KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • ヒナ
  • 保証
  • 分配
  • 完成
  • 市場価格
  • 成長
  • 拡大
  • 推進

「大同村」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月06日
    震災から10年復興を遂げた青海省玉樹チベット族自治州をゆく

    6日、青海省玉樹チベット族自治州玉樹市の西杭街道扎西大同村にある広場で、ごみ拾いをする清掃作業員。かつてマグニチュード7・1の強い地震に見舞われ、大きな被害を受けた中国青海省玉樹チベット族自治州は、10年に及ぶ復興を経てよみがえり、発展の新たな時代を迎えている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003184

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月06日
    震災から10年目を迎えた青海省玉樹チベット族自治州を訪ねて

    6日、青海省玉樹チベット族自治州玉樹市の西杭街道扎西大同村。(小型無人機から)中国青海省玉樹チベット族自治州は2010年4月14日、マグニチュード7・1の強い地震に見舞われ、大きな被害を受けた。あれから10年。大きな試練を乗り越えた同自治州は発展の新たな時代を迎え、長江、黄河、瀾滄江の源で、災害後の復興を見つめ続けている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041501199

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の水稲発芽促進工場の前で、工場の建設状況を説明する馬権氏。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある卓球室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204424

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある薬剤室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204398

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、ガチョウ飼育場で餌をやる衛星村の村民、紀文化(き・ぶんか)さん。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204270

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある娯楽室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204385

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の太陽光発電所。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204455

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村で建設が進む水稲発芽促進工場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204557

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、ガチョウ飼育場で餌をやる衛星村の村民、紀文化(き・ぶんか)さん。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204565

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、紀文化(き・ぶんか)さんのガチョウ飼育場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の太陽光発電所。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204416

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の文化イベント広場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204426

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村のコンクリート舗装道路。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204294

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.14
    2020年08月08日
    「新華社」ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(記者/王君宝)<映像内容>ガチョウ飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401931

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (3)震災からまもなく11年、「新しい玉樹」を空中散歩青海省

    10日、玉樹市の扎西大同村の一帯。(小型無人機から)中国青海省玉樹チベット族自治州で2010年4月14日、マグニチュード7・1の地震が発生した。復旧・復興を経て、今では同自治州の6市・県全てが貧困からの脱却を果たし、1人当たり純収入は2015年の2970元(1元=約17円)から約7千元と大きく増加した。(玉樹=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031202276

  • 1