KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国上海市
  • 新型肺炎
  • レジャー
  • モデル地区
  • 営業再開
  • ナイトライフ
  • 経済発展
  • 感染拡大
  • 感染状況
  • 中国福建省

「夜間経済」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
332
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
332
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月05日
    G-A-Y owner launches legal challenge against 10pm curfew in London, UK - 5 Oct 2020

    October 5, 2020, London, United Kingdom: A man walking his dog passes shut doors of G-A-Y club in London..G-A-Y owner Jeremy Joseph launches legal challenge against the Government‘s 10pm curfew, he said, âThe 10pm curfew which has now been in place for the last two weeks and has been detrimental to the hospitality sector, including G-A-Y, makes absolutely no sense. .The club owner claims the measures make a âscapegoatâ of the night time economy and are ‘‘unsafe‘‘ for punters and thus has instructed his legal teams at Simpson Miller Solicitors and Kings Chambers to challenge them. (Credit Image: © Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月05日
    G-A-Y owner launches legal challenge against 10pm curfew in London, UK - 5 Oct 2020

    October 5, 2020, London, United Kingdom: G-A-Y sign seen outside G-A-Y club in London..G-A-Y owner Jeremy Joseph launches legal challenge against the Government‘s 10pm curfew, he said, âThe 10pm curfew which has now been in place for the last two weeks and has been detrimental to the hospitality sector, including G-A-Y, makes absolutely no sense. .The club owner claims the measures make a âscapegoatâ of the night time economy and are ‘‘unsafe‘‘ for punters and thus has instructed his legal teams at Simpson Miller Solicitors and Kings Chambers to challenge them. (Credit Image: © Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月05日
    G-A-Y owner launches legal challenge against 10pm curfew in London, UK - 5 Oct 2020

    October 5, 2020, London, United Kingdom: A covid safety sign seen on the G-A-Y Bar in London..G-A-Y owner Jeremy Joseph launches legal challenge against the Government‘s 10pm curfew, he said, âThe 10pm curfew which has now been in place for the last two weeks and has been detrimental to the hospitality sector, including G-A-Y, makes absolutely no sense. .The club owner claims the measures make a âscapegoatâ of the night time economy and are ‘‘unsafe‘‘ for punters and thus has instructed his legal teams at Simpson Miller Solicitors and Kings Chambers to challenge them. (Credit Image: © Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月05日
    G-A-Y owner launches legal challenge against 10pm curfew in London, UK - 5 Oct 2020

    October 5, 2020, London, United Kingdom: A G-A-Y sign and pride flags are seen outside owner the G-A-Y bar in London..G-A-Y owner Jeremy Joseph launches legal challenge against the Government‘s 10pm curfew, he said, âThe 10pm curfew which has now been in place for the last two weeks and has been detrimental to the hospitality sector, including G-A-Y, makes absolutely no sense. .The club owner claims the measures make a âscapegoatâ of the night time economy and are ‘‘unsafe‘‘ for punters and thus has instructed his legal teams at Simpson Miller Solicitors and Kings Chambers to challenge them. (Credit Image: © Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月05日
    G-A-Y owner launches legal challenge against 10pm curfew in London, UK - 5 Oct 2020

    October 5, 2020, London, United Kingdom: A G-A-Y sign and pride flags are seen outside owner the G-A-Y bar in London..G-A-Y owner Jeremy Joseph launches legal challenge against the Government‘s 10pm curfew, he said, âThe 10pm curfew which has now been in place for the last two weeks and has been detrimental to the hospitality sector, including G-A-Y, makes absolutely no sense. .The club owner claims the measures make a âscapegoatâ of the night time economy and are ‘‘unsafe‘‘ for punters and thus has instructed his legal teams at Simpson Miller Solicitors and Kings Chambers to challenge them. (Credit Image: © Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月05日
    G-A-Y owner launches legal challenge against 10pm curfew in London, UK - 5 Oct 2020

