KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三身
  • 仏像
  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 創建
  • 南宋
  • 国宝
  • 塑像
  • 密教
  • 応身

「報身」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年01月18日
    (1)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、釈迦(しゃか)の三身(法身、報身、応身)を表した観音寺毘盧堂の仏像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801074

  • 1