KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 小型無人機
  • 中国江西省
  • ドローン
  • 新疆ウイグル自治区
  • 貧困世帯
  • 中国湖南省
  • 中国福建省
  • 新型肺炎
  • 無形文化遺産

「地元政府」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
928
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
928
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月11日
    (5)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院の朗読亭で読書する市民。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (2)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、北江に浮かぶ江心島にある島上書院。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (8)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、広東省清遠市清城区の市街地と、北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (4)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院で読書する市民。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (3)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院で自ら寄贈した清代の糸綴じ本を示す市民の李国興(り・こくきょう)さん。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (1)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (6)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院で、所蔵資料を調べる地元の史志(地方史)弁公室職員。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (7)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、江心島にある島上書院。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (9)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、「島上書院」利用者のメッセージを整理する同書院創設者の秦鴻雁氏(左)。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.68
    2021年03月19日
    「新華社」千年の歴史ある古民家で地元経済を後押し浙江省縉雲県

    中国浙江省麗水市縉雲(しんうん)県に位置する河陽古民居は五代十国時代末期に興り、千年の歴史を持つ古村落。村落内には規模が大きく保存状態が良好な伝統建築が立ち並び、その種類の多様さや独特なデザインから地方色豊かな雰囲気が漂っている。同村落は現在、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、中国歴史文化名村、第1次中国伝統村落リスト、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に登録されている。地元政府はここ数年、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)という保護理念に基づきながら、文化観光産業で村の景観改善を推進するとともに、地元住民の増収を後押ししている。(記者/趙悦、斉琪) =配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.62
    2021年03月08日
    「新華社」江西省神山村、農村観光業で豊かな暮らしを実現

    中国江西省井岡山(せいこうざん)市は2017年2月、全国各地に先駆けて貧困脱却を実現した。同市の山間に位置する神山村はかつて、市内で最も辺ぴな貧困村の一つだったが、今では美しい休暇村となった。観光客の増加に伴い、同村のさまざまな特産品も人気を集めている。地元政府が貧困削減の効果をさらに向上させる一連の措置を講じたことで、同村では現在、16世帯が「農家楽」(アグリツーリズム)を経営、5世帯が民宿を開業し、村民の80%が農村観光業に携わるようになっている。同村の1人当たり平均年収は3千元(1元=約17円)足らずから2万元超に増加した。(記者/黄和遜、彭菁)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で視聴者と交流する包蓮さんと妻の莫日根高娃さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、自身の新しい胡琴(左)と古い胡琴(右)を掲げる包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.80
    2021年03月03日
    「新華社」オオカミの島を訪ねて内モンゴル自治区フルンボイル市

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗巴彦庫仁鎮を流れるハイラル川の中州「狼島」では、バートルさんと息子のフーチュンさんが14年にわたり、昼夜を問わずオオカミ200頭余りを見守ってきた。ハイラル川はモンゴル語で「雪水の川」を意味する。狼島は長年にわたる川の浸食により形成された。同島には地元政府の支援で設立されたオオカミ文化テーマパークや、同旗の林業公安局との協力により設置された野生動物救助ステーションがある。バートルさん親子は野生動物の救助に取り組む一方、同自治区の草原に伝わるオオカミ文化を観光客に紹介する活動も行っている。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕) =配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.35
    2021年03月01日
    「新華社」春の茶摘み始まる浙江省余姚市

    中国浙江省余姚(よよう)市蘭江街道夏巷(かこう)村の茶畑では2月下旬から、茶摘み労働者らが晴天の日に新芽の摘み取り作業に励んでいる。今春は空気の乾燥と適度な温度差で発芽が促進され、質の良い春茶が例年より約半月早く市場に出回り始めた。市内には現在、6万3千ムー(4200ヘクタール)の茶園があり、茶葉の栽培面積が寧波地区で最大となっている。地元政府は2018年から、科学的な生産管理を行うよう茶農家を積極的に指導し、環境に配慮した茶園の建設と付加価値の高い有機栽培茶の生産を後押しすることで、生産量増加と効率化を実現している。(記者/顧小立) =配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (3)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を前に集合写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (4)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、旧暦の新年を祝うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (2)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    上:納雍県維新鎮坪子社区の改修前の村道。(2010年11月6日撮影)下:改修された坪子社区の道路。(2021年2月11日撮影)中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (7)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、年越し用品を買うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (8)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、新居の前で旧居の写真を見せるミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (5)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、伝統的な餅菓子「糍粑(ツーバ)」作りの準備をするミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (1)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、新居の前で写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (6)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)の食卓で乾杯するミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.25
    2021年01月27日
    「新華社」新技術採用し農地の生産性を向上河南省尉氏県

