KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 完成
  • 全長
  • 橋脚
  • 削減
  • 鉄筋
  • ロボットアーム
  • 作業員
  • 資料

「型枠」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
194
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
194
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1979年03月15日
    Building site Gewandhaus Leipzig

    15 March 1979, Saxony, Leipzig: On the construction site of the Leipzig Gewandhaus at Karl-Marx-Platz in Leipzig (now Augustusplatz), construction workers from the Bau- und Montagekombinat Süd (BMK) were working on the formwork on 15 March 1979. Photo: Volkmar Heinz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602333

  • 1979年03月15日
    Building site Gewandhaus Leipzig

    15 March 1979, Saxony, Leipzig: On the construction site of the Leipzig Gewandhaus at Karl-Marx-Platz in Leipzig (now Augustusplatz), construction workers from the Bau- und Montagekombinat Süd (BMK) were working on the formwork on 15 March 1979. In the background at the main post office is the word “progress“. Photo: Volkmar Heinz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602410

  • 1979年03月15日
    Building site Gewandhaus Leipzig

    15 March 1979, Saxony, Leipzig: On the construction site of the Leipzig Gewandhaus at Karl-Marx-Platz in Leipzig (now Augustusplatz), construction workers from the Bau- und Montagekombinat Süd (BMK) were working on the formwork on 15 March 1979. Photo: Volkmar Heinz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602228

  • 1979年11月30日
    Building site Gewandhaus Leipzig

    30 November 1979, Saxony, Leipzig: On the construction site of the Leipzig Gewandhaus at Karl-Marx-Platz in Leipzig (now Augustusplatz), construction workers from the Bau- und Montagekombinat Süd (BMK) are working on the formwork for a supporting column. In the background, the opera house (left) and the Wintergartenhochhaus as well as the main post office (right). Exact date of photograph not known. Photo: Volkmar Heinz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602435

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年02月23日
    橋台 橋台崩れ落ち7人重軽傷

    崩れ落ちた橋台の型枠=23日午後3時50分ごろ、秋田市下北手柳館

    商品コード: 1995022300079

  • 2001年11月17日
    氷の板で作るかまくら

    )、企画391S、19日付朝刊以降使用  特殊な型枠で作った五角形や六角形の氷の板を使って組み立てるかまくら「クリスタルドーム」

    商品コード: 2001111700036

  • 2002年09月04日
    印刷される北朝鮮の国旗 北朝鮮旗の本格製作始まる

    釜山アジア大会で使用される朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国旗の製作が韓国で本格的に始まった。韓国・大邱市の町工場は、熱気でむせ返っている。長さ約30メートルの白い布が何本も広げられ、旗一枚分の型枠に手作業でインクを乗せ、一気に印刷する。旗は裁断、縫製されたあと釜山に運ばれアジア大会の競技場など、関係各所に掲揚される=4日(共同)

    商品コード: 2002090400183

  • 02:56.87
    2007年07月05日
    立方体メロンを初出荷 愛知、1万5百円

    愛知県立渥美農業高校(田原市)の生徒が発案したサイコロのような形のメロン「カクメロ」を、豊橋市や田原市の農家が5日、初出荷した。インターネット「JAタウン」などを通じて、首都圏を中心にした全国に1個1万500円で100個を出荷する予定だ。カクメロは、マスクメロンに鉄製の型枠をはめ、立方体になるよう栽培した。今年1月に、同校と地元の2つの農協が共同で特許を取得した<映像内容>「カクメロ」を収穫する栽培農家、豊橋の農協で出荷準備をする渥美農業高校の生徒たち、メロンの糖度を測る担当教諭、特徴についてコメントする生徒、撮影日:2007(平成19)年7月5日、撮影場所:愛知県立豊橋市

