KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 出発
  • 城廂
  • 中欧班列
  • 東南アジア
  • 欧州
  • 記者
  • ロール
  • 中心
  • 割合

「城廂駅」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    天津港で初の冷蔵コンテナ貨物列車が運行開始

    16日、京鉄物流センター天津コンテナセンター駅で、冷蔵コンテナの積み込み作業を行う作業員。肉や野菜を満載した冷蔵コンテナ車8両を編成した貨物列車46112号が16日、中国鉄路北京局集団京鉄物流センター天津コンテナセンター駅を出発し、四川省成都市の城廂駅に向かった。天津港発の冷蔵コンテナ貨物列車の運行は、今回が初めて。コールドチェーン輸送を行う同列車はプラグイン型の冷蔵コンテナを採用。室温を零下18度に設定し、電源車1両で冷蔵コンテナ8両に無停電による電源供給ができる。この方式は輸送量が大きく、温度管理に優れ、輸送距離が長く、経済的に輸送できるなどの利点がある。物流コストを大幅に削減し、資源の浪費を防ぐことが可能となり、内需拡大や市場の繁栄に対する重要な意義を持つ。(天津=新華社配信/孫麗萍)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800993

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    天津港で初の冷蔵コンテナ貨物列車が運行開始

    16日、京鉄物流センター天津コンテナセンター駅で、出発を待つ貨物列車46112号。肉や野菜を満載した冷蔵コンテナ車8両を編成した貨物列車46112号が16日、中国鉄路北京局集団京鉄物流センター天津コンテナセンター駅を出発し、四川省成都市の城廂駅に向かった。天津港発の冷蔵コンテナ貨物列車の運行は、今回が初めて。コールドチェーン輸送を行う同列車はプラグイン型の冷蔵コンテナを採用。室温を零下18度に設定し、電源車1両で冷蔵コンテナ8両に無停電による電源供給ができる。この方式は輸送量が大きく、温度管理に優れ、輸送距離が長く、経済的に輸送できるなどの利点がある。物流コストを大幅に削減し、資源の浪費を防ぐことが可能となり、内需拡大や市場の繁栄に対する重要な意義を持つ。(天津=新華社配信/孫麗萍)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800997

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    天津港で初の冷蔵コンテナ貨物列車が運行開始

    16日、京鉄物流センター天津コンテナセンター駅を出発する貨物列車46112号。肉や野菜を満載した冷蔵コンテナ車8両を編成した貨物列車46112号が16日、中国鉄路北京局集団京鉄物流センター天津コンテナセンター駅を出発し、四川省成都市の城廂駅に向かった。天津港発の冷蔵コンテナ貨物列車の運行は、今回が初めて。コールドチェーン輸送を行う同列車はプラグイン型の冷蔵コンテナを採用。室温を零下18度に設定し、電源車1両で冷蔵コンテナ8両に無停電による電源供給ができる。この方式は輸送量が大きく、温度管理に優れ、輸送距離が長く、経済的に輸送できるなどの利点がある。物流コストを大幅に削減し、資源の浪費を防ぐことが可能となり、内需拡大や市場の繁栄に対する重要な意義を持つ。(天津=新華社配信/孫麗萍)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800860

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    天津港で初の冷蔵コンテナ貨物列車が運行開始

    16日、京鉄物流センター天津コンテナセンター駅で、冷蔵コンテナの積み込み作業を行う作業員。肉や野菜を満載した冷蔵コンテナ車8両を編成した貨物列車46112号が16日、中国鉄路北京局集団京鉄物流センター天津コンテナセンター駅を出発し、四川省成都市の城廂駅に向かった。天津港発の冷蔵コンテナ貨物列車の運行は、今回が初めて。コールドチェーン輸送を行う同列車はプラグイン型の冷蔵コンテナを採用。室温を零下18度に設定し、電源車1両で冷蔵コンテナ8両に無停電による電源供給ができる。この方式は輸送量が大きく、温度管理に優れ、輸送距離が長く、経済的に輸送できるなどの利点がある。物流コストを大幅に削減し、資源の浪費を防ぐことが可能となり、内需拡大や市場の繁栄に対する重要な意義を持つ。(天津=新華社配信/孫麗萍)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800955

  • 00:56.40
    2021年08月05日
    「新華社」広西チワン族自治区と欧州を結ぶ貨物列車が運行開始

    中国広西チワン族自治区の北部湾港と四川省成都市、ポーランド、ドイツを結ぶ定期貨物列車の第1便がこのほど、同自治区欽州市の欽州港東駅から成都市の城廂駅に向け出発した。今回出発したX9574便は、広東省の企業が製造した電子レンジや玩具などを満載したコンテナ50個を積載。城廂駅で中国と欧州を結ぶ定期貨物列車「中欧班列」に接続し、ポーランドのマワシェビチェとドイツのデュイスブルクに向かう。列車は欽州市からデュイスブルクまで約1万2千キロを約25日かけて走行する。広東省から欧州へ直接船便で輸送する場合に比べ、所要日数を20~25日短縮できる。同自治区は現在、北部湾港から重慶市、成都市、雲南省昆明市、貴州省貴陽市、甘粛省蘭州市など西部地域への貨物列車を定期運行し、鉄道・海運複合一貫輸送定期列車で国内14省・自治区・直轄市のほか、シンガポールやドイツなど約100カ国・地域の港湾300カ所以上に、500品目を超える貨物を届けている。今後は中国西部と東南アジアを結ぶ「西部陸海新ルート」から「中欧班列」に接続する列車の月4便の運行を予定している。(記者/梁舜、黄凱瑩) =配信日: 2021(令和3)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080602717

  • 2022年05月20日
    (8)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターを出発する「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010757

  • 2022年05月20日
    (4)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターで発車を待つ「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010719

  • 2022年05月20日
    (5)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターで発車を待つ「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010717

  • 2022年05月20日
    (6)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターで発車を待つ「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010727

  • 2022年05月20日
    (1)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターを出発する「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010654

  • 2022年05月20日
    (7)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターを出発する「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010723

  • 2022年05月20日
    (2)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターを出発する「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010720

  • 2022年05月20日
    (3)「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車が運行開始

    19日、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターで発車を待つ「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便。中国四川省成都市と重慶市を中心とする「成渝地区双城経済圏」を走る定期貨物列車の第1便が19日、ロール紙や食糧・食用油、自動車・バイク部品など約300万元(1元=約19円)相当の貨物を載せ、重慶市江津区の小南埡鉄道物流センターから出発し、成都市青白江区の城廂駅へ向かった。同列車は運行開始後、中国西部地域と東南アジアを結ぶ「陸海新ルート」、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」、長江「黄金水道」との緊密な連携を可能とし、成都・重慶地域における鉄道貨物輸送の割合を引き上げ、両都市の陸港型国家物流ハブの相互接続を強化し、内陸開放の高地建設を推進する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010820

  • 1