KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 坂下里士
  • 中国
  • 死亡
  • 状況
  • 日本
  • 世界
  • 流れ
  • 構図
  • 米国
  • 皇居

「坂下」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9,371
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
9,371
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐42‐0]

    商品コード: 2017081002712

  • -
    島原藩下屋敷

    この場所は現在三田2丁目の「綱坂」である。右の長屋は肥前島原藩松平家中屋敷となり、坂上の右手が伊豫松山藩松平家中屋敷、坂の左が陸奥会津藩松平家下屋敷。現在右手坂下は慶応義塾大学で坂上はイタリア大使館。左の佐土原藩及び松山藩の屋敷跡は綱町三井倶楽部の敷地になっている。文久3年(1863)撮影と思われる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐20‐0]

    商品コード: 2017080902256

  • -
    諸國瀧廻リ 東海道坂ノ下 清瀧くわんおん, Kiyotaki Kannon Waterfall at Sakanoshita on the Tōkaidō (Tōkaidō Sakanoshita Kiyotaki kannon),

    諸國瀧廻リ 東海道坂ノ下 清瀧くわんおん, Kiyotaki Kannon Waterfall at Sakanoshita on the Tōkaidō (Tōkaidō Sakanoshita Kiyotaki kannon), from the series A Tour of Waterfalls in Various Provinces (Shokoku taki meguri), Edo period (1615–1868), ca. 1832, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, H. 14 3/4 in. (37.5 cm); W. 10 in. (25.4 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405619

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    徳川家康公の墓所、 東照宮奥社への参道である。 うっそうとした巨杉の中に207段の石段が続く。 石段が一枚石であるだけでなく、 石柵も一枚石をくりぬいたものである。 石段を降りると坂下門にいたる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐15‐0]

    商品コード: 2017080201277

  • -
    江戸城 坂下門

    江戸城、坂下門=幕末、東京・江戸、撮影者:フェリーチェ・ベアト、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023031

  • -
    皇居坂下門

    皇居坂下門=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐29‐0]

    商品コード: 2017081002598

  • -
    上野公園

    上野公園黒門通りから不忍池弁天堂参道横に下りる坂道である。まだ公園としての整備が進んでおらず、自然が残されている。坂下に立つ2人の人物から木々の大きさが伝わる。不忍池の周囲もまだ埋め立てられていないため、明治初年の撮影と思われる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐23‐0]

    商品コード: 2017082400646

  • -
    坂下御門元老大官の参内

    キーワード:坂下御門元老大官の参内、葉書=明治後期、撮影場所不明、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018110200126

  • -
    諏訪神社の長坂

    長崎の代表的お祭り「おくんち」の際、神輿をかついで上り下りする坂として有名である。祭りの際にはこの坂の左右に観客席が設けられ、坂下で奉納の演し物が演じられる。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐38‐0]

    商品コード: 2017080201420

  • -
    宮城野の川

    現在の強羅坂下付近から宮城野橋方面を眺めたもの。早川の渓流と釣り人が見える。今は石垣や堰堤で様子が変わっているが、大石は写真と同じものが現存する。両脇の木立や遠くの山(明神岳)の姿も変わらない。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐12‐0]

    商品コード: 2017080200846

  • -
    諸國瀧廻リ 東海道坂ノ下 清瀧くわんおん, Kiyotaki Kannon Waterfall at Sakanoshita on the Tōkaidō (Tōkaidō Sakanoshita Kiyotaki kannon),

    諸國瀧廻リ 東海道坂ノ下 清瀧くわんおん, Kiyotaki Kannon Waterfall at Sakanoshita on the Tōkaidō (Tōkaidō Sakanoshita Kiyotaki kannon), from the series A Tour of Waterfalls in Various Provinces (Shokoku taki meguri), Edo period (1615–1868), ca. 1832, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 14 5/8 x 10 1/4 in. (37.1 x 26 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405633

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐37‐0]

