KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • トプギェル
  • 令和
  • 記者
  • ナン県
  • ラサ
  • 伝承
  • 住民
  • 原材料
  • 国境地帯
  • 大人

「多布傑」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  チベットの伝統的サイコロ遊戯農牧民運動会で熱戦
    2019年08月30日
    チベットの伝統的サイコロ遊戯農牧民運動会で熱戦

    8月30日、「ショ」の試合でサイコロを振るガムリン県の多布傑(トプギェル)さん。中国チベット自治区シガツェ市で8月30日、第1回農牧民運動会が開催され、伝統的なサイコロ遊戯「ショ」の試合が行われた。市内各地から集まった人々が試合に参加し、腕を競った。「ショ」は知謀を試す遊戯で、チベットで長い歴史を持ち、広く普及している。(シガツェ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402416

  •  (1)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区
    2023年07月07日
    (1)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区

    自身が制作した作品を見せる索朗群培さん。(4月18日撮影)中国西蔵自治区ニンティ市朗(ナン)県托麦村に住む索朗群培(スオランチュンペイ)さん(61)の自宅には、馬包(馬などの背に載せる袋)の手作り工房があり、棚にはさまざまな種類の馬包が整然と並んでいる。同県の馬包制作技法は2018年、第5次自治区級無形文化遺産リストに登録された。同自治区で制作される馬包は、牛革製で高い防水性能や大容量、持ち運びしやすいなどの特徴がある。索朗群培さんは幼少期、馬包を載せた馬に乗る村の大人たちの勇ましい姿を見て、馬包作りに強い興味を持った。21歳の時に地元のベテラン職人、多布傑(トプギェル)さんに弟子入りし、馬包の制作技法を学んだ。現在はニンティ市の第1次市級無形文化遺産、馬包制作技法の伝承者となっている。馬包制作には水に浸す、肉を剝ぐ、皮をもむ、着色など数十の工程を経る必要があり、制作に時間がかかり生産量も少ないことから、発展や伝承が難しかった。托麦村の馬包加工・制作技法は15年、ナン県の「興辺富民(国境地帯の振興を図り、住民を豊かにする)プロジェクト」に指定され、工房の新設や原材料の購買ルート開拓などのための資金45万元(1元=約20円)を受けた。これにより制作技法の伝承が可能となった。索朗群培さんは昨年、「西蔵自治区の職人」の称号を得た。(ラサ=新華社記者/聶毅)= 配信日: 2023(令和5)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070713095

  •  (3)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区
    2023年07月07日
    (3)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区

    自身が制作した馬包を見せる索朗群培さん。(4月18日撮影)中国西蔵自治区ニンティ市朗(ナン)県托麦村に住む索朗群培(スオランチュンペイ)さん(61)の自宅には、馬包(馬などの背に載せる袋)の手作り工房があり、棚にはさまざまな種類の馬包が整然と並んでいる。同県の馬包制作技法は2018年、第5次自治区級無形文化遺産リストに登録された。同自治区で制作される馬包は、牛革製で高い防水性能や大容量、持ち運びしやすいなどの特徴がある。索朗群培さんは幼少期、馬包を載せた馬に乗る村の大人たちの勇ましい姿を見て、馬包作りに強い興味を持った。21歳の時に地元のベテラン職人、多布傑(トプギェル)さんに弟子入りし、馬包の制作技法を学んだ。現在はニンティ市の第1次市級無形文化遺産、馬包制作技法の伝承者となっている。馬包制作には水に浸す、肉を剝ぐ、皮をもむ、着色など数十の工程を経る必要があり、制作に時間がかかり生産量も少ないことから、発展や伝承が難しかった。托麦村の馬包加工・制作技法は15年、ナン県の「興辺富民(国境地帯の振興を図り、住民を豊かにする)プロジェクト」に指定され、工房の新設や原材料の購買ルート開拓などのための資金45万元(1元=約20円)を受けた。これにより制作技法の伝承が可能となった。索朗群培さんは昨年、「西蔵自治区の職人」の称号を得た。(ラサ=新華社記者/劉洲鵬)= 配信日: 2023(令和5)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070713061

  •  (2)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区
    2023年07月07日
    (2)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区

    馬包を制作する索朗群培さん。(4月19日撮影)中国西蔵自治区ニンティ市朗(ナン)県托麦村に住む索朗群培(スオランチュンペイ)さん(61)の自宅には、馬包(馬などの背に載せる袋)の手作り工房があり、棚にはさまざまな種類の馬包が整然と並んでいる。同県の馬包制作技法は2018年、第5次自治区級無形文化遺産リストに登録された。同自治区で制作される馬包は、牛革製で高い防水性能や大容量、持ち運びしやすいなどの特徴がある。索朗群培さんは幼少期、馬包を載せた馬に乗る村の大人たちの勇ましい姿を見て、馬包作りに強い興味を持った。21歳の時に地元のベテラン職人、多布傑(トプギェル)さんに弟子入りし、馬包の制作技法を学んだ。現在はニンティ市の第1次市級無形文化遺産、馬包制作技法の伝承者となっている。馬包制作には水に浸す、肉を剝ぐ、皮をもむ、着色など数十の工程を経る必要があり、制作に時間がかかり生産量も少ないことから、発展や伝承が難しかった。托麦村の馬包加工・制作技法は15年、ナン県の「興辺富民(国境地帯の振興を図り、住民を豊かにする)プロジェクト」に指定され、工房の新設や原材料の購買ルート開拓などのための資金45万元(1元=約20円)を受けた。これにより制作技法の伝承が可能となった。索朗群培さんは昨年、「西蔵自治区の職人」の称号を得た。(ラサ=新華社記者/聶毅)= 配信日: 2023(令和5)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070713062

  •  (4)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区
    2023年07月07日
    (4)無形文化遺産「馬包」制作の伝承に取り組む職人西蔵自治区

    索朗群培さん(中央)と家族。(4月19日撮影)中国西蔵自治区ニンティ市朗(ナン)県托麦村に住む索朗群培(スオランチュンペイ)さん(61)の自宅には、馬包(馬などの背に載せる袋)の手作り工房があり、棚にはさまざまな種類の馬包が整然と並んでいる。同県の馬包制作技法は2018年、第5次自治区級無形文化遺産リストに登録された。同自治区で制作される馬包は、牛革製で高い防水性能や大容量、持ち運びしやすいなどの特徴がある。索朗群培さんは幼少期、馬包を載せた馬に乗る村の大人たちの勇ましい姿を見て、馬包作りに強い興味を持った。21歳の時に地元のベテラン職人、多布傑(トプギェル)さんに弟子入りし、馬包の制作技法を学んだ。現在はニンティ市の第1次市級無形文化遺産、馬包制作技法の伝承者となっている。馬包制作には水に浸す、肉を剝ぐ、皮をもむ、着色など数十の工程を経る必要があり、制作に時間がかかり生産量も少ないことから、発展や伝承が難しかった。托麦村の馬包加工・制作技法は15年、ナン県の「興辺富民(国境地帯の振興を図り、住民を豊かにする)プロジェクト」に指定され、工房の新設や原材料の購買ルート開拓などのための資金45万元(1元=約20円)を受けた。これにより制作技法の伝承が可能となった。索朗群培さんは昨年、「西蔵自治区の職人」の称号を得た。(ラサ=新華社記者/劉洲鵬)= 配信日: 2023(令和5)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070713094

  • 1