KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 貧困脱却
  • 栽培面積
  • 中国湖南省
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 地元住民
  • 電子商取引
  • 中国白茶
  • 葉生産量

「基幹産業」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
270
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
270
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月12日
    (1)無形文化遺産の誘致で農村振興を後押し山西省小窯頭村

    8日、古琴を演奏する無形文化遺産伝承者。中国山西省太原市の小窯頭(しょうようとう)村はここ数年、「無形文化遺産小鎮」のブランド構築を通じて20件以上の無形文化遺産プロジェクトを誘致し、民家の保存と無形文化遺産の伝承を特色とする村になっている。省内の多くの地域と同様に、同村はかつて石炭を基幹産業としていたが、2005年以降、炭鉱の閉鎖を開始、産業構造の転換と発展の道筋模索を進めてきた。同村ではこれまでに、晋陽木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)や伝統的な剪紙(せんし、切り絵細工)、太原鑼鼓(銅鑼と太鼓による演奏)、宮廷式摔跤(シュアイジアオ、格闘技の一種)など24件の無形文化遺産プロジェクトを誘致。多くの専門家や文化愛好家、一般市民が交流、見学に訪れている。(太原=新華社記者/解園)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (4)無形文化遺産の誘致で農村振興を後押し山西省小窯頭村

    8日、無形文化遺産伝承者が制作した剪紙作品。中国山西省太原市の小窯頭(しょうようとう)村はここ数年、「無形文化遺産小鎮」のブランド構築を通じて20件以上の無形文化遺産プロジェクトを誘致し、民家の保存と無形文化遺産の伝承を特色とする村になっている。省内の多くの地域と同様に、同村はかつて石炭を基幹産業としていたが、2005年以降、炭鉱の閉鎖を開始、産業構造の転換と発展の道筋模索を進めてきた。同村ではこれまでに、晋陽木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)や伝統的な剪紙(せんし、切り絵細工)、太原鑼鼓(銅鑼と太鼓による演奏)、宮廷式摔跤(シュアイジアオ、格闘技の一種)など24件の無形文化遺産プロジェクトを誘致。多くの専門家や文化愛好家、一般市民が交流、見学に訪れている。(太原=新華社記者/解園)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (2)無形文化遺産の誘致で農村振興を後押し山西省小窯頭村

    8日、古琴を制作する無形文化遺産伝承者。中国山西省太原市の小窯頭(しょうようとう)村はここ数年、「無形文化遺産小鎮」のブランド構築を通じて20件以上の無形文化遺産プロジェクトを誘致し、民家の保存と無形文化遺産の伝承を特色とする村になっている。省内の多くの地域と同様に、同村はかつて石炭を基幹産業としていたが、2005年以降、炭鉱の閉鎖を開始、産業構造の転換と発展の道筋模索を進めてきた。同村ではこれまでに、晋陽木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)や伝統的な剪紙(せんし、切り絵細工)、太原鑼鼓(銅鑼と太鼓による演奏)、宮廷式摔跤(シュアイジアオ、格闘技の一種)など24件の無形文化遺産プロジェクトを誘致。多くの専門家や文化愛好家、一般市民が交流、見学に訪れている。(太原=新華社記者/解園)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (3)無形文化遺産の誘致で農村振興を後押し山西省小窯頭村

    8日、「上林苑剪紙行」の外観。中国山西省太原市の小窯頭(しょうようとう)村はここ数年、「無形文化遺産小鎮」のブランド構築を通じて20件以上の無形文化遺産プロジェクトを誘致し、民家の保存と無形文化遺産の伝承を特色とする村になっている。省内の多くの地域と同様に、同村はかつて石炭を基幹産業としていたが、2005年以降、炭鉱の閉鎖を開始、産業構造の転換と発展の道筋模索を進めてきた。同村ではこれまでに、晋陽木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)や伝統的な剪紙(せんし、切り絵細工)、太原鑼鼓(銅鑼と太鼓による演奏)、宮廷式摔跤(シュアイジアオ、格闘技の一種)など24件の無形文化遺産プロジェクトを誘致。多くの専門家や文化愛好家、一般市民が交流、見学に訪れている。(太原=新華社記者/解園)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (5)無形文化遺産の誘致で農村振興を後押し山西省小窯頭村

