KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 指定
  • 記者
  • 一行
  • 仏像
  • 全国重点文物保護単位
  • 参詣
  • 古塔
  • 四天王
  • 国宝

「城関鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年11月27日
    一面に広がる「花の海」広西百色

    27日、広西チワン族自治区百色市徳保県城関鎮那温村に広がる「花の海」。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市徳保(とくほ)県城関(じょうかん)鎮那温(なおん)村でこのほど、海のように広がる花畑が見頃を迎え、多くの観光客を魅了した。(徳保=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112901110

  • 2018年11月27日
    一面に広がる「花の海」広西百色

    27日、広西チワン族自治区百色市徳保県城関鎮那温村で、一面に広がる「花の海」を散策する村民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市徳保(とくほ)県城関(じょうかん)鎮那温(なおん)村でこのほど、海のように広がる花畑が見頃を迎え、多くの観光客を魅了した。(徳保=新華社記者/張善臣)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112901155

  • 2018年11月27日
    一面に広がる「花の海」広西百色

    27日、広西チワン族自治区百色市徳保県城関鎮那温村で、一面に広がる「花の海」を散策する村民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市徳保(とくほ)県城関(じょうかん)鎮那温(なおん)村でこのほど、海のように広がる花畑が見頃を迎え、多くの観光客を魅了した。(徳保=新華社記者/張善臣)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112901080

  • 2018年11月27日
    一面に広がる「花の海」広西百色

    27日、広西チワン族自治区百色市徳保県城関鎮那温村で、一面に広がる「花の海」を散策する村民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市徳保(とくほ)県城関(じょうかん)鎮那温(なおん)村でこのほど、海のように広がる花畑が見頃を迎え、多くの観光客を魅了した。(徳保=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112901166

  • 2019年01月22日
    (15)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて 浙江省台州市

    国清寺の大雄宝殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月12日
    ウイグル族4兄弟、新しい故郷のために貧困支援安徽省

    12日、自分の新しいおもちゃをメメト兄弟に見せる冀君。中国安徽省霍邱(かくきゅう)県城関鎮五里墩(ごりとん)村の「編制外」貧困者救済特別スタッフとして、メメト兄弟4人は2018年から、五里墩村の五保サポート(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者22人と貧困家庭8世帯のために、1万元(1元=約16円)を出して米や小麦粉、食用油などの生活用品を購入してきた。また、幼い冀(き)君が神経芽細胞腫を患っていることを知ると、すぐに千元の資金援助を提供した。兄弟4人は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県出身で、2013年に霍邱県で羊肉の串焼き(シシカバブ)の販売を始め、商売はますます繁盛するようになった。同県は、国家貧困救済開発重点県で、安徽省の極度貧困県でもある。現時点で、県全体の貧困者は7万人余りで、貧困脱却の難関攻略という大きな任務を持つ。中国は2020年までに農村の貧困者人口全ての貧困脱却実現を決意しており、兄弟4人を含む全ての中国人がこの目標に向かって努力している。(霍邱=新華社記者/屈彦)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月12日
    ウイグル族4兄弟、新しい故郷のために貧困支援安徽省

    12日、霍邱県の友人と一緒にバスケットボールを楽しむ兄弟4人。中国安徽省霍邱(かくきゅう)県城関鎮五里墩(ごりとん)村の「編制外」貧困者救済特別スタッフとして、メメト兄弟4人は2018年から、五里墩村の五保サポート(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者22人と貧困家庭8世帯のために、1万元(1元=約16円)を出して米や小麦粉、食用油などの生活用品を購入してきた。また、幼い冀(き)君が神経芽細胞腫を患っていることを知ると、すぐに千元の資金援助を提供した。兄弟4人は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県出身で、2013年に霍邱県で羊肉の串焼き(シシカバブ)の販売を始め、商売はますます繁盛するようになった。同県は、国家貧困救済開発重点県で、安徽省の極度貧困県でもある。現時点で、県全体の貧困者は7万人余りで、貧困脱却の難関攻略という大きな任務を持つ。中国は2020年までに農村の貧困者人口全ての貧困脱却実現を決意しており、兄弟4人を含む全ての中国人がこの目標に向かって努力している。(霍邱=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602613

