KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • しょう
  • のり
  • 五代十国時代
  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 創建
  • 国宝
  • 大仏殿
  • 大雲院

「墨色」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Ejiri in Suruga Province (Sunshū Ejiri), from the series Thirty-six Views of Mount Fuji (Fugaku sanjūrokkei),

    Ejiri in Suruga Province (Sunshū Ejiri), from the series Thirty-six Views of Mount Fuji (Fugaku sanjūrokkei), 冨嶽三十六景 駿州江尻, Edo period (1615–1868), ca. 1830–32, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, Oban 9 7/8 x 14 3/4 in. (25.1 x 37.5 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)), Mount Fuji is shown without clouds, which were probably blown away by strong winds. Travelers along a meandering path on the Tōkaidō highway fight against the gusts, which are ripping papers from a pack and hats from their heads.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021081009472

  • -
    Courtesan for the Fifth Month, Edo period (1615–1868), ca. 1714, Japan, Polychrome woodblock print (sumizuri-e);

    Courtesan for the Fifth Month, Edo period (1615–1868), ca. 1714, Japan, Polychrome woodblock print (sumizuri-e); ink and color on paper, 24 1/8 x 12 1/2 in. (61.3 x 31.8 cm), Prints, Kaigetsudō Dohan (active 1710–16).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021081009909

  • -
    ? ??? ???? ??, Squirrel and Grape, Qing dynasty (16441911), dated 1868, China, Folding fan mounted as an album leaf; ink

    ? ??? ???? ??, Squirrel and Grape, Qing dynasty (16441911), dated 1868, China, Folding fan mounted as an album leaf; ink and color on alum paper, 6 15/16 x 20 1/16 in. (17.6 x 51 cm), Paintings, Liu Deliu (Chinese, 18061875), Liu Deliu‘s fan painted in a narrow inky range of colors portrays a squirrel precariously suspended between his goal, a succulent grape, and his curiosity about the intentions of an insect that has lighted on this object.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022061904136

  • -
    Courtesan for the Ninth Month, Edo period (1615–1868), ca. 1714, Japan, Polychrome woodblock print (sumizuri-e);

    Courtesan for the Ninth Month, Edo period (1615–1868), ca. 1714, Japan, Polychrome woodblock print (sumizuri-e); ink and color on paper, 23 1/2 x 12 1/2 in. (59.7 x 31.8 cm), Prints, Kaigetsudō Doshin (Japanese, active 1711–1736).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021081009982

  • 01:53.58
    2007年04月05日
    〝日本の心〞と感嘆の声 淡墨桜が満開、岐阜・本巣

    日本三大桜の一つで、樹齢約1500年とされる岐阜県本巣市の「淡墨桜(うすずみざくら)」が満開になり、観光客らでにぎわっている。淡いピンク色の花びらが、散り際にうっすらと墨色になることに由来。高さ約16.5メートル、幹回り約9.9メートル。枝ぶりは幅30メートル近くになる<映像内容>、撮影日:2007(平成19)年4月5日、撮影場所:岐阜県本巣市

    商品コード: 2019121002959

  • 2008年04月08日
    満開の淡墨桜 「歴史そのもの」と歓声

    日本三大桜の一つ、岐阜県本巣市の「淡墨桜(うすずみざくら)」が満開となり、山里に春の訪れを告げている。淡いピンクの花びらが、散り際に薄い墨色になることからこの名で呼ばれる。樹齢約1500年とされ、高さ約16メートル、幹回りは約10メートル。今年は冬の冷え込みが厳しく、つぼみが良く成長し、花が多いという。神戸市から来た藤城担さん(68)は「歴史そのもの、天に向かって頑張っている」と感嘆した様子。見ごろは今週いっぱい=8日午後

    商品コード: 2008040800235

  • 00:58.07
    2020年09月11日
    「新華社」雲の上のミャオ族村落、棚田の風景

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の月亮山の奥地に位置する従江県加鳩(かきゅう)鎮加水村は9月に入り、稲刈りの季節を迎えた。幾層にも重なり合う棚田と黄金色の稲穂、墨色の瓦屋根が雲や霧に包まれ、幻想的な風景を作り出している。加水村は加鳩鎮北西部の山腹にあるミャオ族の村で、一年を通じて雲や霧が多い。(記者/劉勤兵)<映像内容>ミャオ族村落の空撮、棚田の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605421

  • 2021年07月06日
    (15)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700988

  • 2021年07月06日
    (2)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700827

  • 2021年07月06日
    (11)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700905

  • 2021年07月06日
    (10)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700904

  • 2021年07月06日
    (13)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700962

  • 2021年07月06日
    (5)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700833

  • 2021年07月06日
    (6)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700844

  • 2021年07月06日
    (3)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700831

  • 2021年07月06日
    (16)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700989

  • 2021年07月06日
    (12)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700964

  • 2021年07月06日
    (7)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、五代十国時代の壁画がある大雲院の大仏殿。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700871

  • 2021年07月06日
    (1)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700826

  • 2021年07月06日
    (4)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700828

  • 2021年07月06日
    (8)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700876

  • 2021年07月06日
    (9)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700877

  • 2021年07月06日
    (14)大雲院に残る中国寺院唯一の五代十国壁画山西省平順県

    6月30日、大雲院に残る五代十国時代の壁画(部分)。中国山西省長治市平順県にある大雲院は、五代十国時代の後晋の天福3(938)年に創建された寺院で、1988年に第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大仏殿の東壁と扇面壁(殿内の金柱間の壁)には、五代十国時代の壁画が21平方メートル現存する。壁画は晩唐期に流行した濃い墨色と淡い色彩が特徴の「焦墨薄彩(しょうぼくはくさい)」様式を受け継いでおり、線は濃淡が際立ち、色彩も豊か。細部には「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔で立体感を出す技法が施されている。唐代の画風を今に伝える貴重な寺院壁画であり、中国の寺院に唯一現存する五代十国時代の壁画でもある。(平順=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070700965

  • 1