    8日、木彫作品を制作する無形文化遺産伝承者。中国山西省太原市の小窯頭(しょうようとう)村はここ数年、「無形文化遺産小鎮」のブランド構築を通じて20件以上の無形文化遺産プロジェクトを誘致し、民家の保存と無形文化遺産の伝承を特色とする村になっている。省内の多くの地域と同様に、同村はかつて石炭を基幹産業としていたが、2005年以降、炭鉱の閉鎖を開始、産業構造の転換と発展の道筋模索を進めてきた。同村ではこれまでに、晋陽木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)や伝統的な剪紙(せんし、切り絵細工)、太原鑼鼓(銅鑼と太鼓による演奏)、宮廷式摔跤(シュアイジアオ、格闘技の一種)など24件の無形文化遺産プロジェクトを誘致。多くの専門家や文化愛好家、一般市民が交流、見学に訪れている。(太原=新華社記者/解園)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (6)無形文化遺産の誘致で農村振興を後押し山西省小窯頭村

    小窯頭村の一角。(2020年12月23日撮影)中国山西省太原市の小窯頭(しょうようとう)村はここ数年、「無形文化遺産小鎮」のブランド構築を通じて20件以上の無形文化遺産プロジェクトを誘致し、民家の保存と無形文化遺産の伝承を特色とする村になっている。省内の多くの地域と同様に、同村はかつて石炭を基幹産業としていたが、2005年以降、炭鉱の閉鎖を開始、産業構造の転換と発展の道筋模索を進めてきた。同村ではこれまでに、晋陽木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)や伝統的な剪紙(せんし、切り絵細工)、太原鑼鼓(銅鑼と太鼓による演奏)、宮廷式摔跤(シュアイジアオ、格闘技の一種)など24件の無形文化遺産プロジェクトを誘致。多くの専門家や文化愛好家、一般市民が交流、見学に訪れている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    広州南沙自由貿易区に日系企業など59社が進出

    3月31日、広州市南沙区で開かれた「第2回日中未来フォーラム-粤港澳大湾区」。中国広東省広州市の南沙自由貿易区で3月31日、「第2回日中未来フォーラム-粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)」が開かれた。フォーラムでは日系企業や中日合弁企業59社が同貿易区に進出していることが明らかになった。広州市南沙区の阮暁紅(げん・ぎょうこう)副区長は、同区と日本が自動車の取り持つ縁で深く結ばれており、広汽豊田汽車(広州汽車集団とトヨタの合弁企業)やデンソーの中国子会社「電装(広州南沙)」などの日系企業や中日合弁企業が自動車製造業を同区の基幹産業にしていると説明。現在、南沙区にはメイコーの中国広州工場「名幸電子(広州南沙)」や三菱重工など、日系企業や中日合弁企業計59社が集まっており、日本との協力関係はより頻繁で密接になっていると述べた。電装(広州南沙)の池戸千宏総経理は、高速鉄道や地下鉄、港などのインフラが整っている南沙区は、製造業にとって優れた立地条件を備えていると説明した。南沙区は、自動車製造や新エネルギー車の開発・製造、自動車部品、コネクテッドカーなど多くの分野をカバーする生産額1千億元(1元=約17円)規模の自動車産業クラスターを構築しつつある。同区の昨年の自動車製造業生産額は、前年比15・4%増の1330億元に達した。(広州=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (6)トン族の里で春の茶摘み始まる広西チワン族自治区

    17日、三江トン族自治県八江鎮布央村の茶園で栽培されている茶葉の芽。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では二十四節気の「雨水(うすい)」を翌日に控えた17日、八江鎮布央村の茶農家が自家茶園で春の茶摘みに追われていた。同県は湖南、貴州両省との境界に位置し、茶葉を育てるのに適した地域。昨年の県全体の栽培面積は20万ムー(約1万3千ヘクタール)で、収穫した茶葉に乾燥処理などを施した荒茶の生産量は1万5500トン、生産額は16億8千万元(1元=約16円)に上った。茶栽培は県内の人々にとって、貧困から脱して豊かになるための足掛かりとなり、農村の振興を加速させる重要な基幹産業となっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)トン族の里で春の茶摘み始まる広西チワン族自治区

    17日、三江トン族自治県八江鎮布央村の茶園で、茶摘みをする茶農家の人たち。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では二十四節気の「雨水(うすい)」を翌日に控えた17日、八江鎮布央村の茶農家が自家茶園で春の茶摘みに追われていた。同県は湖南、貴州両省との境界に位置し、茶葉を育てるのに適した地域。昨年の県全体の栽培面積は20万ムー(約1万3千ヘクタール)で、収穫した茶葉に乾燥処理などを施した荒茶の生産量は1万5500トン、生産額は16億8千万元(1元=約16円)に上った。茶栽培は県内の人々にとって、貧困から脱して豊かになるための足掛かりとなり、農村の振興を加速させる重要な基幹産業となっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (1)トン族の里で春の茶摘み始まる広西チワン族自治区