    商品コード: 2020020702113

  • 2007年11月21日
    頭を下げる横内社長ら 栗本鉄工所が強度改ざん

    高速道路橋梁の鉄製型枠の強度数値改ざんで、頭を下げる栗本鉄工所の横内誠三社長(中央)ら=21日午後6時44分、大阪市西区

    商品コード: 2007112100210

  • 2007年11月21日
    会見に臨む横内社長 栗本鉄工所が強度改ざん

    高速道路橋梁の鉄製型枠の強度数値改ざんで、記者会見に臨む栗本鉄工所の横内誠三社長=21日午後4時20分、大阪市西区

    商品コード: 2007112100222

  • 2007年11月21日
    会見する横内社長 栗本鉄工所が強度改ざん

    高速道路橋梁の鉄製型枠の強度数値改ざんで、記者会見する栗本鉄工所の横内誠三社長=21日午後4時24分、大阪市西区

    商品コード: 2007112100219

  • 2007年12月05日
    記者会見する横内社長ら 栗本鉄工所社長が引責辞任

    高速道路などの橋に使われる型枠強度試験のデータ改ざんについて記者会見する、栗本鉄工所の横内誠三社長(手前)と福井秀明常務=5日午後、大阪市西区

    商品コード: 2007120500166

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年12月27日
    頭を下げる栗本鉄工社長ら 栗本鉄工の強度改ざん

    型枠の強度試験のデータ改ざん問題で記者会見し、頭を下げる栗本鉄工所の横内誠三社長(右)ら=27日午後、大阪市北区

    商品コード: 2007122700177

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年12月27日
    会見する横内社長 栗本鉄工の強度改ざん

    型枠の強度試験のデータ改ざん問題で記者会見する栗本鉄工所の横内誠三社長=27日午後、大阪市北区

    商品コード: 2007122700176

  • 2009年06月30日
    粘土ブロックを作る作業員 破壊家屋、がれきで再建

    6月22日、ガザ市の建設現場でブロックの型枠にバケツから粘土を流し込む作業員(共同)

    商品コード: 2009063000206

  • 2010年01月21日
    型にはまるな

    米映画俳優組合の式典で贈呈される像。型枠を使った製造過程が分かります。でも、受賞者はぜひとも型にはまらない演技を。(ロイター=共同)

    商品コード: 2010012100139

  • 2014年01月24日
    ハート形のレモン ハートのレモン、形よく

    改良した型枠で作ったハート形レモン

    商品コード: 2014012400006

  • 2014年01月24日
    ハート形レモンと野田さん ハートのレモン、形よく

    ハート形の型枠で育ったレモンを手にするJA三原の野田泰三さん=2013年12月、広島県尾道市の生口島

    商品コード: 2014012400005

  • 2014年11月01日
    窯業センターの皇太子さま 長崎県の窯業センター視察

    長崎県窯業技術センターを訪れ、精度が高い型枠を作るデジタル造形室を視察される皇太子さま=1日午後、長崎県波佐見町(代表撮影)

    商品コード: 2014110100474

  • 2014年11月01日
    造形室視察の皇太子さま 長崎県の窯業センター視察

    長崎県窯業技術センターを訪れ、精度が高い型枠を作るデジタル造形室を視察される皇太子さま=1日午後、長崎県波佐見町(代表撮影)

    商品コード: 2014110100476

  • 2016年08月08日
    シート張り付け作業 建造工程の一部を公開

    報道陣に公開された、アメリカズカップ本大会で使用する艇の建造工程で、型枠にカーボン製のシートを張り付けていく作業=8日午後、愛知県蒲郡市

    商品コード: 2016080801370

  • 03:43.49
    2017年05月01日
    沖縄県 米軍基地 辺野古 砕石 普天間 抗議 空撮 大量の砕石、投入へ用意 辺野古埋め立て1週間

    政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工して2日で1週間。護岸の付け根に当たる砂浜上で作業が進み、近くでは500個以上の砕石入り袋や約60個の消波ブロックが投入に向け用意されている様子が確認できた。近くの米軍キャンプ・シュワブ内では、大量の砕石入り袋が整然と並べられていた。生コンクリートと型枠で消波ブロックを製造する施設も見え、傍らに完成したブロックが置かれていた。〈映像内容〉辺野古沿岸部埋め立て現場付近の空撮。並んだ砕石入り袋や、消波ブロックを製造する型枠など。

    商品コード: 2017090201430

  • 2017年09月04日
    三角屋根の食べるアート

    お菓子の家を作る際に使う、屋根やモミの木の型枠を持つパティシエのダニエレ・ペリトーレさん=ドイツ・ケルン(共同)

