電力無線プライベートネットワークに完全にカバーされた。同ネットワークは大容量エネルギーノードの相互接続を通じて、ネットワーク末端のラストワンマイル問題を解決した。電力供給に問題が生じた場合の復旧時間も大幅に短縮される。(南京=新華社配信/杜懿)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202469

  •  中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市
    2019年07月03日
    中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市

    3日、国家電網南京供電公司が設置した基地局。中国の国有送電会社、国家電網南京供電公司は9日、1・8GHzの電力無線プライベートネットワークの運営を正式に開始し、設置した累計460の基地局によって南京地区は電力無線プライベートネットワークに完全にカバーされた。同ネットワークは大容量エネルギーノードの相互接続を通じて、ネットワーク末端のラストワンマイル問題を解決した。電力供給に問題が生じた場合の復旧時間も大幅に短縮される。(南京=新華社配信/杜懿)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202464

  •  中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市
    2019年07月05日
    中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市

    5日、供給電力容量調整情報の遠隔確認表示を実現した電力無線プライベートネットワーク。中国の国有送電会社、国家電網南京供電公司は9日、1・8GHzの電力無線プライベートネットワークの運営を正式に開始し、設置した累計460の基地局によって南京地区は電力無線プライベートネットワークに完全にカバーされた。同ネットワークは大容量エネルギーノードの相互接続を通じて、ネットワーク末端のラストワンマイル問題を解決した。電力供給に問題が生じた場合の復旧時間も大幅に短縮される。(南京=新華社配信/任俊宇)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202404

  •  中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市
    2019年07月05日
    中国国家電網、故障停電時間短縮へ「電力専用レーン」開設南京市

    5日、供給電力容量調整システムを使い、小規模消費者へのサービスのため、現場で電力条件を確認するスタッフ。中国の国有送電会社、国家電網南京供電公司は9日、1・8GHzの電力無線プライベートネットワークの運営を正式に開始し、設置した累計460の基地局によって南京地区は電力無線プライベートネットワークに完全にカバーされた。同ネットワークは大容量エネルギーノードの相互接続を通じて、ネットワーク末端のラストワンマイル問題を解決した。電力供給に問題が生じた場合の復旧時間も大幅に短縮される。(南京=新華社配信/任俊宇)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202405

  •  宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都
    2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」をリモートコントロールする研究者。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211158

  •  宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都
    2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    変電所出入口で身分証明書を確認するテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211153

  •  宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都
    2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    変電所の電源ボックスを開けるテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211177

  •  宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都
    2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    遮断器を閉めようとしているテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211180

  •  宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都
    2019年07月12日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    宇宙ロボットをベースに作られた、電力系統の点検・保修作業を行う人工知能(AI)リモートコントロールロボット「機甲戦士」。(7月12日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211152

  •  AI指揮官「小艾」が電力供給サービスを支援江蘇省揚州
    2019年07月15日
    AI指揮官「小艾」が電力供給サービスを支援江蘇省揚州

    15日、「小艾」を通じて情報を確認し、揚州市内の住宅団地にある変圧器に送電する電力作業員。中国国有送電大手、国家電網傘下の揚州供電公司(江蘇省)は15日、同社の電力供給サービス指揮センターで人工知能(AI)システム「小艾(シャオアイ)」の運用を開始した。「小艾」は電力供給サービスの「指揮官」に当たる業務を行い、内部の作業効率を上げると同時に、顧客の満足度を向上させる。「小艾」は音声認識やリアルタイム通信、画像認識、プロセス自動化などの機能を備えている。配電網の応急修理監督員に代わって配電網設備の異常を自動的に感知し、故障発見後に迅速に応急修理を指揮して、作業効率を向上させることができるという。(揚州=新華社記者/李博)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902712

  •  AI指揮官「小艾」が電力供給サービスを支援江蘇省揚州
    2019年07月15日
    AI指揮官「小艾」が電力供給サービスを支援江蘇省揚州

    15日、揚州供電公司の電力供給サービス指揮センターで音声で「小艾」を操作する職員。中国国有送電大手、国家電網傘下の揚州供電公司(江蘇省)は15日、同社の電力供給サービス指揮センターで人工知能(AI)システム「小艾(シャオアイ)」の運用を開始した。「小艾」は電力供給サービスの「指揮官」に当たる業務を行い、内部の作業効率を上げると同時に、顧客の満足度を向上させる。「小艾」は音声認識やリアルタイム通信、画像認識、プロセス自動化などの機能を備えている。配電網の応急修理監督員に代わって配電網設備の異常を自動的に感知し、故障発見後に迅速に応急修理を指揮して、作業効率を向上させることができるという。(揚州=新華社記者/李博)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902730

