KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 大字報
  • けい
  • しょう
  • 仏教寺院
  • 令和
  • 創建
  • 南朝
  • 山上
  • 山名
  • 断崖

「大字」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  又兵衛桜
    -
    又兵衛桜

    キーワード:サクラ、宇陀郡、屋外、花、春、森林、大木、日本、風景、又兵衛桜、無人、木、風景メイン写真=撮影日不明、奈良県大字陀町、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000636

  •  東海道岩淵からの富士川と富士山
    -
    東海道岩淵からの富士川と富士山

    現在は富士川村の大字となっている旧岩淵村から、富士川ごしに望む富士山。中央下、民家の向こうに見える二本の柱は、半鐘用か。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐14‐0]

    商品コード: 2017080902316

  •  富岡製糸場
    1949年03月03日
    富岡製糸場

    明治5年、フランス人のポール・ブリューナー氏が中心となり造られた。全国最古の製糸場=整理1949(昭和24)年3月3日、群馬県北甘楽郡富岡町大字富岡(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100251

  •  書道家の大林氏
    1952年01月01日
    書道家の大林氏

    ヤッと気合と共に4尺ー9尺の「龍」の大字を書く大林天洞氏=出稿1951(昭和26)年12月20日(27年新年原稿)(27年内地054)

    商品コード: 2012102400104

  •  フランスへ贈られた日本の土器
    1955年02月10日
    フランスへ贈られた日本の土器

    フランスへ贈られた土器。上右・ハニワ(群馬県佐波郡殖蓮村)、上左・堤瓶(福井県今立郡北中山村字川島)、下右・土偶(細川護立氏寄贈)、下左・縄文式土器(栃木県那須郡川西町大字黒羽町)=1955(昭和30)年2月10日出稿 (30年内地442)

    商品コード: 2012072400288

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年05月16日
    十勝沖地震

    山くずれ(上の方)で生き埋めになり行方不明者の救出作業をする自衛隊員=1968(昭和43)年5月16日、青森県八戸市大字尻正法寺

    商品コード: 2021040903735

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年03月25日
    連合赤軍リンチ殺人事件

    早岐やす子の遺体が埋められている現場=1972(昭和47)年3月25日、千葉県印旛郡印旛村大字岩戸

    商品コード: 2010092900050

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年03月25日
    連合赤軍リンチ殺人事件

    向山茂徳の遺体が埋められていた穴=1972(昭和47)年3月25日、千葉県印旛郡印旛村大字岩戸(47年内地 2043ー左)

    商品コード: 2010092900051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年03月25日
    連合赤軍リンチ殺人事件

    早岐やす子の遺体が埋められていた穴=1972(昭和47)年3月25日、千葉県印旛郡印旛村大字岩戸(47年内地 2043ー右)

    商品コード: 2010092900052

  • 気象衛星通信所 気象衛星打ち上げ近づく
    1977年06月14日
    気象衛星通信所 気象衛星打ち上げ近づく

    直径18メートルの標準電波受信用アンテナ(上方)と離島・船舶用のヘリカルアンテナ(手前)が空をにらむ。静止気象衛星(GMS)の打ち上げを1カ月後に控え、衛星と“会話”する気象衛星通信所が初めて公開された=1977(昭和52)年6月14日、埼玉県比企郡鳩山村大字小豆戸の気象衛星通信所(52年内地 4508)

    商品コード: 2014090200769

  •  新しくできた壁新聞を張る壁
    1979年12月12日
    新しくできた壁新聞を張る壁

    北京・西単の「民主の壁」に代って新しく月壇公園内にできた大字報(壁新聞)を張り出す壁=1979(昭和54)年12月12日、北京

    商品コード: 2004070200397

  •  新しくできた壁新聞を張る壁
    1979年12月12日
    新しくできた壁新聞を張る壁

    新設された大字報掲示用の壁の前で壁新聞を読む人たち=1979(昭和54)年12月12日、北京・月壇公園

    商品コード: 2004070200398

  •  花田兄弟がマゲ結い
    1988年11月10日
    花田兄弟がマゲ結い

    初めてマゲを結い、父親の藤島親方(中央)にあいさつに来た若花田(右)と貴花田=1988年11月10日、福岡市東区大字土井の藤島部屋(若乃花勝、貴乃花光司、貴ノ花利彰)

    商品コード: 1988111000018

  •  菊池渓谷
    1992年12月31日
    菊池渓谷

    キーワード:屋外、岩、菊池渓谷、渓谷、自然、自然保護区、水面、清涼感のある、川、コケ、大字原、日本、風景、無人、流れ、保護区、ご当地セレクト、風景メイン写真=1992(平成4)年、熊本県菊池市、クレジット:UVimages/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515791

  •  水の流れ
    1992年12月31日
    水の流れ

    キーワード:屋外、自然、水、清涼感のある、川、大字原、日本、風景、無人、流れ、風景メイン写真=1992(平成4)年、熊本県菊池市、クレジット:UVimages/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515717

  •  水の流れ
    1992年12月31日
    水の流れ

    キーワード:ブレ、屋外、岩、岩場、自然、水、清涼感のある、川、大字原、日本、風景、無人、流れ、風景メイン写真=1992(平成4)年、熊本県菊池市、クレジット:UVimages/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515619

  •  水の流れ
    1992年12月31日
    水の流れ

    キーワード:ブレ、屋外、自然、水、川、大字原、日本、風景、無人、ワイルドな、夕景、夕方、流れ、風景メイン写真=1992(平成4)年、熊本県菊池市、クレジット:UVimages/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515785

