KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 内城
  • 形状
  • 構成
  • 登録
  • 記者
  • 発掘調査
  • 位置
  • 区域
  • 建設

「外城」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Palacio Nacional Da Pena, Sintra. Siglo XVII. Detalle de un 疣gulo del Claustro Alto. Portugal.

    Palacio Nacional Da Pena, Sintra. Siglo XVII. Detalle de un 疣gulo del Claustro Alto. Portugal.、クレジット:Album/Joseph Martin/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019071900561

  • -
    Bojar‘s Square and the Cathedral of Christ the Saviour in Kremlin, Moscow, 18th century, oil on canvas.

    Bojar‘s Square and the Cathedral of Christ the Saviour in Kremlin, Moscow, 18th century, oil on canvas. Museum: Tretiakovaes Gallery, MOSCU, RUSSIA. Author: FEDOR JAKOVLEVIC ALEXEIEFF.、クレジット:Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020052203863

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年05月24日
    神戸市の金芳収入役 神戸市収入役が当て逃げ

    当て逃げで辞表を提出した神戸市の金芳外城雄収入役=24日午前、神戸市役所

    商品コード: 2005052400030

  • 2009年08月21日
    Travel News - August 21, 2009

    August 21, 2009: Connetable Tower, Ramparts of Vannes, Brittany, France (Credit Image: © Felipe Rodriguez / Vwpics/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Felipe Rodriguez / Vwpics/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120409830

  • 2009年08月21日
    Travel News - August 21, 2009

    August 21, 2009: Connetable Tower, Ramparts of Vannes, Brittany, France (Credit Image: © Felipe Rodriguez - Vwpics/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Felipe Rodriguez - Vwpics/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120409845

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年10月17日
    崩落で14人心停止

    韓国・ソウル郊外城南の現場

    商品コード: 2014101701133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年10月17日
    崩落で14人心停止

    韓国・ソウル郊外城南の現場

    商品コード: 2014101701134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年10月17日
    崩落で14人心停止

    韓国・ソウル郊外城南の現場

    商品コード: 2014101701135

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年10月17日
    崩落で14人心停止

    韓国・ソウル郊外城南の現場

    商品コード: 2014101701136

  • 04:01.75
    2018年12月26日
    「新華社」石峁遺跡:先史時代の謎に満ちた城郭都市

    中国陝西省楡林(ゆりん)市神木(楡林市の管轄下にある県級市)市高家堡鎮石峁村にある石峁(シーマオ)遺跡は1928年、その存在が初めて世に知られるようになったが、その後長い間、この場所は「万里の長城」の一部だと見なされてきた。2011年、考古学関係者が同遺跡の発掘調査を本格的に開始。度重なる測定や検査を経て、最終的に人々の前にその姿を現すこととなった。これまでに判明している考古学的発見は、陝北高原に位置する石積みの城郭都市である同遺跡が総面積400万平方メートルを超え、北京の故宮の約5倍であることや、三重の城壁で構成され、中心にある皇城台を内城と外城が取り囲んでいること、4千年前には等級がはっきりした城郭都市だったことなどだ。専門家は、石峁遺跡の数多くの考古学的発見は驚くべきもので、多くの歴史的空白を埋めると指摘。中華文明の起源を探る上で重要な意義があり、中国の先史時代の構図に対する従来の認識を一変させる可能性が高く、中華文明の歴史研究を大きく前進させると分析している。(記者/孫正好、李亜楠、梁愛平)<映像内容>石峁遺跡の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122700931

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202363

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202365

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202358

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202356

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202361

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202357

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202364

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202353

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202359

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202362

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202366

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202354

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202355

  • 2019年10月30日
    ユネスコ世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡」を構成する12件の遺跡群のうちのひとつ 開城城(外城)

    開城城壁 (Kaesong City Walls)は、896年に建設された拔禦塹城 (Palocham Wall) 、1009年から1029年に都市を囲むように建設された外城(Outer Wall)、1391年から1393年に建設された内城 (Inner Wall) など、5つの区域(175.8 ha)世界遺産として登録されている=2019(令和元)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020202360

  • 01:50.27
    2020年01月28日
    「新華社」陝西省石峁遺跡で大量の骨針発見製造に謎も

    中国陝西省考古研究院はこのほど、同省神木市の石峁(シーマオ)遺跡の中心部に当たる皇城台で2019年に行われた発掘調査の結果、重要な収穫があったことを明らかにした。皇城台の「大台基」(大きな基壇)の南側擁壁部分の整理作業が完了し、1万本以上の骨針が見つかったという。考古学者はこの場所に大型の骨器工房があったと推測しているが、これらの骨針の針穴がどのように空けられたかは謎となっている。考古学者は皇城台の東側の擁壁北側上部の大規模な調査を通じて、大きく迫力に満ちた石積みの擁壁遺跡と膨大な数の各種遺物を発見した。暫定的な統計では、同区域の廃棄された堆積物から出土した各種遺物標本は4万点以上に上り、骨(牙、角含む)や石、土器、玉、銅などの遺物を中心に、織物や漆皮の残片も含まれている。中でも骨器は多数出土しており、針や矢じり、きりなどの小型の工具類が多く、骨針は1万点以上に上る。石峁遺跡は約4千年前の石積み都市遺構であり、「皇城台」、内城、外城の3層で構成されている。都市の面積は400万平方メートルを超え、中国北方の竜山時代後期から夏王朝初期の超大型中心集落だったことが判明している。(記者/梁愛平)<映像内容>石峁遺跡の発掘調査、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100648

