KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 伝統文化
  • 世界
  • 伝承
  • 修了
  • 南京
  • 図案
  • 大学院
  • 娘婿
  • 家族
  • 故郷

「型染め」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年11月02日
    筒書きのふとん地 のりの伝統文化を知って

    京都精華大で開催中の「糊(のり)の文化・型染と筒描き展」に出品されている江戸時代のものとみられる筒書きのふとん地

    商品コード: 1999110200008

  • 2014年07月16日
    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市

    新商品のデザインについて話し合う藍印花布制作技術の伝承者、倪沈健さん(左)、呉霊姝さん(中央)、呉元新さん。(2014年7月16日撮影)中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社配信)=2014(平成26)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601986

  • 2015年01月15日
    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市

    博物館が開発した藍印花布の衣料品や人形、スマホケースなど「元新藍」シリーズの文化クリエーティブ商品は市民から好評を博している。(2015年1月15日撮影)中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社配信)=2015(平成27)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601875

  • 2017年05月24日
    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市

    博物館の染色工房で、藍印花布の型染め技術を研究する呉元新さんと娘の呉霊姝さん。(2017年5月24日撮影)中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602044

  • 2018年12月21日
    柄を染める作業 京友禅、眼鏡拭きに活路

    スマホ拭きの柄の型染め作業=京都市

    商品コード: 2018122120490

  • 2019年07月19日
    生を肯定する明るさ

    「型染めで新しいパターンに取り組みたいと考えています」と話す柚木沙弥郎さん。秋にはパリで展覧会を予定

    商品コード: 2019071903208

  • 2019年12月16日
    百花の美競う工芸の魅力

    「首里琉染」で、紅型染めの工程の説明を受ける台湾からの学生グループ=那覇市

    商品コード: 2019121600539

  • 2019年12月16日
    百花の美競う工芸の魅力

    「首里琉染」に展示されている紅型染めの反物。小屋組みを生かした展示が独創的=那覇市

    商品コード: 2019121600538

  • 2020年05月15日
    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市

    15日、見学に訪れた大学生に伝統的な織機の使い方を紹介する呉元新さん。中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社記者/楊丁淼)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601867

  • 2020年05月15日
    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市

    15日、藍印花布の糊置き技術を披露する呉元新さん。中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社記者/楊丁淼)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602021

  • 2020年05月23日
    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市

    藍印花布の代表的な図案。点と線と面が有機的に結び付き、庶民の幸福な生活への追求と憧れを表現している。(資料写真)中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602022

  • 2020年09月04日
    大運河博覧会に無形文化遺産商品400点余りが出展江蘇省

    4日、第2回大運河文化観光博覧会の運河文化・クリエーティブ展で展示された伝統的藍染め型染布「藍印花布」。中国江蘇省無錫市で4日、第2回大運河文化観光博覧会の関連イベントとして文化観光商品展、文化クリエーティブ展、美食文化展が開幕した。うち、文化クリエーティブ展には、京杭大運河沿い20都市の無形文化遺産に関する商品400点余りが出展された。(無錫=新華社記者/朱筱)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090803212

  • 1