KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 両会
  • 質問
  • 新型コロナウイルス
  • 広州
  • 予防
  • 公衆衛生
  • 感染
  • 抑制
  • プラットフォーム

「多目的ホール」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
403
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
403
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年03月17日
    「横浜アリーナ」の内部 「横浜アリーナ」初公開

    初公開された日本最大の多目的ホール「横浜アリーナ」の内部。中央はいす席で埋まっているが可動式で、スポーツ競技に利用できるトラックにもなる=1989(平成元)年3月17日、横浜市港北区新横浜

    商品コード: 2008071500203

  • 1989年05月27日
    「乱舞する光と音」 ボタン一つで観客席設営

    (1)「乱舞する光と音」赤、青、緑色のフラッシュライトにレーザー光線。さまざまな照明と音響効果の下で繰り広げられるエキサイティングなステージ風景=横浜アリーナ

    商品コード: 2019120900382

  • 1989年05月27日
    「アリーナ全景」 ボタン一つで観客席設営

    (2)「アリーナ全景」 世界でもトップクラスの規模とハイテク設備を誇る多目的ホール。コンサート、スポーツなどイベントに合わせ内部は多様に変化する=横浜アリーナ

    商品コード: 2019120900383

  • 1989年05月27日
    「可動客席」 ボタン一つで観客席設営

    (3)「可動客席」 フラットなフロアから段差を付けた客席まで用途に合わせ対応できる可動客席。昇降はコンピューターで制御され、ミリ単位で可動する=横浜アリーナ

    商品コード: 2019120900384

  • 1989年05月27日
    「コントロールルーム」 ボタン一つで観客席設営

    (4)「コントロールルーム」 約1万1000席の可動客席とホール全体の照明をコントロールする可動席・照明調整室。コンピューターに入力された客席のレイアウトがキー一つでさまざまに変化する=横浜アリーナ

    商品コード: 2019120900385

  • 1993年12月28日
    コスモスシアター 開港控えホール続々建設

    昨年5月にオープンした多目的ホール「コスモスシアター」=大阪府貝塚市畠中

    商品コード: 1993122800029

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年09月08日
    割れたガラス 突風で生徒らけが

    美里中学校の2階多目的ホールの割れたガラス=8日午後6時、埼玉県児玉郡美里町(災害、教育)

    商品コード: 1994090800074

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年09月08日
    ガラスを片付ける先生ら 突風で生徒らけが

    美里中学校の2階多目的ホールで、飛び散ったガラス破片を片付ける先生たち=8日午後5時30分、埼玉県児玉郡美里町の町立美里中学校(災害、教育)

    商品コード: 1994090800078

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年09月08日
    美里中学校の校舎 突風で生徒らけが

    突風で窓ガラスが割れた美里中学校の校舎。2階が多目的ホール=8日午後6時20分、埼玉県児玉郡美里町(災害、教育)

    商品コード: 1994090800075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年12月07日
    現場航空写真 建設現場火災で作業員死亡

    火災で作業員が死亡した町営公園「グリムの森」の多目的ホール建設工事現場=7日午後1時、栃木県石橋町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1995120700024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月04日
    離農者たちの思い複雑 音楽ホールに夢を託し

    民宿に音楽ホールを併設した由井一夫さん(左)と父親の源亀さん。楽器類の調整にも余念がない=長野県軽井沢町大日向(カラーネガ)(ゆい・かずお▽げんき・レコーディングもできる六つのスタジオ、ライブハウス、多目的ホールを備えた「ホールしなの」を民宿に併設して経営)

    商品コード: 1996020400008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    銃乱射テロの現場 乱射で6人殺害、30人負傷

    17日深夜、イスラエル北部ハデラで起きた銃乱射テロ現場の多目的ホール(ロイター=共同)

    商品コード: 2002011800010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    パーティー会場 乱射で6人殺害、30人負傷

    イスラエル・ハデラで17日深夜、銃乱射テロがあった多目的ホールのパーティー会場(ロイター=共同)