    17日、三江トン族自治県八江鎮布央村の茶園で、茶摘みをする茶農家。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では二十四節気の「雨水(うすい)」を翌日に控えた17日、八江鎮布央村の茶農家が自家茶園で春の茶摘みに追われていた。同県は湖南、貴州両省との境界に位置し、茶葉を育てるのに適した地域。昨年の県全体の栽培面積は20万ムー(約1万3千ヘクタール)で、収穫した茶葉に乾燥処理などを施した荒茶の生産量は1万5500トン、生産額は16億8千万元(1元=約16円)に上った。茶栽培は県内の人々にとって、貧困から脱して豊かになるための足掛かりとなり、農村の振興を加速させる重要な基幹産業となっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)トン族の里で春の茶摘み始まる広西チワン族自治区

    17日、三江トン族自治県八江鎮布央村の茶園で、茶摘みをする茶農家。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では二十四節気の「雨水(うすい)」を翌日に控えた17日、八江鎮布央村の茶農家が自家茶園で春の茶摘みに追われていた。同県は湖南、貴州両省との境界に位置し、茶葉を育てるのに適した地域。昨年の県全体の栽培面積は20万ムー(約1万3千ヘクタール)で、収穫した茶葉に乾燥処理などを施した荒茶の生産量は1万5500トン、生産額は16億8千万元(1元=約16円)に上った。茶栽培は県内の人々にとって、貧困から脱して豊かになるための足掛かりとなり、農村の振興を加速させる重要な基幹産業となっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)トン族の里で春の茶摘み始まる広西チワン族自治区

    17日、三江トン族自治県八江鎮布央村の茶園で栽培されている茶葉の芽。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では二十四節気の「雨水(うすい)」を翌日に控えた17日、八江鎮布央村の茶農家が自家茶園で春の茶摘みに追われていた。同県は湖南、貴州両省との境界に位置し、茶葉を育てるのに適した地域。昨年の県全体の栽培面積は20万ムー(約1万3千ヘクタール)で、収穫した茶葉に乾燥処理などを施した荒茶の生産量は1万5500トン、生産額は16億8千万元(1元=約16円)に上った。茶栽培は県内の人々にとって、貧困から脱して豊かになるための足掛かりとなり、農村の振興を加速させる重要な基幹産業となっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)トン族の里で春の茶摘み始まる広西チワン族自治区

    17日、三江トン族自治県八江鎮布央村の茶園で、茶摘みをする茶農家。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では二十四節気の「雨水(うすい)」を翌日に控えた17日、八江鎮布央村の茶農家が自家茶園で春の茶摘みに追われていた。同県は湖南、貴州両省との境界に位置し、茶葉を育てるのに適した地域。昨年の県全体の栽培面積は20万ムー(約1万3千ヘクタール)で、収穫した茶葉に乾燥処理などを施した荒茶の生産量は1万5500トン、生産額は16億8千万元(1元=約16円)に上った。茶栽培は県内の人々にとって、貧困から脱して豊かになるための足掛かりとなり、農村の振興を加速させる重要な基幹産業となっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)リンゴの出荷が最盛期迎える甘粛省静寧県

    12日、甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターで、リンゴが入った箱を積み上げる従業員。冬の寒さが厳しさを増す中、中国甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターでは、従業員がリンゴの選果、包装、箱詰め、輸送の作業に追われている。リンゴ産業は同県の基幹産業で、県全体の果樹園面積は100万ムー(約6万7千ヘクタール)を超え、生産額は45億9200万元に達している。また、農民1人当たりの果物による純収入は7300元を上回り、農村住民1人当たり可処分所得の70%以上を占めるという。(平涼=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (6)リンゴの出荷が最盛期迎える甘粛省静寧県

    12日、甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターで、リンゴの選果作業をする従業員。冬の寒さが厳しさを増す中、中国甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターでは、従業員がリンゴの選果、包装、箱詰め、輸送の作業に追われている。リンゴ産業は同県の基幹産業で、県全体の果樹園面積は100万ムー(約6万7千ヘクタール)を超え、生産額は45億9200万元に達している。また、農民1人当たりの果物による純収入は7300元を上回り、農村住民1人当たり可処分所得の70%以上を占めるという。(平涼=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (5)リンゴの出荷が最盛期迎える甘粛省静寧県

