KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 脱却堅塁
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 貧困発生率
  • 協同組合
  • 貧困世帯
  • インフラ
  • 貧困人口
  • 広西チワン族自治区

「堅塁攻略」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
317
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
317
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月13日
    (6)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    7日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で、購入した年越し用品を車から下ろす村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県元古堆村の自宅で、麻花(こねた小麦粉を油で揚げた菓子)を作る村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で、自宅の大掃除をする村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県の元古堆村。(小型無人機から)中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で開かれた2020年度の分配大会。大会では同村の栽培専業合作社と観光開発企業が村民に配当金を分配した。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村の文化広場で、配当金を受け取る村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    11日、甘粛省定西市渭源県元古堆村ので、餃子を作り「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員(右)。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員(右)。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県阿布洛哈村の移転者居住区と新しく整備された道路。(10月13日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    昭覚県阿並洛古郷の美しい田園風景と農業産業パーク。(10月13日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    昭覚県三河村にある移転者居住区。(10月13日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県チラ郷托帕艾日克村にあるウシの飼育場で、ウシに餌を与える村民。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    重慶市豊都県金龍寨村で稲刈りをする村民。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    豊作の秋を迎えた重慶市豊都県金龍寨村で、収穫したコメを忙しく運ぶ村民。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県チラ郷鉄熱克艾日克村にある飼育場で働く従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県の飼育基地にある飼育場。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県にあるウサギ飼育場で、ウサギに餌を与える従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された小康新区の家畜の飼育場。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県にあるウサギの飼育基地。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    豊作の秋を迎えた重慶市豊都県金龍寨村で忙しく働く村民。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    重慶市豊都県金龍寨村で黄金色に実った水田。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県にある乳業メーカーの乳牛繁殖基地の一角。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県ハンギヤ(杭桂)鎮和佳新村にあるハトの繁殖基地で、ハトの成長具合をチェックする従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県ハンギヤ(杭桂)鎮和佳新村にあるハトの繁殖基地。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県ハンギヤ(杭桂)鎮和佳新村にあるハトの繁殖基地で、ハトに餌を与える従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月12日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県にある依撒社区(コミュニティー)。移住・転居による貧困救済事業により、同コミュニティーには114軒の住宅が建設され、2890世帯の計1万4230人のイ族住民が新居に引越した。(9月12日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮にある馬営村の段々畑に咲くコスモス。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮にある馬営村の段々畑に咲くコスモス。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の馬営村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮にある竜王壩村の風景。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の馬営村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の馬営村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    重慶市南川区廟壩村で、今年最初の蜂蜜を採取する村民。(8月26日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県東廟郷の、移住・転居による貧困救済事業で建設された居住区。(8月18日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県東廟郷の、移住・転居による貧困救済事業で建設された居住区。(8月18日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    空から見た重慶市南川区河図鎮のキウイフルーツ産業パーク。(8月12日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    涼山イ族自治州昭覚県にある昭美社区(コミュニティー)とコミュニティー内の幼稚園。(8月11日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県にあるトマト栽培基地。(8月11日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    涼山イ族自治州昭覚県にある涪昭現代農業産業パーク。(8月10日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    涼山イ族自治州昭覚県四開郷好谷村にある涪昭現代農業産業パークで働く農家の人。(8月10日撮影)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    涼山イ族自治州昭覚県四開郷梭梭拉打村で人民武装警察部隊四川省総隊が建設を支援した幼稚園、屋外バスケットボールコートと産業パーク。(8月10日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    7日、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅。白褲ヤオ族が住んでいる。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    7日、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅と建設が進む観光スポット。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    7日、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅の敷地内にある観光スポット。主要な部分の工事がほぼ完了している。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    7日、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅と建設が進む観光スポット。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    6日、広西チワン族自治区南丹県八圩瑶寨にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷仁広村当脚屯で、煮炊きに使う枝を拾い集め、家路につく陸老愛(りく・ろうあい)さん。(2018年1月12日撮影)下:6日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅で、電磁調理器で料理をする陸老愛さん。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月12日、2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    6日、広西チワン族自治区南丹県八圩瑶寨にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅。多くの白褲ヤオ族の人々が同地に移り住んできた。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県八圩瑶族郷吧哈村の自宅を出て、新居に向かう黎治明(れい・ちめい)さん(奥)一家。(2018年2月4日撮影)下:6日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅の自宅を出る黎治明さん(右)一家。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年2月4日、2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷仁広村当脚屯のため池で水をくむ陸老橋(りく・ろうきょう)さん。(2018年1月12日撮影)下:5日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅で、水道水で調理道具を洗う陸老橋さん。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年1月12日、2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    太陽光発電が貧困脱却の堅塁攻略に一役青海省共和県

