KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 日刊工業新聞
  • 東京
  • アライアンス
  • エンジン
  • カギ
  • サプライズ
  • ホンダ
  • 全固体電池
  • 具体

「執行役社長」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2004年11月01日
    小城武彦さん

    再建を目指すカネボウの代表執行役社長になった小城武彦(おぎ・たけひこ)さん

    商品コード: 2004110100259

  • 2005年03月05日
    奥野善彦氏、小城武彦氏 中村維夫氏、田中英成氏

    中村維夫・NTTドコモ社長、田中英成・メニコン社長、奥野善彦・整理回収機構社長、小城武彦・カネボウ代表執行役社長

    商品コード: 2005030500076

  • 2007年05月25日
    カブドットコム証券の齋藤社長

    キーワード:カブドットコム証券、齋藤正勝、取締役兼代表執行役社長、ロゴ、インタビュー=2007(平成19)年5月25日、東京(ロイター=共同)

    商品コード: 2019012403066

  • 2008年02月13日
    平野秀一氏 パルコ社長に平野氏

    パルコの執行役社長に就任する平野秀一氏

    商品コード: 2008021300148

  • 2009年03月02日
    エステーの鈴木喬会長 鈴木会長が社長兼務

    執行役社長を兼務するエステーの鈴木喬取締役会会長

    商品コード: 2009030200200

  • 2010年03月26日
    (やまにし・けんいちろう) 山西健一郎

    三菱電機株式会社、執行役社長、2010年3月26日、東京丸の内の三菱電機本社ビルで撮影(2010年4月1日付けで社長就任)

    商品コード: 2010032600253

  • 2010年04月10日
    東原敏昭氏、岡本毅氏 奥田務氏、兵頭誠氏

    奥田務・J・フロントリテイリング会長、兵頭誠・日本興亜損害保険社長、東原敏昭・日立プラントテクノロジー執行役社長、岡本毅・東京ガス社長

    商品コード: 2010041000149

  • 2015年10月23日
    (まつもと・おおき) 松本大

    マネックスグループ株式会社取締役会長兼代表執行役社長、2015年9月8日撮影、東京・有楽町の日本外国特派員協会

    商品コード: 2015090800395

  • 01:16.17
    2019年07月10日
    かんぽ生命社長が謝罪 不正販売で顧客に不利益

    かんぽ生命保険の植平光彦社長が10日、東京都内で記者会見し、保険の不正販売問題に関し「多数の顧客に不利益を生じさせたことで信頼を損ねた。深くおわびを申し上げる」と謝罪した。〈映像内容〉かんぽ生命保険の社長の記者会見。入りや謝罪、質疑応答など、※会見出席者は、向かって右から、かんぽ生命保険の専務執行役の堀家吉人氏、取締役兼代表執行役社長の植平光彦氏、日本郵便の代表取締役社長兼執行役員社長の横山邦男氏、常務執行役員の佐野公紀氏、撮影日:2019(令和元)年7月10日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019071100219

  • 02:33.95
    2019年07月31日
    郵政社長、辞任を否定 かんぽ全契約3千万件調査

    日本郵政グループは31日、かんぽ生命保険の不正販売問題で、顧客に不利益となった恐れがある契約が過去5年に18万3千件あったと発表した。9月上旬までに書面送付と電話で、契約が顧客の意向に沿っているかどうか確認する。経営責任については、再発防止の陣頭指揮を執ることが職責として辞任を否定した。〈映像内容〉日本郵政社長ら3人による謝罪、辞任否定、日本郵政社長の冒頭説明、撮影日:2019(令和元)年7月31日、撮影場所:東京都千代田区 大手町 ※会見者は向かって右からかんぽ生命保険取締役兼代表執行役社長の植平光彦氏、日本郵政取締役兼代表執行役社長の長門正貢氏、日本郵便代表取締役社長兼執行役員社長・横山邦男氏。

    商品コード: 2019080100153

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について会見する日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606399

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について謝罪する(右から)かんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長、日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長、日本郵便 横山邦男 代表取締役社長兼執行役員社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606421

