KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 平成
  • 自分
  • 指導
  • チャレンジ
  • チャンス
  • 世代
  • 中国美術学院
  • 予約
  • 伝統文化

「埭渓鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、泥人形を制作する許明笙さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/趙丁喆)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800382

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、泥人形の乾燥状態を見る朱悦さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/趙丁喆)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800404

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、子どもたちに泥人形の作り方を教える許明笙さん(左端)と妻の朱悦さん(中央)。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800375

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、白居易の石像を制作する許明笙さん(左)と父親の許良国さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/趙丁喆)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800363

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、子どもたちに泥人形の作り方を教える許明笙さん(左端)。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800396

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、泥人形を制作する許明笙さんと妻の朱悦さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800371

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、父親、許良国さんの指導のもと、泥人形の制作に励む許明笙さん(中央)と妻の朱悦さん(右)。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800372

  • 2018年09月26日
    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市

    26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所を巡回検査する作業員。中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120296

  • 2018年09月26日
    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市

    26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120552

  • 2018年09月26日
    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市

    26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120376

  • 2018年09月26日
    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市

    26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120131

  • 2019年01月07日
    中国の山村に根を下ろしたイランの青年

    7日、埭渓鎮山背村獅子山荘で、自分の作品を民宿のオーナーに届けに行く旺仔。イランの青年MehrazKaramiさんは、旺仔(ワンザイ)という中国語名を持っている。1993年にテヘランで生まれた彼は、子どもの頃から中国文化に対する興味を持っていた。2012年に上海に留学した旺仔は、中国で暮らしたいという思いが徐々に芽生え、2017年末、浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の獅子山に自分の絵画工房を設けた。中国の美しい山河に魅了された旺仔は、風景画の創作にさらに注力し始めた。彼の工房は芸術を愛する民宿のオーナーが無料で場所を提供したもので、今では民宿の従業員や利用客が、いつも彼から絵を教わっている。中国人のガールフレンドにも出会った旺仔は、彼女がデザインしたアクセサリーを自分のインスピレーションで色付けしている。旺仔は「中国での創作を続け、結婚して子どもをつくり、自立した芸術家になりたい」と中国語で語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517186

  • 2019年01月07日
    中国の山村に根を下ろしたイランの青年

    7日、埭渓鎮山背村獅子山荘にある工房で、ガールフレンドの暁瓊(ぎょうけい)さんがデザインしたアクセサリーに油絵の顔料で色を塗る旺仔。イランの青年MehrazKaramiさんは、旺仔(ワンザイ)という中国語名を持っている。1993年にテヘランで生まれた彼は、子どもの頃から中国文化に対する興味を持っていた。2012年に上海に留学した旺仔は、中国で暮らしたいという思いが徐々に芽生え、2017年末、浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の獅子山に自分の絵画工房を設けた。中国の美しい山河に魅了された旺仔は、風景画の創作にさらに注力し始めた。彼の工房は芸術を愛する民宿のオーナーが無料で場所を提供したもので、今では民宿の従業員や利用客が、いつも彼から絵を教わっている。中国人のガールフレンドにも出会った旺仔は、彼女がデザインしたアクセサリーを自分のインスピレーションで色付けしている。旺仔は「中国での創作を続け、結婚して子どもをつくり、自立した芸術家になりたい」と中国語で語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月07日
    中国の山村に根を下ろしたイランの青年

    7日、埭渓鎮山背村獅子山荘にある工房で民宿の従業員に油絵の指導をする旺仔(中央)。イランの青年MehrazKaramiさんは、旺仔(ワンザイ)という中国語名を持っている。1993年にテヘランで生まれた彼は、子どもの頃から中国文化に対する興味を持っていた。2012年に上海に留学した旺仔は、中国で暮らしたいという思いが徐々に芽生え、2017年末、浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の獅子山に自分の絵画工房を設けた。中国の美しい山河に魅了された旺仔は、風景画の創作にさらに注力し始めた。彼の工房は芸術を愛する民宿のオーナーが無料で場所を提供したもので、今では民宿の従業員や利用客が、いつも彼から絵を教わっている。中国人のガールフレンドにも出会った旺仔は、彼女がデザインしたアクセサリーを自分のインスピレーションで色付けしている。旺仔は「中国での創作を続け、結婚して子どもをつくり、自立した芸術家になりたい」と中国語で語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516800

