KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 協同組合
  • 栽培面積
  • 中国河北省
  • 貧困世帯
  • 経済発展
  • 野菜栽培
  • 小型無人機
  • トウガラシ
  • ドローン

「地元農民」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
141
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
141
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月18日
    (5)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、栽培基地でツバキの剪定(せんてい)をする金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の楽苑花卉の責任者、徐小華(じょ・しょうか)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の栽培農家の苗畑で水やりをする苗木の保護員。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村で、樹齢数百年のツバキの生育状況を確認する華東ツバキ名品栽培センター責任者の王季成(おう・きせい)さん(右)。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村の紅紅植物農園で、咲き誇ったツバキを運ぶ栽培農家。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮の新たに改築された西呉聯花卉市場で、ツバキを運ぶ卸業者。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村で、日本から導入した観葉品種の「キンギョバツバキ(金魚葉椿)」を見せる華東ツバキ名品栽培センター責任者の王季成(おう・きせい)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、苗畑でツバキの蕾の状態を動画で顧客に紹介する金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の電子商取引業者、高群亮(こう・ぐんりょう)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地でカリフラワーを収穫する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地のビニールハウスでカリフラワーを収穫する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地で収穫したキュウリを運ぶ村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地地のビニールハウスで作業する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地で農機を操作する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜生産基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で忙しく働く従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの砂嚢(さのう、胃の一部)を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒルの肉を運ぶ従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの肉を包装する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの舌を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、貴州省赤水市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地で、竹編み工芸品を製作する地元の人々。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、竹林で作品の材料を調達する「赤水竹編み」の伝承者、楊昌芹(よう・しょうきん)さん。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、貴州省赤水市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地で、竹編み工芸品を製作する女性。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、貴州省赤水市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地で、学生に竹編みを指導する「赤水竹編み」の伝承者、楊昌芹(よう・しょうきん)さん(中央)。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社のアヒル飼育場の一角。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。 同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で、アヒルの飼料を補充する飼育員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で、アヒル飼育場を掃除する飼育員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で撮影した食用アヒル。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    貴州省赤水市の市中街道にある竹編み貧困支援作業場で工芸品を製作する女性。(10月24日撮影)中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.68
    2020年10月19日
    「新華社」祁連山脈の麓、1万ムー超の畑で雑穀が豊作

    本格的な秋を迎え、祁連山脈北麓に位置する中国甘粛省張掖(ちょうえき)市甘州区花寨郷では、1万6500ムー(約11平方キロメートル)の農地で栽培しているアワなどの雑穀が豊かに実り、地元農民や加工企業が収穫にいそしんでいる。(記者/范培珅、張智敏)<映像内容>アワなどの雑穀が実る農地の風景、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で天日干しした麺を整理する従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で手作りの麺を天日干しする従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で乾麺を手作りする従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で手作りの麺を乾燥させる従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で乾麺を整理する従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で乾麺を裁断する従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で乾麺を手作りする従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で手作りの麺を乾燥させる従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    乾麺作り、増収への道を広げる河北省曲周県

    21日、曲周県依荘郷軍営村の工場で乾麺を整理する従業員。中国河北省邯鄲市曲周県は、乾麺作りの長い歴史を持つ。ここ数年、伝統的な乾麺作りの技術の普及を推進し、小規模な乾麺工場を設けて、農村の「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)が工場で働き技術を習得することを奨励している。手作り乾麺の生産は、地元農民に富をもたらす重要な手段となっている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.81
    2020年09月10日
    「新華社」乾地農法の段々畑で収穫本格化寧夏回族自治区

    中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、ゴマやカラスムギなどの雑穀が収穫期を迎えた。晴れた日には地元農民らが乾地農法の段々畑で収穫作業にいそしんでいる。(記者/盧鷹)<映像内容>段々畑での収穫作業の様子、加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    乾地農法の段々畑で収穫本格化寧夏回族自治区

    7日、西吉県吉強鎮芦子溝村のゴマ栽培拠点で、農機を運転してゴマを収穫する農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、ゴマやカラスムギなどの雑穀が収穫期を迎えた。晴れた日には地元農民らが乾地農法の段々畑で収穫作業にいそしんでいる。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    乾地農法の段々畑で収穫本格化寧夏回族自治区

    7日、西吉県吉強鎮芦子溝村のゴマ栽培拠点で、収穫したゴマをトラックに載せる農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、ゴマやカラスムギなどの雑穀が収穫期を迎えた。晴れた日には地元農民らが乾地農法の段々畑で収穫作業にいそしんでいる。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    乾地農法の段々畑で収穫本格化寧夏回族自治区

    7日、空から見た西吉県吉強鎮芦子溝村のゴマ栽培拠点。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、ゴマやカラスムギなどの雑穀が収穫期を迎えた。晴れた日には地元農民らが乾地農法の段々畑で収穫作業にいそしんでいる。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    乾地農法の段々畑で収穫本格化寧夏回族自治区