    October 5, 2020, London, United Kingdom: A G-A-Y sign and pride flags are seen outside owner the G-A-Y bar in London..G-A-Y owner Jeremy Joseph launches legal challenge against the Government‘s 10pm curfew, he said, âThe 10pm curfew which has now been in place for the last two weeks and has been detrimental to the hospitality sector, including G-A-Y, makes absolutely no sense. .The club owner claims the measures make a âscapegoatâ of the night time economy and are ‘‘unsafe‘‘ for punters and thus has instructed his legal teams at Simpson Miller Solicitors and Kings Chambers to challenge them. (Credit Image: © Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Dave Rushen/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場で記念撮影する観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベントの会場で、パンフレットが置かれたブースに足を止める観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場でパフォーマンスを楽しむ観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場で軽食を買い求める観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベントの会場で自撮りを楽しむ観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場で軽食に舌鼓を打つ観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、観光客でにぎわう夏祭りイベントの会場。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、観光客でにぎわう夏祭りイベントの会場。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベントで踊りや演奏を披露する出演者。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月22日
    The ‘‘Coexistence of Everything‘‘ outdoor art immersive experience exhibition has opened in Beijing

    August 21, 2020, Beijing, Beijing, China: BeijingCHINA-On the evening of August 20, the first Beijing International Light and Shadow Art Season (Yuyuantan Station), ‘‘The Coexistence of Everything‘‘ outdoor light and shadow art immersive experience exhibition was officially opened in yuyuantan Park, ‘‘Sakura Falling Flower Valley‘‘. The dreamlike night painting of sinkbed Flower Valley with natural splendor and technological lights will add new highlights to the capital‘s nighttime economic map and create a new mode for the public to visit the park in the evening. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区でライブ配信を行う2人の配信者。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    「新華社」夏の夜間経済、スポーツでより熱く天津市

    天津市河西区のフェスティバルに参加した多くのスポーツ愛好家。(8月8日撮影)中国天津市河西区で現在、「2020活力河西・哪吒(なた)スポーツフェスティバル」が開催されている。同フェスは夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の新たな原動力を育成し、都市生活の質と活力をさらに向上させることを目的に1カ月間にわたり開かれ、3人制バスケットボール「スリー・エックス・スリー」やビーチバレーのシリーズ試合、ビーチミニサッカー、ケージボール、ミニバスケットボールなど多彩な競技を通して、より健康で活力にあふれ、多元的な夜間経済の形態を示していく。(天津=新華社配信)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、市民や観光客を乗せて古運河や清名橋歴史文化街区を巡る遊覧船。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区を散策する市民や観光客。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.09
    2020年08月06日
    「新華社」製鉄所から生まれ変わったサーキットで夜間イベント河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市のサーキット場「首鋼賽車谷」でこのほど、サマーナイトカーニバルが開幕した。期間は30日間で、水上アクロバットショーや夏のグルメ、ドライブインシアター、ゴーカート体験などで夏の夜を盛り上げ、夜間消費や体験活動に対する市民の多様な需要を満たし、港湾都市の夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の質の高い発展を促進する。首鋼賽車谷のある場所にはかつて、中国鉄鋼大手、首鋼集団傘下「秦皇島首秦金属材料」の製鉄所があった。京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の戦略的需要に対応し、秦皇島市が持つ都市機能の発揮に寄与するため、首秦は産業遺産を極力保護・活用することを前提に生産停止と移転を進め、敷地を計画面積8・13平方キロのサーキット場に転用した。先行オープンした2・4平方キロの中心エリアには、モータースポーツや産業遺産公園、リゾートキャンプなどが配置されている。(記者/張碩)<映像内容>サーキット場でサマーナイトカーニバルが開幕、水上アクロバットショーなどのパフォーマンス、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    「新華社」夏の夜間経済、スポーツでより熱く天津市

    天津市河西区で夜間に行われたケージボールの試合。(8月5日撮影)中国天津市河西区で現在、「2020活力河西・哪吒(なた)スポーツフェスティバル」が開催されている。同フェスは夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の新たな原動力を育成し、都市生活の質と活力をさらに向上させることを目的に1カ月間にわたり開かれ、3人制バスケットボール「スリー・エックス・スリー」やビーチバレーのシリーズ試合、ビーチミニサッカー、ケージボール、ミニバスケットボールなど多彩な競技を通して、より健康で活力にあふれ、多元的な夜間経済の形態を示していく。(天津=新華社配信)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    「新華社」夏の夜間経済、スポーツでより熱く天津市