    商品コード: 2002011800015

  • 2002年01月19日
    壇上に立つ加藤夫妻 加藤王国、崩壊の危機

    元秘書による脱税疑惑の発覚後に開かれた地元後援会の新年会で、壇上に立ちあいさつする自民党の加藤紘一元幹事長夫妻=12日、山形県酒田市の多目的ホール

    商品コード: 2002011900079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年09月10日
    石巻ルネッサンス館 架空工事で家宅捜索

    架空工事があった疑いが強まった多目的ホール「石巻ルネッサンス館」=宮城県石巻市

    商品コード: 2002091000050

  • 2003年07月08日
    東京古書会館多目的ホール 変わる神田古書街

    イベント、展示などが行われる東京古書会館の多目的ホール=東京・神田

    商品コード: 2003070800012

  • 2004年09月17日
    工事前の安全祈願祭 歌謡劇場を多目的ホールに

    通天閣地下の歌謡劇場改修工事を前に行われた安全祈願祭=17日午前、大阪市浪速区

    商品コード: 2004091700068

  • 2006年12月09日
    金メダルの梅田 ビリヤード男3クッション

    男子3クッション・シングルスで金メダルを獲得した梅田竜二=アルサッド多目的ホール(共同)

    商品コード: 2006120900014

  • 2006年12月10日
    ガッツポーズの川端 ビリヤード男子で金

    男子8ボール・シングルスで優勝しガッツポーズで表彰台に上がる川端聡=アルサッド多目的ホール(共同)

    商品コード: 2006121000008

  • 2006年12月10日
    8ボールの川端 ビリヤード男子で金

    男子8ボール・シングルスで優勝した川端聡=アルサッド多目的ホール(共同)

    商品コード: 2006121000005

  • 2006年12月10日
    優勝決めた川端 ビリヤード男子で金

    男子8ボール・シングルスで優勝を決め喜ぶ川端聡=アルサッド多目的ホール(共同)

    商品コード: 2006121000006

  • 2006年12月10日
    金メダルの川端聡 ビリヤード男子で金

    男子8ボール・シングルスで金メダルを獲得した川端聡=アルサッド多目的ホール(共同)

    商品コード: 2006121000007

  • 2013年07月12日
    さいたまスーパーアリーナ

    キーワード:さいたまスーパーアリーナ、ホール、屋外、夏、建物、午前中、施設、多目的ホール、日本、風景、無人、風景メイン写真=2013(平成25)年7月12日、埼玉県さいたま市、クレジット:yourphoto/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020805186

  • 2015年02月03日
    さいたまスーパーアリーナ

    キーワード:1棟、コンサート、さいたまスーパーアリーナ、さいたま新都心、スタジアム、ビル、屋外、階段、競技場、建物、午前中、行事、高層ビル、晴れ、青空、多目的ホール、都会的な、都会、冬、日本、風景、無人、NTTドコモさいたまビル、大宮、都市風景、テーマメイン写真=2015(平成27)年2月3日、埼玉県さいたま市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700719

  • 2015年02月03日
    さいたまスーパーアリーナ

    キーワード:1棟、コンサート、さいたまスーパーアリーナ、さいたま新都心、スタジアム、ビル、屋外、階段、競技場、建物、午前中、行事、高層ビル、晴れ、青空、多目的ホール、都会的な、都会、冬、日本、風景、無人、NTTドコモさいたまビル、大宮、都市風景、テーマメイン写真=2015(平成27)年2月3日、埼玉県さいたま市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700996

  • 2015年02月03日
    さいたまスーパーアリーナ

    キーワード:コンサート、さいたまスーパーアリーナ、さいたま新都心、スタジアム、屋外、穏やか、競技場、建物、午前中、行事、晴れ、青空、多目的ホール、都会、冬、日本、無人、大宮、都市風景、テーマメイン写真=2015(平成27)年2月3日、埼玉県さいたま市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700496

  • 2015年02月03日
    さいたまスーパーアリーナ

    キーワード:コンサート、さいたまスーパーアリーナ、さいたま新都心、スタジアム、屋外、穏やか、競技場、建物、午前中、行事、晴れ、青空、多目的ホール、都会、冬、日本、無人、大宮、都市風景、テーマメイン写真=2015(平成27)年2月3日、埼玉県さいたま市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700849