  •  菊池渓谷
    1993年12月31日
    菊池渓谷

    キーワード:屋外、菊池渓谷、渓谷、自然、水面、清涼感のある、川、大字原、透明感のある、日本、風景、無人、流れ、風景メイン写真=1993(平成5)年、熊本県菊池市、クレジット:UVimages/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515705

  • 宮崎・西都(ヤクルト) ピーマンも野球も日本一
    1994年02月07日
    宮崎・西都(ヤクルト) ピーマンも野球も日本一

    日本一の生産量を誇るピーマンの収穫に忙しい農家の若者たち=6日午後、宮崎県西都市大字岡(キャンプ)(企画)(プロ野球キャンプ地めぐり)

    商品コード: 1994020700001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年10月05日
    黙とうする日弁連会長 日弁連会長が現場を訪問

    坂本都子さんの遺体発見現場を訪れ黙とうする土屋公献日弁連会長(中央)=5日午後、富山県魚津市大字二ケ字一ノ又(モノクロネガ)

    商品コード: 1995100500066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年10月28日
    献花する救う会の代表者ら 救う会が慰霊の旅

    坂本弁護士の妻都子さんの遺体発見現場で献花する救う会の代表者ら=28日午前9時25分、富山県魚津市大字二ケ字一ノ又

    商品コード: 1995102800015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年10月28日
    献花する救う会の代表者ら 救う会が慰霊の旅

    坂本弁護士の妻都子さんの遺体発見現場で献花する救う会の代表者ら=28日午前9時25分、富山県魚津市大字二ケ字一ノ又(カラーネガ)

    商品コード: 1995102800014

  • 1999年04月05日

    「カラー」◎松本空港、外観=99(平成11)年2月27日、長野県松本市大字空港東8909

    商品コード: 1999040500100

  • 2000年08月11日

    「カラー」◎大町山岳博物館、長野県大町市大字大町8056-1、2000(平成12)年5月7日撮影

    商品コード: 2000081100069

  • 2004年11月16日

    「カラー」 ◎JRA美浦トレーニングセンター 茨城県稲敷郡美浦村大字美駒2500-2 JRA美浦トレーニングセンター、通称「美浦のトレセン」、日本一の規模と設備を誇る競走馬のトレーニング施設。約66万坪の敷地、調教されている競走馬はおよそ2000頭。また施設の周辺には住宅団地が整備され、職員やその家族たち約5000人が生活。2004年7月20日撮影、空撮

    商品コード: 2004111600068

  •  松下電器産業本社
    2007年11月08日
    松下電器産業本社

    大阪府門真市大字門真、2007年11月8日撮影(別角度のカットもあり)

    商品コード: 2008050200025

  •  秋の根子岳
    2014年11月19日
    秋の根子岳

    キーワード:阿蘇くじゅう国立公園、阿蘇五岳、阿蘇山、屋外、午前中、国立公園、根子岳、自然、秋、日本、晩秋、風景、無人、阿蘇ジオパーク、波野、風景メイン写真、大字中江=2014(平成26)年11月19日、熊本県阿蘇市、クレジット:JAPACK/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030309198

  •  秋の根子岳
    2014年11月19日
    秋の根子岳

    キーワード:阿蘇くじゅう国立公園、阿蘇五岳、阿蘇山、屋外、午前中、国立公園、根子岳、自然、秋、日本、晩秋、風景、無人、阿蘇ジオパーク、波野、風景メイン写真、大字中江=2014(平成26)年11月19日、熊本県阿蘇市、クレジット:JAPACK/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030309320

  •  秋の根子岳
    2014年11月19日
    秋の根子岳

    キーワード:阿蘇くじゅう国立公園、阿蘇五岳、阿蘇山、屋外、午前中、国立公園、根子岳、自然、秋、日本、晩秋、風景、無人、雄大、阿蘇ジオパーク、波野、風景メイン写真、大字中江=2014(平成26)年11月19日、熊本県阿蘇市、クレジット:JAPACK/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030309221

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月29日
    山形県大蔵村の住宅 山形、最上川流域で浸水

    最上川が氾濫して浸水した山形県大蔵村の住宅=29日午前10時30分(共同通信社機から)

    商品コード: 2020072906422

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月29日
    浸水した大蔵村の住宅 山形、最上川流域で浸水

    最上川が氾濫し、浸水した山形県大蔵村の住宅=29日午前10時22分(共同通信社機から)

    商品コード: 2020072906494

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月29日
    浸水した大蔵村の住宅 山形、最上川流域で浸水

    大雨で最上川が氾濫し、浸水被害を受けた山形県大蔵村の住宅=29日(共同通信社機から)

    商品コード: 2020072907909

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (16)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の亭橋。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802696

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (24)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802703

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (22)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、対岸から望む焦山。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (9)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の旧山門。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802770

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (17)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (14)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の山門殿。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802843

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (11)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山のフェリー乗り場。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802712

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (18)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘(部分)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802776

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (1)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の碑林。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (4)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の碑林正門。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (20)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘(部分)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802714

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (13)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の乾隆御碑。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802754

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (10)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の蘭亭。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (15)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の天王殿。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802804

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (2)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺碑林の「重建圜悟接待庵記(元代)」。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802820

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (19)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘(部分)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802851

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (6)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の放生池。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802859

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (5)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の大雄宝殿。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802866

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (23)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802870

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (21)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘庁。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (7)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の鼓楼。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802701

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (3)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺碑林の「鎮江府儒学対山碑(明・沈容筆)」。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (8)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山万仏塔。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802729

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (12)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の破体碑亭(日本書道文化交流亭)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802816

  • 1