KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 人工多能性幹細胞
  • 内容
  • 映像
  • 場所
  • 平成
  • 会見
  • 世界初
  • 成功
  • 期待
  • 治療

「多能性幹細胞」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:45.65
    2012年10月08日
    山中伸弥氏にノーベル賞 iPS細胞開発京大教授

    スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学生理学賞を、さまさまな組織の細胞になる能力がある「人工多能性幹細胞(ips細胞)」を開発した山中伸弥京都大教授(50)ら2人に授与すると発表した。ips細胞は生命科学研究の一大潮流をつくり、再生医療や創薬への利用も期待される画期的な成果。開発から6年のスピード受賞となった。日本人の受賞は2年ぶり19人目で、医学生理学賞は25年ぶり2人目。山中教授は京都大で開いた記者会見で「これからの発展に対する期待の意味も大きい。現役の研究者として研究開発に取り組みたい」と述べた。〈映像内容〉京都大で行われた山中教授の会見。撮影日:2012(平成24)年10月8日、撮影場所:京都府京都市

    商品コード: 2021052610854

  • 04:34.57
    2012年10月14日
    森口氏が帰国 iPS治療、うその発表

    人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の治療をしたと発表し、その後大半はうそだったと認めた森口尚史氏(48)が15日、成田空港に帰国した〈映像内容〉成田空港に到着した森口氏、囲みインタビュー、空港雑観など。撮影日:2012(平成24)年10月14日、撮影場所:千葉県成田市

    商品コード: 2021052610856

  • 2013年03月01日
    Jeanne Loring

    March 1, 2013, San Diego, California: Jeanne Loring holds a petri dish with pluripotent stem cells from a Parkinsonâs patient. .Howard Lipin ⢠u-t..User Upload Caption: Jeanne Loring, a stem cell specialist at The Scripps Research Institute. (Credit Image: © Howard Lipin/San Diego Union-Tribune via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Howard Lipin/San Diego Union-Tribune via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ ※U.S. Tabloid Rights OUT

    商品コード: 2021080407174

  • 03:02.04
    2014年09月09日
    ラスカー賞に森和俊氏 京大教授、日本で7人目  細胞の機能解明

    米国で最も権威ある医学賞で、ノーベル賞への登竜門ともされる「ラスカー賞」の今年の受賞者に、細胞内の小器官に関する業績で京都大の森和俊(もり・かずとし)教授(56)が選ばれた。森教授は京大で9日記者会見し「研究は医学の理解につながっている。いずれ人の役に立つ研究に取り組みたい」と話した。米国のラスカー財団が発表した。日本人の受賞者は、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発して2009年に受賞した京大の山中伸弥(やまなか・しんや)教授に次いで7人目。森教授は「酵母を使った地道な基礎研究に米国医学会最高の賞が与えられた。とてもうれしく誇りに思う」と喜んだ。細胞内の小胞体と呼ばれる小器官で、タンパク質が正しく機能するための仕組みを解明。がんや糖尿病、パーキンソン病などの病気に関わるため、世界中で新薬開発に向けた研究が進む。<映像内容>「ラスカー賞」受賞の喜びを語る京都大の森和俊教授、「ラスカー賞」受賞が決まり、笑顔で記者会見する京都大の森和俊教授、撮影日:2014(平成26)年9月9日、撮影場所:京都市左京区

    商品コード: 2019031203281

  • 02:56.30
    2014年09月12日
    iPS、世界初の手術成功 難病女性の目に移植 再生医療、進展に期待 理研、神戸の病院で

    理化学研究所と先端医療センター病院(神戸市)のチームは12日、さまざまな細胞に成長できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、難病「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性」を患う兵庫県の70代女性の右目に移植、手術は成功したと発表した。手術は理研発生・再生科学総合研究センターの高橋政代(たかはし・まさよ)プロジェクトリーダー(53)らが進める臨床研究の一環。高橋さんは記者会見で「無事に終わり、安堵(あんど)している。大きな一歩だと思いたい」と語った。手術を担当した病院眼科の栗本康夫(くりもと・やすお)統括部長も「大きな節目を越えた」と話した。手術は計6人に行う計画。理研などによると、患者の女性の皮膚から採った細胞に遺伝子を導入し、iPS細胞を作製。さらに目の網膜の色素上皮細胞に成長させ、移植用のシートを作った。<映像内容>iPS細胞を使った世界初の移植手術を終え、記者会見で笑顔を見せる理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの高橋政代プロジェクトリーダー、右は先端医療センター病院眼科の栗本康夫統括部長、撮影日:2014(平成26)年9月12日、撮影場所:神戸市 中央区