    中国河南省は数々の新しい技術を導入して高規格農地を建設し、生産性の向上に取り組んでいる。同省開封(かいほう)市尉氏(いし)県では地元政府が、節水型かんがいスプリンクラーや最新式の測候所、環境モニタリング、農作物の保護・予防・管理システム、その他のハイテク設備を農地に設置した。2014年以来、84万ムー(5万6千ヘクタール)の高規格農地に対する投資は、総額10億6千万元(1元=約16円)に達した。また同県では20年から、1万ムー(約667ヘクタール)の高規格農地を対象に、高効率節水かんがい事業を実施している。これにより、年間51万立方メートルの節水効果があることが証明された。20年末までに同省で建設された高規格農地は、6910万ムー(約460万6700ヘクタール)に及んでいる。=配信日:2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (1)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷の風景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/侯鳴)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (6)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷のメインストリート「雪韻大街」の風景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/侯鳴)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (5)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    民宿の庭にある「雪のキノコ」。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/侯鳴)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (3)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷を彩る夜景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (4)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷の風景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/侯鳴)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (2)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷を彩る夜景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/侯鳴)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮に今も残る窯場。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、作品を見つめる若手職人、任東夏(にん・とうか)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、瑠璃製品の制作に励む職人。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、瑠璃製品の制作に励む職人。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、瑠璃製品の制作に励む職人。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、作品作りに励む若手職人、任東夏(にん・とうか)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮で、自身が制作したひょうたん型の陶芸作品を並べる若手職人、周虹(しゅう・こう)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市の顔神古鎮で、自身が制作した陶磁器作品を祖母に見せる若手職人、任東夏(にん・とうか)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮で、自身が制作した作品を見つめる若手職人、周虹(しゅう・こう)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、伝統演劇の舞台「古戯台」の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省

    3日、江西省南昌市紅星村で高山皇菊を摘む村民。中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省

    3日、江西省南昌市紅星村で高山皇菊を摘む村民。中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省

    3日、江西省南昌市紅星村で高山皇菊を摘む村民。中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省

    3日、江西省南昌市紅星村で高山皇菊を選別する村民。中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.53
    2020年11月03日
    「新華社」モンゴル族伝統の刺しゅう、農牧民貧困脱却の力に

    中国清時代からの歴史を持つモンゴル族の「王府刺しゅう」は、内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある図什業図親王府で代々継承されたモンゴル族の伝統手工芸で、自治区指定の無形文化遺産になっている。この伝統手工芸の継承と、産業技術による貧困脱却支援のため、地元政府は2016年から、的確な貧困支援の一環として、「集団で研修、訪問して指導、手を取って教える」方法で、同旗全体で刺しゅうを普及させている。これまでに、旗内173の村のガチャ(村)が刺しゅう研修クラスを100期にわたって開催し、延べ1万4700人に教えてきた。1級刺しゅう工1300人、2級5千人、3級8千人が育っている。現在、旗内でモンゴル族刺しゅうを仕事にしている農牧民や他の住民の数は2万1千人を超えている。生産販売収入は1千万元(1元=約16円)で、同旗全体で貧困層2895人がモンゴル族刺しゅう産業発展の恩恵を受けている。(記者/張晟)<映像内容>モンゴル族の「王府刺しゅう」制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省

    3日、江西省南昌市紅星村で高山皇菊を摘む村民。(小型無人機から)中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省

    3日、江西省南昌市紅星村で高山皇菊を選別する村民。中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省

    3日、江西省南昌市紅星村で収穫した高山皇菊を見せる村民。中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.42
    2020年10月27日
    「新華社」クブチ砂漠で牧畜民がカニの養殖内モンゴル自治区

