KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 人々
  • 伝統
  • 保護
  • 収入
  • 古風
  • 図柄
  • 工程
  • 従業員
  • 歴史

「土橋鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:55.64
    2021年06月17日
    「新華社」農村の耕地整備で村民の増収を後押し重慶市銅梁区

    中国重慶市銅梁区安居鎮楊楽村の青果産業拠点ではこのところ、ナシの木の間に植えられたピーマンが次々と実っており、村に残った中高年の村民が畑を訪れ、除草や生育状況の確認、収穫準備を行っている。同拠点は5カ月前まで荒れ果てた耕作放棄地で、一面が雑草に覆われていた。楊楽村は今年1月、こうした土地の整備・改良を開始するとともに、農業企業を誘致した。整備・改良された土地は、経済性の高い果樹林開発や、水稲などの食糧栽培が可能になった。同区の土橋鎮高埡(こうお)村では、今年新たに開発した700ムー(約46・7ヘクタール)の良質な水稲が生長期に入った。昨年は800ムー(約53・3ヘクタール)の耕作放棄地の整備が完了し、水稲の栽培・加工により村民全員に7万元(1元=約17円)以上の分配金がもたらされた。(記者/李愛斌) =配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704219

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月14日
    (1)手織りじゅうたんで収入増を後押し甘粛省臨夏回族自治州

    11日、臨夏回族自治州臨夏県土橋鎮にある手織りじゅうたんの生産企業で働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州は手織りじゅうたんの産地として長い歴史を持つ。手織りじゅうたんは10以上の工程を経て仕上げられ、しなやかな風合いと古風で上品な図柄を特長とする。同自治州ではここ数年、地元政府の関連部門と企業がじゅうたん産業の発展に積極的に取り組み、伝統の保護と製品の多様化を進めてきた。出稼ぎ労働者の妻らが自宅付近で働けるようにしたことで、地元の人々に収入増をもたらしている。(臨夏=新華社配信/史有東)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404873

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月14日
    (5)手織りじゅうたんで収入増を後押し甘粛省臨夏回族自治州

    11日、臨夏回族自治州臨夏県土橋鎮にある手織りじゅうたんの生産企業で、レトロな図案を確認する従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州は手織りじゅうたんの産地として長い歴史を持つ。手織りじゅうたんは10以上の工程を経て仕上げられ、しなやかな風合いと古風で上品な図柄を特長とする。同自治州ではここ数年、地元政府の関連部門と企業がじゅうたん産業の発展に積極的に取り組み、伝統の保護と製品の多様化を進めてきた。出稼ぎ労働者の妻らが自宅付近で働けるようにしたことで、地元の人々に収入増をもたらしている。(臨夏=新華社配信/史有東)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404900

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月14日
    (3)手織りじゅうたんで収入増を後押し甘粛省臨夏回族自治州

    11日、臨夏回族自治州臨夏県土橋鎮にある手織りじゅうたんの生産企業で、じゅうたんの毛足を整える従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州は手織りじゅうたんの産地として長い歴史を持つ。手織りじゅうたんは10以上の工程を経て仕上げられ、しなやかな風合いと古風で上品な図柄を特長とする。同自治州ではここ数年、地元政府の関連部門と企業がじゅうたん産業の発展に積極的に取り組み、伝統の保護と製品の多様化を進めてきた。出稼ぎ労働者の妻らが自宅付近で働けるようにしたことで、地元の人々に収入増をもたらしている。(臨夏=新華社配信/史有東)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404876

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月14日
    (2)手織りじゅうたんで収入増を後押し甘粛省臨夏回族自治州

    11日、臨夏回族自治州臨夏県土橋鎮にある手織りじゅうたんの生産企業で、特注品のじゅうたんを織る従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州は手織りじゅうたんの産地として長い歴史を持つ。手織りじゅうたんは10以上の工程を経て仕上げられ、しなやかな風合いと古風で上品な図柄を特長とする。同自治州ではここ数年、地元政府の関連部門と企業がじゅうたん産業の発展に積極的に取り組み、伝統の保護と製品の多様化を進めてきた。出稼ぎ労働者の妻らが自宅付近で働けるようにしたことで、地元の人々に収入増をもたらしている。(臨夏=新華社配信/史有東)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404878

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月14日
    (4)手織りじゅうたんで収入増を後押し甘粛省臨夏回族自治州

    11日、臨夏回族自治州臨夏県土橋鎮にある手織りじゅうたんの生産企業で、じゅうたんの毛足を整える従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州は手織りじゅうたんの産地として長い歴史を持つ。手織りじゅうたんは10以上の工程を経て仕上げられ、しなやかな風合いと古風で上品な図柄を特長とする。同自治州ではここ数年、地元政府の関連部門と企業がじゅうたん産業の発展に積極的に取り組み、伝統の保護と製品の多様化を進めてきた。出稼ぎ労働者の妻らが自宅付近で働けるようにしたことで、地元の人々に収入増をもたらしている。(臨夏=新華社配信/史有東)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404886

  • 1