    商品コード: 2017081002729

  • -
    島原藩下屋敷

    この場所は現在三田2丁目の「綱坂」である。右の長屋は肥前島原藩松平家下屋敷となり、坂上の右手が伊豫松山藩松平家中屋敷、坂の左が陸奥会津藩松平家下屋敷。現在右手坂下は慶応義塾大学で坂上はイタリア大使館。左の佐土原藩及び松山藩の屋敷跡は綱町三井倶楽部の敷地になっている。文久3年(1863)撮影と思われる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐5‐0]

    商品コード: 2017081501604

  • -
    皇居坂下門

    皇居坂下門=明治初期、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐115‐0]

    商品コード: 2017081800194

  • -
    Sakanoshita

    Sakanoshita. Print shows travelers enjoying the view of a river and mountains at a rest stop at the Sakanoshita station on the Tokaido Road. Date between 1838 and 1844.、クレジット:Library of Congress/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021060903794

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    江戸城本丸辰巳三重櫓

    坂下門の前から蓮池巽三重櫓と江戸城最長の箪笥多聞(左)を写したもの。明治3年(1870)閏10月7日の蓮池門爆薬庫火災により類焼したと思われるので、それ以前の撮影であろう。カメラアングルが低く見えないが、人力車の向こう側を蛤堀が横切る。右奥に内桜田門が写る。太田道灌築城の時からある門で、太田氏の桔梗紋が家康入城の時も残っていた。桔梗紋にちなみ桔梗門とも呼ばれる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐33‐0]

    商品コード: 2017081401147

  • -
    Sakanoshita

    Sakanoshita, Katsushika, Hokusai, 1760-1849, artist, 1804., 1 print : woodcut, color ; 11.2 x 16.6 cm., Print shows a man, smoking a pipe, and a porter resting on the mountain pass through Sakanoshita on the Tōkaidō Road; the porter gestures toward the view of mountains across the ravine.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019122403372

  • -
    皇居・宮内省

    キーワード:皇居、宮内省、坂下門=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018041300810

  • -
    諸國瀧廻リ 東海道坂ノ下 清瀧くわんおん, Kiyotaki Kannon Waterfall at Sakanoshita on the Tōkaidō (Tōkaidō Sakanoshita Kiyotaki kannon),

    諸國瀧廻リ 東海道坂ノ下 清瀧くわんおん, Kiyotaki Kannon Waterfall at Sakanoshita on the Tōkaidō (Tōkaidō Sakanoshita Kiyotaki kannon), from the series A Tour of Waterfalls in Various Provinces (Shokoku taki meguri), Edo period (1615–1868), ca. 1832, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, H. 14 5/8 in. (37.1 cm); W. 10 3/16 in. (25.9 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405543

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    徳川家康公の墓所、東照宮奥所への参道である。巨杉の中に二百七段の石段がつづく。石段が一枚石であるだけでなく、石棚も一枚石をくりぬいたものである。石段を降りると坂下門にいたる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐41‐0]

    商品コード: 2017080902107

  • -
    皇居坂下門と本丸辰巳三重櫓

    江戸城の坂下門が壕の向こう側の左手に見え、右手には本丸辰巳三重櫓が見える。この写真が撮られた翌年の明治3年に火薬庫の爆発によって正面に見える多門壕と三重櫓は消失した。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐23‐0]

    商品コード: 2017080902249

  • -
    東山手12番館

    東山手の丘の右手には明治元年(1868)に建設された東山手12番館。後にアメリカ領事館となる。その左奥は後の梅香崎女学校。坂下手前は長崎逓信管理局邸逓信生寄宿舎となる大浦28番Bの洋館。その左は幕末からある東山手15番の大型建物。その右奥は16番館(現在グラバー園横に移転)である。山手にはまだ建物がほとんど見られない。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐34‐0]

    商品コード: 2017081601051

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐45‐0]

    商品コード: 2017081401288

  • -
    日光東照宮眠猫

    奥社参道潜門長押上に眠猫の彫刻がある。 牡丹の花の中で眠っている猫は名工左甚五郎の作と言われている。 この下を通って坂下門を抜けると東照宮奥社にいたる参道となる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐25‐0]

    商品コード: 2017080200954

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐24‐0]

