KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 承認
  • 中国地質博物館
  • 分光学
  • 分析
  • 化学成分
  • 単結晶
  • 参加
  • 技術者
  • 標本

「国際鉱物学連合」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年01月13日
    (2)中国の研究チーム、安四面銅鉱の新鉱物を発見

    単結晶X線回析によってケノ亜鉛銀安四面銅鉱の分析を行う研究チーム。(2020年9月12日撮影)中国地質調査局天津地質調査センターは11日、同センターの曲凱(きょく・がい)氏率いる研究チームがこのほど発見、命名した新鉱物「Kenoargentotetrahedrite-(Zn)」(ケノ亜鉛銀安四面銅鉱)が国際鉱物学連合の新鉱物・命名・分類委員会で正式に承認されたと明らかにした。標本は現在、中国地質博物館に収められている。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006024

  • 2022年04月06日
    河南省で安四面銅鉱の新鉱物発見

    空鉄黝銀鉱のサンプル。(資料写真)中国河南省地質鉱産調査開発局は、同局が参加する研究チームが自然界の新たな鉱物を発見し「空鉄黝銀鉱」(英語名:Kenorozhdestvenskayaite-〈Fe〉)と命名し、国際鉱物学連合(IMA)新鉱物命名・分類委員会にこのほど承認されたと明らかにした。同局の技術者によると、「空鉄黝銀鉱」は河南省南陽市桐柏県銀洞坡金鉱で発見され、国際新鉱物の「河南籍」に属する9番目の鉱物となった。物理的性質や化学成分、結晶構造、分光学的特徴など、系統鉱物学の研究により、自然界でこれまで発見されていない安四面銅鉱(TetraHedrite)族の新しい鉱物だと確認した。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040607568

  • 1