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月12日
    ウイグル族4兄弟、新しい故郷のために貧困支援安徽省

    12日、羊肉を焼く長男のルーゼ・メメトさん。中国安徽省霍邱(かくきゅう)県城関鎮五里墩(ごりとん)村の「編制外」貧困者救済特別スタッフとして、メメト兄弟4人は2018年から、五里墩村の五保サポート(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者22人と貧困家庭8世帯のために、1万元(1元=約16円)を出して米や小麦粉、食用油などの生活用品を購入してきた。また、幼い冀(き)君が神経芽細胞腫を患っていることを知ると、すぐに千元の資金援助を提供した。兄弟4人は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県出身で、2013年に霍邱県で羊肉の串焼き(シシカバブ)の販売を始め、商売はますます繁盛するようになった。同県は、国家貧困救済開発重点県で、安徽省の極度貧困県でもある。現時点で、県全体の貧困者は7万人余りで、貧困脱却の難関攻略という大きな任務を持つ。中国は2020年までに農村の貧困者人口全ての貧困脱却実現を決意しており、兄弟4人を含む全ての中国人がこの目標に向かって努力している。(霍邱=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602612

  • 2019年03月30日
    もうすぐ清明節「明前茶」の茶摘みに勤しむ中国各地の茶農家

    3月30日、湖北省襄陽(じょうよう)市保康県の城関鎮羅仕溝村にある茶畑で、「明前茶」を摘む茶農家の人。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)を前に、中国各地では「明前茶」(清明節の前に収穫・製造されたもの)の収穫シーズンを迎えている。(襄陽=新華社配信/楊韜)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402937

  • 2019年03月30日
    もうすぐ清明節「明前茶」の茶摘みに勤しむ中国各地の茶農家

    3月30日、湖北省襄陽(じょうよう)市保康県の城関鎮羅仕溝村にある茶畑で、「明前茶」を摘む茶農家たち。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)を前に、中国各地では「明前茶」(清明節の前に収穫・製造されたもの)の収穫シーズンを迎えている。(襄陽=新華社配信/楊韜)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402915

  • 2019年12月16日
    内モンゴル自治区清水河県、学校教育に陶芸を導入

    16日、教員の指導の下、陶磁器を作る清水河県城関鎮第一小学校の児童。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県は、陶磁器の産地として長い歴史を持つ。清水河磁芸は2011年、内モンゴル自治区級無形文化遺産に登録された。同県はここ数年、子どもたちが手を動かしながら伝統文化を学べるよう、陶磁器作りを学校教育に導入する活動に取り組んでいる。(フフホト=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121803861

  • 2019年12月16日
    内モンゴル自治区清水河県、学校教育に陶芸を導入

    16日、陶磁器を作る清水河県城関鎮第一小学校の児童。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県は、陶磁器の産地として長い歴史を持つ。清水河磁芸は2011年、内モンゴル自治区級無形文化遺産に登録された。同県はここ数年、子どもたちが手を動かしながら伝統文化を学べるよう、陶磁器作りを学校教育に導入する活動に取り組んでいる。(フフホト=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121803854

  • 2019年12月16日
    内モンゴル自治区清水河県、学校教育に陶芸を導入

    16日、教員の指導の下、陶磁器を作る清水河県城関鎮第一小学校の児童。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県は、陶磁器の産地として長い歴史を持つ。清水河磁芸は2011年、内モンゴル自治区級無形文化遺産に登録された。同県はここ数年、子どもたちが手を動かしながら伝統文化を学べるよう、陶磁器作りを学校教育に導入する活動に取り組んでいる。(フフホト=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121803853

  • 2019年12月16日
    内モンゴル自治区清水河県、学校教育に陶芸を導入

    16日、陶磁器を作る清水河県城関鎮第一小学校の児童。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県は、陶磁器の産地として長い歴史を持つ。清水河磁芸は2011年、内モンゴル自治区級無形文化遺産に登録された。同県はここ数年、子どもたちが手を動かしながら伝統文化を学べるよう、陶磁器作りを学校教育に導入する活動に取り組んでいる。(フフホト=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121803903