  • 2015年02月11日
    埼玉会館

    キーワード:3本、屋外、会館、建物、午前中、晴れ、青空、多目的ホール、都会、冬、日本、風景、無人、木、落ち着いた、浦和、都市風景、埼玉会館、埼玉県芸術文化振興財団、音響家が選ぶ優良ホール100選、風景メイン写真=2015(平成27)年2月11日、埼玉県さいたま市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021701022

  • 2015年02月11日
    埼玉会館

    キーワード:レンガ、雲、屋外、建物、午前中、晴れ、青空、多目的ホール、都会、冬、日本、風景、壁、無人、浦和、都市風景、埼玉会館、埼玉県芸術文化振興財団、音響家が選ぶ優良ホール100選、風景メイン写真=2015(平成27)年2月11日、埼玉県さいたま市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700934

  • 2018年03月04日
    日本武道館

    キーワード:屋外、町並み、建物、午後、春、人物、晴れ、青空、多目的ホール、都会、日本、日本武道館、武道館、風景、北の丸公園、コンサート会場、都市風景、風景メイン写真=2018(平成30)年3月4日、東京都千代田区、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090111936

  • 2018年03月04日
    日本武道館

    キーワード:屋外、町並み、建物、午後、春、人物、晴れ、青空、多目的ホール、都会、日本、日本武道館、武道館、風景、北の丸公園、コンサート会場、都市風景、風景メイン写真=2018(平成30)年3月4日、東京都千代田区、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090112105

  • 2018年03月06日
    岩手県大槌町の夜景 新しい町で思い出紡ぐ

    2012年3月11日(上)と今月3日の岩手県大槌町の夜景。行き交う車の光跡だけが目立った市街地に災害公営住宅や真新しい家々の明かりが増えていた。6月には図書館や多目的ホールが入る施設「おしゃっち」(下・中央)がオープン予定だ(長時間露光)

    商品コード: 2018030600466

  • 2018年04月13日
    新たな救助管理ステーションチベット自治区ラサで設立

    中国チベット自治区ラサ市に新たに設立された救助管理ステーションの除幕式が13日に行われた。同ステーションには100台を超えるベッドのほか、多目的ホールや食堂なども備えられている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700495

  • 2018年04月13日
    新たな救助管理ステーションチベット自治区ラサで設立

    13日、ラサ市に新たに設立された救助管理ステーション。(ドローン撮影)中国チベット自治区ラサ市に新たに設立された救助管理ステーションの除幕式が13日に行われた。同ステーションには100台を超えるベッドのほか、多目的ホールや食堂なども備えられている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700479

  • 00:55.88
    2018年04月15日
    「東奥日報」黒石・津軽こけし館 30周年祝い展示即売会

    青森県黒石市の津軽こけし館(福士拓弥館長)は15日、同館多目的ホールで、開館30周年の節目を祝う「アニバーサリーフェスタ」と題するこけしの展示即売会を行った。津軽系こけし工人9人がブースを設け、ファンとやりとりしながら作品を販売。多くの来場者でにぎわった。<映像内容>展示即売会で販売されるこけし、伝統的なこけし作り体験の様子、撮影日:2018(平成30)年4月15日、撮影場所:黒石市の津軽こけし館、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018042600367