    5日、青海省海南チベット族自治州のグリーン産業発展パークに建設された太陽光発電所。(小型無人機から)中国黄河のほとりに位置する、青海省海南チベット族自治州共和県のグリーン産業発展パークは、村レベルの太陽光発電所を建設し、グリッド接続発電を実現したことで、売電により得た収益を登録貧困世帯の勤務先の給与に充て、貧困層の持続的な増収を推し進めている。(共和=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷董甲村戈底屯にある自宅前の階段に腰掛ける韋金林(い・きんりん)さん(左端)。(2018年1月11日撮影)下:5日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅の自宅前でくつろぐ韋金林さん(左)。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月11日、2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    太陽光発電が貧困脱却の堅塁攻略に一役青海省共和県

    5日、青海省海南チベット族自治州のグリーン産業発展パークに建設された太陽光発電所。(小型無人機から)中国黄河のほとりに位置する、青海省海南チベット族自治州共和県のグリーン産業発展パークは、村レベルの太陽光発電所を建設し、グリッド接続発電を実現したことで、売電により得た収益を登録貧困世帯の勤務先の給与に充て、貧困層の持続的な増収を推し進めている。(共和=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    太陽光発電が貧困脱却の堅塁攻略に一役青海省共和県

    5日、青海省海南チベット族自治州のグリーン産業発展パークに建設された太陽光発電所。(小型無人機から)中国黄河のほとりに位置する、青海省海南チベット族自治州共和県のグリーン産業発展パークは、村レベルの太陽光発電所を建設し、グリッド接続発電を実現したことで、売電により得た収益を登録貧困世帯の勤務先の給与に充て、貧困層の持続的な増収を推し進めている。(共和=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    太陽光発電が貧困脱却の堅塁攻略に一役青海省共和県

    5日、青海省海南チベット族自治州のグリーン産業発展パークに建設された太陽光発電所。(小型無人機から)中国黄河のほとりに位置する、青海省海南チベット族自治州共和県のグリーン産業発展パークは、村レベルの太陽光発電所を建設し、グリッド接続発電を実現したことで、売電により得た収益を登録貧困世帯の勤務先の給与に充て、貧困層の持続的な増収を推し進めている。(共和=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:移転前の自宅で撮影に応じる陸老橋(りく・ろうきょう)さんの妻、陸明栄(りく・めいえい)さんと子ども。(2018年1月12日撮影)下:5日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅の自宅前で、子どもと遊ぶ陸老橋さんの妻、陸明栄さん。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年1月12日、2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷董甲村戈底屯の自宅の前で、撮影に応じる韋金林(い・きんりん)さん(後列右)一家。(2018年1月11日撮影)下:5日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅の自宅ベランダに立つ韋金林さんと妻、子ども。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月11日、2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    太陽光発電が貧困脱却の堅塁攻略に一役青海省共和県

    5日、青海省海南チベット族自治州のグリーン産業発展パークに建設された太陽光発電所。(小型無人機から)中国黄河のほとりに位置する、青海省海南チベット族自治州共和県のグリーン産業発展パークは、村レベルの太陽光発電所を建設し、グリッド接続発電を実現したことで、売電により得た収益を登録貧困世帯の勤務先の給与に充て、貧困層の持続的な増収を推し進めている。(共和=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    太陽光発電が貧困脱却の堅塁攻略に一役青海省共和県

    5日、青海省海南チベット族自治州のグリーン産業発展パークに建設された太陽光発電所。(小型無人機から)中国黄河のほとりに位置する、青海省海南チベット族自治州共和県のグリーン産業発展パークは、村レベルの太陽光発電所を建設し、グリッド接続発電を実現したことで、売電により得た収益を登録貧困世帯の勤務先の給与に充て、貧困層の持続的な増収を推し進めている。(共和=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷仁広村当脚屯の自宅で、臼を回してトウモロコシをひく陸老橋(りく・ろうきょう)さん。(2018年1月12日撮影)下:5日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅の自宅で、買って来た米を炊く陸老橋さん。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月12日、2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    太陽光発電が貧困脱却の堅塁攻略に一役青海省共和県