    12日、甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターで、リンゴ選別機のそばで作業に励む従業員。冬の寒さが厳しさを増す中、中国甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターでは、従業員がリンゴの選果、包装、箱詰め、輸送の作業に追われている。リンゴ産業は同県の基幹産業で、県全体の果樹園面積は100万ムー(約6万7千ヘクタール)を超え、生産額は45億9200万元に達している。また、農民1人当たりの果物による純収入は7300元を上回り、農村住民1人当たり可処分所得の70%以上を占めるという。(平涼=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)リンゴの出荷が最盛期迎える甘粛省静寧県

    12日、甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターで、リンゴの選果作業をする従業員。冬の寒さが厳しさを増す中、中国甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターでは、従業員がリンゴの選果、包装、箱詰め、輸送の作業に追われている。リンゴ産業は同県の基幹産業で、県全体の果樹園面積は100万ムー(約6万7千ヘクタール)を超え、生産額は45億9200万元に達している。また、農民1人当たりの果物による純収入は7300元を上回り、農村住民1人当たり可処分所得の70%以上を占めるという。(平涼=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)リンゴの出荷が最盛期迎える甘粛省静寧県

    12日、甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターで、贈答用リンゴを箱詰めする従業員。冬の寒さが厳しさを増す中、中国甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターでは、従業員がリンゴの選果、包装、箱詰め、輸送の作業に追われている。リンゴ産業は同県の基幹産業で、県全体の果樹園面積は100万ムー(約6万7千ヘクタール)を超え、生産額は45億9200万元に達している。また、農民1人当たりの果物による純収入は7300元を上回り、農村住民1人当たり可処分所得の70%以上を占めるという。(平涼=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (7)リンゴの出荷が最盛期迎える甘粛省静寧県

    12日、甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターで、リンゴを運ぶ従業員。冬の寒さが厳しさを増す中、中国甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターでは、従業員がリンゴの選果、包装、箱詰め、輸送の作業に追われている。リンゴ産業は同県の基幹産業で、県全体の果樹園面積は100万ムー(約6万7千ヘクタール)を超え、生産額は45億9200万元に達している。また、農民1人当たりの果物による純収入は7300元を上回り、農村住民1人当たり可処分所得の70%以上を占めるという。(平涼=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)リンゴの出荷が最盛期迎える甘粛省静寧県

    12日、甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターで、フォークリフトでリンゴの入った容器を運ぶ従業員。冬の寒さが厳しさを増す中、中国甘粛省平涼市静寧県のリンゴ標準化選別センターでは、従業員がリンゴの選果、包装、箱詰め、輸送の作業に追われている。リンゴ産業は同県の基幹産業で、県全体の果樹園面積は100万ムー(約6万7千ヘクタール)を超え、生産額は45億9200万元に達している。また、農民1人当たりの果物による純収入は7300元を上回り、農村住民1人当たり可処分所得の70%以上を占めるという。(平涼=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (10)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で、収穫したばかり黄ニラを見せる伝統的栽培法の伝承者。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/龔哲)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (9)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で、農作業に励む黄ニラの伝統的栽培法の伝承者。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (1)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で、黄ニラにかぶせた小麦のわらを取り除く農家の人たち。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (3)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村委員会で、農家の人たちが作った黄ニラ入りの餃子。皮には小麦粉のほか、ドラゴンフルーツやカボチャ、ホウレンソウなどが使われている。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (2)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村委員会で、黄ニラ入りの餃子を作る農家の人たち。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (8)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で、ニラ刈り鎌で黄ニラを刈る農家の人。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (7)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で、黄ニラの収穫に励む農家の人たち。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月15日
    (4)黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で収穫された新鮮な黄ニラ。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/龔哲)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月12日
    黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で、収穫した黄ニラをひもで縛る農家の人。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月12日
    黄ニラが豊作、収穫に励む農家の人々甘粛省蘭州市

    12日、甘粛省蘭州市西固区張家大坪村の畑で、黄ニラの収穫に励む農家の人たち。二十四節気の「冬至」(今年は12月21日)を間近に控えた中国甘粛省蘭州市西固(せいこ)区張家大坪村では、黄ニラが収穫期を迎えている。畑では、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。現在、同村の黄ニラの栽培面積は520ムー(約34・7ヘクタール)、年間生産量は約91万キロ、年間生産額は1560万元(1元=約16円)に上る。黄ニラ栽培は同村の村民の暮らしを支える基幹産業となっており、1人当たりの平均年収は2万4千元に達している。同村はここ数年、電子商取引(EC)の発展にも力を入れ、北京市や広東省広州市、陝西省西安市などでの黄ニラの販売を後押ししている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.10
    2020年10月21日
    「新華社」青蒿栽培で貧困脱却湖南省永州市

