KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 京都市東山区
  • 内容
  • 場所
  • 奇祭
  • 平成
  • 御堂
  • 映像
  • 様子
  • 清水寺
  • 起源

「坂上田村麻呂」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  平野大社
    -
    平野大社

    正式名称は杭全(くまた)神社で、平安初期に坂上田村麻呂の子・孫によって創祀したと伝えられる。主神はスサノオの命。参道や境内のイチョウ、クスノキの古木や、仏像、絵画等多数の社宝によって知られている。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐14‐0]

    商品コード: 2017080201771

  • 最終確認する工藤博士 最北のとりで志波城と確認
    1978年08月29日
    最終確認する工藤博士 最北のとりで志波城と確認

    「志波城(しわじょう)」と最終確認する奈良国立文化財研究所工藤圭章博士(左)。「志波城」は平安時代初期、征夷大将軍坂上田村麻呂が造営した古代の城柵で、東北自動車道建設に伴う発掘調査が行われている=1978(昭和53)年8月、盛岡市

    商品コード: 2015070700293

  • 公開された坂上田村麻呂像 田村麻呂の坐像を公開
    2009年02月28日
    公開された坂上田村麻呂像 田村麻呂の坐像を公開

    公開された坂上田村麻呂の坐像=28日午前、京都市東山区の清水寺

    商品コード: 2009022800059

  • 田村堂の坂上田村麻呂坐像 田村麻呂の坐像を公開
    2009年02月28日
    田村堂の坂上田村麻呂坐像 田村麻呂の坐像を公開

    僧侶の読経で加護を祈願し公開された、坂上田村麻呂の坐像(左奥)=28日午前、京都市東山区の清水寺

    商品コード: 2009022800061

  •  男衆が体ぶつけ豊作祈願 新潟・南魚沼の奇祭
    02:57.77
    2015年03月03日
    男衆が体ぶつけ豊作祈願 新潟・南魚沼の奇祭

    さらし姿の男衆が豊作や無病息災を願い、体をぶつけ合う奇祭「裸押合大祭」が3日、新潟県南魚沼市の普光寺毘沙門堂で行われた。「大ローソク祭り」とも呼ばれる。祭りは1200年以上前から続き、坂上田村麻呂が御堂で国家安穏を願ったのが起源とされる。<映像内容>裸押合大祭の様子、撮影日:2015(平成27)年3月3日、撮影場所:新潟県南魚沼市 普光寺毘沙門堂

    商品コード: 2019052103558

  •  新潟の「裸押合大祭」 男衆ぶつかり合い豊穣祈願
    01:00.46
    2016年03月03日
    新潟の「裸押合大祭」 男衆ぶつかり合い豊穣祈願

    さらし姿の男衆が五穀豊穣や無病息災を願い、本尊を拝もうと体を激しくぶつけ合う奇祭「裸押合大祭(はだかおしあいたいさい)」が3日、新潟県南魚沼市の普光寺毘沙門堂(ふこうじびしゃもんどう)で行われた。約1200年前、坂上田村麻呂(さかのうえたむらまろ)が御堂を建て、部下や村人たちと国家安穏を祈願したことが起源とされる。重さ30キロほどの大きなろうそくを男衆が担いで登場することから「大ローソク祭り」とも呼ばれる。<映像内容>さらし姿の男衆が御堂で掛け声を上げながら体を押し合うなど、熱気に包まれた祭りの様子、撮影日:2016(平成28)年3月3日、撮影場所:新潟県南魚沼市 ※フラッシュの点滅にご注意下さい。

    商品コード: 2020082701285

  • 1