KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ケーブル
  • ポール
  • 令和
  • 住民
  • 作業員
  • 保守
  • 保障
  • 同地
  • 国家電網
  • 土地

「壺瓶山鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年04月19日
    (5)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山の上に住む人たちの生活用品などを背負って山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000594

  • 2021年04月19日
    (6)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000595

  • 2021年04月19日
    (8)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000596

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000591

  • 2021年04月19日
    (3)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000590

  • 2021年04月19日
    (4)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線の見回り時に、電柱周囲の雑草を除去する壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000593

  • 2021年04月19日
    (9)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000597

  • 2021年04月19日
    (2)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000592

  • 2021年04月19日
    (10)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮南坪完小学校で児童たちに安全な電力使用の知識を教える壺瓶山供電所の作業員。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000598

  • 1