    天津市河西区で夜間に行われた「スリー・エックス・スリー」の試合。(8月1日撮影)中国天津市河西区で現在、「2020活力河西・哪吒(なた)スポーツフェスティバル」が開催されている。同フェスは夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の新たな原動力を育成し、都市生活の質と活力をさらに向上させることを目的に1カ月間にわたり開かれ、3人制バスケットボール「スリー・エックス・スリー」やビーチバレーのシリーズ試合、ビーチミニサッカー、ケージボール、ミニバスケットボールなど多彩な競技を通して、より健康で活力にあふれ、多元的な夜間経済の形態を示していく。(天津=新華社配信)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を訪れた観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を散策する観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区で伝統的な住居、「古厝(こせき)」を見学する観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を訪れた観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を散策する観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    28日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の西街を散策する観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    28日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の「小西埕(しょうせいてい)」で写真を撮る観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.68
    2020年07月23日
    「新華社」人気の敦煌観光が夜間経済を後押し甘粛省

    中国甘粛省敦煌市では7月に入り、観光の盛り上がりが続いている。景勝地の入場券は品薄状態となり、地元の夜間経済(ナイトタイムエコノミー)も活気を取り戻した。夜市は4月30日に正式に営業を再開し、現在は繁忙期を迎えている。観光客は軽食を味わったり、手工芸品の制作過程を見学したりすることができる。市内の観光企業、敦煌文旅沙州夜市景区運営管理の王晶偉(おう・しょうい)副総経理は、夜市が今年、経営形態の大部分をグレードアップしたと話し、製品の品質向上により、敦煌のグルメや風景、民俗文化の素晴らしさを国内外の観光客により一層的確に伝えたいとの考えを示した。(記者/黄沢民、耿馨寧、朱芸琳)<映像内容>甘粛省敦煌市の夜市、観光客の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月21日
    夜間経済が消費を後押し河北省石家荘市

    21日、石家荘市裕華区「火車頭歩行街」のレストランでお茶を飲む市民。中国河北省石家荘市は、夜間の消費活動に着目した夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を4月15日に導入して以降、長期化する新型コロナウイルス感染対策を徹底しつつ、その活動を飲食や観光、買い物、娯楽など多岐にわたる業態に広めている。消費クーポンの配布や各種キャンペーンを通じ、夜間消費の利便性と注目度を高め、消費活力の増進に努めている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月21日
    夜間経済が消費を後押し河北省石家荘市

    21日、石家荘市裕華区「火車頭歩行街」を散策する市民。中国河北省石家荘市は、夜間の消費活動に着目した夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を4月15日に導入して以降、長期化する新型コロナウイルス感染対策を徹底しつつ、その活動を飲食や観光、買い物、娯楽など多岐にわたる業態に広めている。消費クーポンの配布や各種キャンペーンを通じ、夜間消費の利便性と注目度を高め、消費活力の増進に努めている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月21日
    夜間経済が消費を後押し河北省石家荘市

    21日、石家荘市裕華区「火車頭歩行街」のレストランで食事する市民。中国河北省石家荘市は、夜間の消費活動に着目した夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を4月15日に導入して以降、長期化する新型コロナウイルス感染対策を徹底しつつ、その活動を飲食や観光、買い物、娯楽など多岐にわたる業態に広めている。消費クーポンの配布や各種キャンペーンを通じ、夜間消費の利便性と注目度を高め、消費活力の増進に努めている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月21日
    夜間経済が消費を後押し河北省石家荘市

    21日、石家荘市裕華区「火車頭歩行街」を散策する市民。中国河北省石家荘市は、夜間の消費活動に着目した夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を4月15日に導入して以降、長期化する新型コロナウイルス感染対策を徹底しつつ、その活動を飲食や観光、買い物、娯楽など多岐にわたる業態に広めている。消費クーポンの配布や各種キャンペーンを通じ、夜間消費の利便性と注目度を高め、消費活力の増進に努めている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月21日
    夜間経済が消費を後押し河北省石家荘市

    21日、石家荘市裕華区「火車頭歩行街」を散策する市民。中国河北省石家荘市は、夜間の消費活動に着目した夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を4月15日に導入して以降、長期化する新型コロナウイルス感染対策を徹底しつつ、その活動を飲食や観光、買い物、娯楽など多岐にわたる業態に広めている。消費クーポンの配布や各種キャンペーンを通じ、夜間消費の利便性と注目度を高め、消費活力の増進に努めている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.92
    2020年07月20日
    「新華社」夜間経済で都市の魅力を再発見福建省漳州市