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について会見する(右から)かんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長、日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長、日本郵便 横山邦男 代表取締役社長兼執行役員社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606416

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について会見する(右から)かんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長、日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長、日本郵便 横山邦男 代表取締役社長兼執行役員社長。 =2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606403

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について会見する(左から)日本郵便 横山邦男 代表取締役社長兼執行役員社長、日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長、かんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606407

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について会見する(左から)日本郵便 横山邦男 代表取締役社長兼執行役員社長、日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長、かんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606404

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について(右から)会見するかんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長、日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長、日本郵便 横山邦男 代表取締役社長兼執行役員社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606423

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について会見するかんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606418

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について会見する日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606424

  • 2019年12月27日
    日本郵政グループ3社トップ引責辞任会見

    かんぽ生命の保険の不適切販売について謝罪する(左から)日本郵便 横山邦男 代表取締役社長兼執行役員社長、日本郵政 長門正貢 取締役兼代表執行役社長、かんぽ生命 植平光彦 取締役兼代表執行役社長。=2019(令和元)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、役職は会見当時

    商品コード: 2020011606420

  • 2020年09月29日
    (おの・なおき) 小野直樹

    三菱マテリアル社長、三菱マテリアル執行役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500331

  • 2020年09月29日
    宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業統合についての会見

    宇部興産と三菱マテリアルは29日、セメント事業を2022年4月に完全統合することで最終合意したと発表した。売上高は単純合算で6000億円規模となり、国内2位の大セメント会社が誕生する。セメント生産体制や生コンクリート販売・物流体制を最適化し、100億円規模で利益を積み増す。これを原資に三菱マテの米国セメント・生コン事業など成長分野へ投資し、成長への道を開く。(右から)会見する三菱マテリアルの小野直樹 執行役社長と宇部興産の泉原雅人 代表取締役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500330

  • 2020年09月29日
    宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業統合についての会見

    宇部興産と三菱マテリアルは29日、セメント事業を2022年4月に完全統合することで最終合意したと発表した。売上高は単純合算で6000億円規模となり、国内2位の大セメント会社が誕生する。セメント生産体制や生コンクリート販売・物流体制を最適化し、100億円規模で利益を積み増す。これを原資に三菱マテの米国セメント・生コン事業など成長分野へ投資し、成長への道を開く。会見する三菱マテリアルの小野直樹 執行役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500328

  • 2020年09月29日
    宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業統合についての会見

    宇部興産と三菱マテリアルは29日、セメント事業を2022年4月に完全統合することで最終合意したと発表した。売上高は単純合算で6000億円規模となり、国内2位の大セメント会社が誕生する。セメント生産体制や生コンクリート販売・物流体制を最適化し、100億円規模で利益を積み増す。これを原資に三菱マテの米国セメント・生コン事業など成長分野へ投資し、成長への道を開く。会見する三菱マテリアルの小野直樹 執行役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500333

  • 2020年09月29日
    宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業統合についての会見

    宇部興産と三菱マテリアルは29日、セメント事業を2022年4月に完全統合することで最終合意したと発表した。売上高は単純合算で6000億円規模となり、国内2位の大セメント会社が誕生する。セメント生産体制や生コンクリート販売・物流体制を最適化し、100億円規模で利益を積み増す。これを原資に三菱マテの米国セメント・生コン事業など成長分野へ投資し、成長への道を開く。会見する三菱マテリアルの小野直樹 執行役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500329

  • 2020年09月29日
    宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業統合についての会見

    宇部興産と三菱マテリアルは29日、セメント事業を2022年4月に完全統合することで最終合意したと発表した。売上高は単純合算で6000億円規模となり、国内2位の大セメント会社が誕生する。セメント生産体制や生コンクリート販売・物流体制を最適化し、100億円規模で利益を積み増す。これを原資に三菱マテの米国セメント・生コン事業など成長分野へ投資し、成長への道を開く。(右から)会見する三菱マテリアルの小野直樹 執行役社長と宇部興産の泉原雅人 代表取締役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500319