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601571

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601592

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、運動靴の材料を運ぶ黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601572

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、靴の製造技法について話し合う黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601568

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、革靴の品質をチェックする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601614

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、運動靴の縫製作業をする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601574

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、作業に励む黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601579

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村にある貧困支援住宅の自宅で、テレビを見る黄章友さん(左から2人目)と妻、娘。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601563

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村の貧困支援住宅と社区にある工場。(小型無人機から)中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601626

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303409

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303450

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で自動貸し出し機を使う利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303472

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303382

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303528

  • 00:49.06
    2020年09月27日
    「新華社」改修終えた西関街がオープン、「SNS映えスポット」に湖北省房県

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市房県で9月27日、西関街のオープニングイベントが開催され、詩経(中国最古の詩集)と黄酒(穀類を原料とする中国独特の醸造酒)の里を訪れた各地からの観光客が古い街並みや美食、美酒を楽しんだ。同県城関鎮にある全長1500メートルの西関街は唐代に建設が始まり、宋・元代に完成し、明・清代に繁栄した。県は2017年に「西関街」修復プロジェクトを始動した。数年の建設を経てプロジェクトは完了。修復を終えるや中国国家3A級観光地(上から3番目)に認定されており、今後は「SNS映えする人気の観光スポット」なっていくとみられている。<映像内容>西関街のオープニングイベントの様子、撮影日:2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100300727

  • 2020年11月01日
    中国の第7回全国人口センサス始まる

    1日、湖北省襄陽(じょうよう)市保康県城関鎮の自宅で、調査票の内容を確認し、サインする住民。中国で1日、第7回全国人口センサスが始まった。約700万人の調査員が各戸を回り、住民の氏名や身分証明書番号、性別のほか、婚姻や教育、職業などの情報を集める。(襄陽=新華社配信/楊韜)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500260

  • 00:45.72
    2021年02月24日
    「新華社」春の日差し浴びて咲くカラミザクラ湖北省南漳県

    中国湖北省襄陽市南漳県城関鎮では、うららかな春の日差しの下、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり植えられたカラミザクラが咲き誇っている。村は見渡す限り花で覆われ、多くの観光客が花見や写真撮影を楽しんでいる。同県はここ数年、農村振興戦略の実施に力を入れ、カラミザクラ栽培の発展に取り組んできた。サクランボ狩りのイベントや観光による貧困扶助活動を行い、農家の増産・増収と貧困脱却をけん引している。(記者/侯文坤)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022501089

  • 2021年03月17日
    大地に広がる春色のパレット甘粛省

    17日、甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ県城関鎮の田園風景。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ(舟曲)県では、菜の花が咲き誇り、田畑の緑と相まって大地のパレットのような壮観な風景を作り出している。(甘南=新華社記者/范培珅)=配信日:2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031903728

  • 2021年03月17日
    大地に広がる春色のパレット甘粛省

    17日、甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ県城関鎮の田園風景。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ(舟曲)県では、菜の花が咲き誇り、田畑の緑と相まって大地のパレットのような壮観な風景を作り出している。(甘南=新華社記者/范培珅)=配信日:2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031903700

  • 2021年03月18日
    (4)大地に広がる春色のパレット甘粛省

    17日、甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ県城関鎮の田園風景。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ(舟曲)県では、菜の花が咲き誇り、田畑の緑と相まって大地のパレットのような壮観な風景を作り出している。(甘南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041501154

  • 2021年03月18日
    (3)大地に広がる春色のパレット甘粛省

    17日、甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ県城関鎮の田園風景。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ(舟曲)県では、菜の花が咲き誇り、田畑の緑と相まって大地のパレットのような壮観な風景を作り出している。(甘南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041501453

  • 2021年03月18日
    (12)大地に広がる春色のパレット甘粛省

    17日、甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ県城関鎮の田園風景。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州ドゥクチュ(舟曲)県では、菜の花が咲き誇り、田畑の緑と相まって大地のパレットのような壮観な風景を作り出している。(甘南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041501386

