KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 幻想
  • 米国
  • 資料
  • 作品
  • 制作
  • 城塞
  • 夢想
  • 子ども
  • 平成
  • 記者

「夜郎」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年01月11日
    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で

    重慶市と貴陽市を結ぶ渝貴鉄道の夜郎河特大橋を通過する高速鉄道の列車。(1月11日、小型無人機から)同橋は貴州省遵義市桐梓県内にあり、主橋の設計には鉄筋コンクリート構造の逆アーチ形が採用された。径間は最大370メートル。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818517

  • 2018年07月01日
    21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市

    1日、「夜郎谷」を歩く宋培倫氏。つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070300817

  • 2018年07月01日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷を散策する観光客。(2018年7月1日撮影)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703768

  • 2018年07月01日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷を散策する宋培倫氏。(2018年7月1日撮影)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703777

  • 2018年07月01日
    21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市

    1日、「夜郎谷」。(小型無人機から)つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070300820

  • 2018年07月01日
    21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市

    1日、「夜郎谷」で自らの創作理念を紹介する宋培倫氏。つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070300864

  • 2018年07月01日
    21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市

    1日、「夜郎谷」を歩く宋培倫氏。つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070300812

  • 2018年07月01日
    21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市

    1日、「夜郎谷」の石像の前に立つ宋培倫氏。つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070300842

  • 2018年07月01日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の中で自身の創作理念を語る宋培倫氏。(2018年7月1日撮影)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703842

  • 2018年07月01日
    21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市

    1日、「夜郎谷」を散策する観光客。つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070300852

  • 2018年07月01日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の全景。(2018年7月1日、小型無人機から撮影)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703818

  • 2018年07月01日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の石像の前に立つ宋培倫氏。(2018年7月1日撮影)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703772

  • 2018年07月01日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷を散策する宋培倫氏。(2018年7月1日撮影)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703810

  • 2018年07月12日
    貴州省織普高速道路の夜郎湖特大橋が全線開通

    12日、貴州省織普高速道路の鍵となる部分である夜郎湖特大橋。(写真奥)(小型無人機から)中国貴州省織普高速道路(織金県~普定県間)の鍵となる部分である夜郎湖特大橋がこのほど全線開通し、7月末までにその工事が全面的に完成する見通しだ。この大橋は貴州橋梁建設集団が2016年5月から着工し、全長は391・4メートル、アーチスパンが210メートルとなっている。織普高速道路の全長は52キロメートルで、完成後には織金県から普定県までの所要時間が従来の2時間半から35分に短縮することが可能になる。これにより通行の効率が大幅に高められ、沿線の経済発展が一層推し進められる見通しだ。(普定=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700581

  • 2018年07月12日
    貴州省織普高速道路の夜郎湖特大橋が全線開通

    12日、貴州省織普高速道路の鍵となる部分である夜郎湖特大橋。(小型無人機から)中国貴州省織普高速道路(織金県~普定県間)の鍵となる部分である夜郎湖特大橋がこのほど全線開通し、7月末までにその工事が全面的に完成する見通しだ。この大橋は貴州橋梁建設集団が2016年5月から着工し、全長は391・4メートル、アーチスパンが210メートルとなっている。織普高速道路の全長は52キロメートルで、完成後には織金県から普定県までの所要時間が従来の2時間半から35分に短縮することが可能になる。これにより通行の効率が大幅に高められ、沿線の経済発展が一層推し進められる見通しだ。(普定=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700591

  • 2018年07月12日
    貴州省織普高速道路の夜郎湖特大橋が全線開通

    12日、貴州省織普高速道路の鍵となる部分である夜郎湖特大橋。(小型無人機から)中国貴州省織普高速道路(織金県~普定県間)の鍵となる部分である夜郎湖特大橋がこのほど全線開通し、7月末までにその工事が全面的に完成する見通しだ。この大橋は貴州橋梁建設集団が2016年5月から着工し、全長は391・4メートル、アーチスパンが210メートルとなっている。織普高速道路の全長は52キロメートルで、完成後には織金県から普定県までの所要時間が従来の2時間半から35分に短縮することが可能になる。これにより通行の効率が大幅に高められ、沿線の経済発展が一層推し進められる見通しだ。(普定=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700582

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703771

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703766

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703773

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703809

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703881

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703765

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703803

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703805

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703781

  • 2020年07月15日
    81歳の芸術家、自身の作品「夜郎谷」を地元大学に寄贈貴州省

    夜郎谷の彫刻。(資料写真)中国貴州省貴陽市花渓区の彫刻芸術家、宋培倫(そう・ばいりん)氏(81)はこのほど、自身が制作した幻想的な城塞「夜郎谷」を貴州財経大学に寄贈した。宋氏は1997年、米国から同区洛平村に戻り、子どもの頃の夢想を基に夜郎谷を築き始めた。20年余りの創作活動を経て、現在の夜郎谷は特別な魅力を放つ芸術空間となっている。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703799

  • 2021年01月08日
    (5)戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓で発掘に当たる考古関係者。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803760

  • 2021年01月08日
    (4)戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓の遺物の出土状況。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803762

  • 2021年01月08日
    (2)戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓から出土したビーズ装飾。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803748

  • 2021年01月08日
    (1)戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓から出土した人面青銅扣飾(こうしょく、ブローチ・バックル型装飾)。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803747

  • 2021年01月08日
    戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓の遺物の出土状況。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011904148

  • 2021年01月08日
    (7)戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓で発掘に当たる考古関係者。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803777

  • 2021年01月08日
    (6)戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓で発掘に当たる考古関係者。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803778

  • 2021年01月08日
    (8)戦国~秦漢時代の墓群から套頭葬墓25基を発見貴州省

    套頭葬墓から出土した土器杯。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市赫章(かくしょう)県の可楽イ族ミャオ族郷で実施されている戦国~秦漢時代の墓地の発掘調査で、これまでに套頭葬(とうとうそう)と呼ばれる特殊な方式で死者を埋葬した墓25基が見つかった。同省文物考古研究所が6日明らかにした。同時代に中国西南地方に存在した夜郎国の文化を研究する上で重要な価値を持つという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803779

  • 1