    商品コード: 2019031203283

  • 2015年05月06日
    会見する岡村講師 人の多能性幹細胞に新能力

    研究成果を発表する近畿大農学部の岡村大治講師=6日午後、大阪市

    商品コード: 2015050600286

  • 2015年05月06日
    人の多能性幹細胞に新能力

    新しい培養法によるES細胞の能力

    商品コード: 2015050600348

  • 2015年05月06日
    人の多能性幹細胞に新能力

    新しい培養法によるES細胞の能力

    商品コード: 2015050600349

  • 05:31.83
    2016年10月17日
    iPS培養 卵子大量生成 マウスで初

    マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から培養だけで卵子を大量に作ることに世界で初めて成功したと、九州大や京都大などのチームが17日付の英科学誌ネイチャーに発表した。これまでの手法では、作製過程でマウスの卵巣への移植が必要で、人への応用につなげるのは難しかった。今回の作製方法に磨きがかかれば、数年以内に人の卵子作りが実現する可能性もある。〈映像内容〉チームの林克彦九州大教授による事前説明会、実験の様子、雑観、林教授のインタビューなど。

    商品コード: 2017090201657

  • 01:32.55
    2018年08月20日
    iPS血小板の輸血実施申請 京都大が記者会見

    血液成分の一つで止血作用のある血小板を人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作り、血小板などが減る難病「再生不良性貧血」の患者に輸血する臨床研究の実施を厚生労働省に申請したと、京都大の江藤浩之(えとう・こうじ)教授らのチームが20日、京大病院で記者会見し発表した。29日にも同省の専門部会にかかる予定で、今後審議を経て承認されれば開始する。〈映像内容〉(着座時、向かって右から)京都大病院の稲垣暢也(いながき・のぶや)病院長、高折晃史(たかおり・あきふみ)血液内科長、京都大iPS細胞研究所の江藤浩之(えとう・こうじ)教授による記者会見、京都大病院の外観、撮影日:2018(平成30)年8月20日、撮影場所:京都府京都市 京都大学医学部付属病院

    商品コード: 2018082113962

  • 03:09.95
    2018年11月09日
    パーキンソンにiPS 世界初、脳に神経移植 京大

    京都大は9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表した。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大によると、パーキンソン病での治験は世界初。iPS細胞の患者への利用は、目の難病患者の網膜を再生する理化学研究所の世界初のケースに次ぐ。治験は京大病院が京大iPS細胞研究所と連携して実施。現場の医師が主体となって安全性や有効性を検証する医師主導治験として進めている。計画では、京大が備蓄する、拒絶反応が起きにくい型の他人のiPS細胞から作った神経細胞を脳に移植し、ドーパミンを出す神経細胞を補う。観察期間は2年間を想定。拒絶反応を抑えるため免疫抑制剤も投与する。〈映像内容〉京大病院の外観、京大病院の高橋良輔脳神経内科長、京大iPS細胞研究所の高橋淳教授らによる記者会見の様子、撮影日:2018(平成30)年11月9日、撮影場所:京都大学病院

    商品コード: 2018111213984

  • 01:24.61
    2018年12月18日
    山中伸弥氏が記者会見 iPS備蓄事業、公益財団法人に

    人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を再生医療用に備蓄し、研究機関などに提供する京都大iPS細胞研究所の「ストック事業」を、京大が公益財団法人などの外部組織に移管する方針を固めた。山中伸弥所長は18日、記者会見し、「安定的かつ低コストで供給することが私たちの使命。大学から独立させ、公益財団法人を目指すのが一番有望だ」と述べた。〈映像内容〉山中所長の記者会見、京都大iPS細胞研究所の外観の様子など、撮影日:2018(平成30)年12月18日、撮影場所:京都大iPS細胞研究所