    商品コード: 2017081002686

  • -
    東山手のラッセル館

    右上に活水学院草創期の本館校舎ラッセル館。その下は東山手12番館(国指定重要文化財)である。東山手の中腹から撮影している。オランダ坂と活水学院石垣のほぼ全景が見えている。坂下のベランダに赤い干し物が見える建物は、のちに長崎逓信管理局逓信生寄宿舎となる洋館。明治20年(1887)頃の撮影。=明治中期、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号58‐10‐0]

    商品コード: 2017081400548

  • -
    白滝不動尊への石段と茶屋

    根岸不動坂下の白滝不動尊への登り口。石段上に本堂の屋根が見える。白滝不動尊は、根岸村の村民によって祀られていたが、明治維新時の神仏分離を経て白滝山不動院となり、現在も宝積寺の境外仏堂として存続。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐87‐0]

    商品コード: 2017080903302

  • 1904年12月31日
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮の奥社(徳川家康の墓所)へ続く石段のステレオ写真。東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。=1904(明治37)年、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐58‐0]

    商品コード: 2017081401649

  • 1929年03月28日
    日本電報通信社資料

    賜謁のため皇居に参内する議員の車列=1929(昭和4)年3月28日、皇居・坂下門(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929032800001

  • 1929年09月30日
    日本電報通信社資料

    内親王殿下誕生で、急遽参内する乳人の竹村玉恵さん(中央)=1929(昭和4)年9月30日、宮城・坂下門(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011082900246

  • 1929年10月01日
    日本電報通信社資料

    内親王殿下誕生で、急遽出仕する乳人の奥野知恵子さん=1929(昭和4)年10月1日、宮城・坂下門(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011082900250

  • 1929年11月23日
    日本電報通信社資料

    浅草の加島十兵衛氏が醸造した新嘗祭御用のお神酒は古式にのっとり宮内省に納入された。新嘗祭は23日深夜から24日未明に掛けて行われた=1929(昭和4)年11月23日、宮城の坂下門(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929112300001

  • 1930年02月11日
    日本電報通信社資料

    宮中紀元節の御例祭に参内する文武百官を乗せた車=1930(昭和5)年2月11日、坂下門(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012032600240

  • 1931年01月05日
    日本電報通信社資料

    宮中新年宴会を終え退出する百官=1931(昭和6)年1月5日、坂下門前(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013032500280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年03月21日
    日本電報通信社資料

    文久2年1月に起きた坂下門事件(老中安藤信正暗殺未遂事件、坂下門外の変)の70周年にあたり、事件で死亡した勤王志士の慰霊祭が行われた。写真手前右から発起人の田中光顕伯、頭山満翁=1932(昭和7)年3月21日、東京・九段の靖国神社(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009051100122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年05月15日
    日本電報通信社資料

    五・一五事件。坂下門前で警備する憲兵隊員たち=1932(昭和7)年5月15日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932051500021

  • 1932年06月27日
    日本電報通信社資料

    宮中の楓山御養蚕所で奉仕する光栄の女性たち。左より教婦皆川タイ子大矢サヨ子、山下アヤ子、平田スギ子=1932(昭和7)年6月27日、坂下門(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932062700002

  • 1932年09月22日
    日本電報通信社資料

    天皇陛下に拝謁し、退出するロサンゼルス五輪馬術監督の遊佐幸平大佐(左から3人目)と障害で優勝の西竹一中尉(右端)ら選手たち=1932(昭和7)年9月22日、皇居・坂下門(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932092200001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月29日
    九段坂下付近の警備 二・二六事件(2・26事件)

    戒厳司令部が設置された軍人会館のある九段坂下付近を警備する鎮圧部隊兵士。右奥は靖国神社=1936(昭和11)年2月27から29日までの間のいずれか

    商品コード: 2009122500119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月29日
    九段坂下の市民 二・二六事件(2・26事件)

    戒厳司令部の置かれた九段坂下の軍人会館付近に集まった市民。右奥は靖国神社、道路挟んで左手に軍人会館がある(写真には写っていない)=1936(昭和11)年2月27日から29日までの間のいずれか

    商品コード: 2009122500120

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月29日
    戒厳司令部周辺を警備 二・二六事件(2・26事件)