    中国湖南省永州市冷水灘(れいすいたん)区で栽培されている青蒿(セイコウ)が今年、豊作となった。同区黄陽司鎮水口橋村では現在、青蒿の買い付けシーズン真っただ中で、加工業者が手配した車両が直接農家を訪れ買い付けを行っている。バイヤーらは検収に合格した青蒿の重さを計り車に積み込むと、農家と現金取引を行った。同区ではここ数年、「企業+合作社(協同組合)+基地+農家」のモデルを採用し、青蒿の栽培を地元の基幹産業として育成することを目指している。同区の青蒿栽培は政府の支援を受けながら産業として発展し、すでに国内主要産地の一つとなっている。地元の貧困世帯3千世帯余りが青蒿栽培により貧困から脱却し富を得ている。(記者/程済安)<映像内容>青蒿栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    授業風景 洋上風力発電を基幹産業に

    長崎海洋アカデミーの授業風景=14日、長崎市

    撮影: 14日、長崎市

  • 00:59.12
    2020年10月16日
    「新華社」早生ミカンが収穫期、摘み取りに大忙しの農家湖南省東安県

    中国湖南省永州市東安県の大廟口(だいびょうこう)鎮で、早生ミカンが収穫期を迎えている。農家は摘み取りやトラックへの積み込み作業に追われている。同県は全国でも有数のミカン生産量を誇る。栽培面積は12万5千ムー(約8300ヘクタール)で、うち早生ミカンは3万5千ムー(約2300ヘクタール)を占める。1ムー(約667平方メートル)当たりの収入は2千元(1元=約16円)を超えるという。同鎮柳木井村ではこの時期、毎日約75トンの早生ミカンを出荷する。ミカン産業は地元農家の増収を支える基幹産業の一つとなっている。(記者/程済安)<映像内容>早生ミカンの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.00
    2020年09月21日
    「新華社」国慶節・中秋節を前にアワビ市場が盛況山東省栄成市

    中国山東省栄成市俚島(りとう)鎮にあるアワビ取引市場は21日、国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)と中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)を前にアワビを仕入れる全国各地の業者でにぎわった。アワビ産業は同市の漁業の基幹産業であり、特色ある産業の一つでもある。地元政府はアワビ取引市場を開設し、アワビの保管・保存能力と輸送能力を引き上げ、全国各地の業者を引き寄せ、アワビ産業の総合的な収益力を高めている。アワビ取引市場を拠点に、同市のアワビはコールドチェーンで全国各地に速やかに届けられている。(記者/馮媛媛)<映像内容>アワビの水揚げの様子、撮影日:2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    モウソウチクの産業チェーン、約1万人の雇用を創出福建省邵武市

    9日、福建省邵武経済開発区の福人集団森林工業で、竹製のパーティクルボード(合板)の全自動生産ラインを見回る従業員。中国福建省邵武(しょうぶ)市は、省内有数のモウソウチクの原料集散地で、竹材加工の主要生産拠点でもある。30年以上に及ぶ技術開発と構造転換・高度化を経て、地元のモウソウチク産業は原料の1次加工という単一業務から、原料供給、製品設計、加工、販売など産業チェーン全体に拡大した。同市では現在、279社のモウソウチク加工企業が年間5千万本のモウソウチクを加工している。生産高は40億元(1元=約16円)以上に達し、地元の約1万人の雇用も創出した。モウソウチク産業は今や、高付加価値のある、エコで健全な基幹産業に成長している。(邵武=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    モウソウチクの産業チェーン、約1万人の雇用を創出福建省邵武市

    9日、福建省邵武経済開発区のモウソウチク加工企業の作業場で、製品を包装する従業員。中国福建省邵武(しょうぶ)市は、省内有数のモウソウチクの原料集散地で、竹材加工の主要生産拠点でもある。30年以上に及ぶ技術開発と構造転換・高度化を経て、地元のモウソウチク産業は原料の1次加工という単一業務から、原料供給、製品設計、加工、販売など産業チェーン全体に拡大した。同市では現在、279社のモウソウチク加工企業が年間5千万本のモウソウチクを加工している。生産高は40億元(1元=約16円)以上に達し、地元の約1万人の雇用も創出した。モウソウチク産業は今や、高付加価値のある、エコで健全な基幹産業に成長している。(邵武=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    モウソウチクの産業チェーン、約1万人の雇用を創出福建省邵武市

