KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 値段
  • 昭和
  • 場所
  • うなぎ
  • サイフ
  • 写真ニュース
  • 習慣
  • 三拍子
  • 共同通信会館
  • 吉田屋

「土用丑の日」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1955年07月24日
    スケッチ18820 土用丑(うし)の日

    土用丑の日でウナギをつかんで歓声を上げる女性たち=1955(昭和30)年7月24日、撮影場所不明

    商品コード: 2017072400460

  • 1957年07月28日
    スケッチ21249 土用丑の日(どよううしのひ)

    土用丑の日で大繁盛するウナギのかば焼屋=1957(昭和32)年7月28日、撮影場所不明

    商品コード: 2017091500748

  • 1958年07月23日
    スケッチ22321 土用丑の日のウナギ

    土用丑の日に、ウナギを手に歓声を上げる女性たち=1958(昭和33)年7月23日、撮影場所不明

    商品コード: 2017100700341

  • 1959年07月29日
    スケッチ23261B 土用丑の日

    土用丑の日にかば焼きを作るうなぎ屋さん。うなぎの厄日だ=1959(昭和34)年7月29日、撮影場所不明

    商品コード: 2017110200309

  • 1975年07月25日
    近づく本番“土用丑の日”

    養殖場から水揚げされたウナギの約1割はベルトコンベアに乗って“白焼き”され、スーパー・マーケットへ。7月30日は“土用丑の日”。夏本番を迎えるこの時期にはウナギ-という習慣で「夏バテ防止に」とサイフがはずむところだが、やはり気になるのは“お値段の方”=静岡県吉田町(写真ニュース「近づく本番“土用丑の日”」4枚組の2)

    商品コード: 2013020400112

  • 1975年07月25日
    近づく本番“土用丑の日”

    いまがかき入れ時、お客さまの鼻を狙ってパタパタパタ。7月30日は“土用丑の日”。夏本番を迎えるこの時期にはウナギ-という習慣で「夏バテ防止に」とサイフがはずむところだが、やはり気になるのは“お値段の方”=東京都港区(共同通信会館B1の「吉田屋」)(写真ニュース「近づく本番“土用丑の日”」4枚組の3)

    商品コード: 2013020400113

  • 1975年07月25日
    近づく本番“土用丑の日”

    ウナギ1匹分がこんがり焼けて出てくるとこの値段。「これでも安い方ですよ」と店の主人。7月30日は“土用丑の日”。夏本番を迎えるこの時期にはウナギ-という習慣で「夏バテ防止に」とサイフがはずむところだが、やはり気になるのは“お値段の方”=東京都港区(共同通信会館B1の「吉田屋」)(写真ニュース「近づく本番“土用丑の日”」4枚組の4)

    商品コード: 2013020400114

  • 1975年07月25日
    近づく本番“土用丑の日”

    いまが出荷のピーク、養殖場から丸々太ったウナギが水揚げされる。7月30日は“土用丑の日”。夏本番を迎えるこの時期にはウナギ-という習慣で「夏バテ防止に」とサイフがはずむところだが、やはり気になるのは“お値段の方”=静岡県吉田町(写真ニュース「近づく本番“土用丑の日”」4枚組の1)

    商品コード: 2013020400111

  • 1976年07月23日
    焼き上げ 24日は“土用ウシの日”

    24日は“土用ウシの日”。ウナギ屋さんも急ピッチで焼き上げ。「ことしは量、値段、味の三拍子そろい、まずまず。消費者には喜んでもらえると思う」とニコニコ…=1976(昭和51)年7月23日、静岡市内

    商品コード: 2014010800087

  • 1976年07月23日
    選別作業 24日は“土用ウシの日”

    “土用ウシの日”に向け業者は早朝から大きな養まん池に網入れしてウナギの選別作業に懸命。関係者は「ことしは量、値段、味の三拍子そろい、まずまず。消費者には喜んでもらえると思う」とニコニコ=1976(昭和51)年7月23日、静岡県榛原郡吉田町

    商品コード: 2014010800086

  • 1982年07月29日
    ウナギかば焼き安いよ

    「土用丑の日」のこの日、岡山市内のウナギ店やスーパーなどでは年一度のかき入れ時とあり、フル回転でかば焼き作り。次々に焼き上がり、芳しい匂いが〝プーン〞。主婦らが次々に買い求めていた。今年は猛暑どころか梅雨明けもまだで、ウナギ需要が伸び悩み、値段も例年より安め。表町の専門店は「1本(140グラム)約800円で売っているが、光熱費など考えると大サービス」。あるスーパーは2匹(220グラム)960円で昨年より100円ほど安値。各店は8月猛暑に期待。=1982(昭和57)年7月29日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050801785

  • 2001年07月25日
    混雑するうなぎ店 土用丑の日、猛暑続く

    土用丑(うし)の日の25日、順番待ちの人たちで混雑するうなぎ店=東京・虎ノ門

    商品コード: 2001072500116

  • 2013年07月22日
    焼き上げられるうなぎ 土用丑の日、長い行列

    土用の丑の日を迎え、焼き上げられるうなぎ=22日午前、大阪市生野区の「舟屋」

    商品コード: 2013072200265

  • 02:29.71
    2018年07月20日
    ウナギで夏ばて予防 土用丑の日、値上がりも

    「土用の丑の日」を迎えた20日、伝統のスタミナ食で夏ばてを予防しようと、各地のうなぎ店では、かば焼きやうな重を求める列ができた。〈映像内容〉ウナギを求める人の列、職人が店頭で串を何本も刺したウナギを焼いていく様子、撮影日:2018(平成30)年7月20日、撮影場所:大阪府 大阪市

    商品コード: 2018072300107

  • 1