    中国で7番目に大きい内モンゴル自治区のクブチ(庫布其)砂漠からこのほど、カニ豊漁の朗報が届いた。クブチ砂漠では2015年から、地元政府が黄河の解氷期に増水した川の水の一部を引き込む取り組みを始め、複数の水域生態区域が形成された。地元の牧畜民がこうした区域を利用してカニなどの水産養殖を手掛け、貯水や砂漠の整備を進めることで、厳しい自然条件を克服し、恵みに変えようとしている。(記者/葉紫嫣、鄒倹朴)<映像内容>カニの養殖の様子、クブチ砂漠の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月26日
    新疆カシュガル地区疏附県、全員の核酸検査完了

    26日、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県で、配達する野菜を洗浄し、仕分けする昆侖園区発展投資の従業員。中国新疆ウイグル自治区は26日午後4時までに、新型コロナウイルスの無症状感染者を累計164人確認した。地元政府の26日の発表によると、カシュガル地区の1日当たりの核酸検査能力はすでに61万人まで増強された。感染者が確認された同地区疏附県では同日午後4時までに、計24万5200人全員の検査を終えた。同県の四つの郷・鎮は26日午前0時から新型コロナの高リスク地域に指定された。(カシュガル=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月26日
    新疆カシュガル地区疏附県、全員の核酸検査完了

    26日、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県で核酸検査の検体採取を行う医療スタッフ。中国新疆ウイグル自治区は26日午後4時までに、新型コロナウイルスの無症状感染者を累計164人確認した。地元政府の26日の発表によると、カシュガル地区の1日当たりの核酸検査能力はすでに61万人まで増強された。感染者が確認された同地区疏附県では同日午後4時までに、計24万5200人全員の検査を終えた。同県の四つの郷・鎮は26日午前0時から新型コロナの高リスク地域に指定された。(カシュガル=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月26日
    新疆カシュガル地区疏附県、全員の核酸検査完了

    26日、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県トックザク(托克扎克)鎮の団結社区(コミュニティー)で野菜を配達するボランティア。中国新疆ウイグル自治区は26日午後4時までに、新型コロナウイルスの無症状感染者を累計164人確認した。地元政府の26日の発表によると、カシュガル地区の1日当たりの核酸検査能力はすでに61万人まで増強された。感染者が確認された同地区疏附県では同日午後4時までに、計24万5200人全員の検査を終えた。同県の四つの郷・鎮は26日午前0時から新型コロナの高リスク地域に指定された。(カシュガル=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月26日
    新疆カシュガル地区疏附県、全員の核酸検査完了

    26日、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県で核酸検査の検体採取を行う医療スタッフ。中国新疆ウイグル自治区は26日午後4時までに、新型コロナウイルスの無症状感染者を累計164人確認した。地元政府の26日の発表によると、カシュガル地区の1日当たりの核酸検査能力はすでに61万人まで増強された。感染者が確認された同地区疏附県では同日午後4時までに、計24万5200人全員の検査を終えた。同県の四つの郷・鎮は26日午前0時から新型コロナの高リスク地域に指定された。(カシュガル=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で柿を収穫する農家の人たち。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で行われたカントリーミュージックカーニバルで演奏するバンド。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で柿狩りの準備をする農家。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村の茶園に生えた柿の木。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で秋の風景を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で柿の木を眺める観光客。中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    黄金色に染まる美しい「銀杏村」雲南省騰衝市

    16日、「銀杏村」にある農家楽(アグリツーリズム)施設。中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮江東社区(コミュニティー)の「銀杏(ぎんなん)村」では、3万本を超えるイチョウの木が黄金色に姿を変え、大勢の観光客を楽しませている。村内には1万ムー(約670ヘクタール)余りのイチョウ林が広がっている。江東社区は人里離れた場所にありインフラ整備も進んでいなかったことから、長い間、固東鎮の貧困地区に指定されてきた。地元政府が数年かけて農村観光の発展に尽力したことで、観光名所に生まれ変わり、豊かさへの道を歩んでいる。(騰衝=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    黄金色に染まる美しい「銀杏村」雲南省騰衝市

    16日、「銀杏村」の一角。中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮江東社区(コミュニティー)の「銀杏(ぎんなん)村」では、3万本を超えるイチョウの木が黄金色に姿を変え、大勢の観光客を楽しませている。村内には1万ムー(約670ヘクタール)余りのイチョウ林が広がっている。江東社区は人里離れた場所にありインフラ整備も進んでいなかったことから、長い間、固東鎮の貧困地区に指定されてきた。地元政府が数年かけて農村観光の発展に尽力したことで、観光名所に生まれ変わり、豊かさへの道を歩んでいる。(騰衝=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    黄金色に染まる美しい「銀杏村」雲南省騰衝市

