KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 土坑墓
  • 令和
  • 発掘調査
  • 発見
  • 実施
  • 皇帝
  • 歴史
  • 後期
  • 貴族
  • 銅器

「土坑」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
113
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
113
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  弥生住居跡に焼けた人骨
    1980年12月15日
    弥生住居跡に焼けた人骨

    焼けた人骨が発見された末光遺跡群の土坑(矢印)。末光遺跡群は、弥生時代中・後期の遺跡群発掘調査が行われている=1980(昭和55)年12月15日、広島市安佐北区

    商品コード: 2019112900895

  •  弥生住居跡に焼けた人骨
    1980年12月15日
    弥生住居跡に焼けた人骨

    末光遺跡群の土坑から発見された焼けた人骨。末光遺跡群は、弥生時代中・後期の遺跡群発掘調査が行われている=1980(昭和55)年12月15日、広島市安佐北区

    商品コード: 2019112900899

  • こま名が書かれた木簡 大宰府跡から木簡が出土
    1996年07月15日
    こま名が書かれた木簡 大宰府跡から木簡が出土

    大宰府条坊跡の土坑から出土した将棋のこま名が墨書された木簡=15日午後、福岡県太宰府市の文化ふれあい館

    商品コード: 1996071500071

  • 生活跡の焼土遺構 国内最古の生活跡を発見
    1997年10月27日
    生活跡の焼土遺構 国内最古の生活跡を発見

    種子島の立切(たちきり)遺跡の調理用かたき火の跡とみられる焼土遺構(左側)。右側の穴は貯蔵用とみられる土坑。四角い穴は建物の柱かくいなどの跡の柱穴=27日午後、鹿児島県中種子町

    商品コード: 1997102700069

  • 志風頭遺跡 大型土器、何に使った?
    1997年11月25日
    志風頭遺跡 大型土器、何に使った?

    縄文時代草創期では国内最大級の隆帯文土器が連穴土坑の中から見つかった志風頭(しかぜがしら)遺跡=鹿児島県加世田市内山田

    商品コード: 1997112500015

  • 生活跡の焼土遺構 旧石器、縄文で大ニュース
    1997年12月22日
    生活跡の焼土遺構 旧石器、縄文で大ニュース

    )の(イ)、社会451S、24日付朝刊以降使用厳守  種子島の立切(たちきり)遺跡の調理用かたき火の跡とみられる焼土遺構(左側)。右側の穴は貯蔵用とみられる土坑。四角い穴は建物の柱かくいなどの跡の柱穴=97(平成9)年10月、鹿児島県中種子町

    商品コード: 1997122200053

  • 配石遺構を伴った土坑墓 近畿にも大規模環状配石
    1998年02月24日
    配石遺構を伴った土坑墓 近畿にも大規模環状配石

    奈良県当麻町の竹内遺跡で見つかった配石遺構を伴った土坑墓(奈良県立橿原考古学研究所提供)

    商品コード: 1998022400104

  • 向出遺跡全景 西日本最大の縄文墓地
    1998年03月19日
    向出遺跡全景 西日本最大の縄文墓地

    縄文時代の土坑墓が200基以上見つかった向出遺跡=19日午後、大阪府阪南市で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1998031900140

  • 見つかった土坑墓 西日本最大の縄文墓地
    1998年03月19日
    見つかった土坑墓 西日本最大の縄文墓地

    向出遺跡から200基以上出土した土坑墓の一つ=大阪府阪南市

    商品コード: 1998031900141

  • 見つかった土坑墓 西日本最大級の縄文墓地
    1998年10月12日
    見つかった土坑墓 西日本最大級の縄文墓地

    大柳生ツクダ遺跡から見つかった西日本最大級の縄文後期の土坑墓=12日午前、奈良市大柳生町

    商品コード: 1998101200091

  • 打製石器の短剣 打製短剣着装のまま埋葬
    1999年07月29日
    打製石器の短剣 打製短剣着装のまま埋葬

    大阪府枚方市の招提中町遺跡の土坑墓から出土した打製石器の短剣=大阪府庁

    商品コード: 1999072900055

  • 照月台遺跡の土坑 2万5千年前の土坑発見
    1999年08月10日
    照月台遺跡の土坑 2万5千年前の土坑発見

    墓や貯蔵庫の可能性が指摘されている照月台遺跡の土坑=10日午後、長野県信濃町

    商品コード: 1999081000183

  • 出土した炭化米 熱帯ジャポニカと確認
    1999年09月08日
    出土した炭化米 熱帯ジャポニカと確認

    DNA分析で熱帯ジャポニカと確認されたものと同じ土坑から出土した炭化米=7日午後、高知県埋蔵文化財センター

    商品コード: 1999090800003

  • 板状の木製遺物と土坑墓 縄文時代初の木棺墓か
    1999年10月07日
    板状の木製遺物と土坑墓 縄文時代初の木棺墓か

    木棺墓の一部とみられる板状の木製遺物が見つかった三内丸山遺跡の土坑墓=7日午前、青森市三内丸山

    商品コード: 1999100700074

  • 鷲ノ木5遺跡 土坑群と竪穴住居跡が出土
    2004年07月01日
    鷲ノ木5遺跡 土坑群と竪穴住居跡が出土

    土坑群と竪穴住居跡が見つかった鷲ノ木5遺跡=5月25日、北海道森町

    商品コード: 2004070100197

  • 成人の人骨 縄文時代の人骨出土
    2011年11月15日
    成人の人骨 縄文時代の人骨出土

    五月女萢遺跡の土坑墓から出土した成人の人骨。腕(中央左)と脚(右端)を折り曲げた状態で埋葬されていた。左端は頭蓋骨=15日午後、青森県五所川原市

    商品コード: 2011111500196

  • 盛り土がされた墓 縄文期の墓に盛り土
    2012年10月12日
    盛り土がされた墓 縄文期の墓に盛り土

    人為的に盛り土されていたことが分かった五月女萢遺跡の土坑墓=12日、青森県五所川原市

    商品コード: 2012101200523

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年11月07日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった成人の土坑墓。(11月7日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019461