  • 2018年09月11日
    視察する上川法相 法相、20年の国連会議場に

    竣工式を迎える国立京都国際会館の多目的ホールを視察する上川法相(手前右)=11日午後、京都市

    商品コード: 2018091120634

  • 01:55.39
    2018年11月26日
    「新華社」イスラエルの中国文化センターで1周年の祝賀イベント

    イスラエルのテルアビブ中国文化センターで26日、設立1周年の祝賀イベントが開催された。会場では訪れた観衆のために素晴らしい中国民族音楽の演奏会が行われた。詹永新(せん・えいしん)駐イスラエル中国大使は、同センターが設立から1年間で、両国の文化交流促進に関する多くの事業を行ったと指摘。書法や絵画、中国語、太極拳などのカリキュラムの開設や、無形文化遺産講座や各種展示会の開催など、中国文化を全面的に紹介する同センターの取り組みは、イスラエルの人びとに中国文化を知るだけでなく、学ぶ機会をもたらしたと語った。また、同センターは今後も引き続き懸け橋としての役割を発揮し、両国民の相互理解と交流を増進するだろうと述べた。満員となった会場では、観客らが掲琴や笙(しょう)、阮(げん)、二胡、琵琶といった中国楽器の奏でる美しい音色に耳を傾け、中国の古典民族音楽の魅力を満喫した。昨年11月26日に正式にオープンした同センターは、中国が海外で開設した35番目の文化センターとなる。テルアビブの商業エリアに位置し、総面積は約千平方メートル。多目的ホールや研修室、図書館、視聴覚エリアなどの設備を備え、各種芸術公演や学術シンポジウム、文化体験活動を行うことができる。(記者/陳文仙)<映像内容>イスラエルの中国文化センターで1周年祝賀イベントの様子、撮影日:2018(平成30)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112928633

  • 2019年01月27日
    ハンドボール世界選手権 ドイツ―フランス

    Feature, overview Jyske Bank Boxing, Halle, multi-purpose hall, match for 3rd place, Germany (GER) - France (FRA) 25:26, on 27.01.2019 in Herning / Denmark Handball World Cup 2019, from 10.01. - 27.01.2019 in Germany / Denmark. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020423568

  • 2019年01月27日
    ハンドボール世界選手権 ドイツ―フランス

    Feature, overview Jyske Bank Boxing, Halle, multi-purpose hall, match for 3rd place, Germany (GER) - France (FRA) 25:26, on 27.01.2019 in Herning / Denmark Handball World Cup 2019, from 10.01. - 27.01.2019 in Germany / Denmark. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020423602

  • 2019年04月03日
    中国初の5G遠隔心臓内視鏡手術、広東省で実施

    3日、大型スクリーンを通してリアルタイムで手術を指示する広東省人民医院の医師。中国広東省高州市人民医院で3日午前、心臓外科の何勇(か・ゆう)医師率いるチームが先天性心疾患を持つ41歳の女性患者の手術を行った。同医院から400キロ離れた広州市の広東省人民医院の多目的ホールには複数の心臓外科医が集まり、大型スクリーンを通してリアルタイムで手術の遠隔指示を行った。(広州=新華社記者/張加揚)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040500880

  • 2019年04月03日
    中国初の5G遠隔心臓内視鏡手術、広東省で実施

    3日、3Dプリンターで制作した心臓模型を使って手術を指示する広東省人民医院心臓外科の郭恵明(かく・けいめい)副主任。中国広東省高州市人民医院で3日午前、心臓外科の何勇(か・ゆう)医師率いるチームが先天性心疾患を持つ41歳の女性患者の手術を行った。同医院から400キロ離れた広州市の広東省人民医院の多目的ホールには複数の心臓外科医が集まり、大型スクリーンを通してリアルタイムで手術の遠隔指示を行った。(広州=新華社記者/張加揚)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040500784

  • 2019年04月03日
    中国初の5G遠隔心臓内視鏡手術、広東省で実施

    3日、大型スクリーンを通してリアルタイムで手術を指示する広東省人民医院の医師。中国広東省高州市人民医院で3日午前、心臓外科の何勇(か・ゆう)医師率いるチームが先天性心疾患を持つ41歳の女性患者の手術を行った。同医院から400キロ離れた広州市の広東省人民医院の多目的ホールには複数の心臓外科医が集まり、大型スクリーンを通してリアルタイムで手術の遠隔指示を行った。(広州=新華社記者/張加揚)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040500810

  • 2019年04月03日
    中国初の5G遠隔心臓内視鏡手術、広東省で実施

    3日、現場で通信を保障する5G技術サポートチーム。中国広東省高州市人民医院で3日午前、心臓外科の何勇(か・ゆう)医師率いるチームが先天性心疾患を持つ41歳の女性患者の手術を行った。同医院から400キロ離れた広州市の広東省人民医院の多目的ホールには複数の心臓外科医が集まり、大型スクリーンを通してリアルタイムで手術の遠隔指示を行った。(広州=新華社記者/張加揚)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040500741

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」2階の多目的ホールでフルーツを味わう入居者。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903101

