KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ウルムチ
  • サルサ
  • チーム
  • ムー
  • 単位
  • 吸収
  • 土地改良
  • 塩分

「塩生植物」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:35.70
    2021年09月01日
    「新華社」トビハゼとゴカイの放流で湿地生態系のバランスを維持遼寧省

    中国遼寧省盤錦市にある紅海灘風景区では今年に入り、トビハゼとゴカイの放流が行われた。今年は塩生植物マツナの生育が特に良好で、浜辺がひときわ鮮やかに色づいている。トビハゼとゴカイの放流は、浅瀬で酸素の増加と重金属の減少をもたらし、土壌改善につながる。また、鳥類に良質な自然の餌を提供し、生物多様性と生態系のバランス維持、環境修復の規模拡大にも役立っており、同風景区の海洋環境と湿地生態系の保護・回復に効果を発揮している。(記者/趙泳、韓赫) =配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206186

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    (3)塩生植物で塩類・アルカリ性土壌の土地を改良新疆ウイグル自治区

    17日、冬に入り赤く色付いたスアエダ・サルサ。中国新疆ウイグル自治区の塩類・アルカリ性土壌の土地面積は、中国全体の約3分の1を占めており、こうした土壌が農業生産量の低下を招き、地元に毎年、億単位の経済的損失をもたらしている。中国科学院新疆生態地理研究所の田長彦(でん・ちょうげん)研究員率いるチームが選別したスアエダ・サルサ(Suaedasalsa)という塩生植物は、塩類・アルカリ性土地で1ムー(約667平方メートル)当たり数百キロの塩分を吸収し、土地改良や緑化、飼料生産などに幅広く利用できるため、同自治区内で植え付けが進んでいる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611914

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    (2)塩生植物で塩類・アルカリ性土壌の土地を改良新疆ウイグル自治区

    18日、スアエダ・サルサの種子。中国新疆ウイグル自治区の塩類・アルカリ性土壌の土地面積は、中国全体の約3分の1を占めており、こうした土壌が農業生産量の低下を招き、地元に毎年、億単位の経済的損失をもたらしている。中国科学院新疆生態地理研究所の田長彦(でん・ちょうげん)研究員率いるチームが選別したスアエダ・サルサ(Suaedasalsa)という塩生植物は、塩類・アルカリ性土地で1ムー(約667平方メートル)当たり数百キロの塩分を吸収し、土地改良や緑化、飼料生産などに幅広く利用できるため、同自治区内で植え付けが進んでいる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611915

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月26日
    (1)塩生植物で塩類・アルカリ性土壌の土地を改良新疆ウイグル自治区

    18日、学生とともに栽培試験場でスアエダ・サルサの種子を集める中国科学院新疆生態地理研究所の趙振勇(ちょう・しんゆう)シニアエンジニア(左)。中国新疆ウイグル自治区の塩類・アルカリ性土壌の土地面積は、中国全体の約3分の1を占めており、こうした土壌が農業生産量の低下を招き、地元に毎年、億単位の経済的損失をもたらしている。中国科学院新疆生態地理研究所の田長彦(でん・ちょうげん)研究員率いるチームが選別したスアエダ・サルサ(Suaedasalsa)という塩生植物は、塩類・アルカリ性土地で1ムー(約667平方メートル)当たり数百キロの塩分を吸収し、土地改良や緑化、飼料生産などに幅広く利用できるため、同自治区内で植え付けが進んでいる。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611918

  • 1