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年11月07日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した副葬品。(11月7日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019015

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年11月14日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した銅鉞(えつ)。(11月14日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019005

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年11月20日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した銅鉞と銅剣。(11月20日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019022

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年11月22日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で墳墓の整理をする発掘スタッフ。(11月22日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019469

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年11月23日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した紡輪(ぼうりん)と銅削刀(さくとう、かみそり)。(11月23日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019077

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年12月13日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった、幼児を埋葬した小型土坑墓。(12月13日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019034

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年12月13日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった甕棺墓。(12月13日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019052

  •  成都市で戦国時代の墳墓群見つかる
    2018年12月16日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地東区の全景。(12月16日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019452

  •  河南省辛店遺跡の鋳銅遺構、商代末期では発掘史上最大規模に
    2019年02月28日
    河南省辛店遺跡の鋳銅遺構、商代末期では発掘史上最大規模に

    辛店遺跡で見つかった材料の土を採取したとみられる大型土坑。(資料写真)中国河南省安陽市の辛店遺跡では、これまでの発掘調査で4千平方メートルの範囲から青銅の溶解、鋳造、研磨加工が一体となった鋳銅工房跡が複数見つかった。商(殷)代(紀元前17世紀~同11世紀)末期の大型青銅礼器や鋳銅用の型枠、原型も出土したことから、これまでに発見された商代末期の鋳銅遺構の中で最大の面積を持つことが考古学的に証明された。(安陽=新華社配信)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403106

  •  大連漢墓博物館を訪ねて
    2019年06月22日
    大連漢墓博物館を訪ねて

    22日、大連漢墓博物館に展示されている漢墓群出土の貝墓(土坑と棺の隙間に貝殻を詰めた墓)。中国遼寧省大連市甘井子(かんせいし)区の大連漢墓(かんぼ)博物館は、区内の営城子(えいじょうし)漢墓群遺跡の上に建てられた遺跡博物館で、同遺跡とそこで出土した文化財を中心に展示している。同館に展示された墓や出土文物は、大連地域における漢代の政治や経済、社会状況を十分に反映していることから、中国の両漢(前漢と後漢)時代の文化研究にとって歴史的な意義がある。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601574

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓内の牛頭形燭台。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706605

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の棺を置く台座「虎形棺座」。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706575

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓内の牛頭形燭台。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706599

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の外観。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706758

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の封門壁。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706565

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の外観。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706635

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の甬道の外観。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706564

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の入口部分。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706566

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の内部。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706634

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の内部。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706753

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区の上坊孫呉墓を保護するために建てられた建物。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706741

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の棺を置く台座「虎形棺座」。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706588

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の内部。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706662

  •  三国時代の上坊鎮孫墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊鎮孫墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の墓磚。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706675

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の前室天井部分と甬道。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706697

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の前室天井部分。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706620

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の排水溝。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706527

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区の上坊孫呉墓に立つ文化財保護指定の石碑。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706704

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の前室内部の天井部分。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706619

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の後室。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706737

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の外観。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706567

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の墓道と封門壁。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706710

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の墓磚。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706755

  •  三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市
    2019年07月06日
    三国時代の上坊孫呉墓を訪ねて江蘇省南京市

    6日、南京市江寧区にある上坊孫呉墓の前室天井部分頂部を覆う「覆頂石」の一部。中国江蘇省南京市江寧区の上坊鎮(現在の東山街道)で2005年12月22日、道路工事中に三国時代の呉の大型磚室墓が見つかった。南京市博物館が国家文物局の承認を受け実施した緊急発掘調査では、墓は竪穴土坑磚室(せんしつ)墓で、封土(盛り土)と墓穴、傾斜墓道、排水溝、磚室(レンガで築かれた墓室)などでからなることが分かった。磚室の奥行は20・16メートル、全幅10・71メートルで、墓室をふさぐ「封門壁」と石門、甬道(ようどう)、前室、過道、後室で構成されており、早い時期に深刻な盗掘を受けたものの、金器や銀器、銅器、鉄器、漆器、陶磁器などの文化財約170点と銅銭約600枚が出土した。特に青磁器の割合が高かった。同博物館の考古スタッフは、墓の形状や構造、出土品の特徴から墓が呉の後期のものだと推定。規模と格式は被葬者が高位の貴族または皇族であることを示していると説明する。著名考古学者の蒋賛初(しょう・さんしょ)南京大学教授は、規模と形状、構造から見て皇族墓、しかも最高位の皇族のものだと指摘し、呉の最後の皇帝、孫皓(そんこう)に関係する人物ではないかとの見方を示している。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706730

