KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ホテル
  • タッチペン
  • タブレット
  • デジタル化
  • デジタル技術
  • ホール
  • ライトアップ
  • ワクチン
  • 世界
  • 中国人

「圓山大飯店」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 02:01.11
    2019年02月15日
    「新華社」伝統と新技術融合台北市で「春聯」づくりイベント開催

    春節(旧正月)に縁起の良い対句「春聯」(しゅんれん)を書いて貼る。これは海峡両岸(中国の大陸と台湾)の中国人に共通の伝統だ。台湾の人々は春節の前後に、上は書法の名人から下は小学生に至るまで皆続々と筆をふるい、赤い春聯で新年を迎え、幸せの訪れを祝う。旧暦の大みそか、80人の書法名人が台北市にあるホテル、円山大飯店のホールに集まり、その場で墨を使って春聯を書いた。対聯(門の両側に貼る縦長の部分)や横批(対聯に配して門の上に貼る横書きの部分)に、めでたい言葉が墨で書かれた、赤い紙の春聯が春節ムードを盛り上げた。書道家の素晴らしい技法は、見学者も魅了した。このイベントは30年前から始まり、書法の普及と春節の伝統が組み合わさって、今では台湾で広く知られるようになり、春節の重要な文化イベントになっている。張会長は、春聯文化の歴史は古く、昔の大きな家の門には、両側の対聯に加え、横批がよく似合っていて、文字の美しさと文字に含まれる意味の美しさが存分に示されていたが、このような迎春の伝統的習慣は非常に優雅でおめでたいものだと説明した。かつては春聯を書くために、墨をすって、紙と筆を準備したが、今ではタブレットだけで十分だ。張会長は2000年代の初めから書法のデジタル化に取り組み、タッチペンで精緻な毛筆の効果を再現することに成功した。円山大飯店の「e筆」による春聯作成コーナーでは、高齢者から子どもまで、多くの来場者が実際にデジタル技術による春聯作成を体験した。張会長は、書法の普及には、それが実際の生活と関連していることが非常に重要で、春聯を書くために「e筆」を用いるのは、人々を漢字の芸術の世界へと誘う非常に良い方法だと説明した。(記者/林凱)<映像内容>台湾で「春聯」制作の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501706

  • 2021年06月11日
    「カンシャ」と特別点灯 当局号令で一気に8億回

    日本政府からのワクチン提供に対し「カンシャ」とライトアップして謝意を表明した台北市の有名ホテル「円山大飯店」=4日(中央通信社=共同)

    商品コード: 2021061105572

  • 2022年05月12日
    台北市の円山大飯店 最高級「総統別邸」を公開

    台北市のランドマーク円山大飯店=12日(共同)

    商品コード: 2022051207216

  • 2022年05月12日
    総統別邸の寝室 最高級「総統別邸」を公開

    円山大飯店が公開した2代目「総統別邸」の寝室=3月31日、台北(共同)

    商品コード: 2022051207211

  • 2022年05月12日
    円山大飯店の林育生会長 最高級「総統別邸」を公開

    台北市街を望む円山大飯店のレストランに座る林育生会長=3月31日(共同)

    商品コード: 2022051207212

  • 2022年05月12日
    円山大飯店のトンネル 最高級「総統別邸」を公開

    2021年から公開されている円山大飯店の東側トンネル=3月31日、台北(共同)

    商品コード: 2022051207221

  • 1