  • 2020年09月29日
    宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業統合についての会見

    宇部興産と三菱マテリアルは29日、セメント事業を2022年4月に完全統合することで最終合意したと発表した。売上高は単純合算で6000億円規模となり、国内2位の大セメント会社が誕生する。セメント生産体制や生コンクリート販売・物流体制を最適化し、100億円規模で利益を積み増す。これを原資に三菱マテの米国セメント・生コン事業など成長分野へ投資し、成長への道を開く。(右から)会見する三菱マテリアルの小野直樹 執行役社長と宇部興産の泉原雅人 代表取締役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500323

  • 2020年09月29日
    宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業統合についての会見

    宇部興産と三菱マテリアルは29日、セメント事業を2022年4月に完全統合することで最終合意したと発表した。売上高は単純合算で6000億円規模となり、国内2位の大セメント会社が誕生する。セメント生産体制や生コンクリート販売・物流体制を最適化し、100億円規模で利益を積み増す。これを原資に三菱マテの米国セメント・生コン事業など成長分野へ投資し、成長への道を開く。(左から)アクリル板越しにグータッチを交わす宇部興産の泉原雅人 代表取締役社長と三菱マテリアルの小野直樹 執行役社長。=2020(令和2)年9月29日、東京都千代田区の経団連会館ダイヤモンドルーム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500320

  • 2020年10月22日
    (ますだ・ひろや) 増田寛也

    日本郵政取締役代表執行役社長、元岩手県知事、2020年8月26日撮影、東京都千代田区

    商品コード: 2020102204137

  • 2021年10月01日
    三菱電機の不正検査による再発防止策の記者会見

    三菱電機は一連の品質問題で失ったステークホルダーの信頼回復へ一歩踏み出した。長崎製作所(長崎県時津町)での不適切検査などに関する外部専門家の調査報告書を受けて再発防止策を1日発表した。「製作所・工場あって、会社なし」と指摘された内向きで閉鎖的な組織風土を変革する必要がある。ただ、2021年に創立100周年を迎えた名門企業が積み重ねてきた組織の“空気感”を一新することは容易ではない。三菱電機は1日に再発防止策を含む三つの改革を打ち出すとともに、品質保証体制強化に向けたインフラ整備に2年間で300億円を投資する方針を明らかにした。同日会見した漆間啓社長は「必要なところにしっかりと投資して、品質風土の改革に取り組んでいきたい」と述べた。写真は会見する、漆間啓 執行役社長 CEO。=2021(令和3)年10月1日、三菱電機本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102001130

  • 2021年10月01日
    三菱電機の不正検査による再発防止策の記者会見

    三菱電機は一連の品質問題で失ったステークホルダーの信頼回復へ一歩踏み出した。長崎製作所(長崎県時津町)での不適切検査などに関する外部専門家の調査報告書を受けて再発防止策を1日発表した。「製作所・工場あって、会社なし」と指摘された内向きで閉鎖的な組織風土を変革する必要がある。ただ、2021年に創立100周年を迎えた名門企業が積み重ねてきた組織の“空気感”を一新することは容易ではない。三菱電機は1日に再発防止策を含む三つの改革を打ち出すとともに、品質保証体制強化に向けたインフラ整備に2年間で300億円を投資する方針を明らかにした。同日会見した漆間啓社長は「必要なところにしっかりと投資して、品質風土の改革に取り組んでいきたい」と述べた。写真は会見する、漆間啓 執行役社長 CEO(左2)ら。=2021(令和3)年10月1日、三菱電機本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102001209