  •  「新華社」湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに
    01:58.99
    2019年08月14日
    「新華社」湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。曽の国とは「春秋左氏伝」などの文献で言うところの「随の国」で「一つの国に二つの名」がある。随の国は西周(紀元前1046年~紀元前771年)初期に周の天子が南方を鎮守するために封建した重要な邦国であり、その故地は現在の湖北省随州市にあり、西周初期から戦国時代(紀元前5世紀~紀元前221年)中期まで存続した。春秋時代の曽の国と周王朝、楚の国、その他諸侯国との関係やその文化的な由来を探るため、湖北省文物考古研究所は2018年10月から随州棗樹林墓地に対する主体的な探査と発掘調査を開始した。これまでに墓地からは土坑墓54基、馬坑3基が見つかっている。同研究所の郭長江(かく・ちょうこう)副研究員は次のように説明した。ここは春秋時代中期~末期の曽国公の墓地で、墓の形式は多くが長方形の竪穴土坑墓だ。墓は東西方向につくられ、配置は比較的厳密である。これまでに青銅器千点余りが出土しており、一部の青銅器には銘文があった。銘文では主に「曽公」「曽」「曽叔」「曽侯」「曽夫人」などの表記が使われていた。そのうち2組の墓は曽の国の君主レベルの夫婦合葬墓で、曽侯「宝」とその夫人「羋加」の墓(168、169号墓)および、曽公「求」とその夫人「漁」の墓(190、191号墓)。曽侯「宝」と夫人の並穴合葬墓は共に盗掘に遭っていたが、青銅の礼楽器が残っていた。特に夫人の墓には鈕鐘19点など重要な文化財が残されていた。曽公「求」と夫人の並穴合葬墓も盗掘されていたが「求」の墓には銅の礼器と完全な編鐘一式、夫人の墓には銅の礼器一式が残されていた。(記者/喩珮)<映像内容>曽の国の君主と夫人の合葬墓2基の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407274

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月01日
    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見

    新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった土坑墓。(2019年10月1日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705327

  •  「新華社」雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見
    00:36.53
    2020年08月11日
    「新華社」雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。発掘済みと発掘中の墓は現時点で計59基。墓の類型は長方形、円形、不規則形状の竪穴式土坑墓と石棺墓の4種類が確認された。墓坑は上下複数の層からなり、それぞれの層から遺体が見つかった。各層には一次葬として1、2体の遺体が安置され、その周囲に二次葬の遺骨が多数置かれていた。同省で発掘された古墓でこのような葬送習俗を持つものは初めてだという。墓坑の層は最も多いもので4層あり、一つの墓坑からは最大19個の頭骨が確認された。ほかにも陶罐(とうかん)や海貝の殻、小型の銅器などが出土した。発掘作業は現在も続けられている。(記者/字強、厳勇)<映像内容>雲南省麗江市の中学校の工事で古墓群が出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403456

  •  平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省
    2020年11月01日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓M6と金代墓M1の配置図。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511853

  •  国内初、玉虫装飾の馬具 国宝級、福岡・船原古墳
    01:46.97
    2020年11月13日
    国内初、玉虫装飾の馬具 国宝級、福岡・船原古墳

    福岡県古賀市は13日、同市の国史跡・船原古墳(6世紀末~7世紀初頭)近くの土坑から2013年に出土した馬具「杏葉」に玉虫の羽が用いられていたことが分かったと発表した。市によると、玉虫装飾の馬具はこれまで韓国・新羅時代でしか確認されておらず、国内では初めて。専門家は「朝鮮半島で作られた可能性があり、半島との交流を示す貴重な史料」と評価している。 <映像内容>説明の様子、雑観、出土した馬具と本物の玉虫の羽を使った復元したレプリカの馬具、福岡大の桃崎祐輔教授がマイクで話す様子など、撮影日:2020(令和2)年11月13日、撮影場所:福岡県古賀市

    商品コード: 2020111600477

  • 玉虫装飾の馬具と復元模型 国内初、玉虫装飾の馬具
    2020年11月13日
    玉虫装飾の馬具と復元模型 国内初、玉虫装飾の馬具

    福岡県古賀市の国史跡・船原古墳近くの土坑で出土した、玉虫装飾の馬具「杏葉」(手前。奥は復元模型)。同市によると、玉虫装飾の馬具はこれまで韓国・新羅時代でしか確認されておらず、国内では初めて=13日午後

    商品コード: 2020111307818

  • 馬具「杏葉」と復元模型 国内初、玉虫装飾の馬具
    2020年11月13日
    馬具「杏葉」と復元模型 国内初、玉虫装飾の馬具

    福岡県古賀市の国史跡・船原古墳近くの土坑で出土した、玉虫装飾の馬具「杏葉」(左。右は復元模型)。同市によると、玉虫装飾の馬具はこれまで韓国・新羅時代でしか確認されておらず、国内では初めて=13日午後

    商品コード: 2020111307820

  • 玉虫装飾の馬具 国内初、玉虫装飾の馬具
    2020年11月13日
    玉虫装飾の馬具 国内初、玉虫装飾の馬具

    福岡県古賀市の国史跡・船原古墳近くの土坑で出土した、玉虫装飾の馬具「杏葉」=13日午後

    商品コード: 2020111308628

  • 玉虫特有模様の馬具 国内初、玉虫装飾の馬具
    2020年11月13日
    玉虫特有模様の馬具 国内初、玉虫装飾の馬具

    福岡県古賀市の国史跡・船原古墳近くの土坑で出土した、玉虫装飾の馬具「杏葉」の一部分。玉虫特有の線や点などの模様が確認できる=13日午後

    商品コード: 2020111309184

  •  平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省
    2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    金代墓の擬木構造磚室(部分)。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511868

  •  平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省
    2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓から出土した三璜聯璧(さんこうれんぺき、玉璜を三つ連ねた宝物)。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511779

  •  平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省
    2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓での陶鼎と陶蓋豆の出土状況。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511800

  •  平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省
    2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    金代墓から出土した陶罐(水がめ)と陶魂瓶(副葬品)、陶牛、磁器碗。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511923

  •  平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省
    2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    発掘地点(手前)と平遥古城の俯瞰図。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511797