    7日、西吉県吉強鎮芦子溝村のゴマ栽培拠点で、収穫したゴマをトラックに載せる農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、ゴマやカラスムギなどの雑穀が収穫期を迎えた。晴れた日には地元農民らが乾地農法の段々畑で収穫作業にいそしんでいる。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    乾地農法の段々畑で収穫本格化寧夏回族自治区

    7日、西吉県吉強鎮芦子溝村のゴマ栽培拠点で、農機を運転してゴマを収穫する農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、ゴマやカラスムギなどの雑穀が収穫期を迎えた。晴れた日には地元農民らが乾地農法の段々畑で収穫作業にいそしんでいる。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    乾地農法の段々畑で収穫本格化寧夏回族自治区

    7日、西吉県吉強鎮芦子溝村のゴマ栽培拠点で、農機を運転してゴマを収穫する農民。中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、ゴマやカラスムギなどの雑穀が収穫期を迎えた。晴れた日には地元農民らが乾地農法の段々畑で収穫作業にいそしんでいる。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.93
    2020年09月01日
    「新華社」芳しいジャスミン、富をもたらす花に広西チワン族自治区

    ジャスミンの花期を迎えた中国広西チワン族自治区南寧市横県では、真っ白な花が風になびき、漂う香りが人々を包み込んでいる。同県のジャスミン栽培面積は11万3千ムー(約7500ヘクタール)。年間生産量は生花が9万トン、ジャスミン茶が8万トンで、国内生産の8割以上を占める。ジャスミンは地元農民を小康(ややゆとりのある)社会へと導く「富をもたらす花」となっている。(記者/覃広華、李兪輝、黄凱瑩)<映像内容>ジャスミンの栽培風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、四川省内江市威遠県新店鎮十字村の七星椒栽培基地。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、四川省内江市威遠県新店鎮十字村の七星椒栽培基地で七星椒を買い付ける省外の顧客。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農民。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。(小型無人機から)中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、四川省内江市威遠県新店鎮十字村の七星椒栽培基地の七星椒。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、柳林県のナツメ芽摘採拠点の一面に広がるナツメの木。。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、すがすがしく芳醇な香りのナツメ芽茶。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、製茶する山西華茗堂薬茶科技の製茶師、高耀峰(こう・ようほう)さん。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、山西華茗堂薬茶科技で日干しされるナツメ芽茶。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、柳林県のナツメ芽摘採拠点で青々と茂るナツメの木。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県

    13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖農家が飼育しているガチョウ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県

    13日、台安県新台鎮雲柳村で、農家から買い取ったガチョウの卵を運搬する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県

    13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのひなを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県

    13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのヒナを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県

    13日、台安県新台鎮雲柳村の鴻潤ガチョウ養殖専門合作社で飼育しているガチョウの幼鳥。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県

    13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖場で飼育されているガチョウのヒナ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県

    13日、台安県新台鎮雲柳村で、ガチョウの幼鳥に飼料をやる鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    仕事を依頼している貧困戸と共に温室内の草取りをする董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    阜南県会竜鎮閆廟村で自身のトウガラシ栽培用ハウスで忙しく働く董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.40
    2020年04月02日
    「新華社」田園の春景色、ドクダミが増収源に貴州省

    ドクダミはギョセイソウ(魚腥草)とも言い、特有の臭いがあり、葉はハートの形をしている。中国西南部では野菜や調味料として親しまれている。貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州長順県擺所(はいしょ)鎮中壩(ちゅうは)社区板叢(ばんそう)村ではこのところ、イザヨイバラ基地でイザヨイバラとリレー栽培されているドクダミの生長が人々を喜ばせている。気温の上昇に合わせ、村民らは農作業に精を出し、収穫を行っている。地元では土地資源を生かし、土地の付加価値を高めるため、ドクダミとイザヨイバラのリレー栽培を進めている。土地1ムー(約667平方メートル)当たりのドクダミ生産量は少なくとも2トン、効果の優れた土地では4トンに達するという。1ムー当たりの生産高は1万元(1元=約15円)余りで、小さなドクダミが地元農民の増収源となっている。(記者/劉勤兵)<映像内容>ドクダミの栽培、農作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.30
    2020年03月29日
    「新華社」ザーサイの収穫期を迎えた浙江省余姚市

    中国浙江省余姚(よよう)市は、ザーサイの重要な生産加工拠点であることから「ザーサイの里」と呼ばれている。市内の6万ムー(約4千ヘクタール)の畑で栽培されているザーサイが現在、収穫の最盛期を迎えている。同市では栽培から塩蔵、加工、包装、出荷までを含む一連の産業チェーンが形成されており、ザーサイは地元農民の重要な収入源となっている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>ザーサイの里の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    スイカの収穫期迎える山東省