  • 2021年10月01日
    三菱電機の不正検査による再発防止策の記者会見

    三菱電機は一連の品質問題で失ったステークホルダーの信頼回復へ一歩踏み出した。長崎製作所(長崎県時津町)での不適切検査などに関する外部専門家の調査報告書を受けて再発防止策を1日発表した。「製作所・工場あって、会社なし」と指摘された内向きで閉鎖的な組織風土を変革する必要がある。ただ、2021年に創立100周年を迎えた名門企業が積み重ねてきた組織の“空気感”を一新することは容易ではない。三菱電機は1日に再発防止策を含む三つの改革を打ち出すとともに、品質保証体制強化に向けたインフラ整備に2年間で300億円を投資する方針を明らかにした。同日会見した漆間啓社長は「必要なところにしっかりと投資して、品質風土の改革に取り組んでいきたい」と述べた。写真は会見する、漆間啓 執行役社長 CEO(左2)ら。=2021(令和3)年10月1日、三菱電機本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102001191

  • 2021年10月01日
    三菱電機の不正検査による再発防止策の記者会見

    三菱電機は一連の品質問題で失ったステークホルダーの信頼回復へ一歩踏み出した。長崎製作所(長崎県時津町)での不適切検査などに関する外部専門家の調査報告書を受けて再発防止策を1日発表した。「製作所・工場あって、会社なし」と指摘された内向きで閉鎖的な組織風土を変革する必要がある。ただ、2021年に創立100周年を迎えた名門企業が積み重ねてきた組織の“空気感”を一新することは容易ではない。三菱電機は1日に再発防止策を含む三つの改革を打ち出すとともに、品質保証体制強化に向けたインフラ整備に2年間で300億円を投資する方針を明らかにした。同日会見した漆間啓社長は「必要なところにしっかりと投資して、品質風土の改革に取り組んでいきたい」と述べた。写真は会見する、漆間啓 執行役社長 CEO(左2)ら。=2021(令和3)年10月1日、三菱電機本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102001203

  • 2021年10月01日
    三菱電機の不正検査による再発防止策の記者会見

    三菱電機は一連の品質問題で失ったステークホルダーの信頼回復へ一歩踏み出した。長崎製作所(長崎県時津町)での不適切検査などに関する外部専門家の調査報告書を受けて再発防止策を1日発表した。「製作所・工場あって、会社なし」と指摘された内向きで閉鎖的な組織風土を変革する必要がある。ただ、2021年に創立100周年を迎えた名門企業が積み重ねてきた組織の“空気感”を一新することは容易ではない。三菱電機は1日に再発防止策を含む三つの改革を打ち出すとともに、品質保証体制強化に向けたインフラ整備に2年間で300億円を投資する方針を明らかにした。同日会見した漆間啓社長は「必要なところにしっかりと投資して、品質風土の改革に取り組んでいきたい」と述べた。写真は会見する、漆間啓 執行役社長 CEO。=2021(令和3)年10月1日、三菱電機本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102001211

  • 2021年11月02日
    (きべ・かずなり) 岐部一誠

    キーワード:インフロニア・ホールディングス取締役代表執行役社長兼CEO、インフロニア・ホールディングス社長兼CEO=2021(令和3)年11月2日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120811929

  • 2021年12月06日
    (うちだ・たかし) 内田高史

    キーワード:東京ガス取締役代表執行役社長、東京ガス社長、東ガス社長=2021(令和3)年12月6日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121803962

  • 2021年12月08日
    (こじま・けいじ) 小島啓二

    キーワード:日立製作所取締役代表執行役 執行役社長兼COO、日立製作所社長、日立製作所COO、日立社長、日立COO、経営者=2021(令和3)年12月8日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012614106

  • 2021年12月14日
    (かめさわ・ひろのり) 亀沢宏規

    キーワード:三菱UFJフィナンシャル・グループ代表執行役社長兼グループCEO、三菱UFJフィナンシャル・グループ社長、MUFG社長=2021(令和3)年12月14日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011908830

  • 2021年12月16日
    (うちだ・まこと) 内田誠

    キーワード:日産自動車取締役代表執行役社長CEO、日産自動車社長、日産自動車CEO、日産社長、日産CEO、実業家=2021(令和3)年12月16日、横浜市西区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031414084

  • 2021年12月16日
    (うちだ・まこと) 内田誠

    キーワード:日産自動車取締役代表執行役社長CEO、日産自動車社長、日産自動車CEO、日産社長、日産CEO、実業家=2021(令和3)年12月16日、横浜市西区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031414070