  •  平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省
    2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓から出土した陶鼎と陶蓋豆(とう、高坏の一種)、陶盤(大皿)、陶匜(い、水差し)、陶碗。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511941

  •  「新華社」冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市
    01:00.60
    2020年12月21日
    「新華社」冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市

    国重慶市文化遺産研究院と同市九竜坡区文物管理所からなる考古学調査隊はこのほど、九竜坡区の冬笋壩(とうじゅんは)遺跡の段階的な発掘作業を完了した。遺跡からは墓葬が集中的に分布するエリアが見つかり、幾つかの代表性のある墓を発掘した。中でも「船棺」と呼ばれる船形のひつぎを用いた墓が1957年以降で初めて集中的に出土した。発掘エリアでは墓28基とれんが窯1カ所が出土した。主な遺構は戦国時代後期から前漢時代初期の巴文化の墓葬となる。これまでに船棺墓4基、長方形土坑墓11基、正方形土坑墓1基、塼室墓(せんしつぼ、れんが造りの墓)1基の発掘を終えており、銅器や土器、陶器、ガラス器、鉄器などの遺物200点余りが出土した。(記者/呉竜) =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122203548

  • 土坑 白村江後の「のろし台」か
    2021年01月20日
    土坑 白村江後の「のろし台」か

    「のろし台」だった可能性がある土坑=2020年12月、奈良県高取町

    商品コード: 2021012006737

  •  「新華社」遵義市で発見の大型墓群、元・明期のものと確認貴州省
    00:58.50
    2021年02月16日
    「新華社」遵義市で発見の大型墓群、元・明期のものと確認貴州省

    中国貴州省遵義市新蒲新区蝦子鎮で2020年7月に発見された大型墓群は、半年以上の発掘研究の結果、大半が元・明時代のものと確認された。考古スタッフは22基の墓を発掘し、それぞれM1~M22と命名。21基は石室墓、1基は竪穴土坑墓だった。石室墓はさらに竪穴石室墓と横穴石室墓、改葬墓の3種類に分類された。石室墓は、不規則な石板と大量の石灰を組み合わせて築かれ、墓門もなく形状が石棺墓に似ているものが一部で見られたほか、多くの石板を積み上げた比較的複雑な構造を持ち、藻井(そうせい、装飾天井)などの特殊構造を持つものもあった。墓室は長い年月を経ているため損傷が激しく、一部の墓室からのみ人骨と数点の遺物が出土した。うちM1号墓の墓室は同墓異穴式の夫妻双室合葬墓で、体系的な構造を持ち、墓門や棺床、排水溝、壁龕(へきがん)、藻井などが設けられていた。石壁には、花弁文と纏枝文(てんしもん、唐草文)が上下互い違いに施されていた。墓室の状況から被葬者は当時の富裕層か貴族で、高い身分の人物であったと推察されるが、墓室は二つとも盗掘によりひどく損傷しており、人骨もなく出土品も棺釘2本だけだったことから、身元を特定することはできなかった。貴州省文物考古研究所の考古スタッフ、李奎(り・けい)氏によると、22基の墓のうち藻井を持つのはM1、M6、M9号墓だという。M1号墓の形状は、藻井や案など貴州省北部の宋代墓の特徴の一部を備えているが、宋代墓に比べて簡略化されており、また明代の墓ほど単純化されていないため、両者の過渡期に当たる元代か元末明初のものと推測される。M9号墓は比較的簡略に造られ、藻井構造のみが残されている。M6号墓は藻井のある墓とない墓を含み、藻井のない墓は藻井を持つ墓よりも後に築かれた過渡期の墓に属する。これらの変遷状況から、M9とM6号墓の年代は明代初期と推測される。藻井を持つ3基以外は、6枚の石板からなる単純な石室墓で、墓室の数は単室、双室、三室、五室があり、大きさは大小さまざまで、形状も多様だが、年代はいずれも明代に属するという。(記者/劉智強) =配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700105

  •  「新華社」安福県で前漢高位者の墓を発見江西省
    00:53.29
    2021年03月09日
    「新華社」安福県で前漢高位者の墓を発見江西省

    中国江西省安福県でこのほど、前漢時代の高位者の墓が見つかり、土器や陶器、漆器、金銀銅器、ガラス器などが出土した。専門家は被葬者の身分について、列侯(漢代の爵位の一つで諸侯王に次ぐ)クラスで、前漢の安平侯と関わりがあると推測する。墓は同県北西部の起鳳山にある。2019年8月に道路の建設工事中に発見され、同10月に江西省文物考古研究院の発掘チームが緊急発掘調査を開始した。墓の構造は「甲」字型の竪穴土坑木棺墓で、封土と墓道、墓坑、棺室からなる。出土した漆器片からは精密な技巧と精美な文様が見てとれ、形状の分かるものでは耳杯や漆盤などがあった。一部の器物では銘文も確認できた。専門家は、同墓が前漢高位者墓の葬送習俗や構造・配置を研究する上での尺度になると指摘。前漢の安成侯と安平侯の管轄地域を探る重要な手がかりにもなると述べた。(記者/劉彬) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030907627