    戒厳司令部が置かれた軍人会館(右上、現九段会館)近くの九段坂下交差点に土のうを築き警備する鎮圧部隊=1936(昭和11)年2月27日から29日までの間のいずれか

    商品コード: 2009122500129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月29日
    九段坂下の鎮圧部隊 二・二六事件(2・26事件)

    戒厳司令部の置かれた軍人会館近くで、警備の合間に食事を摂る鎮圧部隊。左後方は靖国神社方向=1936(昭和11)年2月26日から29日までの間のいずれか

    商品コード: 2009121100234

  • 1945年03月15日
    参内する陸士卒業生

    皇居に参内する陸士卒業生=1945(昭和20)年3月15日、皇居・坂下門

    商品コード: 2014081900106

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年12月31日
    上空より見た宮内省 焼け野原の東京

    上空より見た宮内省(中央右、現宮内庁)。手前が坂下門、中央左はこの年5月の空襲で焼失した明治宮殿跡。新宮殿の再建は昭和天皇の意向もあり昭和43年の完成を見るまで成されなかった=昭和20年

    商品コード: 1945121050024

  • 1945年12月31日
    焼け野原になった東京

    空襲を受け焼け野原になった東京、大手町上空より皇居・坂下門・宮内省(当時)を望む=1945(昭和20)年(撮影月日不明)

    商品コード: 2004021800091

  • 1946年05月12日
    「米よこせ」世田谷区民大会

    皇居・坂下門に押しかけた世田谷区民=1946(昭和21)年5月12日(21年内地1085)

    商品コード: 2006091200642

  • 1946年05月18日
    宮内省におわび

    世田谷区民の宮城デモで、宮内省におわびを言上する区民代表=1946(昭和21)年5月18日、皇居・坂下門

    商品コード: 2014061600310

  • 1946年11月22日
    米俵運ぶ農民たち 宮内省へ献上米

    天皇に献上する米俵を運ぶ農民たち=1946(昭和21)年11月22日、皇居・坂下門

    商品コード: 1946112250001

  • 1948年06月09日
    枢機卿、陛下と会見

    天皇陛下との会見を終え、坂下門より退出するスペルマン枢機卿(左)=1948(昭和23)年6月9日(連424、旧連2084)

    商品コード: 2017041700367

  • 1948年06月15日
    皇居前にみこし

    皇居坂下門前に繰り出した赤坂日枝神社の夏祭りみこし=1948(昭和23)年6月15日

    商品コード: 2014052200273

  • 1948年08月16日
    皇宮婦人護衛官誕生

    皇宮婦人護衛官が誕生。写真は皇居坂下門で配置を前に実地訓練をする皇宮婦人護衛官=1948(昭和23)年8月16日

    商品コード: 2004033000351

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1949年05月13日
    交代する日本の警察官 皇居の警備を日本の警察で

    連合軍警備兵と交代する日本の警察官=1949(昭和24)年5月13日、皇居・坂下門

    商品コード: 1949051350001

  • 1956年02月27日
    官公労デモ国会へ

    三宅坂下に集まったデモ隊=1956(昭和31)年2月27日

    商品コード: 2012040200253

  • 1956年04月12日
    皇居

    皇居・坂下門と宮内庁、手前右は蛤濠=1956(昭和31)年4月12日

    商品コード: 2016071300354

  • 1956年04月12日
    皇居

    皇居・坂下門と宮内庁=1956(昭和31)年4月12日

    商品コード: 2016071300356

  • 1956年07月17日
    東北地方南部に豪雨禍

    水浸しになった福島県会津坂下町=1956(昭和31)年7月17日(31年内地3338)

    商品コード: 2006091200588

  • 02:02.36
    1959年07月26日
    「福島民報」「民報ニュース」都市対抗野球

    第30回都市対抗野球。清峰伸銅(会津坂下)の入場行進。京都の日本新薬との第一戦。彼岸獅子が応援。1-1の5回裏、コバヤシユウジを2塁に置いてガンベが右前二塁打。コバヤシホームイン。サノの内野安打でガンベホームイン。4ー2で勝利。大会6日目、ナイターで大昭和と対戦し敗れる。撮影日:1959(昭和34)年7月26日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032704759