  • 2021年12月16日
    (うちだ・まこと) 内田誠

    キーワード:日産自動車取締役代表執行役社長CEO、日産自動車社長、日産自動車CEO、日産社長、日産CEO、実業家=2021(令和3)年12月16日、横浜市西区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031414074

  • 2021年12月21日
    (さくらだ・けんご) 桜田謙悟

    キーワード:SOMPOホールディングス グループCEO 取締役代表執行役社長、SOMPOホールディングスグループCEO、SOMPOホールディングスグループ社長、経済同友会代表幹事、経営者=2021(令和3)年12月21日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020413457

  • 2021年12月23日
    三菱電機の品質不正問題報告会見

    三菱電機は23日、一連の品質不正問題に伴う柵山正樹前会長や杉山武史前社長を含む新旧経営陣12人への処分を発表した。現在シニアアドバイザーを務める柵山前会長と杉山前社長に対して一部報酬などの自主返納を要請するほか、漆間啓社長ら現役員にも2022年1月から報酬を最大4カ月減額する。三菱電機の漆間社長は23日の会見で「(担当本部長だった当時に不正の膿を)出し切れなかったのはじくじたるものがあり、当時の経営責任については真摯に受け止める」と陳謝した。柵山前会長に対して基本報酬月額の50%を6カ月分を、杉山前社長にはそれに加えて退任慰労金の一部も自主返納を求める。7月末に就任した漆間社長は所管工場での品質不正が発覚したFAシステム事業本部長や社会システム事業本部長を歴任しており、不正に気づけなかった責任として基本報酬月額の50%を4カ月間減額する。同社は23日付でガバナンスレビュー委員会(山口利昭法律事務所・山口利昭委員長)から、今回の処分の裏付けとなる執行役・取締役の経営責任に関する報告書を受け取った。そこで「可児工場事案及び長崎製作所事案において、役員が関与、指示又は黙認しているなどの事実は認められなかった。また、内部統制システム構築義務違反を含む善管注意義務違反は認められなかった」と結論づけた。一方で、「その原因の一つに、品質管理・品質保証における体制上の問題が存在した」と認定し、品質不正の発生リスクを軽視して問題を発見できなかった歴代社長や担当執行役の責任は重大だと判断した。写真は質問に答える漆間啓 執行役社長CEO。=2021(令和3)年12月23日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010608784

  • 2021年12月23日
    三菱電機の品質不正問題報告会見

    三菱電機は23日、一連の品質不正問題に伴う柵山正樹前会長や杉山武史前社長を含む新旧経営陣12人への処分を発表した。現在シニアアドバイザーを務める柵山前会長と杉山前社長に対して一部報酬などの自主返納を要請するほか、漆間啓社長ら現役員にも2022年1月から報酬を最大4カ月減額する。三菱電機の漆間社長は23日の会見で「(担当本部長だった当時に不正の膿を)出し切れなかったのはじくじたるものがあり、当時の経営責任については真摯に受け止める」と陳謝した。柵山前会長に対して基本報酬月額の50%を6カ月分を、杉山前社長にはそれに加えて退任慰労金の一部も自主返納を求める。7月末に就任した漆間社長は所管工場での品質不正が発覚したFAシステム事業本部長や社会システム事業本部長を歴任しており、不正に気づけなかった責任として基本報酬月額の50%を4カ月間減額する。同社は23日付でガバナンスレビュー委員会(山口利昭法律事務所・山口利昭委員長)から、今回の処分の裏付けとなる執行役・取締役の経営責任に関する報告書を受け取った。そこで「可児工場事案及び長崎製作所事案において、役員が関与、指示又は黙認しているなどの事実は認められなかった。また、内部統制システム構築義務違反を含む善管注意義務違反は認められなかった」と結論づけた。一方で、「その原因の一つに、品質管理・品質保証における体制上の問題が存在した」と認定し、品質不正の発生リスクを軽視して問題を発見できなかった歴代社長や担当執行役の責任は重大だと判断した。写真は質問に答える漆間啓 執行役社長CEO。=2021(令和3)年12月23日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010608805