    9日、福建省邵武経済開発区のモウソウチク加工企業の作業場で、製品を包装する従業員。中国福建省邵武(しょうぶ)市は、省内有数のモウソウチクの原料集散地で、竹材加工の主要生産拠点でもある。30年以上に及ぶ技術開発と構造転換・高度化を経て、地元のモウソウチク産業は原料の1次加工という単一業務から、原料供給、製品設計、加工、販売など産業チェーン全体に拡大した。同市では現在、279社のモウソウチク加工企業が年間5千万本のモウソウチクを加工している。生産高は40億元(1元=約16円)以上に達し、地元の約1万人の雇用も創出した。モウソウチク産業は今や、高付加価値のある、エコで健全な基幹産業に成長している。(邵武=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    モウソウチクの産業チェーン、約1万人の雇用を創出福建省邵武市

    9日、福建省邵武経済開発区の竹製品展示ホールで、モウソウチクを利用して製作した電卓とマウスを紹介する従業員。中国福建省邵武(しょうぶ)市は、省内有数のモウソウチクの原料集散地で、竹材加工の主要生産拠点でもある。30年以上に及ぶ技術開発と構造転換・高度化を経て、地元のモウソウチク産業は原料の1次加工という単一業務から、原料供給、製品設計、加工、販売など産業チェーン全体に拡大した。同市では現在、279社のモウソウチク加工企業が年間5千万本のモウソウチクを加工している。生産高は40億元(1元=約16円)以上に達し、地元の約1万人の雇用も創出した。モウソウチク産業は今や、高付加価値のある、エコで健全な基幹産業に成長している。(邵武=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    モウソウチクの産業チェーン、約1万人の雇用を創出福建省邵武市

    9日、福建省邵武経済開発区のモウソウチク加工工場で、竹箸の原料を乾燥させる従業員。中国福建省邵武(しょうぶ)市は、省内有数のモウソウチクの原料集散地で、竹材加工の主要生産拠点でもある。30年以上に及ぶ技術開発と構造転換・高度化を経て、地元のモウソウチク産業は原料の1次加工という単一業務から、原料供給、製品設計、加工、販売など産業チェーン全体に拡大した。同市では現在、279社のモウソウチク加工企業が年間5千万本のモウソウチクを加工している。生産高は40億元(1元=約16円)以上に達し、地元の約1万人の雇用も創出した。モウソウチク産業は今や、高付加価値のある、エコで健全な基幹産業に成長している。(邵武=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    “Car Summit“ - Volkswagen

    08 September 2020, Lower Saxony, Hanover: New VW Bulli T6 cars stand side by side at the Volkswagen Commercial Vehicles plant. Actually, the “car summit“ was supposed to be primarily concerned with future issues such as digitalisation and autonomous driving - but in politics, fears of a crash of the German key industry with hundreds of thousands of employees are on the agenda. Now there are also talks about purchase premiums for cars with combustion engines. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    “Car Summit“ - Volkswagen

    08 September 2020, Lower Saxony, Hanover: New VW Bulli T6 cars stand side by side at the Volkswagen Commercial Vehicles plant. Actually, the “car summit“ was supposed to be primarily concerned with future issues such as digitalisation and autonomous driving - but in politics, fears of a crash of the German key industry with hundreds of thousands of employees are on the agenda. Now there are also talks about purchase premiums for cars with combustion engines. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    河北省から世界へ羽ばたく子ども用自転車メーカー

    7日、河北省邯鄲市曲周県にある子ども用自転車メーカーの生産ラインで、自転車の部品を整理する従業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県の子ども用自転車産業は1970年代に生産が始まり、同地で伝統と特色を備えた基幹産業となっている。同県は近年、子ども用自転車産業のレベルアップ・高度化を積極的に奨励しており、子ども用自転車とその部品の業界は、既に家内生産から大規模生産への発展を遂げている。「一帯一路」イニシアチブの推進に伴い、同県の子ども用自転車メーカーは新製品を積極的に研究開発し、海外市場を開拓することで、新たな発展のチャンスを迎えている。現在、貿易経営権を持つ同県の子ども用自転車メーカーは18社に達し、製品は欧米や東南アジアなどの地域で販売されている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    河北省から世界へ羽ばたく子ども用自転車メーカー

