KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 令和
  • 内地
  • 実相
  • 広島市
  • 被爆者
  • アピール
  • アーサー
  • ハンガリー
  • ポーランド

「国際非政府組織」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年07月31日
    被爆国際シンポ本会議開く

    被爆をテーマに広島で開かれた国際非政府組織(NGO)主催の「被爆の実相とその後遺・被爆者の実情に関する国際シンポジウム」。中央はあいさつするショーン・マクブライト国際準備委員長=1977(昭和52)年7月31日、広島市の広島医師会館(52年内地 5785)

    商品コード: 2014091700211

  • 1977年08月02日
    記者会見するブース議長 軍縮会議に向け成果

    国際非政府組織(NGO)主催の「被爆の実相とその後遺・被爆者の実情に関する国際シンポジウム」閉幕後、記者会見で語るアーサー・ブース議長(右)=1977(昭和52)年8月2日、広島市の広島グランドホテル(52年内地 5844)

    商品コード: 2014091700236

  • 1977年08月02日
    アピール、報告を採択し閉幕

    ノエルベーカー卿(中央)の「被爆者の実態調査と核兵器廃絶を訴えるアピール」で閉幕した国際非政府組織(NGO)主催の「被爆の実相とその後遺・被爆者の実情に関する国際シンポジウム」=1977(昭和52)年8月2日、広島市の広島医師会館(52年内地 5846)

    商品コード: 2014091700239

  • 1977年08月09日
    アーサー・ブース国際準備委議長 被爆問題シンポジウム長崎会議

    アーサー・ブース(国際準備委議長)。NGO(国際非政府組織)被爆問題シンポジウム長崎会議=1977(昭和52)年頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016020200483

  • 2001年08月15日
    ロゴマークが付いた文鎮 森林認証に高まる関心

    国際非政府組織「森林管理協議会」(FSC)のロゴマークが付けられた文鎮

    商品コード: 2001081500167

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月09日
    地雷モニター報告の表紙 対人地雷使用アジアに集中

    国際非政府組織、地雷禁止国際キャンペーンが発表した「2003年地雷モニター報告」の表紙

    商品コード: 2003090900201

  • 2008年05月27日
    スーザン・ムバヤさん

    アフリカ開発会議で支援を訴える国際非政府組織(NGO)「ワールド・ビジョン」のスーザン・ムバヤさん

    商品コード: 2008052700246

  • 2009年12月15日
    国際NGOの意見広告 鳩山、オバマ、世界を救え

    14日付英紙フィナンシャル・タイムズに掲載された、鳩山首相らの合成写真を用いた国際非政府組織(NGO)の意見広告(共同)

    商品コード: 2009121500032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年12月23日
    ジョージ・ジョセフ氏 能力生かす支援を

    インタビューに答えるスウェーデンの国際非政府組織「カリタス・スウェーデン」移民部長のジョージ・ジョセフ氏

    商品コード: 2010122300042

  • 2013年04月02日
    賛成を表明する外交官 武器条約共同提案国80超す

    1日、ニューヨークの国連本部で「武器貿易条約に賛成票を投じます」と書いた紙を掲げて国際非政府組織メンバーと写真に納まるチリの外交官(左)(共同)

    商品コード: 2013040200054

  • 2013年06月18日
    シリア問題でパフォーマンス G8首脳へ多彩なアピール

    17日、英国・北アイルランドのベルファストで、シリア問題解決を訴える国際非政府組織オックスファムのパフォーマンス(共同)

    商品コード: 2013061800043

  • 2019年12月18日
    Sudsudan - no weapons sign

    Gun prohibition signs in the windows of a motor vehicle in the South Sudanese capital of Juba, taken on December 18, 2019. International non-governmental organizations have often placed such signs on their vehicles in the East American country to draw attention to the widespread use of firearms in the crisis-ridden country. Photo: Matthias Toedt / dpa-Zentralbild / ZB / Picture Alliance | usage worldwide、クレジット:dpa-Zentralbild/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060200487

  • 2019年12月18日
    Sudsudan - no weapons sign

    English and Arabic language prohibition sign on a motor vehicle in the South Sudanese capital of Juba, taken on December 18, 2019. International non-governmental organizations have often placed such signs on their vehicles in the East African country to draw attention to the widespread use of firearms in the troubled country. Photo: Matthias Toedt / dpa-Zentralbild / ZB / Picture Alliance | usage worldwide、クレジット:dpa-Zentralbild/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060200568

  • 2020年11月17日
    「一帯一路」貧困削減・発展連盟、雲南省で設立

    17日、「一帯一路」貧困削減・発展連盟の設立式典。中国雲南省臨滄市で17日、中国やポーランド、ハンガリーなどの国・地域の14の科学研究機関・政府組織が共同で発起した「一帯一路」貧困削減・発展連盟(以下、連盟)が設立された。国際非政府組織の「一帯一路」国際科学組織連盟(ANSO)が設立を承認した。(臨滄=新華社配信/彭文昌)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008701

  • 2020年11月17日
    「一帯一路」貧困削減・発展連盟、雲南省で設立

    17日、「一帯一路」貧困削減・発展連盟の設立式典の会場。中国雲南省臨滄市で17日、中国やポーランド、ハンガリーなどの国・地域の14の科学研究機関・政府組織が共同で発起した「一帯一路」貧困削減・発展連盟(以下、連盟)が設立された。国際非政府組織の「一帯一路」国際科学組織連盟(ANSO)が設立を承認した。(臨滄=新華社配信/彭文昌)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008735

  • 02:40.79
    2022年07月06日
    元実験動物、島に〝幽閉〟 「命全うして」と飼育継続

    西アフリカ・リベリアの首都モンロビアに近い海辺の町マーシャルに、かつて米国の研究所の実験動物だったチンパンジーが暮らす島々がある。実験が廃れ、2006年までに研究所から移されて〝幽閉〟状態となった。「人間の都合で過酷な運命を強いられた。せめて平穏に命を全うしてほしい」。地元の人々は国際非政府組織(NGO)と共に飼育を続ける。<映像内容>えさやりや、チンパンジーの母子の様子、ドローン映像、ボートでのエサ搬送、研究施設跡、飼育当時の檻など、撮影日:2022(令和4)年7月6日、撮影場所:リベリア・モンロビア

    商品コード: 2022070709762

  • 1