    商品コード: 2017090400385

  • 01:05.56
    2017年11月06日
    「東奥日報」戌の置物制作進む/五所川原市・津軽金山焼

    青森県五所川原市の津軽金山焼で来年の干支(えと)「戌(いぬ)」の製作が行われている。6日は担当者が、幸せな新年が訪れるよう願いながら石こう製の型枠から粘土を取り外す作業などにあたっていた。<映像内容>津軽金山焼の工房で来年の干支の製作をする風景、様々な戌の金山焼、工房の前に十二支の金山焼が並んでいる。撮影日:2017年11月6日、撮影場所:五所川原市津軽金山焼 クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2017112900702

  • 2018年05月22日
    中国でアルミ型枠の普及進む、建築業の環境配慮型発展に寄与

    22日、昌宜(天津)模板租賃有限公司の倉庫内に保管されたアルミニウム合金製型枠。中国の建築工事現場ではこれまで、木製の型枠が多く使用されてきた。平面度はそこそこで、大量の木材を消費するだけでなく、再利用することができなかった。ところが近年、アルミニウム合金製型枠の出現によって、こうした状況に変化が見られるようになった。アルミ型枠は環境に優しく、再利用が可能であり、完成した建築物の状態がより良いなどの長所を持ち、中国建築業界の環境配慮型への転換を手助けすることが期待されている。(天津=新華社記者/毛振華)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700387

  • 2018年05月22日
    中国でアルミ型枠の普及進む、建築業の環境配慮型発展に寄与

    22日、昌宜(天津)模板租賃有限公司のアルミニウム合金製型枠。中国の建築工事現場ではこれまで、木製の型枠が多く使用されてきた。平面度はそこそこで、大量の木材を消費するだけでなく、再利用することができなかった。ところが近年、アルミニウム合金製型枠の出現によって、こうした状況に変化が見られるようになった。アルミ型枠は環境に優しく、再利用が可能であり、完成した建築物の状態がより良いなどの長所を持ち、中国建築業界の環境配慮型への転換を手助けすることが期待されている。(天津=新華社記者/毛振華)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700378

  • 2018年05月22日
    中国でアルミ型枠の普及進む、建築業の環境配慮型発展に寄与

    22日、アルミニウム合金製型枠をセットする作業員。中国の建築工事現場ではこれまで、木製の型枠が多く使用されてきた。平面度はそこそこで、大量の木材を消費するだけでなく、再利用することができなかった。ところが近年、アルミニウム合金製型枠の出現によって、こうした状況に変化が見られるようになった。アルミ型枠は環境に優しく、再利用が可能であり、完成した建築物の状態がより良いなどの長所を持ち、中国建築業界の環境配慮型への転換を手助けすることが期待されている。(天津=新華社記者/毛振華)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700376

  • 2018年05月22日
    中国でアルミ型枠の普及進む、建築業の環境配慮型発展に寄与

    22日、昌宜(天津)模板租賃有限公司のアルミニウム合金製型枠。中国の建築工事現場ではこれまで、木製の型枠が多く使用されてきた。平面度はそこそこで、大量の木材を消費するだけでなく、再利用することができなかった。ところが近年、アルミニウム合金製型枠の出現によって、こうした状況に変化が見られるようになった。アルミ型枠は環境に優しく、再利用が可能であり、完成した建築物の状態がより良いなどの長所を持ち、中国建築業界の環境配慮型への転換を手助けすることが期待されている。(天津=新華社記者/毛振華)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700377

  • 2018年08月21日
    dpa-Story: Major construction site Stuttgart 21

    21 August 2018, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: The formwork for the goblet cup supports is located on the construction site of the railway project Stuttgart 21. (to dpa-Story: “Gro゚baustelle Stuttgart 21“ from 08.11.2018) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110925250

  • 2018年10月16日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋模型の破壊試験の現場。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801052

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: The sun shines on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg behind the concrete formwork into which the bridge is poured. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533526

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533597

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533451

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533576

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533394

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533556

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533509

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102531914

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102531727

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102531750

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: The sun shines on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg behind the concrete formwork into which the bridge is poured. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533418

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102531756

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Muehlhausen im Taele: 19 October 2018, Germany, Muehlhausen im Taele: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg over the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102531861