  •  AI指揮官「小艾」が電力供給サービスを支援江蘇省揚州
    2019年07月15日
    AI指揮官「小艾」が電力供給サービスを支援江蘇省揚州

    15日、「小艾」を通じて情報を確認し、揚州市内の住宅団地にある変圧器に送電する電力作業員。中国国有送電大手、国家電網傘下の揚州供電公司(江蘇省)は15日、同社の電力供給サービス指揮センターで人工知能(AI)システム「小艾(シャオアイ)」の運用を開始した。「小艾」は電力供給サービスの「指揮官」に当たる業務を行い、内部の作業効率を上げると同時に、顧客の満足度を向上させる。「小艾」は音声認識やリアルタイム通信、画像認識、プロセス自動化などの機能を備えている。配電網の応急修理監督員に代わって配電網設備の異常を自動的に感知し、故障発見後に迅速に応急修理を指揮して、作業効率を向上させることができるという。(揚州=新華社記者/李博)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902714

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.74
    2019年07月30日
    「新華社」国産小型民用ヘリが消火実験、初歩的運用能力を確認江西省

    中国航空工業集団傘下のヘリコプターメーカー昌河飛機工業はこのほど、江西省景徳鎮市で消防用に改造されたヘリの消火実験を国家電網通用航空と共同で実施した。実験に参加したAC311A型ヘリに取り付けられた消火システムは設計基準をクリアし、予期した効果を挙げた。実験場では木材を燃やし火災現場を再現。AC311A型ヘリの警察用原型機「直11WB」が空中消火用バケットを搭載し実験を実施した。実験機は3分以内に火元を消火し、実験は成功を収めた。ヘリに搭載された放水銃システムは国家電網通用航空が開発したもので、システムには消火剤を積載したバケットと消火剤噴射サブシステムが含まれる。実験の成功により同機が優れた初歩的消火能力を備えていることが明らかになった。(記者/彭菁)<映像内容>ヘリコプターの消火実験の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073100899

  •  「新華社」南日島の海風が生み出すクリーンエネルギー福建省
    02:55.85
    2019年08月14日
    「新華社」南日島の海風が生み出すクリーンエネルギー福建省

    中国福建省莆田(ほでん)市南部の興化(こうか)湾に位置する南日(なんにち)島は、福建省で3番目に大きい島で、面積は52平方キロメートル。約6万人が生活する島には豊富な風力資源がある。風力発電設備の平均稼働時間は4千時間に達し、発電容量は22万3600キロワットに上る。風力発電により作られた電気は、島内の海山変電所で110キロボルトの電圧に変換され、長さ10キロメートルの海底ケーブルを通って国内送電大手の国家電網の送電網に接続し、省内各地に送られる。福建省では現在、使用電力の半分をクリーンエネルギーで賄っている。(記者/林凱、宓盈婷)<映像内容>中国福建省の南日島の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081506112

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.39
    2019年08月14日
    「新華社」「疆電外送」の新エネルギー占有率が4割を超える

    中国国家電網公司新疆電力有限公司によると、中国の総合エネルギー基地の一つである新疆ウイグル自治区では今年上半期の「疆電外送(新疆の電力を他地域に送る)」の送電量が前年同期比16・76%増の285億6千万キロワット時に達した。うち新エネルギーの占有率が41%となり、ますます多くの「グリーン(環境配慮型)」電力が中国各地へと送られるようになった。同社によると、285億6千万キロワット時の内訳は①同自治区ハミ(哈密)市南部と河南省鄭州を結ぶプラスマイナス800キロボルト超高圧直流送電プロジェクトによる送電量が205億800万キロワット時②同自治区の750キロボルト級送電網を西北電網の送電網に接続した第一、第二ルートによる送電量が78億9800万キロワット時③今年に入って試験運用を開始した同自治区昌吉(しょうきつ)市と安徽省古泉(こせん)鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトによる送電量が1億5700万キロワット時だった。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>新疆ウイグル自治区の風景など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081506120

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...