  • 1960年02月24日
    親王誕生を祝う一般参賀

    坂下門を通り長い列を作る一般参賀の人たち=1960(昭和35)年2月24日

    商品コード: 2011101800109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1960年10月24日
    新最高裁長官に横田喜三郎氏

    最高裁長官就任が決まった横田喜三郎氏=1960(昭和35)年10月24日、東京都文京区坂下町の自宅(35年内地7625)

    商品コード: 2012032800231

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.80
    1961年12月31日
    「福島民報」「民報ニュース」自衛隊、田植えに活躍 原町

    田植え時。陸上自衛隊福島駐屯部隊のコンノ三尉ら35人が人手不足の原町の農家の応援に。3日間の田植え作戦が開始。列をそろえて田んぼに向かう自衛隊員は、田植え経験者が多く農家が驚くほどの能率の良さ。この時期、福島、郡山の駐屯部隊から会津坂下、白河、双葉郡方面に、延べ1500人が出動した。お茶を飲みながら休憩する「中休み」の様子も。 撮影日:1961(昭和36)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080505112

  • 1968年01月02日
    新年の一般参賀

    坂下門から入る一般参賀の列=1968(昭和43)年1月2日

    商品コード: 2011021000431

  • 1969年01月02日
    手製のパチンコと玉 天皇にパチンコ玉発射

    奥崎謙三容疑者が一般参賀で天皇に向けパチンコ玉を発射した手製のパチンコ(ゴム銃)=1969(昭和44)年1月2日、皇宮警察坂下署

    商品コード: 2010101300289

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1971年06月02日
    老齢年金、初の証書交付

    内田厚相(左)から第1号の国民老齢年金の証書を受け取る坂下由太郎さん=1971(昭和46)年6月2日、東京都杉並区高井戸の社会保険庁(46年内地2917)

    商品コード: 2010110900074

  • 1971年09月25日
    中核派、皇居に乱入

    天皇訪欧反対を叫んで皇居に乱入した中核派学生が発炎筒を投げた現場=1971(昭和46)年9月25日、皇居・坂下門前

    商品コード: 2011012600187

  • 1972年01月21日
    宮益坂下 渋谷駅付近

    宮益坂下付近=1972(昭和47)年1月21日、東京都渋谷区

    商品コード: 2018121716082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年01月30日
    出稼ぎ労務者生き埋め

    生き埋めになった和田さんの救出作業をする消防署員ら=1974(昭和49)年1月30日、東京・板橋区坂下

    商品コード: 2005062700076

  • 1982年09月11日
    スポーツ関連

    日中正常化10周年を記念して、1982年8月14日、世界第2の高峰K2の中国側からの初登頂に成功し、両国の国旗を掲げる坂下直枝氏=1982年9月11日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2016121000327

  • 1986年04月08日
    道玄坂下交差点付近 国鉄渋谷駅前

    国鉄渋谷駅前の道玄坂下交差点付近。右奥に「ファッションコミュニティー109(現SHIBUYA 109)」ビルが見える=1986(昭和61)年4月8日、東京・渋谷

    商品コード: 2014070800399

  • 1986年12月31日
    ファッションコミュニティ109 東急グループの旗艦店

    道玄坂下交差点前に建つ、東急グループの旗艦店「ファッションコミュニティ109(現・SHIBUYA109)」=1986(昭和61)年頃、東京・渋谷

    商品コード: 2014070900700

  • 1988年09月25日

    皇室 26958 ◎雨の中、記帳の人、人 傘で埋まる坂下門前 天皇陛下のお見舞いの記帳をするため、次々に訪れる人でいっぱいの皇居・坂下門=1988(昭和63)年9月25日(1988年国内十大ニュース2)

    商品コード: 2009082600147

  • 1988年09月26日
    天皇陛下のご回復願い 幕内力士が皇居で記帳

    天皇陛下のご回復を願い記帳に訪れた左から朝潮、北天佑、旭富士の3大関=26日午前11時30分すぎ、皇居・坂下門(朝潮太郎、北天佑勝彦、旭富士正也)