  • 2021年01月16日
    (1)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800270

  • 2021年01月16日
    (8)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800023

  • 2021年01月16日
    (7)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁遺構(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800084

  • 2021年01月16日
    (3)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で確認された馬面の輪郭(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800078

  • 2021年01月16日
    (2)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800070

  • 2021年01月16日
    (5)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800081

  • 2021年01月16日
    (4)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった城壁建設時の地突き痕。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800068

  • 2021年01月16日
    (6)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁(左)と順城街(右側凹部分)の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800072

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (7)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭高昌回鶻仏教寺院遺跡博物館に展示されている仏教寺院遺跡。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200204

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (2)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    空から見たジムサル県にある北庭故城遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200172

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (3)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    空から見たジムサル県にある北庭故城遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200182

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (5)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    ジムサル県にある北庭故城遺跡。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200202

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (11)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭都護府の城壁遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200238

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (6)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭高昌回鶻仏教寺院遺跡博物館に展示されている仏教寺院遺跡。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200148

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (8)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭高昌回鶻仏教寺院遺跡博物館に展示されている仏教寺院遺跡。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (13)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭高昌回鶻仏教寺院遺跡博物館に展示されている仏像。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200208

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (1)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    空から見たジムサル県にある北庭故城遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200168

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.28
    2021年02月20日
    「新華社」古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(記者/高晗) =配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (4)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    ジムサル県にある北庭高昌回鶻仏教寺院遺跡博物館。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200183

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (9)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭高昌回鶻仏教寺院遺跡博物館に展示されている仏教寺院遺跡。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200193

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (10)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭高昌回鶻仏教寺院遺跡博物館に展示されている仏教寺院遺跡。(1月21日撮影)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200199

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (12)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭都護府の城壁遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200228

  • 2021年02月22日
    (4)陝西省、昨年は古墓4千基近くを発掘

    秦始皇帝陵外城西側1号墓から出土した副葬品。(資料写真)中国で豊富な文化財資源を持つ陝西省では昨年、古墓3956基が発掘された。年代は竜山時代(新石器時代後期)から秦、隋・唐代など幅広い時代にわたる。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022209730

  • 2021年10月12日
    PORTUGAL-PENA-PALACE

    A general view of Pena Palace in Sintra, Portugal on October 12, 2021. The castle stands on the top of a hill in the Sintra Mountains above the town of Sintra. (Photo by Nikolas Kokovlis/NurPhoto)=クレジット:Nikolas Kokovlis/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102202124

  • 2022年01月25日
    (1)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    秦始皇帝陵園外城東門遺跡の発掘現場。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512825

  • 2022年01月25日
    (2)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    元代趙氏家族墓地から出土した陶俑。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512826

  • 2022年01月25日
    (3)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    周原遺跡の王家嘴1号建築の基礎。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512850

  • 2022年01月25日
    (4)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    覇陵の外蔵坑から出土した着衣陶俑。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512854

  • 2022年01月25日
    (6)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    洪瀆原墓群の北周大野貞夫婦墓から出土した東ローマ帝国の金貨。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512855

  • 2022年01月25日
    (5)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    太平遺跡から出土した玉器。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512852

  • 2022年01月27日
    (4)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門遺跡で出土した柱の礎石。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708452

  • 2022年01月27日
    (2)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門遺跡の版築遺構に残る工具の痕跡。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708419

  • 2022年01月27日
    (8)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘現場。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708570

  • 2022年01月27日
    (7)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門遺跡の門道と石の建材。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708576

  • 2022年01月27日
    (3)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門遺跡の版築遺構に残る工具の痕跡。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708418

  • 2022年01月27日
    (5)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門遺跡の門道で見つかった瓦片の堆積。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708487

  • 2022年01月27日
    (6)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門から見た始皇帝陵。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708568

  • 2022年01月27日
    (1)秦始皇帝陵外城東門遺跡、建造と損壊の過程明らかに陝西省

    秦始皇帝陵外城東門遺跡の門道で見つかった草を混ぜた泥と彩絵。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は24日、秦始皇帝陵外城東門遺跡の発掘調査で遺跡の規模や形状、基本構造を確定し、建造と損壊の過程を明らかにしたと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012708421

  • 1