  • 2019年07月01日
    Forest fire near Lübtheen

    01 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Als Jabel: Children go to emergency accommodation in the multi-purpose hall. Residents of the evacuated villages are accommodated in the emergency quarters. Due to the fire at the former military training area near Lübtheen in Mecklenburg-Vorpommern, hundreds of people had to leave their homes. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070300084

  • 2019年07月03日
    Forest fire near Lübtheen

    03 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: Water bottles stand in front of a multipurpose hall of a school in Lübtheen where evacuees are accommodated. Photo: Bodo Marks/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405192

  • 2019年07月15日
    Thuringia‘s Prime Minister on summer tour

    15 July 2019, Thuringia, Schirnrod: Bodo Ramelow (Die Linke), Prime Minister of Thuringia, visits the Kidsclub in the multipurpose building Westenfeld near Römhild and receives a self-painted picture of six-year-old Johanna. The Landfrauen Westenfeld have developed a concept for the multi-purpose building Westenfeld in order to preserve it for village coexistence. The multi-purpose hall with its former primary school building is to be used in future as a cross-generational meeting place for civic engagement, cultural, social and sporting activities as well as advisory and educational services. Ramelow‘s multi-day summer tour has the motto “#FutureThuringia - Clever minds, innovative processes“. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071703941

  • 2019年07月15日
    Thuringia‘s Prime Minister on summer tour

    15 July 2019, Thuringia, Schirnrod: Bodo Ramelow (Die Linke), Prime Minister of Thuringia, visits the Kidsclub in the multipurpose building Westenfeld near Römhild. The Landfrauen Westenfeld have developed a concept for the multi-purpose building Westenfeld in order to preserve it for village coexistence. The multi-purpose hall with its former primary school building is to be used in future as a cross-generational meeting place for civic engagement, cultural, social and sporting activities as well as advisory and educational services. Ramelow‘s multi-day summer tour has the motto “#FutureThuringia - Clever minds, innovative processes“. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071703641

  • 2019年07月15日
    Thuringia‘s Prime Minister on summer tour

    15 July 2019, Thuringia, Schirnrod: Bodo Ramelow (Die Linke), Prime Minister of Thuringia, visits the Kidsclub in the multipurpose building Westenfeld near Römhild. The Landfrauen Westenfeld have developed a concept for the multi-purpose building Westenfeld in order to preserve it for village coexistence. The multi-purpose hall with its former primary school building is to be used in future as a cross-generational meeting place for civic engagement, cultural, social and sporting activities as well as advisory and educational services. Ramelow‘s multi-day summer tour has the motto “#FutureThuringia - Clever minds, innovative processes“. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071703686

  • 2019年09月07日
    State party conference AfD Saxony-Anhalt

    07 September 2019, Saxony-Anhalt, Weißandt-Gölzau: A delegate raises his voting card at the state party conference of the AfD Saxony-Anhalt in a multipurpose hall. The central issue is the election of a new state arbitration court. Photo: Peter Endig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091000661

  • 2019年09月07日
    State party conference AfD Saxony-Anhalt

    07 September 2019, Saxony-Anhalt, Weißandt-Gölzau: Delegates sit in a multipurpose hall at the state party conference of the AfD Saxony-Anhalt. The central issue is the election of a new state arbitration court. Photo: Peter Endig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091000312

  • 2019年09月07日
    State party conference AfD Saxony-Anhalt

    07 September 2019, Saxony-Anhalt, Weißandt-Gölzau: Delegates sit in a multipurpose hall at the state party conference of the AfD Saxony-Anhalt. The central issue is the election of a new state arbitration court. Photo: Peter Endig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091000521

  • 2019年09月07日
    State party conference AfD Saxony-Anhalt

    07 September 2019, Saxony-Anhalt, Weißandt-Gölzau: A delegate raises his voting card at the state party conference of the AfD Saxony-Anhalt in a multipurpose hall. The central issue is the election of a new state arbitration court. Photo: Peter Endig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091000315

  • 2019年09月07日
    State party conference AfD Saxony-Anhalt

    07 September 2019, Saxony-Anhalt, Weißandt-Gölzau: Delegates sit in a multipurpose hall at the state party conference of the AfD Saxony-Anhalt. The central issue is the election of a new state arbitration court. Photo: Peter Endig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091000725