    20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    スイカの収穫期迎える山東省

    20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    スイカの収穫期迎える山東省

    20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    スイカの収穫期迎える山東省

    20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、収穫したスイカを選別する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    スイカの収穫期迎える山東省

    20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    河北省の泥人形職人、ウイルスと闘う村民の姿を作品に

    12日、張建功さんが制作した泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」。中国河北省の民間職人がこのほど、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」を完成させた。制作したのは張建功(ちょう・けんこう)さん。地元農民が感染対策に力の限りを尽くす姿を表現したという。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    河北省の泥人形職人、ウイルスと闘う村民の姿を作品に

    12日、張建功さんが制作した泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」。中国河北省の民間職人がこのほど、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」を完成させた。制作したのは張建功(ちょう・けんこう)さん。地元農民が感染対策に力の限りを尽くす姿を表現したという。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    河北省の泥人形職人、ウイルスと闘う村民の姿を作品に

    12日、張建功さんが制作した泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」。中国河北省の民間職人がこのほど、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」を完成させた。制作したのは張建功(ちょう・けんこう)さん。地元農民が感染対策に力の限りを尽くす姿を表現したという。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:03.22
    2019年12月03日
    「新華社」巨大鍋「大後套第一鍋」に長蛇の列

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗三道橋鎮和平村で3日、「第4回民間年猪文化節」が開催され、巨大な鍋「大後套第一鍋」で作られた1・8トンもの「猪肉燴酸菜(豚肉と白菜の漬物の煮込み)」試食には観光客が長蛇の列を作った。同自治区の河套平原の別名「大後套」の名が付けられたこの巨大な鍋は、直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、豚肉、ジャガイモ、白菜の漬物などの食材を使い料理の腕を振るった。地元農民が毎年冬に漬ける漬物を使った「猪肉燴酸菜」は、冬に欠かせない家庭料理のひとつだ。(記者/李雲平)<映像内容>巨大な鍋で猪肉燴酸菜を作る様子、撮影日:2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:06.64
    2019年11月11日
    「新華社」黄河北部流域、歩み始めた稲作への道内モンゴル・バヤンノール

    黄河最北端、中国内モンゴル自治区の河套(かとう)地域は、土地改良などの総合事業によって広大なアルカリ性土壌が肥沃な土地に生まれ変わり、地元農民は新たな稲作の路を歩み始めた。内モンゴル自治区バヤンノール市五原県套海(とうかい)鎮錦旗(きんき)村の万畝河灘有機水稲栽培モデル区に広がる1万4千ムー(約933ヘクタール)の水田ではここ数日、収穫の最盛期を迎えている。かつてのアルカリ性土壌は、今や豊かに稲穂が実る風景に生まれ変わった。同モデル区では「企業+合作社+農家」の形式を採用し、中国科学院と内モンゴル農業科学院が共同開発した量子テクノロジー農作物栽培技術を柱に、品種選択から施肥、農薬散布、刈入れなど各段階において農家にトータルな技術指導サービスを実施。生産資材の購入と播種、管理、収穫、販売を統一する「五統一」を実現し、農家に科学的栽培を総合的に指導している。生産予測データによると、今年1ムー(約667平方メートル)当たりのもみ米生産高は約500キログラムで、約325キログラムの米となり、歩留まりは約65パーセントに達する。500グラム当たり5元(1元=約15円)の価格で計算すると、1ムー当たりの売り上げは約3250元、実収入は2000元ほどになる。河套地域は黄河が「几」の字のような形に湾曲し、アルカリ性の黄河の水が浸出することで、沿岸域の農地への影響は年々深刻になっているという。現地ではこの数年、土地改良などの総合事業を継続し、広大なアルカリ性の土壌が肥沃な土地に生まれ変わっている。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>内モンゴル自治区河套地域の稲作、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    髪の毛ほどに細くした竹材を見せる「赤水竹編み」の伝承者、楊昌芹(よう・しょうきん)さん。(2019年11月11日撮影)中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、定西市安定区高峰郷で栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、定西市安定区高峰郷で広く栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、定西市安定区高峰郷で広く栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、キャベツ畑の除草を行う定西市安定区高峰郷牌坊村の住民。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、村民が購入した耕運機などの農業機械。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月16日
    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市

    16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村を散策する観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月16日
    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市

    16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村にある民家。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月16日
    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市

    16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村で、記念撮影をする観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月16日
    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市

    16日、上空から見た瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村。(小型無人機から)中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月16日
    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市

    16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村で、記念撮影をする観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月16日
    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市

    16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村が建設した「花海公園」で働く村民。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月16日
    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市

    16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村で、「農家楽」(民宿をはじめとするアグリツーリズム)を楽しむ観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2