    商品コード: 2018122014770

  • 01:15.34
    2018年12月26日
    iPS角膜移植を承認 大阪大学内委、臨床研究

    人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作り、角膜を損傷した患者に移植して再生する大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームの臨床研究計画を、学内の審査委員会が26日、大筋で承認した。初会合は8月に開かれ、今回は2回目。今後、厚生労働省に臨床研究の実施を申請し、承認が得られれば2018年度中に開始、23年ごろの実用化を目指す。〈映像内容〉審査委員会が行われた大阪大学大学院最先端医療イノベーションセンターの外観、審査委員会の頭撮り、西田教授の会見、撮影日:2018(平成30)年12月26日、撮影場所:大阪大学大学院最先端医療イノベーションセンター

    商品コード: 2018122718548

  • 02:33.98
    2019年02月18日
    iPSで世界初の脊髄損傷治療へ 慶大が秋にも患者募集

    厚生労働省の専門部会は18日、慶応大が計画している人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脊髄損傷の患者を治療する臨床研究の実施を了承した。iPS細胞を使った脊髄損傷治療は世界初。慶応大は同日、記者会見を開き、今年の秋から冬にかけて患者の募集を始める方針を明らかにした。〈映像内容〉説明する慶応大の岡野栄之(おかの・ひでゆき)教授(向かって左)と中村雅也(なかむら・まさや)教授の記者会見、雑観など、撮影日:2019(平成31)年2月18日、撮影場所:東京都新宿区

    商品コード: 2019022000363

  • 01:58.51
    2019年08月29日
    大阪大が世界初のiPS角膜移植 視力回復、患者退院

    大阪大の西田幸二教授のチームは29日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製したシート状の角膜組織を、目の病気の重症患者に移植する世界初の臨床研究を7月に実施したと発表した。西田教授は記者会見で、iPS細胞から作った角膜組織を移植した女性患者について「視力がかなり改善している。今のところ問題は起きていない」と述べた。<映像内容>西田幸二教授らによる記者会見の様子、撮影日:2019(令和元)年8月29日、撮影場所:大阪大学

    商品コード: 2019083003786

  • 2022年04月15日
    (1)北京大学の研究チーム、次世代幹細胞の作製技術で重要な進展

    ヒトCiPS細胞(化学的誘導多能性幹細胞)の作製プロセスを示した図。(資料写真)中国の北京大学幹細胞研究センターの鄧宏魁(とう・こうかい)主任率いる研究チームは長年の努力の末、ヒト成体細胞を多能性幹細胞に変える化学小分子誘導技術の開発に成功した。研究成果は、中国が独自開発したヒト多能性幹細胞の作製技術として初めて国際的に報道された。同技術は既存の幹細胞作製技術の限界を打破し、中国における幹細胞や再生医療の発展の基礎となる技術的課題を解決。将来的には糖尿病や重度肝疾患、悪性がんなどの重大疾患の治療に用いられることが期待される。研究成果は13日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041505797

  • 2022年04月15日
    (2)北京大学の研究チーム、次世代幹細胞の作製技術で重要な進展

    生物医学分野におけるヒトCiPS細胞(化学的誘導多能性幹細胞)作製技術の幅広い応用範囲を示した図。(資料写真)中国の北京大学幹細胞研究センターの鄧宏魁(とう・こうかい)主任率いる研究チームは長年の努力の末、ヒト成体細胞を多能性幹細胞に変える化学小分子誘導技術の開発に成功した。研究成果は、中国が独自開発したヒト多能性幹細胞の作製技術として初めて国際的に報道された。同技術は既存の幹細胞作製技術の限界を打破し、中国における幹細胞や再生医療の発展の基礎となる技術的課題を解決。将来的には糖尿病や重度肝疾患、悪性がんなどの重大疾患の治療に用いられることが期待される。研究成果は13日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041505798

  • 2022年04月15日
    (3)北京大学の研究チーム、次世代幹細胞の作製技術で重要な進展

    14日、研究室の前で研究チームのメンバーと写真に収まる北京大学幹細胞研究センター主任の鄧宏魁氏(左から3人目)。中国の北京大学幹細胞研究センターの鄧宏魁(とう・こうかい)主任率いる研究チームは長年の努力の末、ヒト成体細胞を多能性幹細胞に変える化学小分子誘導技術の開発に成功した。研究成果は、中国が独自開発したヒト多能性幹細胞の作製技術として初めて国際的に報道された。同技術は既存の幹細胞作製技術の限界を打破し、中国における幹細胞や再生医療の発展の基礎となる技術的課題を解決。将来的には糖尿病や重度肝疾患、悪性がんなどの重大疾患の治療に用いられることが期待される。研究成果は13日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041505799

  • 1