  • 2019年09月07日
    State party conference AfD Saxony-Anhalt

    07 September 2019, Saxony-Anhalt, Weißandt-Gölzau: Delegates sit in a multipurpose hall at the state party conference of the AfD Saxony-Anhalt. The central issue is the election of a new state arbitration court. Photo: Peter Endig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091000445

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: View of the Hyparschale with the cathedral in the background. The multi-purpose hall is currently being renovated for 17 million euros. It was built in 1969 according to the plans of the civil engineer Ulrich Müther. The multi-purpose hall has been closed to the building police since 1997. It was threatening to decay. Now the listed building is to become a venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work will last until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606202

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: A worker with a breathing mask is standing in the hypar bowl. His job is to tear out the old parquet floor. The multi-purpose hall, which was built according to plans by architect Ulrich Müther, is currently being renovated for 17 million euros. The listed building in Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work is to be completed in the summer of 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606330

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: In the hypar shell, workers tear out the old parquet floor with breathing masks. The multi-purpose hall, which was built according to plans by architect Ulrich Müther, is currently being renovated for 17 million euros. The listed building in Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work is to be completed in the summer of 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606228

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: A worker with a breathing mask is standing in the hypar bowl. His job is to tear out the old parquet floor. The multi-purpose hall, which was built according to plans by architect Ulrich Müther, is currently being renovated for 17 million euros. The listed building in Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work is to be completed in the summer of 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606192

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: In the interior of the hyparschale numerous graffitis are to be seen. In front of it lie the remains of a parquet floor. Since 1997, the multi-purpose hall, which was built according to plans by architect Ulrich Müther, has been closed to the building police. This week, the 17 million Euro restructuring measures have begun. The listed Hyparschale in the Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work will last until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606403

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: In the interior of the hyparschale numerous graffitis are to be seen. In front of it lie the remains of a parquet floor. Since 1997, the multi-purpose hall, which was built according to plans by architect Ulrich Müther, has been closed to the building police. This week, the 17 million Euro restructuring measures have begun. The listed Hyparschale in the Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work will last until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606253

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: View of the glass facade of the Hyparschale. The multi-purpose hall is currently being renovated for 17 million euros. It was built in 1969 according to the plans of the civil engineer Ulrich Müther. The multi-purpose hall has been closed to the building police since 1997. It was threatening to decay. Now the listed building is to become a venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work will last until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606248

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: View of the roof of the hypar bowl. The multi-purpose hall is currently being renovated for 17 million euros. It was built in 1969 according to the plans of the civil engineer Ulrich Müther. The multi-purpose hall has been closed to the building police since 1997. It was threatening to decay. Now the listed building is to become a venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work will last until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606307

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: In the interior of the hyparschale numerous graffitis are to be seen. In front of it lie the remains of a parquet floor. Since 1997, the multi-purpose hall, which was built according to plans by architect Ulrich Müther, has been closed to the building police. This week, the 17 million Euro restructuring measures have begun. The listed Hyparschale in the Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work will last until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606236

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: View of the Hyparschale with the cathedral in the background. The multi-purpose hall is currently being renovated for 17 million euros. It was built in 1969 according to the plans of the civil engineer Ulrich Müther. The multi-purpose hall has been closed to the building police since 1997. It was threatening to decay. Now the listed building is to become a venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work will last until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606162

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Inside the hypar shell there is a scaffold that supports the dilapidated roof. Since the beginning of this week, the listed multi-purpose hall has been renovated. Cost: 17 million euros. The tree structure in the Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work is to be completed in the summer of 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606385

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Behind the hypar dish, the sun rises. Construction vehicles and containers are standing in front of the multi-purpose hall. The listed building has been renovated since this week. Planned total costs: 17 million euros. According to the plan, the work will be completed in the summer of 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606241

  • 2019年12月05日
    Refurbishment Hyparschale Magdeburg

    05 December 2019, Saxony-Anhalt, Magdeburg: In the hypar shell, workers tear out the old parquet floor with breathing masks. The multi-purpose hall, which was built according to plans by architect Ulrich Müther, is currently being renovated for 17 million euros. The listed building in Magdeburger Stadtpark Rotehorn is to become a modern venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, the construction work is to be completed in the summer of 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120606247