  •  「新華社」良渚古城遺跡公園、5千年前の大型木製部材を初公開浙江省杭州市
    01:08.80
    2021年07月12日
    「新華社」良渚古城遺跡公園、5千年前の大型木製部材を初公開浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市では、新石器時代後期の良渚(りょうしょ)文化に関するイベント、第2回杭州良渚の日・良渚文化週間が6~12日の日程で開かれている。良渚古城遺跡公園は無料予約入園などの優遇措置を実施するほか、市民テーマ体験など10以上のイベントを開催する。8日には、宮殿大型木製部材の復元展示エリアが公開された。良渚時代の木製部材のレプリカ6本が横たわる土坑は今後、同公園の常設見学スポットとなる。浙江省文物考古研究所は2015年冬、鍾家港古河道の堆積調査のため、河道南部で発掘を実施。長さの異なる神秘的な大型木製部材を17年春までに相次ぎ発見した。うち、比較的大きな3本は「大木作」と呼ばれ、最長の部材は17・2メートルに上る。専門家はこれらの部材について、非常に大きな建築物に用いられ、水路で同地に運ばれたと推測。将来的には、部材の長さや形状に基づき良渚時代の宮殿建築の復元も可能との見方を示した。展示エリアに置かれた大型木製部材は、17年に出土した原物を3Dスキャンし、デジタルモデルを用いて原寸大で正確に復元している。部材の位置関係や外観も発掘時とほぼ同じだという。(記者/馮源、宋立峰) =配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302566

  •  「新華社」戦国時代中期の越国王族墓を発見江西省
    00:47.96
    2021年12月27日
    「新華社」戦国時代中期の越国王族墓を発見江西省

    中国江西省樟樹市で25日開かれた同市国字山墓葬の考古学発掘成果専門家論証会で、同墓葬が戦国時代中期の越国の王族墓である可能性が指摘された。2017年に開始された発掘調査では器物2600点余りが出土しており、うち2点の戈(か、古代の長柄武器)に、それぞれの持ち主を春秋時代後期の越王で中原の覇者になった句践(こうせん)の玄孫(やしゃご)、翳(えい)とその子とする銘文があったことから、専門家は句践の末裔の墓の可能性が極めて高いと推測する。同墓の発掘は、越国と越文化に関する新たな考古学的進展であり、越国史の研究にとって重要な学術的意義を持つという。同墓は、東周時代の大型都市遺跡、築衛城址の西約300メートルにある小山の頂上にある。東西方向に傾斜墓道を持つ「中」字型の竪穴式土坑墓で、墓室面積は約230平方メートル。槨室(かくしつ、内部にひつぎを納める構造物)は枕木、底板、側板、支柱、ふた板からなり、すべてタブノキ(クスノキ科)が使われていた。ふた板は幾層にも重ねたスギの皮で覆われていた。内部は25の小部屋に分かれており、木棺7基が見つかった。中央の船形独木棺が主棺で、残りは陪葬者のひつぎと見られる。墓は早い時期に盗掘や破壊を受けていたが、2600点余りの器物が出土した。漆塗りの木器が中心で、ほかには金属器や陶器、玉石器などがあり、礼器や楽器、武器、車馬器、日常用具など用途は多岐にわたっている。全長2・3メートルの箏(そう)も出土した。春秋戦国時代の墓からの出土品としては最も長いという。武器は戈や戟(げき)、剣、鏃(やじり)、漆塗りの木盾などがあり、中でも漆塗りの盾は30点余り見つかった。出土した青銅鳩杖跪座人形鐓(きゅうじょうきざじんけいとん、鐓は矛ややりの柄の下に付ける金具)は、長江下流の呉越文化圏特有の器物だという。(記者/袁慧晶) =配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122700916

  •  (3)唐代の庶民墓3基を発見山西省朔州市
    2022年04月12日
    (3)唐代の庶民墓3基を発見山西省朔州市

    長方形竪穴式土坑墓から出土した器物の図。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、同省朔州市後寨村の後寨墓地で唐代の庶民墓3基を発掘したと発表した。今回の発掘は、唐代朔州地区の葬儀風習の研究に新たな実物資料をもたらした。(太原=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041207312

  • 教会近くの土坑 「この世の終わり」覚悟
    2022年04月13日
    教会近くの土坑 「この世の終わり」覚悟

    ウクライナの首都キーウ近郊ブチャにある教会の空き地に掘られた遺体を埋葬するための土坑=12日(共同)

    商品コード: 2022041305746

  •  (2)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に
    2022年11月25日
    (2)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に

    戦国後期の楚墓で出土した銅戈。(資料写真)中国湖南省文物考古研究院はこのほど、発掘チームが7~11月に同省永州市藍山県塔峰鎮五里坪村の五里坪古墓群で新たに古墓43基の緊急発掘調査を実施し、土器や陶器、銅器、鉄器、銀器などの遺物270点(組)余りが出土したと発表した。墓の内訳は磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)が13基、土坑墓が30基だった。同研究院藍山五里坪考古プロジェクトの責任者、陳斌(ちん・ひん)氏によると、五里坪古墓群は漢から晋にかけての墓を中心とする大型古墓群で、2012~21年に実施された緊急発掘で古墓527基が発見された。年代は前漢初期から宋代にわたる。今回の発掘調査の最大の成果は、新たに戦国時代後期の墓6基が見つかったことで、藍山県で同時期の楚墓(春秋戦国時代の楚国の人の墓)が発見されたのは初めてだという。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112506744

  •  (3)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に
    2022年11月25日
    (3)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に

    戦国後期の楚墓で出土した鼎(かなえ)、敦(たい)、壺。(資料写真)中国湖南省文物考古研究院はこのほど、発掘チームが7~11月に同省永州市藍山県塔峰鎮五里坪村の五里坪古墓群で新たに古墓43基の緊急発掘調査を実施し、土器や陶器、銅器、鉄器、銀器などの遺物270点(組)余りが出土したと発表した。墓の内訳は磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)が13基、土坑墓が30基だった。同研究院藍山五里坪考古プロジェクトの責任者、陳斌(ちん・ひん)氏によると、五里坪古墓群は漢から晋にかけての墓を中心とする大型古墓群で、2012~21年に実施された緊急発掘で古墓527基が発見された。年代は前漢初期から宋代にわたる。今回の発掘調査の最大の成果は、新たに戦国時代後期の墓6基が見つかったことで、藍山県で同時期の楚墓(春秋戦国時代の楚国の人の墓)が発見されたのは初めてだという。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112506753