    7日、河北省邯鄲市曲周県にある子ども用自転車メーカーの生産ラインで働く従業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県の子ども用自転車産業は1970年代に生産が始まり、同地で伝統と特色を備えた基幹産業となっている。同県は近年、子ども用自転車産業のレベルアップ・高度化を積極的に奨励しており、子ども用自転車とその部品の業界は、既に家内生産から大規模生産への発展を遂げている。「一帯一路」イニシアチブの推進に伴い、同県の子ども用自転車メーカーは新製品を積極的に研究開発し、海外市場を開拓することで、新たな発展のチャンスを迎えている。現在、貿易経営権を持つ同県の子ども用自転車メーカーは18社に達し、製品は欧米や東南アジアなどの地域で販売されている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    河北省から世界へ羽ばたく子ども用自転車メーカー

    7日、河北省邯鄲市曲周県にある子ども用自転車メーカーの生産ラインで働く従業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県の子ども用自転車産業は1970年代に生産が始まり、同地で伝統と特色を備えた基幹産業となっている。同県は近年、子ども用自転車産業のレベルアップ・高度化を積極的に奨励しており、子ども用自転車とその部品の業界は、既に家内生産から大規模生産への発展を遂げている。「一帯一路」イニシアチブの推進に伴い、同県の子ども用自転車メーカーは新製品を積極的に研究開発し、海外市場を開拓することで、新たな発展のチャンスを迎えている。現在、貿易経営権を持つ同県の子ども用自転車メーカーは18社に達し、製品は欧米や東南アジアなどの地域で販売されている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    河北省から世界へ羽ばたく子ども用自転車メーカー

    7日、河北省邯鄲市曲周県にある子ども用自転車メーカーの生産ラインで働く従業員たち。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県の子ども用自転車産業は1970年代に生産が始まり、同地で伝統と特色を備えた基幹産業となっている。同県は近年、子ども用自転車産業のレベルアップ・高度化を積極的に奨励しており、子ども用自転車とその部品の業界は、既に家内生産から大規模生産への発展を遂げている。「一帯一路」イニシアチブの推進に伴い、同県の子ども用自転車メーカーは新製品を積極的に研究開発し、海外市場を開拓することで、新たな発展のチャンスを迎えている。現在、貿易経営権を持つ同県の子ども用自転車メーカーは18社に達し、製品は欧米や東南アジアなどの地域で販売されている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    河北省から世界へ羽ばたく子ども用自転車メーカー

    7日、河北省邯鄲市曲周県にある子ども用自転車メーカーの展示場で、バイヤーに製品を紹介する従業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県の子ども用自転車産業は1970年代に生産が始まり、同地で伝統と特色を備えた基幹産業となっている。同県は近年、子ども用自転車産業のレベルアップ・高度化を積極的に奨励しており、子ども用自転車とその部品の業界は、既に家内生産から大規模生産への発展を遂げている。「一帯一路」イニシアチブの推進に伴い、同県の子ども用自転車メーカーは新製品を積極的に研究開発し、海外市場を開拓することで、新たな発展のチャンスを迎えている。現在、貿易経営権を持つ同県の子ども用自転車メーカーは18社に達し、製品は欧米や東南アジアなどの地域で販売されている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    河北省から世界へ羽ばたく子ども用自転車メーカー

    7日、河北省邯鄲市曲周県にある子ども用自転車メーカーの生産ラインで働く従業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県の子ども用自転車産業は1970年代に生産が始まり、同地で伝統と特色を備えた基幹産業となっている。同県は近年、子ども用自転車産業のレベルアップ・高度化を積極的に奨励しており、子ども用自転車とその部品の業界は、既に家内生産から大規模生産への発展を遂げている。「一帯一路」イニシアチブの推進に伴い、同県の子ども用自転車メーカーは新製品を積極的に研究開発し、海外市場を開拓することで、新たな発展のチャンスを迎えている。現在、貿易経営権を持つ同県の子ども用自転車メーカーは18社に達し、製品は欧米や東南アジアなどの地域で販売されている。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.18
    2020年08月28日
    「新華社」ヨモギ産業が貧困脱却を後押し湖北省黄岡市