  • 2020年04月02日
    Rehabilitation Hypar shell

    02 April 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Workers stand on a scaffold on the facade of the hypar shell. The building was built in 1969 and has become dilapidated in recent years. The site was no longer allowed to be entered. Now the multipurpose hall is being renovated. The work is scheduled to be completed in 2022. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602548

  • 2020年04月02日
    Rehabilitation Hypar shell

    02 April 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Workers stand on a scaffold on the facade of the hypar shell. The building was built in 1969 and has become dilapidated in recent years. The site was no longer allowed to be entered. Now the multipurpose hall is being renovated. The work is scheduled to be completed in 2022. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602479

  • 2020年04月02日
    Rehabilitation Hypar shell

    02 April 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Workers stand on a scaffold on the facade of the hypar shell. The building was built in 1969 and has become dilapidated in recent years. The site was no longer allowed to be entered. Now the multipurpose hall is being renovated. The work is scheduled to be completed in 2022. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602549

  • 2020年04月02日
    Rehabilitation Hypar shell

    02 April 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Workers stand on a scaffold on the facade of the hypar shell. The building was built in 1969 and has become dilapidated in recent years. The site was no longer allowed to be entered. Now the multipurpose hall is being renovated. The work is scheduled to be completed in 2022. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602451

  • 2020年04月02日
    Rehabilitation Hypar shell

    02 April 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Workers stand on a scaffold on the facade of the hypar shell. The building was built in 1969 and has become dilapidated in recent years. The site was no longer allowed to be entered. Now the multipurpose hall is being renovated. The work is scheduled to be completed in 2022. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602575

  • 2020年05月02日
    Hypar shell renovation - illuminated construction site

    02 May 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: View of the illuminated facade of the hypar shell. The multipurpose hall is currently being renovated for 17 million euros. It was built in 1969 according to the plans of civil engineer Ulrich Müther. Since 1997 the multi-purpose hall has been closed by the building authorities. It threatened to fall into disrepair. Now the listed building is to become a venue for conferences, congresses and cultural events. According to the plan, construction work is to continue until summer 2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051505302

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、メイン会場で今回の会議の状況を説明する郭衛民氏。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104743

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、メイン会場の様子。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104838

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、メイン会場で今回の会議の状況を説明する郭衛民氏(右から2人目)。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104742

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、サブ会場で記者会見に参加した報道関係者。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104640

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、メイン会場で記者の質問に答える郭衛民氏(右から2人目)。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104662

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、メイン会場の様子。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104718

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、メイン会場で今回の会議の状況を説明する郭衛民氏(右から2人目)。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104720

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、メイン会場の様子。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104736

  • 2020年05月20日
    【両会】政協第13期全国委第3回会議、記者会見開催

    20日、サブ会場の様子。中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第3回会議は20日、北京で記者会見を開いた。同会議の郭衛民(かく・えいみん)報道官が国内外メディアに今回の会議の状況を説明し、記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はインターネット動画形式で行われた。メイン会場は人民大会堂のプレスホールに、サブ会場は梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104741

  • 2020年05月21日
    【両会】第13期全人代第3回会議が記者会見

    21日、北京市内の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材会場。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議は21日、北京人民大会堂のプレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について、国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300909

  • 2020年05月21日
    【両会】第13期全人代第3回会議が記者会見

    21日、北京市内の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材会場。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議は21日、北京人民大会堂のプレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について、国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300877

  • 2020年05月21日
    【両会】第13期全人代第3回会議が記者会見

    21日、北京市内の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材会場で質問する記者。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議は21日、北京人民大会堂のプレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について、国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300914

  • 2020年05月21日
    【両会】第13期全人代第3回会議が記者会見

    21日、北京市内の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材会場で質問する記者。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議は21日、北京人民大会堂のプレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について、国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300930

  • 2020年05月21日
    【両会】第13期全人代第3回会議が記者会見

    21日、北京市内の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材会場。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議は21日、北京人民大会堂のプレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について、国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300929