    16日、地面に広がるイチョウの落ち葉。中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮江東社区(コミュニティー)の「銀杏(ぎんなん)村」では、3万本を超えるイチョウの木が黄金色に姿を変え、大勢の観光客を楽しませている。村内には1万ムー(約670ヘクタール)余りのイチョウ林が広がっている。江東社区は人里離れた場所にありインフラ整備も進んでいなかったことから、長い間、固東鎮の貧困地区に指定されてきた。地元政府が数年かけて農村観光の発展に尽力したことで、観光名所に生まれ変わり、豊かさへの道を歩んでいる。(騰衝=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    黄金色に染まる美しい「銀杏村」雲南省騰衝市

    16日、地面に広がるイチョウの落ち葉。中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮江東社区(コミュニティー)の「銀杏(ぎんなん)村」では、3万本を超えるイチョウの木が黄金色に姿を変え、大勢の観光客を楽しませている。村内には1万ムー(約670ヘクタール)余りのイチョウ林が広がっている。江東社区は人里離れた場所にありインフラ整備も進んでいなかったことから、長い間、固東鎮の貧困地区に指定されてきた。地元政府が数年かけて農村観光の発展に尽力したことで、観光名所に生まれ変わり、豊かさへの道を歩んでいる。(騰衝=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    黄金色に染まる美しい「銀杏村」雲南省騰衝市

    16日、「銀杏村」にある農家楽(アグリツーリズム)施設。中国雲南省騰衝(とうしょう)市固東鎮江東社区(コミュニティー)の「銀杏(ぎんなん)村」では、3万本を超えるイチョウの木が黄金色に姿を変え、大勢の観光客を楽しませている。村内には1万ムー(約670ヘクタール)余りのイチョウ林が広がっている。江東社区は人里離れた場所にありインフラ整備も進んでいなかったことから、長い間、固東鎮の貧困地区に指定されてきた。地元政府が数年かけて農村観光の発展に尽力したことで、観光名所に生まれ変わり、豊かさへの道を歩んでいる。(騰衝=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.89
    2020年10月14日
    「新華社」遼寧省、コンテナがテーマのエンタメ施設公開

    中国遼寧省瀋陽市はこのほど、コンテナ200個以上を使って建設したエンターテインメント施設を一般に公開した。8万5千平方メートルの敷地にはショッピング、エンターテインメント、宿泊の三つのエリアが設けられており、Eスポーツやストリートパフォーマンスのほか、レストラン、子ども向けイベント、オフィス、ホテルといった様々なアトラクションや催しが楽しめる。地元政府は、施設の建設によって観光客やビジネス関係者をさらに誘致していきたい考えだ。(記者/李昂)<映像内容>コンテナがテーマのエンタメ施設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.56
    2020年10月14日
    「新華社」帰宅途中の村民、ヒョウに遭遇四川省道孚県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州道孚(タウ)県木茹郷古彫村の村人が14日、帰宅途中に山の上にヒョウがいるのを目撃し、携帯電話で撮影した。鮮水河大峡谷国家森林公園の奥地に位置する同郷には、植物180種余り、野生動物60種余り、国家級保護野生動物30種余りが生育・生息しており、ヒョウなど長江上流の野生動物にとって重要な生息・繁殖地になっている。地元政府によると、同県では近年、生態環境が効果的に保護されており、野生動物の目撃例が増加し続けているという。(記者/康錦謙)<映像内容>野生のヒョウの様子、撮影日:2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 00:55.36
    2020年10月11日
    「新華社」自動運転バスの試験運行実施湖南省長沙市

