KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 構成
  • 記者
  • 運用
  • 中央
  • 実現
  • 構造
  • 進化
  • 開始
  • 李博

「増幅装置」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Magnetoelectric Machine by E.

    Magnetoelectric Machine by E. M. Clarke. 19th century. Induction machine that amplifies induction currents. These devices are called electrovoltaicos induction apparatus. Colored engraving.、クレジット:Album/Mestral/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051310786

  • 2021年06月03日
    (1)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、広州体育館でエアドーム型実験室「猟鷹」を設置する作業員。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309592

  • 2021年06月03日
    (3)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、広州体育館に設置されたエアドーム型実験室「猟鷹」。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309593

  • 2021年06月03日
    (5)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、広州体育館でエアドーム型実験室「猟鷹」を設置する作業員。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309595

  • 2021年06月03日
    (6)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、広州体育館でエアドーム型実験室「猟鷹」を設置する作業員。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309596

  • 2021年06月03日
    (2)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、広州体育館でエアドーム型実験室「猟鷹」を設置する作業員。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309591

  • 2021年06月03日
    (4)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、広州体育館でエアドーム型実験室「猟鷹」のフレームを設置する作業員。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309594

  • 2021年06月03日
    (8)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、エアドーム型実験室「猟鷹」で調整試験をする検査スタッフ。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309624

  • 2021年06月03日
    (11)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、エアドーム型「猟鷹」実験室に入る前に防護服を着る検査スタッフ。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309623

  • 2021年06月03日
    (7)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、広州体育館でエアドーム型実験室「猟鷹」を設置する作業員。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309621

  • 2021年06月03日
    (10)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、エアドーム型実験室「猟鷹」で調整試験をする検査スタッフ。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309625

  • 2021年06月03日
    (12)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、エアドーム型実験室「猟鷹」に入る前に防護服を着る検査スタッフ。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309630

  • 2021年06月03日
    (9)広州市、臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    1日、エアドーム型実験室「猟鷹」で調整試験をする検査スタッフ。中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309627

  • 00:49.96
    2021年06月03日
    「新華社」広州市に臨時核酸検査実験室「猟鷹」を設置

    中国広東省広州市の広州体育館で2日未明、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」4組の設置がほぼ完了した。3日から運用が始まる。同実験室は国家呼吸医学センターと広州実験室の指導の下、医療診断サービスを提供する金域医学などの企業が建設。昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以降、広東省に初めて設けられたエアドーム型実験室となる。同実験室は1組の敷地面積が約210平方メートルで、検査試薬準備エリア、サンプル処理エリア、核酸増幅エリアの3張りのエアドームで構成。全自動核酸抽出精製機やPCR増幅装置などの検査設備を備えている。4組の実験室は1日12万件の検査能力を持つ。(記者/劉大偉、黄国保、張怡晟) =配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309570

  • 00:51.20
    2021年08月16日
    「新華社」核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(記者/劉宇軒) =配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703346

  • 2021年08月16日
    (14)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」のサンプル処理エリアで、サンプルの抽出作業を行う自動開栓サンプルインジェクター。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703324

  • 2021年08月16日
    (12)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」の検査試薬準備エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703273

  • 2021年08月16日
    (11)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」の検査試薬準備エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703279

  • 2021年08月16日
    (10)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」のサンプル処理エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703304

  • 2021年08月16日
    (8)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」のサンプル処理エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703288

  • 2021年08月16日
    (7)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」のサンプル処理エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703310

  • 2021年08月16日
    (13)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」の核酸増幅エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703311

  • 2021年08月16日
    (1)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」のサンプル処理エリアで、自動開栓サンプルインジェクターの作動状況を確認するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703294

  • 2021年08月16日
    (9)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」のサンプル処理エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703301

  • 2021年08月16日
    (4)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」の核酸増幅エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703314

  • 2021年08月16日
    (2)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、江蘇省の揚州国際エキシビジョンセンターに設置されたエアドーム型実験室「猟鷹」。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703297

  • 2021年08月16日
    (3)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、江蘇省の揚州国際エキシビジョンセンターに設置されたエアドーム型実験室「猟鷹」。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703302

  • 2021年08月16日
    (6)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」のサンプル処理エリアで作業するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703308

  • 2021年08月16日
    (5)核酸検査実験室「猟鷹」を訪ねて江蘇省揚州市

    14日、エアドーム型実験室「猟鷹」で防護服を装着するスタッフ。中国江蘇省揚州市の揚州国際エキシビジョンセンターに設置された、新型コロナウイルス核酸検査施設のエアドーム型実験室「猟鷹」がこのほど運用を開始し、連日約100人のスタッフがそれぞれの業務に全力を尽くしている。同実験室はPCR増幅装置や自動開栓サンプルインジェクター、全自動核酸抽出精製機などの検査設備を備え、全ての検査過程の自動化を実現。現在の検査能力は1日15万件で、10人分の検体を同時に調べる「プール方式」を採用した場合には、1日150万件の検査が可能となる。同省南京市にこのほど設置された1組3張りのエアドームからなる実験室に比べ、揚州市の実験室はさらに進化を遂げている。1組5張のエアドームで構成された実験室は、共用の検査試薬準備エリア1張り、サンプル処理エリア2張り、核酸増幅エリア2張りが設置されている。作業動線を考慮した、中央から両サイドに向かって広がる構造で、実験室全体の作業効率を引き上げている。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703322

  • 1