  • 2021年05月25日
    (1)トキ再発見40周年、世界の個体数は7千羽超に

    秦嶺山脈の奥深くにある陝西省安康市寧陝県城関鎮の寨溝村で、トキを放鳥する専門家。(2007年5月31日撮影)23日は「東方の宝石」トキ再発見40周年に当たる。中国陝西省林業局の最新の統計データによると、世界のトキの個体数は、今では7千羽を超えるまでに増え、生息地は中国の秦嶺山脈を中心に過去の分布域だった東アジア一帯へ拡大する傾向がある。トキの危機レベルも国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの「絶滅寸前(CR)」から「絶滅危機(EN)」へ引き下げられた。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510741

  • 2021年06月20日
    (9)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の外の碑廊に立つ「天台宗永永流伝」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008145

  • 2021年06月20日
    (6)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺三賢殿の壁に埋め込まれた寒山の詩句を刻んだ石碑。三賢殿は三賢堂とも呼ばれ、豊干、拾得、寒山の三賢人を祭っている。仏教では彼らを「三大士」と呼び、それぞれ阿弥陀仏、文殊菩薩、普賢菩薩の化身としている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008157

  • 2021年06月20日
    (23)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭の石碑と題額。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008201

  • 2021年06月20日
    (20)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ董其昌(とう・きしょう、明代の文人)筆の「魚楽国」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008193

  • 2021年06月20日
    (16)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺大雄宝殿の後方から望む隋塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008181

  • 2021年06月20日
    (21)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ日蓮宗知恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008197

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2021年06月20日
    (3)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ王羲之(おう・ぎし)筆の「鵝」石碑。発見時は文字が半分しか残っていなかったとされる。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008074

  • 2021年06月20日
    (14)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺妙法堂の内部。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008177

  • 2021年06月20日
    (22)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008202

  • 2021年06月20日
    (28)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔遠景。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008212

  • 2021年06月20日
    (7)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の妙法堂。2階は蔵経閣。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008155

  • 2021年06月20日
    (10)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の境内に咲く梅とロウバイ。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008164

  • 2021年06月20日
    (12)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔(手前)と唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008167

  • 2021年06月20日
    (11)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008165

  • 2021年06月20日
    (13)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ石碑。裏に「日本天台宗総本山比叡山延暦寺第253世天台宗座主恵諦敬白」と長文が刻まれている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008172

  • 2021年06月20日
    (4)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の山門。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008072

  • 2021年06月20日
    (26)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008213

  • 2021年06月20日
    (1)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ一行禅師記念碑「一行到此水西流」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008040

  • 2021年06月20日
    (8)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の弥勒殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008156

  • 2021年06月20日
    (25)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「隋代古刹」照壁。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008203

  • 2021年06月20日
    (24)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある豊干、寒山、拾得「三大士」を記念した豊干橋。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008204

  • 2021年06月20日
    (17)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に展示されている中日両国の仏教交流に関する資料。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008179

  • 2021年06月20日
    (19)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある梅の古木「隋梅」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008187

  • 2021年06月20日
    (27)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008214

  • 2021年06月20日
    (18)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008180

  • 2021年12月02日
    (10)まるで水墨画、霧に包まれた「茶の里」陝西省紫陽県

    11月24日、紫陽県城関鎮の青中村。初冬を迎え、中国陝西省安康市紫陽県ではこのところ、霧が立ち込め、県内の茶山や漢江などが霧に包まれ、水墨画のような風景が広がっている。「茶の里」と呼ばれ、国内有数の茶産地として知られる同県は近年、茶産業と観光産業の融合・構築に尽力。都市化と農村振興の協同発展を後押ししている。(安康=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120215168

  • 2021年12月02日
    (4)まるで水墨画、霧に包まれた「茶の里」陝西省紫陽県

    11月24日、紫陽県城関鎮青中村の展望台で、雄大な自然の風景を楽しむ観光客。初冬を迎え、中国陝西省安康市紫陽県ではこのところ、霧が立ち込め、県内の茶山や漢江などが霧に包まれ、水墨画のような風景が広がっている。「茶の里」と呼ばれ、国内有数の茶産地として知られる同県は近年、茶産業と観光産業の融合・構築に尽力。都市化と農村振興の協同発展を後押ししている。(安康=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120215158

  • 1