    中国湖南省長沙市で11日、自動運転バスの試験運行が行われた。地元政府が明らかにした。試験運行は信号のある交差点5か所、バス停4か所、ラウンドアバウト1か所がある6キロのコースで行われ、バスは加減速、信号機の認識、バス停での停車を自動的に行った。第5世代移動通信システム(5G)を使用したこのスマートバスは、乗客が乗り降りする時間やバス停のデータをリアルタイムで提供でき、公共交通機関の輸送能力の調整や、路線の設定とバス停配置の最適化を支援する。このバスの自動運転プラットフォームは遠隔操作や監視の機能も備えている。中車時代電動汽車(中車電動)の自律運転技術部の朱田(しゅ・でん)部長によると、毎日のバスの走行データを処理することで、最適な路線案を作ることができるという。(記者/丁春雨)<映像内容>自動運転バスの試験運行の様子、撮影日:2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.28
    2020年10月08日
    「新華社」音のない世界、26年続く愛

    中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三聯特殊教育学校は1994年に設立された。自らも聴覚障害者である何興武(か・こうぶ)さんは当時、教師として赴任し、数年後に校長として同校を引き継いだ。同校で学ぶ大部分の生徒は、辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもたち。何さんはこうした子どもたちを助けるため、自身の貯金と退職金をなげうって、聴覚障害のある子どもが学校に通えるよう経済的に支援している。何さんの妻、何潤妹(か・じゅんまい)さんも同校で働き、生徒たちの食事や生活の世話をしている。息子の何彪(か・ひょう)さんも両親の姿に影響を受け、2005年に仕事を辞め、自らの貯金を取り崩しながら同校で働いてきた。06年には、第1期生として入学した聴覚障害者の鄔凱旋(お・がいせん)さんが、特別支援教育の教師として同校に戻ってきた。同校はここ数年、地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(記者/彭昭之、羅晨、閔尊濤)<映像内容>聴覚障害者である教師と生徒の学校生活の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.98
    2020年10月06日
    「新華社」中国で活躍する日本人経営者「アモイと共に成長する」

    中国福建省アモイ市にある日本の電動パワーステアリング製造大手ジェイテクトの中国法人、捷太格特転向系統(アモイ)総経理の藤井良氏は、アモイは開放度が高く、優遇政策も多いため、外資企業が安心して拠点を置き生産ができると指摘。今後、同社はさらに増資と増産を実施し、アモイと共に成長し、自身も社員と共に努力し、地元の発展に貢献していきたいという。同氏によると、ジェイテクトは2005年、アモイの豊かな人的資源と港湾都市としての交通の利便性を見込んで工場を進出。地元政府の良質なサービスと支援政策のおかげで、力強い発展を遂げているという。新型コロナウイルスの影響でクライアントの需要とサプライチェーンが打撃を受け、今年2~3月の生産能力は計画の3割程度まで落ち込んだものの、中国政府の操業・生産再開への力強い後押しにより、迅速に回復した。捷太格特転向系統(アモイ)藤井良総経理新型コロナウイルスにより、われわれだけではなく、自動車業界全般が非常に苦戦していた。その中で中国がコロナに即座に対応してくれたおかげで、中国市場の回復が非常に早かった。その分われわれも、中国市場の今後に対する期待を高く持っている。(記者/陳旺、付敏)<映像内容>ジェイテクトの中国法人、日本人経営者のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日午後、生徒らに手話で絵本を読み聞かせる何興武(か・こうぶ)さん。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、三連特殊教育学校で、授業を行う何興武さん。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、三連特殊教育学校で、授業を行う鄔凱旋(お・がいせん)さん。鄔さんは同校の第1期卒業生で、2006年から同校の教壇に立っている。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、生徒らと記念撮影する校長の何興武(か・こうぶ)さん(左から6人目)、何彪(か・ひょう)さん(右から4人目)、教師の鄔凱旋(お・がいせん)さん(左から4人目)。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、三連特殊教育学校で、生徒に手話を教える何彪(か・ひょう)さん。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、授業で生徒らと手話で会話する何興武(か・こうぶ)さん。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、手話で外の世界と自身の経験を生徒に語る何彪(か・ひょう)さん。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.76
    2020年09月24日
    「新華社」「都市の傷跡」が景勝地に内モンゴル自治区ウランホト市

    中国内モンゴル自治区ウランホト市郊外の天駿山ではここ数年、地元政府が環境に配慮した整備を進め、不毛の地を景勝地に生まれ変わらせてきた。同山は岩石の採掘により土地がえぐられ、植被が失われたことから「都市の傷跡」とも呼ばれていたが、かつての採石場は人工湖に変わり、荒れていた山々は花や緑で覆われるようになった。観光の活性化は、地域住民の生活向上にもつながっている。<映像内容>内モンゴル自治区ウランホト市の天駿山、景勝地の風景、観光の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、三連特殊教育学校で、手話で授業を行う何彪(か・ひょう)さん。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    音のない世界、26年続く愛

