KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 獲得
  • おばあちゃん
  • 仕事
  • 令和
  • 処女作
  • 原題
  • 文字
  • 発表
  • 秋園
  • 自伝小説

「執筆中」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Father Time pointing out classic monuments to a woman who is writing, print maker: Jan Luyken, Joannes Wolters, 1689.
    -
    Father Time pointing out classic monuments to a woman who is writing, print maker: Jan Luyken, Joannes Wolters, 1689.

    Father Time pointing out classic monuments to a woman who is writing, print maker: Jan Luyken, Joannes Wolters, 1689.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022080507577

  • (のむら・きちさぶろう) 野村吉三郎
    1946年02月03日
    (のむら・きちさぶろう) 野村吉三郎

    日米交渉史執筆中=1946(昭和21)年2月3日撮影

    商品コード: 2004030400194

  •  庄司健治
    1950年03月08日
    庄司健治

    屋根裏で執筆中の哲学者庄司健治さん(宮崎市)=1950(昭和25)年3月8日出稿(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013080500337

  •  やなせたかし
    1966年10月14日
    やなせたかし

    執筆中のやなせたかしさん=1966年10月14日

    商品コード: 1966101400017

  • (いいだ・りゅうた) 飯田龍太
    1986年03月19日
    (いいだ・りゅうた) 飯田龍太

    山梨県の自宅前でくつろぐ飯田龍太氏=1986(昭和61)年3月19日撮影(他に執筆中などあり)

    商品コード: 2007022700115

  • 竹越リヱさん 残留婦人の半生記執筆中断
    1993年12月23日
    竹越リヱさん 残留婦人の半生記執筆中断

    市職員の説明にショックを受け、半生記の執筆を中断している竹越リヱさん=埼玉県川越市(中国残留婦人)

    商品コード: 1993122300009

  • 執筆中の立川健治氏 軍事が育てた競馬の歴史
    1994年09月24日
    執筆中の立川健治氏 軍事が育てた競馬の歴史

    競馬の歴史をまとめたユニークな本を出版する立川健治富山大助教授「土曜夕刊」(パソコンを打っている)

    商品コード: 1994092400001

  • 平家詞曲の本を出版へ 琵琶の伴奏で栄枯盛衰語る
    1998年12月24日
    平家詞曲の本を出版へ 琵琶の伴奏で栄枯盛衰語る

    本を執筆中の鈴木元子さんと平家琵琶を抱える娘のまどかさん(左)=23日、東京都練馬区立野町

    商品コード: 1998122400121

  •  フェミはなぜ嫌われる?
    2000年07月10日
    フェミはなぜ嫌われる?

    北原みのりさん

    商品コード: 2000071100035

  •  3年ぶりの長編小説
    2000年10月30日
    3年ぶりの長編小説

    鈴木光司さん

    商品コード: 2000110200019

  •  ホームレス生活から復帰
    2001年12月14日
    ホームレス生活から復帰

    「『連帯保証人』という題のミステリーとホームレス問題に関する評論を今、執筆中です」と語る松井計さん=東京・千駄ケ谷の幻冬舎

    商品コード: 2001121700040

  •  安吾のエッセーを執筆中
    2005年10月27日
    安吾のエッセーを執筆中

    「喜寿を祝う会」で「まだ書きたいことはたくさんあるし、年齢は忘れた」とあいさつする出口裕弘氏=東京都千代田区

    商品コード: 2005102700163

  • 公開された宮沢賢治の手紙 宮沢賢治の直筆手紙公開
    2006年04月21日
    公開された宮沢賢治の手紙 宮沢賢治の直筆手紙公開

    宮沢賢治が「風の又三郎」執筆中に教え子に出した手紙=21日午後、岩手県遠野市のみやもりホール

    商品コード: 2006042100090

  • 執筆中の阿川弘之さん 護憲・平和の哲学者鶴見
    2015年12月18日
    執筆中の阿川弘之さん 護憲・平和の哲学者鶴見

    1991年2月、執筆中の阿川弘之さん

    商品コード: 2015121800436

  • 安楽死 自伝 執筆 自伝執筆、最終章は日本 安楽死希望のベルギー元パラ選手
    02:59.81
    2017年04月24日
    安楽死 自伝 執筆 自伝執筆、最終章は日本 安楽死希望のベルギー元パラ選手