    5日、青海省海南チベット族自治州のグリーン産業発展パークに建設された太陽光発電所。(小型無人機から)中国黄河のほとりに位置する、青海省海南チベット族自治州共和県のグリーン産業発展パークは、村レベルの太陽光発電所を建設し、グリッド接続発電を実現したことで、売電により得た収益を登録貧困世帯の勤務先の給与に充て、貧困層の持続的な増収を推し進めている。(共和=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられる集合住宅の建設地。(2017年5月23日撮影、小型無人機から)下:4日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2017(平成29)年5月23日、2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:村民が移転前に住んでいた広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷董甲村麼幹屯。(2018年1月10日撮影)下:4日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月10日、2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    4日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅。多くの白褲ヤオ族の人々が同地に移り住んできた。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:村民が移転前に住んでいた広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷董甲村麼幹屯。(2018年1月10日撮影)下:4日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月10日、2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    4日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅の敷地内に設けられた王尚小学校。(小型無人機から)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    標高2560メートルの高地にある昭覚県洒拉地坡郷。同郷はバラやイチゴ、平地とは異なる時期に出荷される高原野菜などの大規模な栽培基地になっている。(7月24日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県三只羊郷鶏峒村の貯水施設。(7月23日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県永安鎮安蘭村で建設中の道路。(7月22日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県永安鎮安蘭村が、新たに建設した貯水施設。(7月22日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県永安鎮安蘭村が、新たに建設した道路と貯水施設。(7月22日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区融水ミャオ族自治県大浪鎮大徳村丹陽屯の唐辛子を栽培するハウス。(6月27日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.70
    2020年06月26日
    「新華社」加速するチベット自治区の送電網建設貧困脱却を電力面から支える

    中国チベット自治区ガリ地区・チベット中部送電網相互接続プロジェクトは2019年9月、世界一標高が高い送変電プロジェクトとして着工した。建設工事を担う国有企業、中国安能第二工程局の劉璘(りゅう・りん)プロジェクトマネージャーによると、このプロジェクトは同自治区シガツェ市)を起点にガリ地区ガル県に至る。投資総額は74億元(1元=約15円)、送電線の全長は1689キロで、2021年の運用開始を見込む。同自治区は過去2年間に、貧困脱却堅塁攻略と農村振興を電力面から力強く支えるため、「3区3州」(中国の深刻な貧困地域)送電網建設プロジェクトに全力で取り組んできた。送電網「天路」は、高山や峡谷、広大な草原で暮らす多くの世帯を徐々につなぎ合わせている。(記者/羅生博、唐弢、侯捷、陳尚才)<映像内容>送電の設備の工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県にある小学校で、新しく建てられた図書館で本を読む生徒たち。(6月23日撮影)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県にある小学校の運動場をランニングする生徒たち。(6月22日撮影)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県覚撒郷博作村でスモモの成長状況を確認する貧困支援幹部の楊永林(よう・えいりん、右端)さんと農家の人たち。(6月22日撮影)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県覚撒郷博作村で記念撮影する貧困支援幹部の楊永林(よう・えいりん、前列中央)さんと農家の人たち。(6月22日撮影)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月21日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県にある依撒社区(コミュニティー)で、移住・転居による貧困救済事業により手配された新居の抽選番号を見せるイ族住民。(6月21日撮影)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.02
    2020年06月20日
    「新華社」サソリの養殖が農民の新たな貧困脱却ルートに河北省阜城県

    中国は今年、貧困脱却堅塁攻略戦が最終段階を迎える。この戦いに勝利するため、河北省阜城県は、産業発展を貧困層の潜在能力を高めるための重要な手段、かつ的確に貧困脱却を進めるための中心的な原動力とし、「合作社(協同組合)+養殖業者+拠点」の養殖モデルを取り入れた。特色あるサソリ養殖拠点を設立して、貧困層の雇用創出と収入増加を後押ししている。(記者/張碩)<映像内容>サソリの養殖の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月07日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    金陽県山江郷老寨子村の移転者居住区と道路。(6月7日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月07日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    金陽県天地壩鎮と吉史里口村の移転者居住区を結ぶ道路。(6月7日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    金陽県熱柯覚郷丙乙底村の、曲がりくねって続く観光道路。(6月5日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.04
    2020年05月29日
    「新華社」小麦粉加工製品産業の発展で貧困脱却と増収を後押し新疆奇台県