    9月24日、三連特殊教育学校で、生徒に手話を教える何彪(か・ひょう)さん。中国江西省南昌市青雲譜(せいうんふ)区にある三連特殊教育学校は1994年に設立された。生徒は辺ぴな農村地区の経済的に恵まれない家庭の子どもが大部分を占める。ここ数年は地元政府部門と慈善家の支援の下、運営が徐々に安定してきたほか、多くの聴覚障害者の就職問題も解決している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.29
    2020年09月24日
    「新華社」クルミが農家の増収を後押し新疆カルギリク県

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区カルギリク(葉城)県では実りの秋を迎え、クルミの収穫が始まった。同県農業農村局によると、現在のクルミ栽培面積は58万ムー(約3万8千ヘクタール)で、生産量は13万トンを見込む。同県は国が指定する貧困県の一つだが、ここ数年は地元政府の強力な後押しの下、クルミ栽培が住民の収入を増やし、貧困脱却を実現するための重要な産業になっている。(記者/阿曼、許晟、馬鍇)<映像内容>新疆カルギリク県でクルミの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:23日、新疆ウイグル自治区ホータン地区カラカシュ県サイバグ郷の村民、アズグリ・アブリティプさん。右:23日、同県の食用菌関連会社の菌類袋詰め作業場で働くアズグリさん。アズグリさんは2019年10月からここで勤務している。彼女の家はすでに貧困脱却を果たしている。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:23日、新疆ウイグル自治区ホータン地区グマ県ムジ鎮の村民、ヌルアフメト・アフメトトフティさん。右:安徽省の支援で建設された型材会社で出荷製品の点検をするヌルアフメトさん。ヌルアフメトさんは同県の職業技術学校を卒業し、2018年8月から同社に勤務している。今では1号作業場の出荷チームリーダーとなり、約4千元(1元=約15円)の月給を得ている。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.80
    2020年09月22日
    「新華社」空から見た伊寧の歴史地区「六星街」新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区伊寧市には、1930年代に建設された有名な歴史地区「六星街」がある。ここ数年は、地元政府が保存と整備に力を入れており、伝統的な街並みが保護されている。地元住民の生活環境も改善され、多くの観光客が訪れるとともに、企業家の投資を引き付けている。(記者/阿曼)<映像内容>新疆ウイグル自治区伊寧市の歴史地区「六星街」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.00
    2020年09月21日
    「新華社」国慶節・中秋節を前にアワビ市場が盛況山東省栄成市

    中国山東省栄成市俚島(りとう)鎮にあるアワビ取引市場は21日、国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)と中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)を前にアワビを仕入れる全国各地の業者でにぎわった。アワビ産業は同市の漁業の基幹産業であり、特色ある産業の一つでもある。地元政府はアワビ取引市場を開設し、アワビの保管・保存能力と輸送能力を引き上げ、全国各地の業者を引き寄せ、アワビ産業の総合的な収益力を高めている。アワビ取引市場を拠点に、同市のアワビはコールドチェーンで全国各地に速やかに届けられている。(記者/馮媛媛)<映像内容>アワビの水揚げの様子、撮影日:2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:21日、新疆ウイグル自治区ホータン地区にあるホータン夜市の貧困世帯経営屋台オーナー、メトフティ・エイザズさん。右:21日、ホータン夜市で客に羊肉の紅柳串焼きを焼くメトフティさん。ホータン夜市は貧困世帯に専用の屋台スペースを提供し、賃料の減免など優遇措置を講じている。メトフティさんの家は病気をきっかけに貧困に陥ったが、努力の末、2019年に貧困脱却を果たした。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:21日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ケリヤ県イェンギアワト郷の村民、アブドゥカディ・クトゥルクさん。右:21日、同県ジャイ郷の食用ハト飼育小区の倉庫でハトの飼料を梱包するアブドゥカディさん。同飼育小区は、貧困世帯の人々が生産と経営に直接参加する仕組みによって、自発的な意欲を刺激し、飼育に対する農家の積極性を高めている。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...