  • 2020年05月21日
    【両会】第13期全人代第3回会議が記者会見

    21日、北京市内の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材会場。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議は21日、北京人民大会堂のプレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について、国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300858

  • 2020年05月24日
    【両会】王毅氏、全人代で会見中国の外交政策と対外関係を説明

    24日、北京の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材の会場。中国の王毅(おう・き)国務委員兼外交部長は24日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議のオンライン記者会見で「中国の外交政策と対外関係」について内外の記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/李鑫)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601743

  • 2020年05月28日
    【両会】第13期全人代第3回会議閉幕李克強総理が記者会見

    28日、北京の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材の会場。中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は28日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の閉幕後に北京の人民大会堂でオンライン記者会見を行い、内外の記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060208952

  • 2020年05月28日
    【両会】第13期全人代第3回会議閉幕李克強総理が記者会見

    28日、北京の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材の会場。中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は28日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の閉幕後に北京の人民大会堂でオンライン記者会見を行い、内外の記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060208996

  • 2020年05月28日
    【両会】第13期全人代第3回会議閉幕李克強総理が記者会見

    28日、北京の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材の会場。中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は28日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の閉幕後に北京の人民大会堂でオンライン記者会見を行い、内外の記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060208956

  • 2020年05月28日
    【両会】第13期全人代第3回会議閉幕李克強総理が記者会見

    28日、北京の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材の会場。中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は28日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の閉幕後に北京の人民大会堂でオンライン記者会見を行い、内外の記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060208976

  • 2020年05月28日
    【両会】第13期全人代第3回会議閉幕李克強総理が記者会見

    28日、北京の梅地亜中心(メディアセンター)の多目的ホールに設置された取材の会場。中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は28日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の閉幕後に北京の人民大会堂でオンライン記者会見を行い、内外の記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060208955

  • 2020年06月11日
    Employees of the Lebenshilfe association maintain O-Schatz-Park

    11 June 2020, Saxony, Oschatz: In the 30-hectare O-Schatz Park, which belongs to Lebenshilfe e.V., two employees clean the 2.30-metre-high pink Plexiglas elements, on which animals are depicted, in a labyrinth. The former grounds of the State Garden Show of 2006 with various leisure facilities and a large multi-purpose hall is a large workshop for 36 disabled members of the association. The popular family, animal and leisure park is maintained and cared for by the disabled employees throughout the year. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061907216

  • 2020年06月11日
    Employees of the Lebenshilfe association maintain O-Schatz-Park

    11 June 2020, Saxony, Oschatz: In the 30-hectare O-Schatz Park, which belongs to Lebenshilfe e.V., visitors from Baden-Württemberg walk through a labyrinth with 2.30-metre-high pink Plexiglas elements.The former grounds of the State Garden Show of 2006 with various leisure facilities and a large multi-purpose hall is a large workshop for 36 disabled members of the association. The popular family, animal and leisure park is maintained and cared for by the disabled employees throughout the year. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061907480

  • 2020年06月11日
    Employees of the Lebenshilfe association maintain O-Schatz-Park

    11 June 2020, Saxony, Oschatz: In the 30-hectare O-Schatz-Park, disabled people from the Lebenshilfe e.V. association clean coffee pots together with the division manager Katja Bachmann (M) in the multi-purpose building, the second largest coffee pot collection in the world, which was entered in the Guinness Book of Records with over 18,000 pots. The former grounds of the State Garden Show of 2006 with various leisure facilities and a large multi-purpose hall is a large workshop for 36 disabled members of the association. The popular family, animal and leisure park is maintained and cared for by the disabled employees throughout the year. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061907116

  • 2020年06月23日
    Rehabilitation Hypar shell

    23 June 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: A tree grows from an unrefurbished part of the roof of the multipurpose hall Hyparschale. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070311039

  • 2020年06月23日
    Rehabilitation Hypar shell

    23 June 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Workers stand on the roof of the multipurpose hall Hyparschale, and cover the applied shotcrete with damp linen cloths. The layer is only a few millimetres thick, yet stable and still flexible. The method was specially approved for the Hyparschale Magdeburg and is intended to preserve the column-free construction of the hall. The renovation work will continue until summer 2022. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070311376

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5