    パラリンピックのメダリストで安楽死希望を表明しているベルギーの車いす陸上女子元選手で、来日中のマリーケ・フェルフールトさん(37)が24日、都内で共同通信のインタビューに応じた。念願だった来日が実現したことを執筆中の自伝の最終章に記したいなど、多くの目標を語った。フェルフールトさんはロンドン、リオデジャネイロの2大会連続でメダルを獲得し、引退。進行性の脊髄の病気で激痛に襲われることもあり、9年前にベルギーで安楽死の許可を得ている。〈映像内容〉共同通信の単独インタビューの様子など。

    商品コード: 2017090200600

  • 模擬授業の様子 日本支援で初等教育改革
    2018年05月17日
    模擬授業の様子 日本支援で初等教育改革

    執筆中の教科書を使って模擬授業をする教員たち=4月、パプアニューギニア・中央州ガイレ村のガイレ小学校(共同)

    商品コード: 2018051700339

  • 模擬授業の様子 日本支援で初等教育改革
    2018年05月17日
    模擬授業の様子 日本支援で初等教育改革

    執筆中の教科書を使って模擬授業をする教員たち=4月、パプアニューギニア・中央州ガイレ村のガイレ小学校(共同)

    商品コード: 2018051700340

  •  世の中の動き見定める
    2018年10月22日
    世の中の動き見定める

    執筆中の変奏曲の楽譜を見つめる一柳慧

    商品コード: 2018102202219

  •  愛の形は自分で決める
    2019年06月07日
    愛の形は自分で決める

    新しい長編小説を執筆中の小佐野弾さん

    商品コード: 2019060700288

  •  Charitable Mobile Clinic vehicles in Ghaziabad, India - 19 Jan 2022
    2022年01月19日
    Charitable Mobile Clinic vehicles in Ghaziabad, India - 19 Jan 2022

    January 19, 2022, Ghaziabad, Uttar Pradesh, India: Doctor Jai Prakash seen in a car while writing, during the visit of charitable mobile clinic..Mobile Clinic vehicle run in designated places, in the slum areas of Ghaziabad city with the help of Tirthankar Lord Mahavir Charitable Hospital and they go twice a week and charge 10 indian Rupees for medicines and doctor consultation. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012007150

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.36
    2022年05月03日
    「新華社」おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳

    楊本芬(よう・ほんふん)さん(82)はかつて、どこにでもいる中国のおばあちゃんだった。一生を生活に捧げ、文字に関わる仕事をしたこともなかったが、60歳で執筆を始め、80歳で処女作を発表した。彼女は今、時間と競争をしている。年齢にそぐわない気力の源は書籍にある。「畑仕事も草薬作りもした。経理の仕事もやったし、定年は運送会社で出迎えた。文章を書く仕事はしたことがなかったが、読書は大好きだった」と楊さんは語る。長女の章南(しょう・なん)さんの記憶では、南さんが子供の頃の母親はいつもたくさんの本を借りてきては読み、気に入った本は書き写していたという。処女作「秋園」は、江蘇省南京市に住む次女の章紅(しょう・こう)さんの家で書き上げた。孫の面倒をみ、家事を手伝いながらの執筆だった。その頃は、亡くした母への思いが洪水のように込み上げてきて、自身でも収拾がつかない状態だった。「心がいっぱいになり、自然と口からあふれてきた」と楊さんは振り返る。執筆の主戦場は4平方メートルの台所だった。高さの異なる腰かけを机と椅子の替わりにした。コンロではスープを煮込んでいた。それが彼女のこの世界での責任だった。紙に書かれた文字はもう一つの世界にいる母親への想いだった。台所での創作は2年続き、2007年に初稿が完成した。文字にして10数万字、原稿用紙にして4キロになった。章紅さんがその内容をネット小説「母の記憶録」として発表した。ネットでの連載は半年続いたが、興味を示す出版社はなかった。出版社を経営する涂志剛(と・しこう)さんが同作品を見つけた時には、すでに十数年の歳月がたっていた。涂さんは「作者の女性らしい物静かな文体と登場人物の運命の重さに驚いた。初めての小説とは思えなかった」と当時を振り返った。2020年6月、「秋園」はついに出版された。同月のテンセント良質作品リストにも選ばれ、これまでに9万部以上を売り上げた。2021年には2作目の「浮木」を発表。82歳の誕生日を迎える1カ月前の今年3月8日には自伝小説「私は香る(原題:我本芬芳)」を出版した。同書は4月の第3週にソーシャルサイト「豆瓣」の「今週の人気文芸書」で首位を獲得している。タブレット端末の操作も覚えた。「いつでも、どこでも書ける。推敲するのも楽だ」と話す。今は4作目を執筆中だという。(記者/袁慧晶、余剛、李宗胤、賈伊寧) =配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:...