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Two men walk along the concrete formwork into which the bridge is poured on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533508

  • 2018年10月19日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    19 October 2018, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102533567

  • 2018年10月28日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    清華大学が独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによって製造された歩行者専用橋の構造部材。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801062

  • 2018年11月15日
    Room made of gold in Essen

    15 November 2018, North Rhine-Westphalia, Essen: The “gold room“ of the artist Hildegard Stephan stands in front of the cathedral treasure next to the sculpture of Franz Cardinal Hengsbach. The four-metre high cube, which can be used as a place of silence, is completely lined with 23-carat gold leaf and covered on the outside with a stone-grey glazed spruce planking. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111932870

  • 2018年11月16日
    First cup support for Stuttgart 21 to be struck

    16 November 2018, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: A piece of the formwork for the concrete casting will be moved away from the cup support after completion of the first cup support on the construction site of the future main station in Stuttgart. 28 calyx supports are being built as part of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112200116

  • 2018年11月16日
    First cup support for Stuttgart 21 to be struck

    16 November 2018, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: A piece of the formwork for the concrete casting will be moved away from the cup support after completion of the first cup support on the construction site of the future main station in Stuttgart. 28 calyx supports are being built as part of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112200069

  • 2018年11月16日
    Cup support near Stuttgart 21

    16 November 2018, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: A piece of the formwork for the concrete casting will be removed after completion of the first cup column on the construction site of the future main station in Stuttgart. 28 calyx supports are being built as part of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112200972

  • 2018年11月25日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    清華大学が独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによって製造された歩行者専用橋の手すり。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2018(平成30)年11月25日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801037

  • 2018年12月10日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    清華大学が独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによって製造された歩行者専用橋の床版(しょうばん)。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801036

  • 2019年01月03日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    上空から見た3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋南側の様子。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801057

  • 2019年01月13日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋北西側の様子。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801073

  • 2019年01月13日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋南東側の様子。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801017

  • 2019年01月13日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋の夜間ライトアップの様子。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801042

  • 2019年01月14日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋の細部。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801076

  • 2019年01月14日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋の細部。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801046

  • 2019年01月17日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    空から見た3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋が池に架かっている様子。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801054

  • 2019年02月28日
    河南省辛店遺跡の鋳銅遺構、商代末期では発掘史上最大規模に

    辛店遺跡で見つかった材料の土を採取したとみられる大型土坑。(資料写真)中国河南省安陽市の辛店遺跡では、これまでの発掘調査で4千平方メートルの範囲から青銅の溶解、鋳造、研磨加工が一体となった鋳銅工房跡が複数見つかった。商(殷)代(紀元前17世紀~同11世紀)末期の大型青銅礼器や鋳銅用の型枠、原型も出土したことから、これまでに発見された商代末期の鋳銅遺構の中で最大の面積を持つことが考古学的に証明された。(安陽=新華社配信)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403106

  • 02:13.54
    2019年03月08日
    「新華社」清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンタシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(記者/孫琪、夏子麟)<映像内容>3Dプリンターでコンクリート歩行者専用橋製作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100365

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303233

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302935

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers are standing on the concrete formwork of the construction site of the Filstal Bridge. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303144

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302912

  • 2019年03月11日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋の東西方向の断面図。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801053

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303032

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303281

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303098

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031503732

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302932

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302937

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302934

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303195

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303129

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302936

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303322

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031503469

  • 2019年03月11日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋の平面図。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801018

  • 2019年03月11日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋西側のイメージ図。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801049

  • 2019年03月11日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    清華大学が独自開発したロボットアーム式3Dプリンター。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801055

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302933

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers are standing on the concrete formwork of the construction site of the Filstal Bridge. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302989

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302981

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031206396

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers are standing on the concrete formwork of the construction site of the Filstal Bridge. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031503665

  • 2019年03月11日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋の南北方向の断面図。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801019

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 railway project. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031503369