    「中国の麦の里」と呼ばれる中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州奇台県はここ数年、地元の特色に立脚、良質な小麦粉を生かし、焼いて作るウイグル族やカザフ族などの伝統的主食のナンをはじめとする特色ある小麦粉加工製品を産業として発展させ、貧困脱却の堅塁攻略を後押ししている。この産業は地元住民、特に貧困世帯の増収を実現する好待遇の仕事となっており、地元企業は数十種類のナンを生産し、北京や上海、自治区内のウルムチ、昌吉、トルファンなどで販売している。現在、同県では3千人余りがナン産業に従事しており、このうち3分の1が貧困世帯だという。(記者/潘瑩)<映像内容>ナンの生産、販売の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月27日
    新疆ホータン、オンライン・オフライン消費で貧困支援を後押し

    5月27日、和田玉石センター玉石産業園玉石交易市場で、民族舞踊を披露するダンサー。中国新疆ウイグル自治区和田(ホータン)玉石センター玉石産業園玉石交易市場でこのほど、同センター屋外ライブ配信基地の落成式が行われた。同基地はインターネットの利点を活かし、クルミ、ナツメ、ハマナスなどホータン地区の素晴らしい特産品をPRすることで、貧困脱却の堅塁攻略戦勝利を力強く後押ししていく。(ホータン=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月27日
    新疆ホータン、オンライン・オフライン消費で貧困支援を後押し

    5月27日、新疆和田玉石センター玉石産業園玉石交易市場で、貧困支援・農家支援のためのオンラインライブ配信イベントに参加する人たち。中国新疆ウイグル自治区和田(ホータン)玉石センター玉石産業園玉石交易市場でこのほど、同センター屋外ライブ配信基地の落成式が行われた。同基地はインターネットの利点を活かし、クルミ、ナツメ、ハマナスなどホータン地区の素晴らしい特産品をPRすることで、貧困脱却の堅塁攻略戦勝利を力強く後押ししていく。(ホータン=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月27日
    新疆ホータン、オンライン・オフライン消費で貧困支援を後押し

    5月27日、貧困支援・農家支援のためのライブ配信イベントで、ホータン地区の特産品をPRする女性。中国新疆ウイグル自治区和田(ホータン)玉石センター玉石産業園玉石交易市場でこのほど、同センター屋外ライブ配信基地の落成式が行われた。同基地はインターネットの利点を活かし、クルミ、ナツメ、ハマナスなどホータン地区の素晴らしい特産品をPRすることで、貧困脱却の堅塁攻略戦勝利を力強く後押ししていく。(ホータン=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月27日
    新疆ホータン、オンライン・オフライン消費で貧困支援を後押し

    5月27日、貧困支援・農家支援のためのライブ配信イベントでハマナス茶を紹介する女性。中国新疆ウイグル自治区和田(ホータン)玉石センター玉石産業園玉石交易市場でこのほど、同センター屋外ライブ配信基地の落成式が行われた。同基地はインターネットの利点を活かし、クルミ、ナツメ、ハマナスなどホータン地区の素晴らしい特産品をPRすることで、貧困脱却の堅塁攻略戦勝利を力強く後押ししていく。(ホータン=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月27日
    新疆ホータン、オンライン・オフライン消費で貧困支援を後押し

    5月27日、和田玉石センター玉石産業園玉石交易市場で、民族舞踊を披露するダンサー。中国新疆ウイグル自治区和田(ホータン)玉石センター玉石産業園玉石交易市場でこのほど、同センター屋外ライブ配信基地の落成式が行われた。同基地はインターネットの利点を活かし、クルミ、ナツメ、ハマナスなどホータン地区の素晴らしい特産品をPRすることで、貧困脱却の堅塁攻略戦勝利を力強く後押ししていく。(ホータン=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県木爾郷布柳村の、マコモダケを栽培する600ムー(約40万平方メートル)の水田。(5月17日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県達吽小鎮の、軽食を扱う屋台。(5月15日撮影)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/崔博文)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4