    中国福建省漳州市はここ数年、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の発展を目指し、夜の体験型観光コンテンツの構築を進めてきた。漳州古城では現在、歴史ある町並みの中で受け継がれてきた操り人形劇「漳州布袋劇」、切り紙細工の「漳浦剪紙」、福建省南部に伝わる昔話などの無形文化遺産が見直され、観光客の注目を集めている。(記者/郭圻)<映像内容>福建省漳州市の夜景、無形文化遺産の観光の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区でスナックを買い求める観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、天津市の津湾広場で試験的にオープンした「百戯津曲」文化テーマ街区。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、ステージで代表的な京劇の一節を披露する京劇愛好家。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区でグルメを買い求める観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区で写真を撮る観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、ステージで代表的な京劇の一節を披露する京劇愛好家。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、ハンドメードアクセサリーの屋台で、好みの髪飾りを選ぶ漢民族の伝統衣装「漢服」を身にまとった観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区で写真を撮る漢民族の伝統衣装「漢服」を身にまとった観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区で作り方を披露する手工芸職人。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区の切り絵の露店。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、天津市の津湾広場で試験的にオープンした「百戯津曲」文化テーマ街区。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区に設けられたドリンクスタンド。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    上海東方明珠でサマーナイトイベント開催

    16日、東方明珠で開催されたサマーナイトイベントの会場。中国上海市のランドマーク、東方明珠電視塔(上海テレビ塔)では、10日からサマーナイトイベントが開催されている。上海情緒と最新の流行を兼ね備えた夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル地区の構築を目指すという。会期は8月25日まで。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    上海東方明珠でサマーナイトイベント開催

    16日、東方明珠のサマーナイトイベントでライブコマース配信をする人。中国上海市のランドマーク、東方明珠電視塔(上海テレビ塔)では、10日からサマーナイトイベントが開催されている。上海情緒と最新の流行を兼ね備えた夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル地区の構築を目指すという。会期は8月25日まで。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    上海東方明珠でサマーナイトイベント開催

    16日、東方明珠のサマーナイトイベントで演奏するストリートミュージシャン。中国上海市のランドマーク、東方明珠電視塔(上海テレビ塔)では、10日からサマーナイトイベントが開催されている。上海情緒と最新の流行を兼ね備えた夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル地区の構築を目指すという。会期は8月25日まで。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    上海東方明珠でサマーナイトイベント開催

    16日、東方明珠のサマーナイトイベントで屋台に並ぶ観光客。中国上海市のランドマーク、東方明珠電視塔(上海テレビ塔)では、10日からサマーナイトイベントが開催されている。上海情緒と最新の流行を兼ね備えた夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル地区の構築を目指すという。会期は8月25日まで。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、天津市の鼓楼夜市を訪れた観光客。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、天津市の鼓楼夜市でグルメを買い求める観光客。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、ライトアップされた天津市の鼓楼。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、天津市の鼓楼夜市を訪れた観光客。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。明代弘治年間(1488~1505年)に建築が始まり、市民に欠かせない存在となった。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、ライトアップされた天津市の鼓楼。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、天津市の鼓楼夜市を訪れた観光客。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、天津市の鼓楼夜市で買い物をする観光客。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    鼓楼夜市が連日盛況天津市

    15日、天津市の鼓楼夜市でグルメを買い求める観光客。中国天津市南開区の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民とって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街に立つ牌坊。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街にある香袋店で生薬使った虫除け香袋を作る店員。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷夜市の様子。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、多くの観光客が訪れる柳巷夜市。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街の一角。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷夜市に出店するおもちゃ屋台。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街で糖画を作る職人。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街にある民間芸能劇場「懿曲社」。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、多くの観光客が訪れる柳巷夜市。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街にある香袋店で生薬使った虫除け香袋を作る店員。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街で糖画を作る職人。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街で似顔絵を描く画家。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街にある香袋店。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    百年の商業街「柳巷商圏」、夜間経済をけん引山西省太原市

    12日、柳巷商圏の食品街の写真館。中国山西省太原市の中心部にある商業エリア「柳巷商圏」は100年以上の歴史を持つ。柳巷や食品街、鐘楼街、鼓楼街などからなり、1日あたり20万人余りが訪れる中国四大夜市の一つとされる。都市の経済発展や人々の生活水準の向上に伴い、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は都市が雇用と消費をけん引し、ブランドを確立させ、市民の幸福指数を高める上での強力な原動力となっている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、夜市で特色ある弁当を販売する出店者。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、夜市を楽しむ人々。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、夜市で生演奏をするバンド。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、夜市で新商品のビールを試飲する来場者。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、夜市でゲームを楽しむ子ども。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、夜市で商品を購入する市民。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、大勢の市民らでにぎわう夜市。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、大勢の市民らでにぎわう夜市。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    クラフトビール夜市で活気づく「夜間経済」天津市