  • 2021年12月23日
    三菱電機の品質不正問題報告会見

    三菱電機は23日、一連の品質不正問題に伴う柵山正樹前会長や杉山武史前社長を含む新旧経営陣12人への処分を発表した。現在シニアアドバイザーを務める柵山前会長と杉山前社長に対して一部報酬などの自主返納を要請するほか、漆間啓社長ら現役員にも2022年1月から報酬を最大4カ月減額する。三菱電機の漆間社長は23日の会見で「(担当本部長だった当時に不正の膿を)出し切れなかったのはじくじたるものがあり、当時の経営責任については真摯に受け止める」と陳謝した。柵山前会長に対して基本報酬月額の50%を6カ月分を、杉山前社長にはそれに加えて退任慰労金の一部も自主返納を求める。7月末に就任した漆間社長は所管工場での品質不正が発覚したFAシステム事業本部長や社会システム事業本部長を歴任しており、不正に気づけなかった責任として基本報酬月額の50%を4カ月間減額する。同社は23日付でガバナンスレビュー委員会(山口利昭法律事務所・山口利昭委員長)から、今回の処分の裏付けとなる執行役・取締役の経営責任に関する報告書を受け取った。そこで「可児工場事案及び長崎製作所事案において、役員が関与、指示又は黙認しているなどの事実は認められなかった。また、内部統制システム構築義務違反を含む善管注意義務違反は認められなかった」と結論づけた。一方で、「その原因の一つに、品質管理・品質保証における体制上の問題が存在した」と認定し、品質不正の発生リスクを軽視して問題を発見できなかった歴代社長や担当執行役の責任は重大だと判断した。写真は質問に答える漆間啓 執行役社長CEO。=2021(令和3)年12月23日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010608827

  • 2021年12月23日
    三菱電機の品質不正問題報告会見

    三菱電機は23日、一連の品質不正問題に伴う柵山正樹前会長や杉山武史前社長を含む新旧経営陣12人への処分を発表した。現在シニアアドバイザーを務める柵山前会長と杉山前社長に対して一部報酬などの自主返納を要請するほか、漆間啓社長ら現役員にも2022年1月から報酬を最大4カ月減額する。三菱電機の漆間社長は23日の会見で「(担当本部長だった当時に不正の膿を)出し切れなかったのはじくじたるものがあり、当時の経営責任については真摯に受け止める」と陳謝した。柵山前会長に対して基本報酬月額の50%を6カ月分を、杉山前社長にはそれに加えて退任慰労金の一部も自主返納を求める。7月末に就任した漆間社長は所管工場での品質不正が発覚したFAシステム事業本部長や社会システム事業本部長を歴任しており、不正に気づけなかった責任として基本報酬月額の50%を4カ月間減額する。同社は23日付でガバナンスレビュー委員会(山口利昭法律事務所・山口利昭委員長)から、今回の処分の裏付けとなる執行役・取締役の経営責任に関する報告書を受け取った。そこで「可児工場事案及び長崎製作所事案において、役員が関与、指示又は黙認しているなどの事実は認められなかった。また、内部統制システム構築義務違反を含む善管注意義務違反は認められなかった」と結論づけた。一方で、「その原因の一つに、品質管理・品質保証における体制上の問題が存在した」と認定し、品質不正の発生リスクを軽視して問題を発見できなかった歴代社長や担当執行役の責任は重大だと判断した。写真は質問に答える漆間啓 執行役社長CEO。=2021(令和3)年12月23日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010608839