  •  (4)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に
    2022年11月25日
    (4)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に

    戦国後期の楚墓で出土した米字文陶罐(とうかん)。(資料写真)中国湖南省文物考古研究院はこのほど、発掘チームが7~11月に同省永州市藍山県塔峰鎮五里坪村の五里坪古墓群で新たに古墓43基の緊急発掘調査を実施し、土器や陶器、銅器、鉄器、銀器などの遺物270点(組)余りが出土したと発表した。墓の内訳は磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)が13基、土坑墓が30基だった。同研究院藍山五里坪考古プロジェクトの責任者、陳斌(ちん・ひん)氏によると、五里坪古墓群は漢から晋にかけての墓を中心とする大型古墓群で、2012~21年に実施された緊急発掘で古墓527基が発見された。年代は前漢初期から宋代にわたる。今回の発掘調査の最大の成果は、新たに戦国時代後期の墓6基が見つかったことで、藍山県で同時期の楚墓(春秋戦国時代の楚国の人の墓)が発見されたのは初めてだという。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112506756

  •  (5)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に
    2022年11月25日
    (5)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に

    五里坪古墓群で新たに発見された戦国後期の楚墓。(資料写真)中国湖南省文物考古研究院はこのほど、発掘チームが7~11月に同省永州市藍山県塔峰鎮五里坪村の五里坪古墓群で新たに古墓43基の緊急発掘調査を実施し、土器や陶器、銅器、鉄器、銀器などの遺物270点(組)余りが出土したと発表した。墓の内訳は磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)が13基、土坑墓が30基だった。同研究院藍山五里坪考古プロジェクトの責任者、陳斌(ちん・ひん)氏によると、五里坪古墓群は漢から晋にかけての墓を中心とする大型古墓群で、2012~21年に実施された緊急発掘で古墓527基が発見された。年代は前漢初期から宋代にわたる。今回の発掘調査の最大の成果は、新たに戦国時代後期の墓6基が見つかったことで、藍山県で同時期の楚墓(春秋戦国時代の楚国の人の墓)が発見されたのは初めてだという。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112506754

  •  (1)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に
    2022年11月25日
    (1)湖南省で戦国後期の墓6基を発見楚人の南方進出の証拠に

    戦国後期の楚墓で見つかった壁龕(へきがん)。入り口は長方形で、内部は楕円形に近い。(資料写真)中国湖南省文物考古研究院はこのほど、発掘チームが7~11月に同省永州市藍山県塔峰鎮五里坪村の五里坪古墓群で新たに古墓43基の緊急発掘調査を実施し、土器や陶器、銅器、鉄器、銀器などの遺物270点(組)余りが出土したと発表した。墓の内訳は磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)が13基、土坑墓が30基だった。同研究院藍山五里坪考古プロジェクトの責任者、陳斌(ちん・ひん)氏によると、五里坪古墓群は漢から晋にかけての墓を中心とする大型古墓群で、2012~21年に実施された緊急発掘で古墓527基が発見された。年代は前漢初期から宋代にわたる。今回の発掘調査の最大の成果は、新たに戦国時代後期の墓6基が見つかったことで、藍山県で同時期の楚墓(春秋戦国時代の楚国の人の墓)が発見されたのは初めてだという。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112506799

  •  (9)湖南省で後漢~明代の墓14基を発見埋葬習慣研究の新資料に
    2022年12月19日
    (9)湖南省で後漢~明代の墓14基を発見埋葬習慣研究の新資料に

    後漢時代の土坑墓「M6墓」の埋め土で確認された砂層。(10月17日撮影)中国湖南省文物考古研究院は、同省郴州(ちんしゅう)市安仁県の苗竹山古墓群で9月から実施していた発掘調査で、後漢時代から明代の墓14基を発掘し、土器や陶器、鉄器、銅器などの遺物150点(組)余りが出土したと発表した。考古学者によると、墓の形状、墓磚(ぼせん、磚はれんがの意)の装飾文様、出土遺物の特徴・組み合わせと、既に公表されている周辺地域の考古学資料を比較した結果、14基の墓は後漢中・後期が11基、六朝時代が1基、宋代が1基、明代が1基と判明した。(安仁=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121912586

  •  (7)湖南省で後漢~明代の墓14基を発見埋葬習慣研究の新資料に
    2022年12月19日
    (7)湖南省で後漢~明代の墓14基を発見埋葬習慣研究の新資料に

    後漢時代の土坑墓「M5墓」から出土した土器。(11月10日撮影)中国湖南省文物考古研究院は、同省郴州(ちんしゅう)市安仁県の苗竹山古墓群で9月から実施していた発掘調査で、後漢時代から明代の墓14基を発掘し、土器や陶器、鉄器、銅器などの遺物150点(組)余りが出土したと発表した。考古学者によると、墓の形状、墓磚(ぼせん、磚はれんがの意)の装飾文様、出土遺物の特徴・組み合わせと、既に公表されている周辺地域の考古学資料を比較した結果、14基の墓は後漢中・後期が11基、六朝時代が1基、宋代が1基、明代が1基と判明した。(安仁=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121912558

  •  (3)湖南省で後漢~明代の墓14基を発見埋葬習慣研究の新資料に
    2022年12月19日
    (3)湖南省で後漢~明代の墓14基を発見埋葬習慣研究の新資料に