    商品コード: 2022050308607

  •  (4)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳
    2022年05月03日
    (4)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳

    タブレット端末を使う楊本芬さん。「いつでも、どこでも書ける。推敲するのも楽だ」と話す。(4月12日撮影)楊本芬(よう・ほんふん)さん(82)はかつて、どこにでもいる中国のおばあちゃんだった。一生を生活に捧げ、文字に関わる仕事をしたこともなかったが、60歳で執筆を始め、80歳で処女作を発表した。これまで3冊を上梓している。処女作「秋園」は2020年6月に出版され、これまでに9万部以上を売り上げている。2021年には2作目の「浮木」を発表。82歳の誕生日を迎える1カ月前の今年3月8日には自伝小説「私は香る(原題:我本芬芳)」を出版した。同書は4月の第3週にソーシャルサイト「豆瓣」の「今週の人気文芸書」で首位を獲得している。今は4作目を執筆中だという。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050308636

  •  (3)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳
    2022年05月03日
    (3)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳

    厨房に立つ楊本芬さん。(4月12日撮影)楊本芬(よう・ほんふん)さん(82)はかつて、どこにでもいる中国のおばあちゃんだった。一生を生活に捧げ、文字に関わる仕事をしたこともなかったが、60歳で執筆を始め、80歳で処女作を発表した。これまで3冊を上梓している。処女作「秋園」は2020年6月に出版され、これまでに9万部以上を売り上げている。2021年には2作目の「浮木」を発表。82歳の誕生日を迎える1カ月前の今年3月8日には自伝小説「私は香る(原題:我本芬芳)」を出版した。同書は4月の第3週にソーシャルサイト「豆瓣」の「今週の人気文芸書」で首位を獲得している。今は4作目を執筆中だという。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050308634

  •  (2)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳
    2022年05月03日
    (2)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳

    楊本芬さんの自宅にある本棚。数十年間に読んだ本が並ぶ。(2020年8月28日撮影)楊本芬(よう・ほんふん)さん(82)はかつて、どこにでもいる中国のおばあちゃんだった。一生を生活に捧げ、文字に関わる仕事をしたこともなかったが、60歳で執筆を始め、80歳で処女作を発表した。これまで3冊を上梓している。処女作「秋園」は2020年6月に出版され、これまでに9万部以上を売り上げている。2021年には2作目の「浮木」を発表。82歳の誕生日を迎える1カ月前の今年3月8日には自伝小説「私は香る(原題:我本芬芳)」を出版した。同書は4月の第3週にソーシャルサイト「豆瓣」の「今週の人気文芸書」で首位を獲得している。今は4作目を執筆中だという。(南昌=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050308631

  •  (1)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳
    2022年05月03日
    (1)おばあちゃんは小説家デビューはなんと80歳

    「秋園」の原稿。すでに黄ばんでおり、油や涙の跡も見える。(4月12日撮影)楊本芬(よう・ほんふん)さん(82)はかつて、どこにでもいる中国のおばあちゃんだった。一生を生活に捧げ、文字に関わる仕事をしたこともなかったが、60歳で執筆を始め、80歳で処女作を発表した。これまで3冊を上梓している。処女作「秋園」は2020年6月に出版され、これまでに9万部以上を売り上げている。2021年には2作目の「浮木」を発表。82歳の誕生日を迎える1カ月前の今年3月8日には自伝小説「私は香る(原題:我本芬芳)」を出版した。同書は4月の第3週にソーシャルサイト「豆瓣」の「今週の人気文芸書」で首位を獲得している。今は4作目を執筆中だという。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2022(令和4)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050308632

  •  幸福な小説を気前よく
    2023年03月09日
    幸福な小説を気前よく

    執筆中に高級なワインを1本買ってみたという宮本輝さん。「元気になったら飲もうと思っているうちに書き終えてしまった。まだ飲んでないねん」

    商品コード: 2023030910656

  •  幸福な小説を気前よく
    2023年03月09日
    幸福な小説を気前よく

    執筆中に高級なワインを1本買ってみたという宮本輝さん。「元気になったら飲もうと思っているうちに書き終えてしまった。まだ飲んでないねん」

    商品コード: 2023030910658

  • 1