    商品コード: 1988092600055

  • 1988年09月26日
    天皇陛下のご回復願い 幕内力士が皇居で記帳

    天皇陛下のご回復を願い記帳する高砂親方(前列左端)=1988(昭和63)年9月26日午前11時35分、皇居・坂下門(朝潮太郎)(1988年国内十大ニュース2)

    商品コード: 1988092600053

  • 1988年09月26日
    天皇陛下のご回復願い 幕内力士が皇居で記帳

    天皇陛下のご回復を願い皇居にお見舞の記帳に訪れた幕内力士、左から二人目は小錦=1988(昭和63)年9月26日撮影、皇居・坂下門前、カラーネガ

    商品コード: 1988092600056

  • 1988年09月26日
    幕内力士らが皇居で記帳 天皇重体で自粛ムード一色に

    天皇陛下のご回復を願い記帳する高砂親方(前列左端)=1988(昭和63)年9月26日午、皇居・坂下門 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P148)

    商品コード: 2015051200459

  • 1988年09月28日
    記帳する鈴木選手 陛下、吐血から10日目

    天皇陛下のお見舞いの記帳をするソウル五輪・金メダリスト鈴木大地選手=1988(昭和63)年9月28日、皇居・坂下門

    商品コード: 2020032417220

  • 1988年09月30日
    ショルダーホン

    ショルダーホン101型で通話する男性=1988(昭和63)年9月30日、皇居・坂下門前

    商品コード: 2015031700520

  • 1988年10月03日
    中野浩一さん プロ自転車の中野さん記帳

    天皇陛下の見舞いの記帳を終えたプロ自転車の中野浩一さん=1988(昭和63)年10月3日午後4時5分、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021101910687

  • 1988年10月03日
    緊張する皇居・坂下門 地下鉄の2駅で紙袋爆発

    地下鉄千代田線の大手町駅と二重橋前で爆発騒ぎがあり、皇居・坂下門前で警備に当たる警官=1988(昭和63)年10月3日午前9時50分

    商品コード: 2021101808471

  • 1988年10月04日
    警備に当たる皇宮警察官 フル回転の皇宮警察

    天皇陛下が吐血されて以来16日目を迎え、24時間態勢で警備に当たる皇宮警察官=1988(昭和63)年10月4日午前8時30分、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021101910660

  • 1988年10月04日
    坂下門の記帳者 記帳の列が続く

    重体が続いている天皇陛下の見舞いの記帳に向かう人たち=1988(昭和63)年10月4日午前9時、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021101910662

  • 1988年10月04日
    外国人旅行者も記帳 天皇陛下ご重体

    天皇陛下の見舞いの記帳を終え、皇居・坂下門を後にする外国人旅行者=1988(昭和63)年10月4日午前9時40分(昭和天皇)

    商品コード: 2021101910664

  • 1988年10月04日
    夜の皇居前の記帳者 陛下、微熱傾向続く

    終了間近になっても天皇陛下の見舞いの記帳に訪れる勤め帰りの人たち=1988(昭和63)年10月4日午後5時50分、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021101910665

  • 1988年10月05日
    頭を下げる人たち 重体が続く天皇陛下

    天皇陛下の見舞いの記帳を終え、皇居に向かい頭を下げる人たち=1988(昭和63)年10月5日午前9時5分、皇居・坂下門

    商品コード: 2021101910683

  • 1988年10月05日
    雨の坂下門 陛下、微熱続く

    夕方から雨が降り、天皇陛下の見舞いの記帳に訪れる人も少なくなった皇居・坂下門=1988(昭和63)年10月5日午後6時30分

    商品コード: 2021101910684

  • 1988年10月06日
    手を合わせる修学旅行生 修学旅行生も記帳に

    小雨の中、皇居・坂下門の前で、手を合わせる修学旅行生=1988(昭和63)年10月6日午前9時

    商品コード: 2021110507115

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1988年10月07日
    皇居・坂下門 秋空の下で記帳続く