  • 2019年01月07日
    中国の山村に根を下ろしたイランの青年

    7日、埭渓鎮山背村獅子山荘にある工房の入り口に立つ旺仔。イランの青年MehrazKaramiさんは、旺仔(ワンザイ)という中国語名を持っている。1993年にテヘランで生まれた彼は、子どもの頃から中国文化に対する興味を持っていた。2012年に上海に留学した旺仔は、中国で暮らしたいという思いが徐々に芽生え、2017年末、浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の獅子山に自分の絵画工房を設けた。中国の美しい山河に魅了された旺仔は、風景画の創作にさらに注力し始めた。彼の工房は芸術を愛する民宿のオーナーが無料で場所を提供したもので、今では民宿の従業員や利用客が、いつも彼から絵を教わっている。中国人のガールフレンドにも出会った旺仔は、彼女がデザインしたアクセサリーを自分のインスピレーションで色付けしている。旺仔は「中国での創作を続け、結婚して子どもをつくり、自立した芸術家になりたい」と中国語で語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516425

  • 2019年01月07日
    中国の山村に根を下ろしたイランの青年

    7日、埭渓鎮山背村獅子山荘にある工房で創作に励む旺仔。イランの青年MehrazKaramiさんは、旺仔(ワンザイ)という中国語名を持っている。1993年にテヘランで生まれた彼は、子どもの頃から中国文化に対する興味を持っていた。2012年に上海に留学した旺仔は、中国で暮らしたいという思いが徐々に芽生え、2017年末、浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の獅子山に自分の絵画工房を設けた。中国の美しい山河に魅了された旺仔は、風景画の創作にさらに注力し始めた。彼の工房は芸術を愛する民宿のオーナーが無料で場所を提供したもので、今では民宿の従業員や利用客が、いつも彼から絵を教わっている。中国人のガールフレンドにも出会った旺仔は、彼女がデザインしたアクセサリーを自分のインスピレーションで色付けしている。旺仔は「中国での創作を続け、結婚して子どもをつくり、自立した芸術家になりたい」と中国語で語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516485

  • 2020年08月27日
    民宿観光事業が収入増もたらす浙江省湖州市

    27日、湖州市埭渓鎮芳山村にある民宿のプールで遊ぶ観光客。中国浙江省湖州市埭渓鎮の芳山村はここ数年、山間部に位置する同村の環境資源を生かした民宿観光を発展させ、収入増を実現している。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100337

  • 2020年08月27日
    民宿観光事業が収入増もたらす浙江省湖州市

    27日、湖州市埭渓鎮芳山村の民宿で、レジャーを楽しむ観光客。中国浙江省湖州市埭渓鎮の芳山村はここ数年、山間部に位置する同村の環境資源を生かした民宿観光を発展させ、収入増を実現している。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100382

  • 2020年08月27日
    民宿観光事業が収入増もたらす浙江省湖州市

    27日、湖州市埭渓鎮芳山村の民宿で、菓子作りを楽しむ観光客。中国浙江省湖州市埭渓鎮の芳山村はここ数年、山間部に位置する同村の環境資源を生かした民宿観光を発展させ、収入増を実現している。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100712

  • 2020年08月27日
    民宿観光事業が収入増もたらす浙江省湖州市

    27日、空から見た湖州市埭渓鎮芳山村。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓鎮の芳山村はここ数年、山間部に位置する同村の環境資源を生かした民宿観光を発展させ、収入増を実現している。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100540

  • 2020年08月27日
    民宿観光事業が収入増もたらす浙江省湖州市

    27日、湖州市埭渓鎮芳山村にある民宿のプールで遊ぶ観光客。中国浙江省湖州市埭渓鎮の芳山村はここ数年、山間部に位置する同村の環境資源を生かした民宿観光を発展させ、収入増を実現している。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100546

  • 1