    11日、大勢の市民らでにぎわう夜市。中国天津市の浜海ハイテク産業開発区(浜海高新区)の中心に位置する、文化と科学が融合したモデル地区「智慧山」の山丘広場で11、12両日、クラフトビールをメインとした夜市「精醸の夏2・0」が開催された。コンサート、自動車展示、クリエーティブ作品販売、ビールや美食の提供など、独創性あふれる催しが行われ、大勢の市民が楽しんだ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれ、同市では大型夜市が相次いで開かれている。各夜市では、体験型、娯楽型、イベント型、没入型といったさまざまな業態が次々と導入され、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)は「グルメ」を味わうだけでなく、「文化」や「流行」も楽しめるようになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月10日
    天津市の夜間経済が全面回復

    10日、市民でにぎわう天津市の「鼓楼夜市」。新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることを受け、中国天津市では大型夜市が相次いで開かれた。夜間消費の広がりが生み出すビジネスチャンスを捉えようと、多くの商店が営業時間の延長や商品分野の多様化などを進めている。ビール祭りや定期市、グルメフェスティバルなど特色あるイベントを展開することで、経済活動の再開を後押しすると共に、新たな消費の場を開拓し、都市に活気をもたらしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月10日
    天津市の夜間経済が全面回復

    10日、天津市南開区の「天拖夜市」。新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることを受け、中国天津市では大型夜市が相次いで開かれた。夜間消費の広がりが生み出すビジネスチャンスを捉えようと、多くの商店が営業時間の延長や商品分野の多様化などを進めている。ビール祭りや定期市、グルメフェスティバルなど特色あるイベントを展開することで、経済活動の再開を後押しすると共に、新たな消費の場を開拓し、都市に活気をもたらしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月10日
    天津市の夜間経済が全面回復

    10日、市民でにぎわう天津市の「鼓楼夜市」。新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることを受け、中国天津市では大型夜市が相次いで開かれた。夜間消費の広がりが生み出すビジネスチャンスを捉えようと、多くの商店が営業時間の延長や商品分野の多様化などを進めている。ビール祭りや定期市、グルメフェスティバルなど特色あるイベントを展開することで、経済活動の再開を後押しすると共に、新たな消費の場を開拓し、都市に活気をもたらしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月10日
    天津市の夜間経済が全面回復

    10日、天津市南開区で開催された「天拖夜市」。新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることを受け、中国天津市では大型夜市が相次いで開かれた。夜間消費の広がりが生み出すビジネスチャンスを捉えようと、多くの商店が営業時間の延長や商品分野の多様化などを進めている。ビール祭りや定期市、グルメフェスティバルなど特色あるイベントを展開することで、経済活動の再開を後押しすると共に、新たな消費の場を開拓し、都市に活気をもたらしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月10日
    天津市の夜間経済が全面回復

    10日夜、天津市南開区のショッピングモール「大悦城」付近の通り沿いで開かれたトランクマーケット。新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることを受け、中国天津市では大型夜市が相次いで開かれた。夜間消費の広がりが生み出すビジネスチャンスを捉えようと、多くの商店が営業時間の延長や商品分野の多様化などを進めている。ビール祭りや定期市、グルメフェスティバルなど特色あるイベントを展開することで、経済活動の再開を後押しすると共に、新たな消費の場を開拓し、都市に活気をもたらしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月10日
    天津市の夜間経済が全面回復

    10日、天津市南開区で開催された「天拖夜市」。新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることを受け、中国天津市では大型夜市が相次いで開かれた。夜間消費の広がりが生み出すビジネスチャンスを捉えようと、多くの商店が営業時間の延長や商品分野の多様化などを進めている。ビール祭りや定期市、グルメフェスティバルなど特色あるイベントを展開することで、経済活動の再開を後押しすると共に、新たな消費の場を開拓し、都市に活気をもたらしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.00
    2020年07月08日
    「新華社」中国の農村、「夜間経済」発展による就業促進図る河北省邢台市

    中国の農村部ではこのところ、「露店」が次第に盛んになっている。夜市の通りを作ることで、県城(県政府所在地)の人々に夕涼みを楽しむ場をもたらし、同時に就業機会も生み出される。河北省邢台(けいだい)市臨西県では、夜市ができてわずか数日で、40軒以上の小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)の屋台が並び、200軒近くの小売りの露店が入居、1300人以上の就業に結び付いた。(記者/白明山)<映像内容>農村の夜市の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4