    台風24号の上陸の恐れがなくなり、秋空の下で記帳に並ぶ人たち=1988(昭和63)年10月7日午前9時、皇居・坂下門

    商品コード: 2021110507077

  • 1988年10月08日
    記帳者の女性 若者は記帳もライト感覚で

    天皇陛下の回復を願って皇居を訪れる記帳者の中には若い女性の姿も目立つ=1988(昭和63)年10月5日午後、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021110507080

  • 1988年10月08日
    斉藤仁選手 金メダルの斉藤、記帳

    天皇陛下の見舞いの記帳を終えたソウル五輪柔道の金メダリスト斉藤仁選手=1988(昭和63)年10月8日午前9時33分、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021110507081

  • 1988年10月09日
    夕暮れまで続く記帳 陛下、吐血から3週間

    夕暮れ時、記帳を終え皇居を後にする人たち=1988(昭和63)年10月9日午後6時、皇居・坂下門

    商品コード: 2021110507092

  • 1988年10月09日
    記帳を終えた人たち 陛下、吐血から3週間

    日曜日で大勢の人たちが記帳に訪れた=1988(昭和63)年10月9日午後、皇居・坂下門

    商品コード: 2021110507105

  • 1988年10月09日
    米陸上選手が皇居へ 陛下、吐血から3週間

    記帳のため皇居を訪れた米陸上三段跳びのウィリー・バンクス選手(左)=1988(昭和63)年10月9日午後、皇居・坂下門

    商品コード: 2021110805899

  • 1988年10月10日
    皇居・坂下門 開門待つ記帳者の列

    好天の下、早朝から開門を待つ記帳者の列=1988(昭和63)年10月10日午前8時10分、皇居・坂下門

    商品コード: 2021110805900

  • 1988年10月10日
    記帳簿を運ぶ宮内庁職員 記帳簿の扱い白紙状態

    天皇陛下の見舞いの記帳簿を運ぶ宮内庁職員=1988(昭和63)年10月10日午後6時、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021110805921

  • 1988年10月16日
    記帳する少女 陛下のご回復を祈る

    真剣なまなざしで記帳する少女=1988(昭和63)年10月16日午前9時、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021110907731

  • 1988年10月16日
    回復を祈る女性たち 陛下のご回復を祈る

    天皇陛下の回復を祈る女性たち=1988(昭和63)年10月16日午前9時、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021110907733

  • 1988年10月16日
    記帳に訪れた人たち 陛下のご回復を祈る

    好天に恵まれた日曜日、天皇陛下の回復を祈り記帳に訪れた人たち=1988(昭和63)年10月16日午後2時40分、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021110907736

  • 1988年10月17日
    皇居全景 陛下、ご闘病1カ月

    天皇陛下が吐血され慌ただしい皇居の森 (1)緊張が続く「吹上御所」(2)容体の発表が行われる「宮内庁」(3)皇太子さまが公務する「宮殿」(4)回復を祈る人たちが訪れる「皇居前広場」(5)皇太子ご一家が出入りする「半蔵門」(6)関係者が出入りする「乾門」(7)記帳が行われている「坂下門」(8)血液輸送車が入る「桔梗門」=1987(昭和62)年1月6日

    商品コード: 2021110908294

  • 1988年10月17日
    皇居・坂下門前 陛下、ご闘病1カ月

    天皇陛下が9月19日に大量吐血してから1カ月、記帳に訪れる人も数少なくなった皇居・坂下門前=1988(昭和63)年10月17日午前8時50分(昭和天皇)

    商品コード: 2021110908295

  • 1988年10月17日
    団長の星野明さん 押し花、アルバム手に記帳

    天皇陛下に差し上げたいとブラジルから持参した押し花を手にする第21次海外移住者母国訪問団団長の星野明さん=1988(昭和63)年10月17日午後1時15分、皇居・坂下門前(昭和天皇)

    商品コード: 2021110908297

  • 1988年10月17日
    移民の波野さん 押し花、アルバム手に記帳

    71年ぶりに南米ボリビアから帰国、天皇陛下の回復を願い記帳する移民の波野清五郎さん=1988(昭和63)年10月17日午後1時20分、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021110908302

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...