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302909

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303136

  • 2019年03月11日
    清華大学、3Dプリンターで歩行者専用橋を製作

    3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋南東側のイメージ図。(資料写真)中国の清華大学はこのほど、独自開発したロボットアーム式3Dプリンターによるコンクリート製品製造技術を用い、現時点で世界最大規模の3Dプリンター製作コンクリート歩行者専用橋を完成させた。橋の全長は26・3メートル、幅3・6メートルで、隋代に建設された趙州橋を参考に設計。荷重を支えるためシングルアーチ構造を採用しており、橋脚の間隔は14・4メートルとなっている。橋梁本体のプリントは2台のロボットアーム式3Dプリンターシステムを用いて行い、450時間をかけて全てのコンクリート部材を「プリントアウト」した。同規模の橋梁と比べ、建設費用は3分の2程度に収まった。主要部分のプリントや施工に型枠や鉄筋を用いておらず、工事費用を大幅に削減した。この歩行者専用橋の定員は600人だという。(北京=新華社配信/清華大学提供)=撮影日不明、クレジット:清華大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801045

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers pour concrete into the formwork on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303183

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Workers are standing on the concrete formwork of the construction site of the Filstal Bridge. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302976

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: Part of the concrete formwork has already been pushed forward into the valley on the construction site of the Filstal Bridge on the Aichelberg. In the background you can see the two tunnel tubes for the train traffic. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031302911

  • 2019年03月11日
    Construction of the Filstal bridge on the Aichelberg

    11 March 2019, Baden-Wuerttemberg, Mühlhausen im Täle: A piece of the concrete formwork stands on the construction site of the Filstal bridge on the Aichelberg above the valley. The bridge is part of the new Wendlingen-Ulm section of the Stuttgart 21 rail project. Once completed, it will be around 800 metres long and 50 metres high. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303202

  • 01:45.38
    2019年03月19日
    「新華社」黄河をまたぐつり橋の建設進む山東省済南市

    暖かな春3月、中国山東省済南市内を流れる黄河では両岸が新緑に彩られ始めた。現在、同市では幅が千メートルにも及ぶよどみなく流れる川の上で、世界最大スパンの三つの主塔からなる自碇(じてい)式つり橋「済南鳳凰路黄河大橋」の建設が行われており、主橋脚の鉄筋型枠のコンクリート注入作業が行われている。この橋は全長が6683メートル、8車線の一級高速道路建設基準に基づいて建設されている。黄河をまたぐ道路鉄道併用橋で、中央には都市交通システムのための空間を留保し、2021年12月の開通予定となっている。中心市街地と済北副都心間の高速な交通連絡が実現することで、済南市は新たな発展の時代に入る。(記者/王凱、張武嶽)<映像内容>自碇式つり橋「済南鳳凰路黄河大橋」建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000313

  • 2019年04月08日
    Bauma construction machinery fair

    08 April 2019, Bavaria, München: Peter Altmaier (CDU), Federal Minister of Economics, takes a look at the Bauma formwork systems of the MSL brand. Bauma takes place every four years and is the world‘s largest meeting place for construction machinery manufacturers. For one week more than 3700 exhibitors will present their machine solutions for the construction industry. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040901993

  • 2019年04月16日
    S-Bahn tunnel Gateway-Gardens

    16 April 2019, Hessen, Frankfurt/Main: A worker is busy with the last works on the concrete formwork of the shell of the tunnel of the S-Bahn connection Gateway Gardens at the airport. In the coming weeks, work will begin on the interior of the tunnel, which is around two kilometers long, so that trains can travel here as early as December 2019. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041800682

  • 2019年04月16日
    S-Bahn tunnel Gateway-Gardens

    16 April 2019, Hessen, Frankfurt/Main: Workers in the tunnel of the S-Bahn connection Gateway Gardens at the airport are busy with final work on the concrete formwork for the shell of the building. In the coming weeks, work will begin on the interior of the tunnel, which is around two kilometers long, so that trains can travel here as early as December 2019. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041800410

  • 2019年04月16日
    S-Bahn tunnel Gateway-Gardens

    16 April 2019, Hessen, Frankfurt/Main: Workers are busy with the last works on the concrete formwork of the shell of the tunnel of the S-Bahn connection Gateway Gardens at the airport. In the coming weeks, work will begin on the interior of the tunnel, which is around two kilometers long, so that trains can travel here as early as December 2019. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041800809

  • 1
  • 2