    後漢時代の土坑墓「M5墓」。(資料写真)中国湖南省文物考古研究院は、同省郴州(ちんしゅう)市安仁県の苗竹山古墓群で9月から実施していた発掘調査で、後漢時代から明代の墓14基を発掘し、土器や陶器、鉄器、銅器などの遺物150点(組)余りが出土したと発表した。考古学者によると、墓の形状、墓磚(ぼせん、磚はれんがの意)の装飾文様、出土遺物の特徴・組み合わせと、既に公表されている周辺地域の考古学資料を比較した結果、14基の墓は後漢中・後期が11基、六朝時代が1基、宋代が1基、明代が1基と判明した。(安仁=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121911770

  •  「新華社」石峁遺跡で高位者墓地を発見陝西省
    01:22.76
    2023年01月16日
    「新華社」石峁遺跡で高位者墓地を発見陝西省

    中国陝西省文物局が12日に開いた2022年の同省重要発掘成果に関する発表会で、神木市にある新石器時代後期から夏王朝初期にかけての都市遺跡、石峁(シーマオ)遺跡の重要発見が報告された。遺跡中心エリア「皇城台」の頂部西側で約4千年前の竪穴土坑墓15基と多数の石垣を発見した。15基の墓は南北のエリアに分かれ、南エリアの方がより格式が高かった。平面は角の丸い長方形で、墓室の面積はほとんどが10平方メートル以上あり、深さは3・5~4メートルだった。多くの墓でほぞ接ぎされた木製ひつぎが用いられていたが、すでに朽ちていた。また、ほとんどの墓で殉葬者が確認された。盗掘を受けたため埋葬方式は不明で、壁龕(へきがん、壁面に設けられたくぼみ)の器物も多くが盗まれていたが、盗掘を免れた壁龕からは、赤絵が施された土器一式が見つかった。一部の墓のひつぎや盗掘坑からは少数の玉器とその破片が発見され、識別できたものには玉鉞(ぎょくえつ、まさかり形玉器)や玉鑿(ぎょくせつ、のみ形玉器)、玉環(ぎょくかん、玉の輪)などがあった。同研究院の邵晶(しょう・しょう)研究館員は、高位者墓の発見により石峁社会の文明化の度合いがより明らかになったと指摘。石峁が初期国家の形態に入っていたことを示す重要な実物証拠であり、中国文明のルーツを探る国家事業「中華文明探源プロジェクト」におけるここ数年の重要成果だと語った。(記者/楊一苗、孫正好、張博文) =配信日: 2023(令和5)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023011605855

  •  「新華社」中国国家文物局、雲南省古城村遺跡の発掘成果を発表
    00:49.74
    2023年02月17日
    「新華社」中国国家文物局、雲南省古城村遺跡の発掘成果を発表

    中国国家文物局は15日に開いた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、五つの遺跡の発掘成果を発表した。その中には雲南省昆明市晋寧区の古城村遺跡も含まれている。同遺跡は、雲南省にかつて存在した滇(てん)国の文化圏の中核地域で初めて発見された商(殷)周時代の環濠(かんごう)集落で、滇文化の起源を探る重要な手がかりになる。遺跡は晋寧区晋城鎮古城村にあり、滇池の東南岸に位置する。雲南省文物考古研究所が2020年、インフラ整備に伴う考古学調査で発見し、2021年から同研究所が晋寧区の関連部門と合同で学術発掘調査を実施していた。各種遺構千カ所余りを発見し、青銅器や土器、陶器、玉器、石器、骨器、木器など4千件余りが出土した。古城村遺跡調査チームのリーダー、雲南省文物考古研究所の周然朝(しゅう・ぜんちょう)副研究館員によると、遺跡は商周時代の大型の湖畔貝塚遺跡で、面積は約4万2千平方メートル。現存する貝塚の堆積は最も厚い箇所で6・5メートルに上る。尾部を割られた大量のタニシの殻と灰土層が交互に積み重なっていた。放射性炭素年代測定による遺跡の年代は3600年~2500年前で、中原地区の商代から両周(西周と東周)時代に相当する。商代の遺構は前期と後期に分けられ、前期遺構では中心台地と外周環濠、保護斜面からなる楕円形の環濠集落が見つかった。中心台地の面積は約2万7千平方メートルで、環濠と斜面の長さは約600メートル。集落の構造は両周時代まで維持されたとみられる。後期遺構では土坑墓と甕棺葬(かめかんそう)を発見した。両周時代の遺構は住居跡や貝殻の堆積、灰、人の活動痕跡など居住関連が中心で、住居跡は多くが方形の竪穴式だった。専門家は、遺跡は滇文化以前の考古学的文化を代表しており、滇文化の起源を探る重要な手がかりになると指摘。雲南地区の商周時代の考古文化体系を構築し、滇文化出現前の滇池地区の集落形態や生活様式、族群構成、環境変化など重要な問題を研究する上で重要な材料になるとの見方を示した。(記者/何春好) =配信日: 2023(令和5)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021714828

  •  「新華社」三門峡市の古墓群から戦国期の編鐘が初めて出土河南省
    01:24.00
    2023年03月10日
    「新華社」三門峡市の古墓群から戦国期の編鐘が初めて出土河南省