  • 2021年12月23日
    三菱電機の品質不正問題報告会見

    三菱電機は23日、一連の品質不正問題に伴う柵山正樹前会長や杉山武史前社長を含む新旧経営陣12人への処分を発表した。現在シニアアドバイザーを務める柵山前会長と杉山前社長に対して一部報酬などの自主返納を要請するほか、漆間啓社長ら現役員にも2022年1月から報酬を最大4カ月減額する。三菱電機の漆間社長は23日の会見で「(担当本部長だった当時に不正の膿を)出し切れなかったのはじくじたるものがあり、当時の経営責任については真摯に受け止める」と陳謝した。柵山前会長に対して基本報酬月額の50%を6カ月分を、杉山前社長にはそれに加えて退任慰労金の一部も自主返納を求める。7月末に就任した漆間社長は所管工場での品質不正が発覚したFAシステム事業本部長や社会システム事業本部長を歴任しており、不正に気づけなかった責任として基本報酬月額の50%を4カ月間減額する。同社は23日付でガバナンスレビュー委員会(山口利昭法律事務所・山口利昭委員長)から、今回の処分の裏付けとなる執行役・取締役の経営責任に関する報告書を受け取った。そこで「可児工場事案及び長崎製作所事案において、役員が関与、指示又は黙認しているなどの事実は認められなかった。また、内部統制システム構築義務違反を含む善管注意義務違反は認められなかった」と結論づけた。一方で、「その原因の一つに、品質管理・品質保証における体制上の問題が存在した」と認定し、品質不正の発生リスクを軽視して問題を発見できなかった歴代社長や担当執行役の責任は重大だと判断した。写真は質問に答える漆間啓 執行役社長CEO。=2021(令和3)年12月23日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010608889

  • 2021年12月23日
    三菱電機の品質不正問題報告会見

    三菱電機は23日、一連の品質不正問題に伴う柵山正樹前会長や杉山武史前社長を含む新旧経営陣12人への処分を発表した。現在シニアアドバイザーを務める柵山前会長と杉山前社長に対して一部報酬などの自主返納を要請するほか、漆間啓社長ら現役員にも2022年1月から報酬を最大4カ月減額する。三菱電機の漆間社長は23日の会見で「(担当本部長だった当時に不正の膿を)出し切れなかったのはじくじたるものがあり、当時の経営責任については真摯に受け止める」と陳謝した。柵山前会長に対して基本報酬月額の50%を6カ月分を、杉山前社長にはそれに加えて退任慰労金の一部も自主返納を求める。7月末に就任した漆間社長は所管工場での品質不正が発覚したFAシステム事業本部長や社会システム事業本部長を歴任しており、不正に気づけなかった責任として基本報酬月額の50%を4カ月間減額する。同社は23日付でガバナンスレビュー委員会(山口利昭法律事務所・山口利昭委員長)から、今回の処分の裏付けとなる執行役・取締役の経営責任に関する報告書を受け取った。そこで「可児工場事案及び長崎製作所事案において、役員が関与、指示又は黙認しているなどの事実は認められなかった。また、内部統制システム構築義務違反を含む善管注意義務違反は認められなかった」と結論づけた。一方で、「その原因の一つに、品質管理・品質保証における体制上の問題が存在した」と認定し、品質不正の発生リスクを軽視して問題を発見できなかった歴代社長や担当執行役の責任は重大だと判断した。写真はあらためて頭を下げる漆間啓 執行役社長CEO。=2021(令和3)年12月23日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010608775

  • 2021年12月24日
    (いのうえ・まこと) 井上亮

    キーワード:オリックス取締役兼代表執行役社長・グループ最高経営責任者、オリックス社長、オリックスCEO、実業家=2021(令和3)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021809124

  • 2021年12月27日
    (たかだ・ゆきのり) 高田幸徳

    キーワード:住友生命保険相互会社取締役代表執行役社長、住友生命保険相互会社社長、住友生命保険社長、住友生命社長、住生社長=2021(令和3)年12月27日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012712001

  • 2022年01月13日
    (たけうち・やすお) 竹内康雄

    キーワード:オリンパス代表執行役社長兼CEO、オリンパス社長、オリンパスCEO=2022(令和4)年1月13日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012712009

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408662

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408648

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408657

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408650

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408674

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408666

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408655

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408661

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(手前)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(奥)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408663

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408664

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408667

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408654

  • 1