    中国湖北省黄岡市蘄春(きしゅん)県は、「蘄艾」として中国で有名なヨモギの産地で、ヨモギ産業は同県域の経済発展と農民の貧困脱却・増収の重要な基幹産業にもなっている。中医薬(中国伝統の医薬)分野の発展の勢いを受け、同県のヨモギ栽培面積は約30万ムー(約2万ヘクタール)、登録済みのヨモギ企業は1850社に達しており、貧困世帯3万余りがヨモギ産業により増収を実現した。2019年の同県のヨモギ生産高は50億元(1元=約15円)余りで、ブランド価値は100億元を上回っている。同県のヨモギ産業は、全産業チェーンで10万人の雇用を創出すると同時に、栽培、加工、灸(きゅう)の研修などさまざまな分野で貧困者を支援し、同県全体で3万人余りの貧困脱却を後押ししている。(記者/方亜東、潘志偉)<映像内容>ヨモギ産業、畑の空撮、加工の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場の敷地内に止まるトラックの中で、休憩する農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、「硒砂瓜」を自動仕分け装置の上に載せる農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、選別された「硒砂瓜」を運ぶ従業員。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場で働くスタッフ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場でフウセイを飼育する地元食品会社の尤維徳(ゆう・いとく)会長。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場でフウセイを網ですくうスタッフ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場で飼育されているフウセイ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場で働くスタッフ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場で飼育されているフウセイ。(小型無人機から)中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場。(小型無人機から)中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市

    15日、福建省寧徳市の養殖場でフウセイに餌をやるスタッフ。(小型無人機から)中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:24.72
    2020年05月21日
    「新華社」アフリカのコーヒー農家を支援するライブ配信に国連事務次長が参加

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けたルワンダ産コーヒーの販売を支援するライブ配信イベントがこのほど、中国で行われた。イベントには、国連事務次長で国連アフリカ経済委員会事務総長のベラ・ソングウェ氏やルワンダのジェームス・キモニョ駐中国大使、中国電子商取引(EC)大手アリババグループの金融会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)の井賢棟(エリック・ジン)董事長、淘宝(タオバオ)のインフルエンサー薇婭(Viya)氏が参加。アフリカの感染症対策と生産再開を支援した。キモニョ氏はビデオを通じ「中国のECがルワンダの農家に希望をもたらし、引き続き国際貿易ができるよう支援してくれたことに感謝する」と述べた。コーヒー栽培はルワンダの基幹産業で、国民の30人に1人が生業としている。感染拡大の影響により、同国では多くの航空便が欠航となり、国際貨物の輸送コストが倍増。欧米市場からの発注数が激減しており、多くのコーヒー農家は収穫シーズンに販売先が見つからないという苦境に立たされている。(記者/殷暁聖)<映像内容>ルワンダ産コーヒーの販売を支援するライブ配信イベント開催、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培拠点に保管されている芦菇の親株。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、リアルタイムでディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、ディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、栽培環境をモニタリングする湖南農業大学食用菌研究所の呉正坤(ご・せいこん)副所長。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。(小型無人機から)中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、今年最初の有機栽培茶を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、摘み取ったばかりの葉を見せる茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、今年最初の有機栽培茶を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市

    4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春伝統製茶拠点で、茶農家と一緒に今年最初の有機栽培茶を手作業で焙煎する中国茶葉流通協会の匡新(きょう・しん)副会長(右)。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:59.36
    2020年04月16日
    「新華社」小型無人機で梨の人工授粉をスピードアップ新疆ウイグル自治区

    全国的に梨の生産地として有名な中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、70万ムー(約4万6667ヘクタール)の梨の花が満開を迎えている。人工授粉に最適な期間は花が満開になった前後2週間足らずのため、果樹農家が人工授粉作業を急いでいる。ここ数年、従来の人工授粉方法のほか、小型無人機を使った方法が果樹園に登場した。同自治州で栽培されるコルラ香梨は地元の基幹産業の一つとなっていることから、コルラ市は「梨城」とも呼ばれる。同市ではこれまで、手作業で花粉をふりかける授粉と噴霧器による授粉を採用してきた。これらの方法は効果的で結実率も高いが、時間と手間がかかり、作業スピードも遅く、授粉に最適な期間を逃しやすかった。小型無人機による人工授粉は、従来の方法の不足を補い、授粉の効率と質を向上させることができる。推計では、小型無人機1台で200~300ムー(約13~20ヘクタール)の人工授粉が可能で、作業スピードは数十倍。同市が昨年以来行った無人機による人工授粉面積は1万ムー(約667ヘクタール)を超えている。(記者/宿伝義)<映像内容>満開の梨の花の風景、ドローンで人工授粉を行う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、福建省政和雲根茶業の茶葉天日干し場。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園。(小型無人機から)「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、茶葉を天日干しする福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、福建省政和県澄源郷澄源村の茶葉買い取り所。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    茶産業が貧困脱却を後押し福建省

    12日、白茶餅を作る福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3