    中国河南省鄭州市で8日、2022年河南省考古学新発見フォーラムが開かれ、同省三門峡市の陝州城墓地遺跡で実施された古墓570基の発掘調査で、青銅製の古代中国の楽器、編鐘(へんしょう)が計3組出土したことが明らかとなった。同市の成立以来、戦国時代の編鐘が発見されたのは初めて。古墓群の発見は、東周時代の墓地の配置と社会や政治の変化を研究する上で充実した考古学的資料となり、春秋から戦国への過渡期の考古学的な文化研究にとっても豊富な実物資料が提供されたことになる。同墓地遺跡は河南省三門峡市の西部に位置し、同市考古研究所が2021年9月から22年9月にかけて発掘調査を実施した。調査では、春秋戦国、前漢後漢、唐、明・清代などの墓計570基を発掘し、副葬品3千点余りが出土した。うち春秋戦国時代の墓は228基あった。同市文物考古研究所の専門職員、燕飛(えん・ひ)氏は「春秋戦国時代の墓は密集して配置され、規則正しく並んでおり、例外はほとんどない。墓の様式は長方形の竪穴土坑墓が中心で、夫婦併穴合葬墓が多く、職人の墓や西北地区に居住し戎(じゅう)と呼ばれた少数民族の墓なども少数含まれていた。大多数の墓には副葬品が埋葬され、その多くはひつぎの中またはひつぎと椁(かく、ひつぎを納める外箱)の間に納められていた」と説明した。燕氏によると、初期の研究では春秋戦国時代の墓から出土した器物のほとんどは、銅の鼎や豆(とう、盛食器)、壺、盤(たらい)、匜(い、水差し)、舟(酒器)、陶鬲(とうれき)などの組み合わせからなり、東周の三晋(韓・魏・趙)文化の様式に沿っていることから、この墓地は戦国時代初期の魏国の公共墓地の可能性があるとみている。うちM379号墓は「四鼎墓」(最高の格式は九鼎)の貴族墓で、今回発見された中で最大。戦国時代の青銅編鐘1組9点と石編磬(へんけい、石板型の打楽器)1組10点を含む副葬品計96点(組)が出土した。同墓地群では戎人の墓も発見され、その副葬品からは中原文化への同化傾向が見て取れる。燕氏は「三門峡地域は東西を結ぶ大動脈であるとともに、北方地域と中原地域の重要な交流ルートでもあった。戎人の墓には独自の文化から中原文化へ同化する過程がはっきりと認められ、中国文明の形成過程における民族の融合と発展を探る上で重要な価値がある」と語った。(記者/李安) =配信日: 2023(令和5)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イ...

    商品コード: 2023031010362

  •  (5)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (5)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓と祭壇。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙涌郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206499

  •  (8)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (8)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206534

  •  (7)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (7)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓前にある文化財標識の石碑。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206504

  •  (13)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (13)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    中山市南区沙涌村の「宋帝遺跡」牌坊(はいぼう)。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206527

  •  (1)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (1)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    珠海市斗門区小赤坎新村付近にある大赤坎村。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(広東省江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206483

  •  (3)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (3)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓周辺の様子。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206485

  •  (6)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (6)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓前の道路。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206503

  •  (4)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (4)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206486

  •  (11)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (11)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    「宋工部待(侍)郎配享大忠諱南宝馬公之墓」の碑刻。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206528

  •  (12)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (12)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    中山市南区沙涌村にある馬南宝像。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206529

  •  (2)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (2)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    黄楊山金台寺の牌坊(はいぼう)。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206484

  •  (10)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (10)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓周辺の様子。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206525

  •  (9)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市
    2023年05月22日
    (9)南宋末期の忠臣、馬南宝の墓を訪ねて広東省珠海市

    馬南宝墓周辺の様子。(2月8日撮影)中国広東省珠海市斗門区の黄楊山麓に位置する小赤坎新村鰲魚岡に、南宋末期の忠臣、馬南宝(ば・なんほう、1244~1280年)の墓がある。元初に土坑墓が造られ、清の道光元年(1821年)に墓碑が建てられたが、1980年代に荒廃し、87年に子孫が再建した。墓は北面し、敷地面積は約100平方メートル。馬南宝の原籍は開封府汴梁(べんりょう、現在の河南省開封市)で、香山県沙湧郷(現在の広東省中山市内)の裕福な官僚一族だった。祖先は宋が金に汴梁を奪われ、南の臨安(浙江省杭州市)に移ると、広東南部の新会(江門市新会区)の知事になったことから一家を挙げて新会に定住。その後、南宝の曽祖父の代に香山・沙涌に移り住んだ。宋は臨安を元軍に落とされると、さらに南へ逃れた。景炎2(1277)年に端宗皇帝が追撃を避けるため潮州(広東省潮州市)から海に出て香山の境界に差しかかると、馬南宝は兵糧千石を献上。端宗は勅書を発して南宝を権工部侍郎に任命し、その家を行宮(あんぐう、仮御所)とした。祥興2(1279)年の厓山(がいざん)の戦いで宋が滅びた後も元軍への対抗を続けたが、至元22(1285)年に元に帰順した味方を討伐する戦いで敗れて捕らわれ、国に殉じた。遺骸は同地に葬られた。明清両時代ではその忠義が称賛され、郷賢として祭祀(さいし)が行われた。世間からは文天祥(ぶん・てんしょう)、張世傑(ちょう・せいけつ)、陸秀夫(りく・しゅうふ)と共に「宋末四忠」と称された。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052206526

  •  (3)漢代~民国期の墓168基を発掘山東省済南市
    2024年02月26日
    (3)漢代~民国期の墓168基を発掘山東省済南市

    済南軌道交通8号線繡源河車両基地の墓地発掘作業で出土した前漢の土坑墓。(2023年10月31日撮影)中国山東省の済南市考古研究院が同市章丘区の済南軌道交通8号線繡源河車両基地の建設に合わせて実施していた墓地の発掘作業がこのほど、完了し、漢代から中華民国期の墓168基が出土した。墓は清代が中心で、次いで漢代が多く、唐、宋、元、明各時代の墓も少数あった。(済南=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024022606971

  • 1
  • 2